« ●12月27日(日.休→臨) | Main | ●ご迷惑を【工事中】おかけします。 »

2020.12.27

●2020/21.六滑目「石打丸山」

えー、本日は三日前の滑走記。
12月23日は今季3度目の湯沢詣、前回に続き石打丸山に逝って参りました。
この日はお店定休日では無く、19時からはフツーにオシゴト。
それでも滑りに向かうのがスキーマッドの悲しい嵯峨。
「みんな、雪のせいだ」なデイリーSKI.強行軍で御座います。

P1040778
7ː25、湯沢駅とーちゃく。
先週から続いた豪雪も一旦小休止、昨日今日は降雪ゼロの湯沢町。
これでも2日前よりは雪減った方。

P1040783
7:55、シャトルバスで中央口到着。
早朝でも気温は0℃前後、今日は暖かい一日となりそうです。

P1040782
8:10、サンライズEXに搬器が流れいるのを見て一安心。
この日は定刻通り(8時半)のリフト営業開始となりました。
何せ一昨日は大雪で営業時刻大幅遅延(1時間15分遅れ/9:45スタート)。
1時間半「ずーっと」ココに立ってましたからね。

P1040787
8:40、朝イチ1stラン、頂きまーす♪。
オープニングは銀座~サンライズラインを足慣らし滑。
放射冷却でカチッと締まったバーンは前日日中の融雪もあってかややアイシー。
それでもグリップは良好、ターン前半からガチッとエッジが噛ませられました。
しかし早朝からして大気の冷え込みは弱く、雪が緩むのは早そうです。

 P1040792
2本目はこの前日(12/22)からOPENした観光口へ。
ホントはこんな時間に山麓エリアを回したくは無いのですが…。
その理由は後からお解り頂けると思い鱒。

P1040797
ダイナミックコース。
個人的には「山頂」「ハツカ石スーパー」と並ぶ、石打三大主戦バーン。
平均20度/最大24度と頃合いの難度、多少のうねり.片斜もある幅広バーンは好みの中斜面です。
但し入りから次第に傾斜が増し、緩む事無く最大斜度を迎える構成。
スピードコントロールを怠ると、後半部で「落とされる」だけの滑りになってしまいます。

因みにこの観光口エリア、元々石打の中では「穴場的ゲレンデ」でしたが、中央口にサンライズEXが敷設されてからは「銀座~サンライズライン」が山麓エリアへの流れ込みパターンとなり、その傾向がより顕著になりました。

P1040798
9:15、雲の多かった空も次第に青空が広がり始めます。

P1040801
30分経ってもピンスト残りまくりのダイナミック。
アーリータイムに観光第1を回すゲストは殆ど皆無。
この時間帯を逃す手は無く、ひたすらダイナミックを回します。

約1時間/12本回すと流石に飽きてきて、大丸方面に向かいました。

P1040806-1020
10:20、暫く大丸回し。
基礎屋さん御用達のゲレンデ、営業開始から2時間で結構モサってます。
ホントはこんな時間に中腹エリアを回したくは無いのですが…。
その理由は後からお解り頂けると思い鱒。

P1040809
大丸より望む魚沼盆地。
越後山脈の山々は八海山と前衛の金城山が望めるだけ。
巻機山から南に延びる上越国境の山々は、まだ厚雲に覆われていました。

P1040812
それにしても恨めしいのは、

P1040814
コレです…。
この日最大の誤算「山頂ゲレンデ.終日クローズ」。
前日のHPインフォで山頂クワッドが稼働リフトに入ってなかったので、一応覚悟はしていましたが…。

一昨日.昨日は普通に営業してたので索道トラブルでは無し。
コース一面にはピシっと圧雪入り、リフト乗り場の除雪もされてます。
原因は多分…「索道回す人が足んないじゃないでしょうか」。
とある筋より小耳に挟んでたのですが、一昨年にサンライズEXが新設されてからそっちに回す人員が多くなり、索道スタッフが慢性的に不足しているとの話。
ゲレンデレイアウト的には動いてないとおかしい「観光2」や、積雪量的には滑走に問題無い「中央高速トリプル」も未だ営業していません

に、しても…。
石打の「看板コース」閉めてどーするんだっ(# ゚Д゚)

P1040818
因みにシュプールは営業してました。
一昨日(21日)迄は閉まってたので、昨日か今日からのオープンです。

P1040822
再び観光口に戻ってきました。
相変わらずゲストは数える程、バーンもフラットを維持しており良コンディション。
ダイナミックでは朝からずーっとショート回し、小回りは大分調子上がってきました。

 P1040825
意外と銀座もフラットバーンを維持。
シーズン初めでロングターンのトレーニングするには程良い斜度。
観光2が動いてたら銀座回ししてもイイな、と思わせるコンディションでした。

観光口回した後は銀座/チロルを摘まみ食い、再び大丸に戻ります。
尚、この最中にサンライズEXからガーミンくんを落とすスカポンタン。
捜索滑するハプニングがありました(デビルダウンの後半で無事発見)。

P1040836
白妙に煌くマッキー。
手前のスキー場は追憶のゲレンデ「ファースト石打」。

P1040832
マッキーの前衛、イワキ頭と金城山。
手前のゲレンデは「舞妓 舞子ちゃん」。

P1040833
越後三山の一にて南魚沼を代表する霊山、八海山。
稜線左端のゲレンデは「八海山スキー場」。

以上、大丸から望む「上越名山とスキー場のある風景」三題。
正午前になると高空から雲の姿は消え、ライトブルー広がるの冬晴れピーカンに。
谷川連峰の西端から上越国境に聳える山々が美しく望めました。

P1040837
12:30、ランチレスト。
シュプールの眼下には未だオープンしていないハツカ石ゲレンデ。
予定では26日より営業開始とのインフォです。

P1040838
それにしてもやっぱり恨めしい…。
コレを「見てるだけ」で「滑れない」ってのは…「何の罰ゲームだっ!!!💀」
悪意すら感じさせる放置プレイです。

P1040850
大丸トップより、魚沼盆地と影自撮。
午後もダイナミックを中心に、銀座/チロル/大丸を織り込むコースローテ。
しかし13時半頃にサンライズEXが故障発生、固定循環式の速度でしか進みません。
復旧の見込みは立たないらしく14:45を以てコンボリフトは営業休止。
観光口に滑り降りるとゲレンデ上部に戻る事も出来なくなってしまいました。

まぁこの日はオシゴトあるので鼻っから15時半撤収の算段。
個人的には被害最小限だったので構わないのですが…。

と云う訳で「山頂運休」「サンライズ休止」と索道の受難に祟られた一日。
因みに次回の石打滑は今日12月27日(これから寝る所処)。
待ちに待った「全山オープン」で御座います。

 

|

« ●12月27日(日.休→臨) | Main | ●ご迷惑を【工事中】おかけします。 »