« ●2019/20.十六滑目「五竜&47」 | Main | ●2019/20.十七滑目「石打丸山」 »

2020.03.03

●2019/20.GPSウォッチング「五竜&47(4)」

えー、本日は「ゲレンデGPS計測シリーズ」、2019/20シーズン第六弾
数年前からちょくちょく行っているスキーアクティビティ時のGPS測定。
これが思いの外、面白いデータが取れるもの。
そんな訳で年に数回、色々なゲレンデで滑走計測しております。

今回は今季4日目の滑走、過去三冬を過ごしたホームゲレンデ「白馬五竜」。
以下の様なスタッツになりました。

●2月25日(火) 
白馬五竜スキー場(いいもりゲレンデ以外、全面滑走可)


P2250117_20200301203901

Screenshot_20200226-garmin-connect

・天候 午前/晴れのち曇り 午後/雪.雨 
・気温 -4~+4℃
・ゲレンデ滞在時間 8:37:30
・滑走時間(リフト乗車時除く) 2:06:43
・滑走距離 66.80 km
・獲得標高 高度上昇累計14794m/高度下降累計14881m
・平均滑走速度 33.3kph
・最高速度 69.8kph

エリア/時間帯による「混雑度合」「雪質」「コースの荒れ具合」「バーンコンデションの変化」と、全て頭ん中に入ってる「My home」。
全てがドンビシャ嵌ったコースチョイスで、久し振りに「朝イチ~ラスイチ」をフルに滑り込んだ一日でした。
午前中は晴れから曇り、午後からは大雪(ゲレンデボトムでは雨)+濃ガスの悪天候。
好天の時間帯にはグランプリ/天気が崩れてくると標高下げて47の各コース。
ゲストが少なかった事もあり、鬼畜暖冬/極小少雪の今シーズンとしては、終日良い状態のスノーコンディションでした。

回したリフト/ゴンドラ本数は50本、滑走コースは以下の通り。
グランプリ×23
R1(トップ~ミドル)×9
R1(トップ~ボトム通し)×2
とおみゲレンデ×8
R2×7
ダイナミック~下山コース×3

只、上が濃霧掛かった際にエスケープして回すいいもり(コス4からの3コース)が、今季はシーズン通して心肺停止状態。
改めて「いいもりゲレンデ」の有難味を痛感した一日でもありました。

|

« ●2019/20.十六滑目「五竜&47」 | Main | ●2019/20.十七滑目「石打丸山」 »