« ●「立夏」先取り | Main | ●「月山」始まりました »

2021.04.09

●2020/21.三十五滑目「かぐら」

えー、一昨日4月7日は毎度毎度の滑走行脚。
4月も初旬を過ぎると、湯沢エリアのスキー場も殆どがシーズン営業を終了。
ゲレンデの選択肢もほぼ一択となってしまいました。
そんな訳で3月末から三週続けての連荘遠征。
向かった先は春スキーのメッカ.かぐらで御座います。

P1080272
7:40、定点観測。
一昨日のシャトルバス第一便に乗り込んだカグリストは10人。
第四波(失笑)の影響からか、何時もの1/3程度の少なさでした。

P1080274
8:10、みつまた到着/ロープウェイ乗車。
駐車場の埋まり具合は何時もの平日と同じ程度。
多分頃中の時事柄、首都圏からの来場者だけが少ないんでしょう。

P1080275
みつまたファミリーはスルー、ゴンドラでメインゲレンデへ。

P1080277
8:40、メインゲレンデ到着。
今日も突き抜ける様な快晴、絶好の春スキー日和☀。
まぁそんな日「ばかり」狙って来てるんですけどね。

P1080278
1高より見るジャイアント。
コブラインは1本だけ、お花畑満開になるのはもう少し先になりそう。

P1080280
同、テクニカル。
こっちは複数のラインが出来てきました。
あと数日で全面コブ畑になりそうです。

P1080281
メインゲレンデのコブは1本だけ。
こりゃ混雑時のライン待ちが長そうだな…。

以上、4/7現在のかぐらコブ.発育状況でした。

P1080283
メインゲレンデの圧雪はこんな感じ。
ややピステン段差が目立つものの、クラックやダマは無し。

P1080284
まぁ時期を考えれば「御の字」なオペレーションです。

P1080287
この時期になるとピステバーンの美味しい時間は瞬く間。
デラ掛かる間も無くザラメ化して参ります。

P1080288
9時半を過ぎるとグラニュー糖の生産開始。

バーンはフラットを維持しているものの、春ならではのテクニカルなコンディション。
削られた表雪に乗ると板の挙動が不安定、と思ったら所々にアイシーな下地が露出。
スピードコントロールが難しく、スキッド主体の滑りを余儀無くされました。

P1080289
10:00、この日は早めにコブ遊び開始。
この日はコブ滑で試したいテクニック(つーかポジショニングの取り方)があり、空いているジャイアントをチョイス。
最初は今までと違う滑り方に戸惑いましたが、慣れてくると「結構イイ感じかも♪」。

P1080290
10:20、混在開始。
頃中の弊害、クワッドの搬器は約半分がシングルリフト化しています。
結果、ガラガラのゲレンデにも関わらず1高には長蛇の列。
うーん、この調子だとGWにはどうなってってるのでしょうか…。

P1080291
メインゲレンデのコブ。
ピッチ/深さ/リズム/硬さ、何れも良い按配の攻め易いライン。
新しいフォームの滑りをトレーニングするには頃合いのコブなのですが…。

P1080293
10:50、しかし1高がコレです。
混んでないのに混雑ピーク、約5~7分のリフト待ち。
莫迦らしいので田代エリアに避難します。

P1080298
11:10、6ロマより見遣る田代湖。
1高が空くランチタイム時まで、暫くはダイナミック回し。
しかし標高低下/南向き斜面の分、オンピステはコンディション悪化が顕著。
重層ザラメのザブザブ雪となっていました。

P1080299
そーなるとやっぱりコブ回し。
ダイナミックのコブバーンは整ったラインが1本だけ。
ピッチの狭いバンクコブでしたが、程々の深さに頃合いの斜度で楽チンでした。

1高の混雑が収まる頃を見計らって、正午にメインゲレンデ帰投します。

P1080302
テクニカル一段目のコブ。
やや浅めも順調にコブ成長中。
左端の浅バンクより真ん中の深ミゾの方がリズム良。

P1080306
テクニカル二段目のコブ。
コブと云うよりバンクミゾのシャローライン、まだ全体的に浅い。

尚、テクニカルは左端のレーン以外マーカー設置。
コブライン作成中と云った所処でした。

P1080308
メインゲレンデ下部のモーグルバーン。
週末過ぎて一回均されたのかな?。
全体的に浅いコブ、リズムも間延びしてイマイチ。
但し後半は落差の大きい階段になっていました。

P1080307
結局、メインゲレンデのラインが一番回し易かったです。
以降コブ専滑、カメラは邪魔なのでピステバックにポイ。

P1080309
12:40、ランチタイムの際に一写。
かぐら春スキーの風物詩、ゴンドラ駅舎に泳ぐ鯉幟。
嗚呼、もうこんな季節になったんですね…。

この日は10時以降、殆ど整地は滑らずのコブ回し×17本。
しかし次第に腰/広背筋にダメージ蓄積、前傾/高い目線でのポジショニングを保つのが難しくなってきました。
14時回った辺りでフィジカル疲労から後傾気味の滑り、リカバリーも遅れ気味。
メインゲレンデとテクニカルで続けざまに「発射」してしまいます。
「うーん、今日はこれが限界だな…」。

P1080317
14:50、撤収。
軟雪の春コブとは云え「通し」で滑ってると、身体がラスまで持ちません。
この後のオシゴトに控え、営業終了の1時間前に下山致しました。

写真は今日で御役御免の「BLiZZARD SRCレーシング.WCピストン」。
チューン出して来冬までお休みです。
来週からは本格的にコブ滑仕様のマテリアル、ゲタ履いてないSRCに板チェンジ。
春スキー&コブスキーのシーズンも愈々酣です。

 

|

« ●「立夏」先取り | Main | ●「月山」始まりました »