« ●九月の三月記 | Main | ●神無月のころ、 »

2020.09.27

●「厄除け返しの儀」

えー、先日帰京の後日談.その弐。

上洛二日目は16時より旧清水小4F、Ⓚの36番でアペリティフ。
その途次、八坂さんで「2020.祇園御霊会」〆の儀式を済ませて参りました。

P9220014_20200925152201
四条のドン突き、何時も見慣れた八坂さん南楼門。
けど境内に社参するのは4年振りくらいです。

P9220018
境内/本殿と舞殿。
シルバーウィーク中のミヤコは例年のGW以上に「激混み」。
八坂さんも多くの観光客で溢れ返っていました。

P9220020
9月と云うのに何故か「茅の輪潜り」。
腐れ流行の疫病退散祈願で今年は3月からずーっと茅の輪が設置。
御千度(御三度)の神事も一般観光客向けに行っておられます。

P9220024
でも、この日の参詣はこっちが目的。
本殿の西脇に建つ切妻の小屋。

P9220022
古い授与品をお返しする古神札納所です。

Img_3707_20200924160901
今年の7月までウチの軒先を守護していた長刀鉾と鯉山の粽。
本来なら宵山期間中に山鉾町の会所へお返しするのが筋なのですが、今年は腐れ流行病の所為で上洛出来ず。
そんな訳で祇園祭例祭神の八坂さんへ「厄除け返しの儀」に伺ったのでした。

尚、四条御旅所の賽銭箱に古い粽を「お返し」するのはルール違反です。
一応念の為。

 

|

« ●九月の三月記 | Main | ●神無月のころ、 »