« ●2020/21.三十三滑目「かぐら」 | Main | ●販売速報【2021.清明版】 »

2021.04.05

●2020/21.三十四滑目「かぐら」

えー、先週の金曜日は「四月初滑」。
例に由って朝出発→日中スキー→夜オシゴトの基地外強行軍.Dayskiです。
首都圏からの日帰りゲレンデもこの時期になるとほぼ一択。
春スキーとコブのメッカ、かぐらへ逝って参りました。

P1080184_20210404020301
7:30、湯沢駅とーちゃく、定点観測。
本日のカグリスト第一便は約35名。
数多ある湯沢/南魚沼エリアのゲレンデも殆どが3末~4初でクローズ。
4月5日からは「GALA」「神立」、そして「かぐら」のみの営業となります。
このシャトルバス待ち行列も、日に日に長くなる事でしょう。

P1080185_20210404020301
8:25、みつまた1高乗車、アクティビティスタート。
この季節になるとみつまたはスルー、即メインゲレンデへ。

P1080187_20210404020301
8:30、ゴンドラ乗車
この日は「天気晴朗ナレド風強シ」、颯がゴンドラの搬器を揺らします。
それでも風速は約10㎞/h、リフト営業に支障が出る程ではなさそう。

P1080189_20210404020301
8:55、1高乗車。
「雑」で「粗い」圧雪が十八番だったメインゲレンデが、今季はピステン改善。

P1080190_20210404020301
圧雪オペの難しいレイアウトのコースが、

P1080192_20210404020301
キレーに圧雪されています。
この日の気温は早朝時点で4~5℃。
緩ザラメのピステンがフラットを保っていたのは約30分。
バーンは瞬く間にザク雪の荒れたコンディションになって参りました。

P1080195_20210404020301
1時間もするとグラニュー糖の大量生産。
それでも風が立っていたお陰で気温上昇が抑えられ、融雪は然程進まず。
ザブ雪ながらも下地は捉えられられる時間が続きました。

P1080197_20210404020301
10ː10、この日は午前中に軽くコブ回し。
今日のメインゲレンデのコブは「深い…」。
二本あるラインのうち、スキーヤーズレフト側の方が与し易いコンディションでした。

P1080198_20210404020301
11ː00、5ロマ乗車。
搬器から眺める北東のパノラマには、

P1080199
雄大な雲海…と云うより層雲帯。
谷川連峰から越後山脈に至る山々には1500~2000m付近を厚雲が覆っていました。

P1080201
雲間に覗く平標山。
コレはコレで荘厳な山趣、宜し。

P1080203
中尾根を一本流し、

P1080205_20210404020501
田代落ちから6ロマへ。
南斜面の田代落ちは残念ながらノッキングスノー、板走らず。
この後、良コンディションのダイナミックを4本回しメインゲレンデに戻ります。

P1080208_20210404020501
パノラマトップより望む田代湖。
こっちもストップ雪っぽいので左のジャイアントへ。

P1080209_20210404020501
ジャイアントはナチュラルバーン。
ノッキングは避けられたものの、汚雪が目立ち板の走りはイマイチ。

P1080213_20210404020501
正午からはコブ遊び。
見た目より溝の抉れがエグく、出口でトップが抜けちゃう事も屡々。
先落しとポジショニング意識しないと「発射」しちゃいます。

P1080214_20210404020501
うーん、この深さになると上体が被る悪癖が出てしまう…。

P1080218_20210404020501
コブを1時間回してランチレスト。

この後月山での職場仲間と遭遇、彼は毎年かぐらのスクールで常勤講師しています。
久し振りに一緒にコブ滑、ビデ取り↓してました。
http://mountains8848.blog.fc2.com/blog-entry-1121.html

因みに彼は国内屈指のテレマーカー。
何より圧巻なのが大回り、アルペンGS並みのロングターンをテレ板でやっちゃいます。
ザブザブ雪に刻まれたターン弧が見惚れちゃう程「深く」「鋭く」「丸い」。
しかもテレマークでコブも攻めちゃうのでして。
(おいおい、テレマークはコブ滑る道具じゃ無いよ(笑))

P1080220_20210404020501
14ː50、みつまたより眺むかぐらゲレンデ。
予定では営業ラストまできっちり回す筈が、異例の超早期撤収。
この日は滑ってても何だか楽しくありません。

「スキー自体は楽しい」のですが、心に熱を帯びないアクティビティ。
気持ちが萎えてると云うか、靄掛かっていると云うか、盛り上がらないと云うか…。
やっぱりメンタルが落ち込んでる時は、何やっても駄目ですね。

そんな訳で15時に板仕舞い、早めの帰途に着いたのでした。
とさ。

 

 

|

« ●2020/21.三十三滑目「かぐら」 | Main | ●販売速報【2021.清明版】 »