« ●大堰八景 | Main | ●続「STAY HOME COURSE 」 »

2020.04.29

●STAY「HOME COURSE 」

えー、先週に帰京して以来、基本的には「インドア&デイタイム」生活の私め。
出歩くにしても日課のランニング以外は、散歩やコンビニに出掛ける程度。
行動範囲は家から徒歩30分圏内、「狭く」「鄙びた」洛外に止まっておりまする。

まぁ知り合いの飲食店は殆どお店閉めてるので、洛中/鴨東に出ても仕方無し。
これ程「蟄居ライフ」(特に夜)な帰京は記憶に無いものでして。

そんな寄生虫みたいな帰省中、唯一の楽しみはデイリーラン。
外で「飲む」「食べる」「遊ぶ」なんて行動は不謹慎狩りに遭いますが、「走る」事に関してはお上からの禁止要請無し。
「ソロで走りなさい」と云う指導だけなので、大手を振って走れます。

そんな訳で今日のミヤコも薫風の立夏晴れ。
馴染みの「ホームコース」に出駆けるのでした。

Screenshot_55
ホームコース①.大堰川周回。
(嵯峨駅~罧原堤~松尾橋~嵐山東公園~渡月橋/約5.5㎞)。
地元ジョガーが最も良く使っているランニングコース。
私めにとっても「ホームコース中のホームコース」です。
兎角アップダウンの多い盆地の端っこ、嵯峨嵐山の中では珍しくフラットなコース。
大堰の流れと嵐山三山~亀山~曼陀羅山(鳥居)~愛宕山を眺めつつ、広々とした空の下を走るグッドロケーション。

踏みたい距離次第では松尾橋を越え、五条/桂/久世まで行って折り返すも良し。
両河岸にはランニング/サイクリングロードが敷設されており、車両通行や信号待ちの煩わしさが無いのもポイント高いです。

Screenshot_602
ホームコース②.嵯峨野周回コース。
嵯峨駅~野々宮~二尊院~鳥居本~幽霊トンネル~清滝街道/約6.0㎞)

通称「京都新聞.夕刊配達コース」。
私め高校ん時に、スーパーカブで新聞配ってたアルバイトコースです。
今から思うと「何て贅沢な名勝.旧跡を廻ってたんだろう」なんて思いますけどね。

幽霊トンネルまでの往路は上り/復路は下りと明確なアップダウン。
タイム決めてしっかり走るより、のんびり繋ぎ走やぺー走するコースです。
尚、もっと自分を追い込みたい方は試峠から清滝へ、更に鬼勾配をお求めなら一の鳥居から保津峡に向かって下さい。

観光シーズンには鬼畜混雑の「野々宮/竹林/大河内山荘エリア」をスル―。
比較的人通りの少ない釈迦堂さんから落柿舎に出るルートを使います。

Screenshot_20200428-strava1
ホームコース③.北嵯峨外周路コース。
広沢池~後宇多天皇陵~嵯峨天皇陵~大覚寺~一条通/(3.8㎞)。
北嵯峨風致地区の田園地帯から遍照寺山.愛宕山.嵐山を眺めるロケーション。
清女に「さらなり」と謳われた、嵯峨「野」の雛趣が残された最後のエリアです。

上半分は緩やかな上り/下半分は同下りと、多少のアップダウンはありますが概ね平坦基調。
一周回3.8㎞と程良い距離のラウンドコースです。
此処も信号待ちする箇所は無し、一条通以外は車の通行も殆どありません。


と、こんな感じのMY「HOME COURSE 」三題。
便宜上3つのエリアに区分けしましたが、実際はそれぞれを繋いで複数のコースを走る事が多いです。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2020/01/post-b88a55.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2019/01/post-3fd1.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2017/09/post-f119.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2019/07/post-36b8f0.html

と云う訳で、今日は何処を走ろう👟かな。

|

« ●大堰八景 | Main | ●続「STAY HOME COURSE 」 »