« ●5月31日「cancelled」 | Main | ●2019/20.十九滑目「五竜&47」 »

2020.03.18

●2019/20.十八滑目アウトロダクション「地蔵詣」

えー、今週は「第四次白馬遠征」でしたが、まだ先週の「第三次白馬遠征」のお話。
エントリーの更新スピードが滑走回数に全然追い付いておりません。

3月9日は初夏を思わせるピーカン快晴、絶好の山景日和。
そしてこんな日は絶好のお地蔵さん日和です。
と云う訳でゲレンデクローズ20分前、遅蒔き乍ら五竜の道祖神へ御挨拶。
今シーズン初となる「地蔵詣」へ向かったのでした。

P3090156
16:10、アル4乗って地蔵の肩へ。
この時間になるとグランプリの一枚バーンも全て日陰に入ります。
ただ気温が下がり切らない温暖な天候が幸い、鬼クラスト化は避けられました。

P3090159
法政小屋。
夕暮れ刻になっても八ヶ岳~美ヶ原~南アルプスの稜線が望めます。

P3090160
アル4下車、此処からアシで上ります。
8時間滑りっ放しの中でも、この日一番疲れたアクティビティ(笑)。
スキーブーツで「ズボズボ」ツボ足行軍。
しかも緩々の雪なのでラッセル泥棒しても沈む沈む...。

因みに地蔵ノ頭へは、アル4降り場から最短直線距離を取ると結構な急斜面。
小遠見側から左手を軽くトラバースした方が大分楽に上れます。
因みに距離的に最短なのはアル1からの直登路ですが「一番急」で「一番疲れる」。
そんな訳で「急がば回れ」の典型なのでした。

P3090162
16:15、地蔵ノ頭、とーちゃく。
日中は多くの地蔵詣ゲストで賑わっていましたが、この時間は流石に誰もいません。
恐らく私めが最後の参拝客、あとはゲレンデクローズ後にパトさんが巡視に来られるだけです。

P3090165
「ケルンの窓」より覗き見る、額縁白馬三山。
個人的に好きなフォトアングル。

P3090166
後ろ回って「額縁八ヶ岳」。

P3090168
西日を背に受け、紫影の覆う五龍岳と唐松岳。

P3090169
五龍近景。

P3090171
白馬三山近景。

P3090173
地蔵より北方を望む。
白馬連峰~頚城/戸隠/飯綱連峰のワイドパノラマ。

P3090172
同、東方を望む。
頚城/戸隠/飯綱~志賀高原~四阿山~浅間山~八ヶ岳~美ヶ原のワイドパノラマ。

P3090176
頚城山塊の西端にて、標高以上の人気と存在感を示す雨飾山。
稜線左の奥向こうには鋸岳~鬼ノ面山~頚城駒ヶ岳と連なる海谷山塊。
右奥には登山路を有しない海谷渓谷の秘境、昼闇山。

P3090178
頚城三山の二峰、左より焼山と火打山。
天狗原山を前衛に、今でも活発に火山活動を繰り返す焼山。
嫋やかな稜線で雪付きが良く、白妙の美しい山容を誇る火打山。

P3090180
左に黒沢岳を従え、頚城の盟主.妙高山。
中央火口丘の溶岩ドームが最高峰の南峰。
三日月型に取り巻くカルデラの外輪山西側が三田原山。

P3090182
乙妻.高妻山から稜線を下り五地蔵山、右手に戸隠連峰の盟主戸隠山。
前衛には小谷三山の黒鼻山。

P3090184
険峻絶壁の連なる戸隠屏風。
左が戸隠山を主とする表山群、中央が本院岳~西岳~弁慶岳と続くバリルート。
右手のこんもりとした小山が戸隠連峰南端の一夜山。

P3090186
戸隠とは山容一変、穏やかな山並みの飯綱連峰。
左の高デッキ山から奥の稜線は霊仙寺山、手前に瑪瑙山と戸隠スキー場。
左に主峰の飯縄北峰と南峰、その右奥には苗場山が覗けます。
飯縄山の裏側南斜面には飯綱高原スキー場がありますが、今シーズン限りで閉鎖。

P3090188
飯綱の右奥には志賀高原の山々。
ヤケビ~岩菅山~横手山と連なる志賀高原の稜線。

流石に夕刻のこの時間、南東の眺望は春靄で少し霞んでしまいました。
そんな訳であまり良い写真が撮れず、草津白根/四阿/浅間山以南は割愛。

P3090199
遠見尾根、そして地蔵ケルンに沈む3月9日。

P3090201
さて、下りますか。
地蔵ノ頭はグランプリのトップから僅か60m程の標高差、しかし眼下に広がるパノラマ風景はより雄大に感じます。
特に戸隠や飯綱を「見下ろす」感が全然違うのでして。
(実際には向こうの方が高いんですけどね)

と、こんな感じの「地蔵詣」。
因みにお地蔵さんにお願いした事は1つでした。
「来年の冬はマトモに雪⛄、降らせて下さいっ(切実)...」
今シーズンに関しては「もう諦めてます⤵...」
おしまい。

 

|

« ●5月31日「cancelled」 | Main | ●2019/20.十九滑目「五竜&47」 »