« ●2020/21.四十五滑目「月山」 | Main | ●今週の【6/7~6/9】定休日 »

2021.06.06

●2020/21.四十六滑目「月山」

えー、2020/21.スノーライフも愈々エンディング間近。
残すアクティビティもあと数回で御座います。

そんな訳で今シーズンの締め括り、6月のメインゲレンデは勿論「月山」。
先週は5/31~6/2の月山3Days、二日目の滑走記で御座います。

P1090669
7ː30、姥沢出立、下駅へ。
予報通り「本日モ晴天ナリ」、早朝の空は突き抜ける様な快晴。
因みにこの日より月替わり6月、従い「五月晴れ」では無く「水無月晴れ」です。

P1090671
7~8分程登って下駅とーちゃく。
因みにこの辺が県道114の終点、尤も雪に埋もれて何処が道路やら解りませんが…。

P1090674
8ː00、営業開始時刻…の筈が、トラブル発生。
電気系統が落ちちゃったらしく、ペアリフトは止まったまま。
そして浜さんの哀しいアナウンス。
「リフト動くのは10分後か、30分後か、午前中か、現在では不明でーす」

P1090675
20分後にトラブル解消、無事営業開始。
大事に至らなくて良かった…、と一安心(ホッ)。

それでは以下、ペアリフトからの月山スキー場展望です。

P1090676
正面にはTバーと姥ヶ岳ゲレンデ。

P1090677
左手には大斜面。

P1090678
左肩には朝日連峰北端と摩耶山地。

P1090679
背後には朝日連峰.主峰群。
「蒼天ブルー」「新緑グリーン」「大斜面ホワイト」のトリプルコンポ。
月山ならではのビッグスケール.パノラマ、雄大な風景を眺めているとペアリフト乗車の時間は瞬く間に過ぎて行きました。

因みにあと10日もすれば線下お花畑の群落「岩銀杏レッド」「稚児車イエロー」
少し遅れて「白山千鳥パープル」「日光黄萓オレンジ」が加わります。

「姥沢戦隊 ガッサンジャー」が作れそうなカラーラインナップですね。

P1090681
1stランは沢コースから。
朝イチの沢はピステン入りで一番美味しいコンデション。
ガタガタのボコボコですが、日中に較べるとフラットで快適に回せます。

P1090692
2本目は沢のノリ面コブからトラバース。
正面に大きく望めるのは朝日岳。

P1090694
昨日も散々使ったシマ横のコブライン。

P1090689
3本目からは本格的にコブ遊び。
「奥の細道」を進み、

P1090696
大斜面の中央~最奥のコブと戯れます。
ペアリフト6本回した後はTバーへと向かいました。

P1090697
10:15、「狭き門」ならぬ「高き門」。
Tバーへは急斜面を担ぎ上げして登坂。
嗚呼、Tバーへ上るTバーが欲しい…(斜度的に設置出来ませーん)。

P1090698
観光T(通称/鶴さんTバー)とーちゃく。
「この時期」に滑りに来られるのは、名うてのスノーマッドばかり。
Tバーですっ転ぶゲストは一人もおられませんでした。

P1090700
右手に月山を望みつつのワイヤー牽引。

P1090701
南東方面には蔵王の山々。
観光Tバーで昔の月山同僚と合流、暫くはペア滑で楽しみます。

P1090705
日野T(通称/小原さんTバー)を経由して姥ヶ岳ハイクへ。

P1090711
11:00、二日目続けての姥山頂。
今日は月山を背景に山名標をパシャ📷。
但し庄内方面には薄雲が掛かり、鳥海山は望ませんでした…。

P1090712
△点より望む朝日のお山。

P1090714
西側には出羽三山の一.湯殿山。

P1090715
1099Pと仙人岳、

P1090717
薬師岳。
この時期になると大斜面フィールドは殆ど全域がコブ畑。
滑る=コブ攻めになるものですから、リフト回しっ放しだと身体が持ちません。

そんな訳で「ハイク」したり「ピクニックランチ」したり「ビデ取り」したり「山を愛でたり」。
大自然の懐に抱かれつつ、雪と遊ぶのが月山アクティビティなのでして。

P1090718
11:25、それじゃ大回りタイムっ♪
苦行(Tバー登坂)の御褒美は姥ヶ岳ゲレンデから大斜面へのダウンヒル。
無人の広大なフィールドをロングターンで一気下り。
五色沼やブナ林~月山湖へ滑り降りていく様なシチュエーションもサイコーです♥。

P1090719
ウッヒョー、チョー気持ちイイっ♬ (黄色い声)

P1090720
そのまま大斜面のコブ畑へ。
この後何本かビデ撮り、12時半にランチレストに入りました。

P1090722
Smoking green( ´ー`)y-~~。
午後は適度に小レスト入れながら、大斜面のコブ回し。
つーか休憩挟まないと、身体が持ちません…。

P1090723
15時頃になると大斜面のコブは深く掘れて来ました。
つーか二日続きの快晴で抉れ具合はup、難度も急上昇。

更にレイトアフタヌーンになると体力もエンプティ寸前。
広背筋と腰がガタガタで前傾取れない/膝入らない、深コブ攻めるのはもう無理ポ…。

P1090724
そんな訳で、この日3度目のTバー登坂。
眼下に広がるのは、新緑に彩られたブナの原生林。
指呼の先に望める五色沼と弓張平、月山湖に寒河江川。

スーパーViewを眺めつつ姥の岩場で缶珈琲レスト☕、すっかりピクニック気分。
こんな緩~い楽しみ方も夏スキー.月山ならでは。

P1090725
16:00、今日のアクテビティ〆。
最後も緩めのコブラインをチョイス。

P1090726
沢のノリ面から島横のコブラインへ。
リフト営業30分残しでの撤収、もう搾りカスも出やしません。
今日はホントに体力使い切った…(充実感≦疲労)。

P1090728
今日の浜さん語録。
「心は折れ」「技術は拙く」「体力も限界」。
果たして明日、コブ滑る力は残っているのでしょうか…。
つづく。

|

« ●2020/21.四十五滑目「月山」 | Main | ●今週の【6/7~6/9】定休日 »