« ●2020/21.四十二滑目「八方尾根」前篇 | Main | ●2020/21.四十三滑目「八方尾根」 »

2021.05.14

●2020/21.四十二滑目「八方尾根」後篇

えー、先週GW中盤戦、5/4~5は今季最後の長野滑にて白馬滑。
「第九次白馬遠征」は八方尾根.2daysで御座いました。
そんな訳で初日5月4日の滑走記.後篇になりまする。

P1090190
12:00、お昼休憩はリーゼンのトップで。
ポカポカ陽気の春スキー、アウトドアでピクニックランチ♬。

P1090185
凪の五月晴れは「スキー日和」の「アルパイン日和」、でもって「パラ日和」。
パラグライダーのゲストも結構居られました。

P1090187
「TAKE OFF!」。
うーん、気持ち良さそう。
間近で見ていると、一寸やってみたくなりますね。

空は夏の色に染まる~♪ 白いカイトも揺れている~♪
マイラバの「白いカイト」より、でした。

P1090191
「頃中」も何のその、「Corona」看板が一際目を惹く展望テラス
流石にコロナビールは売ってません。

P1090193
12:35、アクティビティ再開は兎平から。
兎も「コブ祭」絶賛開催中♬。

P1090197
黒菱に較べると斜度/ピッチが均一、ラインも整って攻め易い。
但しコブ溝の至る所処に地雷が露出。
上からだとコブ山の死角で見えない箇所も多く、場所覚えとかないとチト危険。

P1090201
続いてコブ祭、黒菱会場へ。
午後に入ると黒菱も一面「コブ花畑🌼」。

P1090202
午前中に較べると難度急上昇。
バンクラインはメガバング化、ストレートラインは深い抉れ。
コブ溝には削られた雪が溜まり融雪、板が引っ掛かって抜けも悪い。

私めには家賃の高いレベルになっおり、数本回すに止まりました。

P1090200
この日一番人気だった黒2。
終日軽い混雑、2~3分のリフト待ち。

P1090203
このラインが一番楽しかった♪。
午後のメインは黒2使っての三角コブ回し。
ボチボチ疲労の溜まる時間帯、黒3沿いでまたクラッシュするのも嫌ですしね。

P1090204
でも14時過ぎには結構抉れてきました。

P1090208
14:45、ラスト1時間は兎回し。
こっちは更に凶悪な掘れ具合、でも黒菱よりはマシです。
最後の力を絞り出してのコブアタック。
どーせ明日は雨の予報だし、体力使い切っちゃってもイイや。

P1090210
アルペンクワッド降り場からしてコレ。
気付けば自然コブの群生地帯となっていました。

P1090209
「肉食兎」牙を剥くの図。
ココのウサギは肉食猛獣、大好物の獲物はスキーヤー。

P1090212
15:45、ラスト一本。
この日のコブ回しは30本以上。
短いライン(三角)が主体とは云え、もうヘロヘロ。

P1090213
左手に五龍岳と、

P1090214
鹿島槍。

P1090217
右手には白馬三山。
翌日の予報は朝から雨模様、白馬連峰の山々は隠れてしまってる可能性大。
そんな訳で今季最後かも知れない山景をレンズに収めるのでした。
(雨の中に「チラッ」と望めましたけどね)

P1090225
ラストもお気に入りのコブラインへ。
リフトは既に営業終了、ラインが空くのをのんびり待ちます。

P1090226
途中で板が重なり、已む無く一時停車。
うーん、イマイチな〆になっちゃったなぁ…。

P1090228
15:55、アクティビティ終了。
そして待っているラスボスは、ゴン下「長蛇の列」。
まぁコレ覚悟で最終まで滑ってたんだから、しょーがありません。

P1090230_20210510111601
でも思っていたよりゴンドラ待ちの列は短く、精々300~350人程度。
朝イチのゴンドラ待ち(900~1000人)を思えばカワイイものです。

八方のゴンドラ射出は1分に4基、搬器の乗車人数は1基につき2人平均。
4基×2人で1分間の輸送能力は8人、30分で240人。
約300人の行列が解消するのは大体40分。

うん、これなら16:40には行列消えてるな。

P1090231_20210510111601
そんな訳で巡行行列には参加せず「オツカレ麦酒」。
立夏の炎天下、コブばかり回してたので「美味いっ💛」、そして「回るっ🌀」。
そー云えばゲレンデでビール飲むのって、今季初めてです。

と、こんな感じの八方尾根.初日。
翌日は予報通りの雨中滑走となりました。
つづく。

 

|

« ●2020/21.四十二滑目「八方尾根」前篇 | Main | ●2020/21.四十三滑目「八方尾根」 »