« ●2月17.18.19日(休) | Main | ●2019/20.十一滑目「石打丸山」前篇 »

2020.02.14

●2019/20.十一滑目「イントロダクション」

えー、一昨日は東京駅始発の「とき」乗車、湯沢/南魚沼へ滑走行脚。
4シーズン振りとなる「石打丸山」へ逝って参りました。

私めにとりまして日帰りユーズ「ホームゲレンデ」の石打丸山。
過去、ワンシーズンに5~7回滑りに来ていたゲレンデで御座います。
それが今回2016年3月以来の来訪、何でこんなに間が空いたのかと申しmust...。

2016/17シーズン
一冬五竜で雪山籠り、白馬から戻って来ると湯沢は春でした。
2017/18シーズン
冬は五竜、春~夏は月山で雪山籠り、湯沢に来る時間はありませんでした。
2018/19シーズン
社会復帰準備の為に「スキー禁止令発動」、12~4月は全くスキーせず。

そんな訳で2015/2016シーズン以来の滑走となる石打丸山。
しかし4年振りの御無沙汰となると、ゲレンデも色々と様変わり。
特に石打は昨冬に以下の様な設備を導入、大幅なインフラ強化を行ってます。

・日本初のコンビリフト.サンライズエクスプレスを導入。
 (これに伴い、中央第1高速クワッド/中央第2ペアAB線の廃止)
・中央チロルエリアに「チロルトリプルリフト」を新設。
 (これに伴い、前年よりチロルシングルリフトを廃止)
・中央口に同スキー初となるベースセンター「リゾートセンター」を新設。

と、まぁこんな感じ。
因みに昨夏~秋(2018年)のシーズン前に「湯沢~塩沢ランニング」や「湯沢三山トレラン」で石打に何度か訪れており、工事中の写真なぞも撮っております。

Img_0944
国道17号、観光口より望む石打丸山。
山頂ゲレンデの開かれてる山が奥基(920m)。

Img_0946
山頂ゲレンデとパラダイスコース。

Img_0948
銀座ゲレンデ~観光口ダイナミックコース。

Img_0952
チロル~デビルダウン~スポーツマンコース。
ナイター照明の横に新しい鉄塔が建っていますね。

Img_0953
ロッジ/民宿街を進んで中央口へ。

Img_0954
中央口とーちゃく。
以下、サンライズEX工事風景(9月21日&10月15日)。

Img_0958

1

2

3

4

5

Img_1948

ここから以下は2018年8月24日、石打~GALA~湯沢高原トレランの際の写真。

Img_0739
チロルトップにて、サンライズEX降車場の敷設風景。

Img_0740
新雪チロルトリプルリフト降車場は地均し中。

Img_0736
サンライズEXの鉄塔敷設風景。

Img_0745
解体された中央第2ペア.AB線。
この時点では2018/19シーズン「石打丸山.新設コンビリフト元年」に滑りに来る気「満々」だったのですが、まさか1シーズン後れになるとは思いませんでした。

と云う訳で時計は進み1年4ヵ月後、2020年2月12日になりまする。

P2120001
7:25、越後湯沢駅とーちゃく。
先週からの寒波で湯沢温泉街も「やっと」の雪景色。
今シーズン6度目の湯沢来訪になりますが、雪積もってる駅周辺を見るのはこの日が初めてです。

P2120004
駅東口、定点観測。
この日のカグリスト第一便は約40名、けど今日はこっちのバスじゃありません。

P2120008
石打丸山のシャトルバス乗り場。
暫く来ない間にバス発着場も変更、以前の中野屋さん前から50mほど湯沢駅側に移りました。
ま、こっちの方が屋根あるんで降雪降雨日は助かります。

P2120012
7:50、リゾートセンター到着。
石打遠征の際は「ハツカ石」をベースに使っていた私め。
中央口からのゲレンデアクセスは今回が初めてです。

P2120011
リゾートセンター全景。
もっと大きい施設(エスカルプラザ的)を想像していたのですが、意外と小っちゃな建物。
2階建ての中にチケット売り場/スクール受付/トイレ/ショップ/ロッカールーム等がコンパクトに設置されています。

P2120017
一階はチケセン/スクール受付/レンタル/ショップなど。

P2120015
二階はロッカーとラウンジになっています。

P2120014
ホワイトとアイボリーを基調とした、スタイリッシュな雰囲気。
石打っぽく無いハイソでオサレなスキーセンターです。

着替えは湯沢駅で済ましてるので更衣室は使わず。
施設見物してチケット買ってゲレンデに向かいました。

P2120020
リゾートセンターから徒歩1分で中央口。
コレが噂の10人乗りゴンドラ/6人乗りチェアのコンボリフト!!。
開業してから1シーズン後、完成した姿をやっと初めて目にしました。

P2120029
サンライズに煌めくサンライズエクスプレス。

P2120025
「箱」と「椅子」が一緒に搬送されている索道、実際に目にするとやっぱり違和感。
ゴンドラ1基+チェア3基の搬器比で運行されています。

P2120030
当たり前ですが、乗車口も二か所に分かれてます。
右手がゴンドラ乗り場、当然板は外して乗ります。

P2120031
左手真っ直ぐがスィクスス(チェアリフト)乗り場。
雪少ないんで一寸上らないといけません。

P2120027
旧チケセンは「THE BASE STAND」なんて小奇麗な建物になってます。
あれ、後ろの廃墟ホテルが一つ減ってる?。

Img_0960
石打スポーツホテルの白い方が取り壊されていました。
3~4シーズン前に廃業したホテルとの事ですが、私めアンマリ詳しくありません。

Img_0961
まぁどっちにしても、両方とも、

Img_0963
廃墟同然だったんですけどね。
でも黄色い方を残してるって事は、営業再開する(してる)のかしら?。
まぁ立地は抜群なので、やり方次第では採算ベースに乗ると思うんですけどね。

P2120022
板とピステバックをデポして一服。
エナメル彩の様なスカイブルー、今日は「THE DAY」確定のスキー日和です

てな感じの石打丸山.滑走記イントロダクション。
ちゃんとしたゲレンデリポは前後篇に続きます。

|

« ●2月17.18.19日(休) | Main | ●2019/20.十一滑目「石打丸山」前篇 »