« ●2020/21.四十一滑目「かぐら」前篇 | Main | ●三周年 »

2021.04.30

●2020/21.四十一滑目「かぐら」後篇+湯沢アフター

えー、一昨々日/4月27日はオシゴトオヤスミにて湯沢行脚。
かぐら滑走記の後篇で御座います。

P1080954
10:20、田代落ちからダイナミックへ向かいます。
大斜面のナチュラルバーンは「ザブッ」としたコーンスノーも、板の走りは良好。
「カチッ」と締まったパックバーンとは違う面白さ、緩く楽しいクルージング滑。
此処を単体で回すリフトがあれば、あと2~3本回したいと思わせる程でした。

P1080956
ダイナミックはコブライン2本増、整地とほぼ半々。
何れも好い按配のラインです。

P1080960
最初の2本はオンピステ回し。
沈み気味のザブ雪ですが、落下を長めに取ればギリギリ大回り可。
でも、そんな悪雪コンディションを忘れさせてしまう程…。

P1080961
この日は田代湖の投影具合が見事♡。
ターコイズグリーンの湖面は風も凪、アクリル板を張った様な美しさ。
背後の八木尾山や鉄塔が、水鏡に美しく映し出されていました。

P1080962
10:50、コブ遊び開始。
入りはバンク~中盤はストレートピッチ~後半は階段コブ。
斜度は頃合い/掘れも程々/吹き溜まり無し、と絶好のコブライン。
メインゲレンデやテクニカルに較べ距離も短いので、身体へのダメージも少ない。

そんな訳で午前中のメインコブはダイナミックに決定。
6ロマの運行速度がもう少し早ければ、もっとココで回しても良いんだけどな…。

P1080958
6ロマも結構賑わってます。
リフト待ちはゼロですが、搬器は8割方埋まってました。
まぁ1高がアレなもんですから、この時間帯は6ロマ回す方が断然「お得」です。

整地×2、コブ×5回して11時半。
お昼時で1高もボチボチ空く頃合い、メインゲレンデに戻りました。

P1080963
11:50、メインゲレンデ帰投。
ランチタイムに入ってる事もあり、1高混在は多少緩和。
この時間帯を逃す手は無く、引き続きコブタイム。

P1080965 
メインゲレンデのコブは1本増えて二車線に。
スキーヤーズライトは深めのバンク、レフトは狭ピッチのモーグルコブ。

P1080966
テクニカル一段目。
何時も通り緩斜のバンクコブ、けどラインによっては結構掘れてます。

P1080969
テクニカル二段目。
好みなピッチのラインを探すべく、片っ端からザッピング。

P1080971
メインゲレンデ下部のモーグルバーン。
この日はメインゲレンデ~テクニカル通しのコブコースチョイス。
モーグルバーンは1回しか使いませんでした。

P1080977
13:20、お昼はアウトドアでピクニックランチ。
初夏の陽気の下「外飲み」「雪飲み」しておられるゲストも多数おられました。
これも春スキーの正しい楽しみ方の一つです。

休憩明けは13:50よりアクティビティ再開。
コブ滑に📷は邪魔なのでピステパックに「ポイ」、以降の撮影は省略致します。

P1080982
15:15、1高営業終了=アクティビティも実質終了。
14時を回るとメインゲレンデ/テクニカルのコブは深く掘れ、溝には吹き溜まりも堆積。
特にメインゲレンデのバンクラインは「メガバンク」化してます。
ラスト6本は比較的与し易いジャイアントのコブを併用していました。

この日のコブ滑は計15本、正午からはほぼコブ専。
(ダイナミック×5、メインゲレンデ~テクニカル×13、ジャイアント×2)
ただ、ボチボチ身体がコブ仕様になってきたのか、体力的には余裕残しでメインゲレンデ営業終了を迎えました。
これだったらもう少し早くコブ遊び始めても良かったかな…と少し後悔。

P1080984
ゴンドラコースより、みつまたゲレンデを望む。
枯芝のゲレンデに1本だけ残るコースは「明日に架ける橋」、2ロマとゴンドラライン。
果たしてあと何日持つ事でしょう。

P1080986
逆アングルより撮影、2ロマより望むかぐらゲレンデ。
前回訪れた際(2週間前)は線下のコブラインが滑れたんですけどね。

あとはイカソーメンのみつまたを下りてアクティビティ終了。
ロープウェーで下界に戻りました。

P1080989
みつまたステーションのヤマザクラは満開見頃。
園芸種の桜とは異なる、野趣溢れる咲きっ振りです。

P1080994
🌸♪♪♪。

P1080998 
16:50、湯沢駅に戻ってきました。
この日は火曜日なので「街道の湯」はお休み、「駒子の湯」は遠くて面倒臭い。
そんな訳で久し振りに江神さん♨使いました。

P1080999
17:30、湯上り散歩。
丁度この辺りは9月に行われる「越後湯沢秋桜マラソン」の折り返し地点。
しかし腐れ頃中で、大会は去年も今年も中止。
次に此処を走るのは何時になる事やら…。

P1090000
旧布場ゲレンデ某所…つーか祠跡。
この裏手はコゴミの群生地、春の滋味を摘みにやって来ました。

P1090001
あっぶねー。
コゴミちゃんはすくすく成長、殆どクサソテツ化していました。
それでも食べ頃の若芽は少し残っており、「若菜摘み」ギリギリセーフ。

P1090004
何とか二食分確保。
でもってこんな献立になるのでした↓。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2021/04/post-fae036.html

P1090005
18:00、夕餉は久し振りにココ。
どーせ東京戻っても禁酒法中、外で飲み食い出来ませんからね。
嗚呼、それにしても時間を気にせず酒杯を傾ける事の出来る有難さよ。

しかし頃名の影響+(一般常識的な)スノーシーズン終了で、湯沢町は観光客激減。
「しんばし」「中野屋」等々、温泉街では約半数の飲食店が臨時休業していました。

と、こんな感じの滑走記後篇、プラス湯沢アフター。
次のスノーライフは八方尾根遠征を予定しています。
おしまい。

 

|

« ●2020/21.四十一滑目「かぐら」前篇 | Main | ●三周年 »