« ●節句「重陽」 | Main | ●長月の昼の夢 »

2021.09.10

●「上田古戦場ハーフマラソン」一ヶ月前

えー、予定調和つーか規定路線つーか、例に由っての「後出しじゃんけん」。
首都圏を始めとする19都道府県の「緊Q」は9月30日までの再々延長戦となりました。
当然の如く禁酒法も継続、あーぁ今月もまともにオシゴト出来ません…。
果たして10月からは「三度目の正直」宜しく、宣言は解除されるのでしょうか。
それとも「三度ある事は四度ある」、のかな?(つーかこのセンの方が濃厚)。

まぁ何にせよ頃中の慎みモードも、数えてみれば1年と8ヶ月。
「過度」「過敏」「過剰」な自粛風潮は、度を越した煽動報道(苦笑)や有識者の提言(失笑)もあってプロパガンダの域。
下々民草にとっては「日常の生活」は疎か、細やかな「楽しみ」や「生き甲斐」も根こそぎ奪い取られる日々が続いておりまする。

それは「走る」と云うライフワークに於いても例外ではありません。
今秋冬のマラソン大会もメジャーな主要大会は軒並み中止。
国内約550万人(推定)の市民ランナーは2シーズン続けて「塩漬け状態」。
日々の鍛錬
成果を発揮する場所すら御座いません。

そんな中、漸くエントリーに漕ぎ付けたロードレース。
「第35回 上田古戦場ハーフマラソン」まで、残り一ヶ月となりました。

Screenshot-20210905-at-220452-maxresdefa

腐れ頃名蔓延の令和御世、開催されるレースは小規模大会が数える程。
それも1周数キロの「河川敷」や「公園内」をグルグル周回する大会ばかりです。
(それでも開催されるだけ有難いんですけどね)

そんな訳でちゃんと「ロードを走れる」大会は、2019年11月の「つくばマラソン」以来。
しかもハーフとは云え、陸連公認コースで御座います。

只、心配なのは「武漢産.腐れ伝染病」の感染拡大(笑)によるとばっちり。
一昨日には10月17日に開催予定だった東京マラソンが中止を発表。
国内最大級のレースが取り止めとなれば、「右に倣え」で続々と中止に舵を切る大会が出て来る可能性もあります。
まぁ今んトコ長野県は「緊Q」とも「マンボウ」とも無縁。
無事スタートラインに立てる事を夙に願っている次第です。

あ、てな訳で10月9日(土)~10日(日)は連休となります。
一応念の為。

|

« ●節句「重陽」 | Main | ●長月の昼の夢 »