« ●年末年始.営業のお知らせ | Main | ●嫌いな言葉 »

2020.12.18

●2020/21.四滑目「かぐら」

えー、四日前の月曜日は今冬初の「JR SKISKI」、そして今冬初の「湯沢路」。
シーズンイン時期のメインゲレンデ、8ヶ月振りの「かぐら詣」に行って参りました。

例年ならば既に1~2度は訪れているこの時期に漸くの初かぐら。
今季は厳冬大雪が予想されるものの、矢張り年々雪の降り始めは遅くなっています。
そんな訳で2020/21シーズン、湯沢エリア初滑走。
例に由っての滑走記になりまする。

P1040631
5ː50、板とピステバック担いで此処に来るのも久し振り♪。
「湯沢」に「白馬」に「戸隠」に、今季も数多お世話になる上越/長野新幹線。
シーズンイン直後と云う事もあり、湯沢に向かう雪猿の姿は数える程でした。

P1040633
7ː30、湯沢駅とーちゃく。
シャトルバスの待ち時間中にウェアとブーツ装着、アップして臨戦態勢完了。
この日の「カグリスト」第一便、雪猿人数は約20名でした。

P1040634
8ː10、みつまたステーション到着。
この日から東日本/日本海側は、今冬初めての大型寒波襲来。
湯沢も山麓部からして本格的な雪模様でした。

P1040635
みつまたロープウェーより一写。
駐車場の車は100台強、雪予報なんでこの時期の平日としては多めかな。
この天気なんでこの後は「白黒写真」が続きます

P1040636
8ː25、みつまた1高乗車。
前夜からの大雪でみつまたゲレンデはこの日よりオープン。
ゴンドラへの連絡路もビスラボがすっかり隠れる位の積雪となっていました

みつまたファミリーはスルー、ゴンドラ乗ってかぐらエリアに向かいます

P1040646
8ː50、かぐらゲレンデ到着。
この日オープンしているのはメインゲレンデのみ。
月山の雪山籠もり同僚で、冬季はかぐらのスクールで仕事している旧知と遭遇。
1時間ほど一緒に滑ってました。

P1040648
バーンコンディションはセメントの下地に10~20㎝の新雪堆積。
しかし天然雪のソフトな雪面タッチが楽しめたのは最初の3~4本。
基本的には湿潤な「湯沢雪」ですから、板の抜けも重く踏み固められるのも早い。
1時間を待たずに「モサグサ」のナチュラル荒れバーンと化してしまいました。

P1040643
友人は10時からオシゴト入り。
此処んトコ、心身共にややスランプ気味との事。
でも滑りの方は「何か掴んだ」と云ってました。

P1040639
この日のかぐらは兎に角「寒いっ」
気温はマイナ5~6℃程度も、シーズンイン直後でまだ身体が寒さに慣れて無い…。
加えて「雪が右から左に降る」強風で、体感温度は-10℃程。
手足指先の感覚を麻痺させるには充分な寒さでした。

P1040645
こんな日はフード付きクワッドが本当に有難い。
でも膝下(ブーツ)は非保護、足指の感覚が殆ど無い…。

P1040651
この日のかぐらゲレンデ、混雑ピークは10時~11時半の間。

P1040652
シーズンイン直後は平日でもそれなりに混雑しています。
横殴りの吹雪、モサグサの悪雪、厳寒の冷え込みの中、滑り続ける雪猿たち。
まぁ「この時期」に「かぐら」に来る連中ですから、皆さん筋金入りのスノーマッド。

P1040654
12ː40、昼食の後に一服。
流石にこの雪質と寒さには閉口。
何時もより長めのランチレスト(約40分)を取って、再び戦線復帰。

P1040656
この日の四文字熟語は「悪雪苦闘」。
終日降り続く湿潤雪でバーンは「モッサグサ」の「ボッコボコ」。
踏み固められたり/吹き溜まりだったり、あるいは削られガリガリの下地雪だったり。
ナチュラル荒れのギャップで両スキーの高低差が大きく、接地感を保つのが難しい。
シーズンイン直後としては難度の高い、テクニカルなコンディションでした。

うーん、この腐れバーンで滑ってても余り得るものは無いな…。

P1040660
14ː20、てな訳でゴン下。
1高の営業時間を40分残してかぐらエリア撤収。
あとはみつまたの緩斜面で整地トレしよっと。

P1040662
みつまたエリア迄下りると、雪は「上から下」に降ってました。
この日からコースオープンとなったみつまたファミリーゲレンデ。
思っていたより積雪量は多く、下地のブッシュやピスラボ露出の心配もありません。

P1040667
〆はみつまた回し×8本。
少しタレる緩斜面ですけど、やっぱりフラットバーンは楽チンだなっ♪。
結局15ː45の営業終了までフルに滑ってるのでした。

因みにこの日のGPSスタッツは以下の通り。
ゲレンデ滞在時間/8ː20~15ː50 実質滑走時間/1ː53ː12
(かぐらメインゲレンデ×21本 みつまたファミリー×8本)
総滑走距離/45.15㎞ 獲得標高(下降)/9705m

P1040671
「枯木残らず花が咲く♪」。
この日は山麓部でも10㎝を超える日中積雪。
みつまたステーションの樹々も「銀花満開」になっておりました。

とこんな感じの今シーズン「初湯沢」「初かぐら」。
件豪雪で湯沢の里山スキー場も続々オープンの報、来週は石打丸山に逝ってきます。
おしまい。

|

« ●年末年始.営業のお知らせ | Main | ●嫌いな言葉 »