« ●2020/21.四十二滑目「八方尾根」後篇 | Main | ●「SKI FORUM 2021」中止 »

2021.05.15

●2020/21.四十三滑目「八方尾根」

えー、先週のGW中盤戦、5/4~5は「第九次白馬遠征」八方尾根.2days。
2020/21シーズン最後の白馬滑、二日目の滑走記で御座います。

P1090234
6:20、起床/即.板担いでゴンドラ駅へ。
この日の天気予報は午前/小雨☂、午後/本降り雨☂☂☂。
早朝時点では雨は濡っておらず、分厚い雲間より薄日の射す空模様。
午前中だけでも良いから何とか持ってくれないかなぁ…。

P1090230
5分歩いてゴンドラ駅舎とーちゃく。
「おっ、昨日より全然人少ない♪」。

P1090231
デポ板行列は100~110番目くらい。
これならゴンドラ待ちは15~20分で済みそう。

P1090232
板デポして一旦宿に戻ります。
荷造りして朝食取ってチェックアウト、1時間あれば充分。

P1090235
7:40、大して行列は伸びてません。
精々200人ちょい、昨日の1/4以下です。

が…。

P1090236
あーあ、降ってきちゃった☂…。
早朝時点では何とか堪えていた曇天の雲も遂に泣き顔。
小粒ではありますが、ポツポツと雨雫が落ち出しました。

P1090238
8:15、今日も元気に逝ってきまーす。

P1090239
愛しのセントラル。
お願いだから来シーズンはちゃんと圧雪して下さい…。

P1090241
パノラマ。
お願いだから来シーズンはちゃんと国3動かして下さい…。
尚パノラマコースは融雪進行、前日(5/4)を以て営業終了となりました。

P1090242
8:25、兎平到着。
「ポツポツ」では無く「シトシト」、山麓に較べると雨足が強い…。

P1090244
アルペンクワッドからは辛うじて五龍/鹿島槍と

P1090251
白馬三山が望めました。
見えてるうちにパチリ📷、どーせ直ぐにガス隠れしちゃいますからね。

P1090243
整地兎。
この日は雨と低温の恩恵でスキーの走りは良好。
早い時間帯はザラメ荒れも無く、フラットなバーンコンディション。

しかし…。

P1090253
グラード。
この日は「滑り手の調子が今季ワースト💀…」。
広背筋と腰は鉛の様に鈍重「前傾取れない」。
脚部と骨盤の関節はギシギシと軋み「身体動かない」。
コブばっかり攻めてた前日の疲労が全く抜けてません。

しかもブルーグレーのフラットライト/ゴーグルは雨に遮られ視界不如意。
軽く流すだけで手一杯のオープニングタイムでした。

P1090254
グラードより望む五竜&47。
GW期間に営業しているハクババレー.ゲレンデは、八方/栂池/五竜47の3つ。
八方以外はこの日(5/5)でシーズン終了となります。

P1090258
横顔武田菱と鹿島槍双耳。
ま、最後に白馬三山と五龍岳.鹿島槍が見られてヨカッタ。

P1090262
黒2で三角回し。
調子悪い時はこれ位の斜面が丁度良い。
整地で滑りのメカニズムをチェック、最低限動ける様になると三角のコブに入ります。

P1090265-2
9:30、ウェア交換。
9時回ると雨足はザーザーの本降り。
ジャケは浸水被弾、スペアのレインウェアに着替えます。
カメラもバッグにポイ、以降の撮影は無し。

P1090264
10:30、グローブも浸水被弾、スペアに交換。
この後、11時過ぎに着替たウェア/グローブもズブ濡れに。
滑ってる時は良いのですが、リフト乗ってる時が苦痛…。

P1090266_20210506152601
11:30、ゴン下…。
疲労残りの上に雨に濡れた身体は云う事聞かず、全然動けません。
得るもの無いし、怪我するのも風邪引くのもヤだし…。
そんな訳で「午前中持たず」の撤収となりました。
「それでも男ですか、軟弱者っ!」

P1090270
12:30、取敢えず風呂♨。
因みにこの日は子供の日特典。
先着100名まで入浴料半額の「八方の湯」でした。

P1090268
八方口より望む八方ゲレンデ。
筋金入りのスノーマッドはまだあそこで滑ってるんだろうな…。

齢も50を過ぎると、往時に較べ「メンタル面での体力(耐力」が低下。
「何が何でも滑るのだっ」的な鋼の精神力は希薄になってきました。
まぁ昨日「やり切った」感があるので、サバサバはしてますけどね。

てな感じの2020/21シーズン、白馬ファイル。
白馬での滑走日数は五竜47×16、八方×4の計20滑と云うスタッツになりました。
残り少ない今季のスノーライフ、あとは「かぐら」「月山」を残すのみです。

|

« ●2020/21.四十二滑目「八方尾根」後篇 | Main | ●「SKI FORUM 2021」中止 »