« ●2019/20.八滑目「かぐら」 | Main | ●23日遅れ »

2020.01.24

●东京旅游风景

えー、一昨日は水曜日、所要有りて東京メトロ40分の旅。
丸ノ内線で赤坂見附乗り換え、目的地は銀座線の終着駅「浅草」。
トーキョー屈指の観光地で御座います。

P1220001
銀座線浅草駅、4番出口。
この日の所要は商い用の「14㌉タン」購入。
地上出て右折して徒歩1分弱、昔からお世話になっているグラスファクトリーへ。
都内のバーテンダーなら、必ず一度は通る道でも御座います。

お買い物自体は10分で終了ですが浅草を訪れるのも6年半振り。
折角なので「お上り観光」する事に致しました。

P1220003
観光フォト.その1。
吾妻橋より望む、隅田川東岸の高層建造物群。
左から墨田区役所.スカイツリー.アサヒ本社2棟.リバーピア吾妻橋。

P1220004
このランドスケープ、スカイツリーは脇役です。
勿論、主役といえば...。

P1220007
「ウ〇コビル♥」。
形状と云い色合いと云い「絞り出した○ンコ」が便器からはみ出しているかの様。
その上品さと可愛らしさで同ビルを愛して止まぬ私め、今日も「うっとり」ウン○を眺めるのでありました。

ウ○コビル.特集ログは下記にて。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2011/04/post-e9d8.html

P1220009
もう一写。
このウ〇コオブジェ、フィリップ.スタルク(制作デザイナー)によるとアサヒビールの燃える心を「金の炎」で抽象化したもの。
下部のスーパードライホール(黒い土台)は聖火台をイメージしているとの事。
但しそんな御託はどーでも良く、やっぱり「ウ〇コ」にしか見えません。

因みに左のアサヒビールタワー(本社ビル)は「泡のあふれるビールジョッキ」をイメージしたもの。
そうするとコレは「お皿に乗ったおつまみ」に見えない事もありません...。

P1220010
観光フォト.その2。
雷門。

P1220014
雷門通り.浅草寺前。
東京オリンピック、マラソン15㎞地点.折り返しポイント。
...の筈だったんですけどね。

P1220016
観光フォト.その3。
年明けから三週間が経つも、仲見世は未だ迎春風情。

P1220030
五重塔(鉄筋)。

P1220031
花やしきのスペースショット。

P1220026
枝垂れ餠花と宝蔵門。

P1220028
宝蔵門とスカイツリー。
それ程時間に余裕がある訳でも無く「ちゃちゃっ」と観るもの観て帰途に着きました。

尚今回の表題は、この日浅草で一番多かった観光客の母国言語にて。

 

|

« ●2019/20.八滑目「かぐら」 | Main | ●23日遅れ »