« ●ランナー的「博多観光」 | Main | ●末盧國にて »

2020.10.22

●「記紀の島」より

「あわじしま いやふたならび あづきじま」

国生み以来の歴史を有し、古事記/日本書紀にもその名が窺える「阿豆枳辞摩」。
神代末には応神天皇御遊幸の軼事が伝えられており、冒頭歌はその際の御玉製とされています。

そんなやんごとなき由緒を持つ記紀の島より、毎秋恒例「例のモノ」が入荷しました。
先週末には届いてたのですが、Gotoで遊んでた為にアップ遅れた次第です。

Img_0251
小豆島の新漬オリーブ♪。
収穫したてのオリーブを薄濃度塩水に短期間漬け込んだだけのもの。
種子系果実由来の旨味を損なう事無く作られており、オイリーにてナッティーな風味は「オリーブの滋味」そのもの。
因みに今回の入荷品種はやや小振りの「ミッション」になります。

「コクテールの王様」のチャームも、暫くはコレにて。

|

« ●ランナー的「博多観光」 | Main | ●末盧國にて »