« ●「伊豆山稜線歩道&旧天城街道トレラン」その② | Main | ●「通常営業」 »

2021.10.20

●「伊豆山稜線歩道&旧天城街道トレラン」その③

えー、先週月曜日は初の伊豆エリア.トレラン遠征。
「だるま山高原レストハウス」から伊豆山稜線歩道を南に取り「天城峠」へ。
天城峠からは旧天城街道を伝い「浄蓮の滝」までの43㎞を走って参りました。

1012garmin-connect_20211020181201  
そんな訳での山行記その③「魂の山~後藤山」篇で御座います。

Dsc01743_20211017222701
11:00、魂の山。(DST/15.80㎞ Time/2:44:20 )
30分程ランチレストする心算でしたが、駿河湾からの吹き上げ風🌀が強い…。
身体休めても体温低下で体力消耗したら莫迦みたく、20分で休憩切り上げ。

Dsc01748
11:20、魂込めて出発。
アセビのトンネルを潜り、仁科峠へ進軍。

Dsc01750
長い木段をテケテケと下り↘、

Dsc01751
長い木段をテケテケと上ります↗。
魂の山から高度100m程下げ、そのままV字に上り返す感じ。
基本的に木段嫌いな私めですが、ココの木段はピッチのリズムが良くて宜し。

Dsc01752
11:30、上り返した頂が920mの無名P。
「山っぽい山」がアンマリ無い伊豆山稜線歩道。
その中でも伽藍山や後藤山より、余程しっかりした「山頂」です。
山名が付いてないのが勿体無いので、勝手に「ニセ魂の山」と名付けました。

Dsc01754
ニセ魂から仁科峠へは伊豆山稜線歩道.中盤のハイライトパート。
360℃開けたワイドパノラマは「THE 伊豆」と云うべく開放感♪。
極上のスズダケトレイルに、思わず走も進みます。

つっても、
晴れてりゃのハナシですがね…。

ガスに祟られ、富士山も駿河湾も山陵線も「真っ白」。
展望の利かない伊豆トレイルは魅力半減以下、捲土重来でまた来よっと。

Dsc01758
ニセ魂から数分で今日の峠ハント.その⑥。

Dsc01759
11:35、宇久須峠通過。(DST/17.25㎞ Time/3:00:47)
魂の山を挟んで北に峠が3つ(土肥/南無妙/吉奈)、南に峠が3つ(宇久須/風早/仁科)。
常緑高木/低高木に覆われた薄暗い北側に反し、ササ原広がる伸びやかで明るい南側。
両者のロケーションは全く異なります。

Dsc01762
宇久須峠からも引き続きササ原&ススキの群落トレイル。

Dsc01764
小さなアップダウンを繰り返し、西天城高原線に出ます。
下り切った先が今日の峠ハント.その➆。

Dsc01765
11:40、風早峠通過。(DST/18.11㎞ Time/3:08:31)
ニセ魂の山~宇久須峠~風早峠は緩やかな下り基調。
風早峠~仁科峠はその裏返し、緩やかに上ってくイメージです。

Dsc01766
幅広尾根に通る、ユル~い勾配のササ原トレイル。
上り基調ですが充分ランで処理出来るレベルです。

Dsc01770
天城牧場の木柵が見えてくれば、仁科峠はもう直ぐ。

Dsc01773
あれっ?
何だか急に、
視界が明るくなってきた💛。

Dsc01774
青空キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
分厚い層雲帯の隙間から、青空が覗き始めました。
すわ、これは天候好転の兆し?。

Dsc01776
北東山麓部のガスは引き、遠望が望める様になりました。

Dsc01777
右手眼下には「西天城高原.牧場の家」。
水場の無い伊豆山稜線歩道の中、唯一飲食糧の補給出来る施設(自販機/食堂有り)。
但し仁科峠から片道1.8㎞、その分のタイムロスは計算しなければなりません。

Dsc01779
仁科峠にとーちゃく、も一度西天城高原線を横断します。
正面の丘陵頂は仁科峠展望台のある大倉山(940P)。
こりゃ展望台からのパノラマは期待出来るかもっ♪。

Dsc01781_20211017222901
12ː00、今日の峠ハントその⑧、仁科峠。(DST/19.33㎞ Time/3:23:29)
戸田峠/船原峠と並び、中伊豆と西伊豆を結ぶ重要な交通路。
往来の手段が足や馬から車に変わっても、その役割は変わっていません。

Dsc01783
青空の下、クマザサトレイルを上ります。
これですっ♪
この明朗なロケーションが伊豆稜線歩道の醍醐味なのですっ♪。

Dsc01784
5分程上ると安山岩巨石(ナベ石)が転がる、大倉山(940P)=仁科峠展望台に到着。
伊豆山稜線歩道の中では達磨山と並び、屈指の眺望を誇るビュースポット。
また「伊豆でも最も美しい峠」とも呼ばれています。

Dsc01784_20211018163401
展望台より、西側のパノラマ。
宇久須港を挟んで、左には大杉山~笠蓋山~大野山と連なる南伊豆の山々。

Dsc01786
展望台より、北側のパノラマ。
今まで辿って来た魂の山~達磨山の稜線が望めます。

嗚呼、
やっと、
伊豆山稜線走ってる気がしてきました…♥。

Dsc01794
西方眼下には宇久須港も望めます。
「おおっ、海が青いっ🌊」

Dsc01787_20211018163501
展望台より望む仁科峠。
ドライブ観光客の方に話を聞くと、仁科峠の濃霧ガスが切れたのは10分程前。
それまではガスガスで真っ白だったとの事です。
いゃあ、グッドタイミングでしたね♪。

Dsc01789
仁科峠~風早峠~宇久須峠を経て、正面にガスの掛かる頂がニセ魂の山。

Dsc01790
ニセ魂の山から鞍部を経て魂の山、右奥には達磨山

Dsc01791
おっ、魂の山と達磨山のガスも切れたっ♪。
ホントならこの背後に霊峰富士の雄姿が望めるのですが…残念。

Dsc01793
達磨山の東裾向こうは静浦山地の山容も望めます。
右より城山/葛城山/308Pを挟んで発端丈山の伊豆三山。
左手奥の稜線は沼津アルプス、大平山と鷲頭山。

Dsc01803
12ː10、パノラマタイム終了/山行再開。
しかしこれより向かう猫越岳方面は、相変わらずのガス模様。
まぁ此処から先はずーっと樹林帯、展望の利かないパートだからイイや。

Dsc01804
牛柵ゲートを越え、ガスガスの後藤山へ向かいます。

Dsc01805
牧場の鞍部から軽くひと上りすると、今日のピークハント.その⑧。

Dsc01806
12ː20、後藤山通過。(DST/21.81㎞ Time/3:52:42)
尾根上の小ピーク…と云うより通過点てな感じ。
丁度この辺りが今日の折り返し地点、残す山行距離もあと半分です。

と、こんな感じの伊豆山稜線歩道&天城街道トレイル.その③。
後藤山からは猫越岳/猫越岳/手引ノ頭を経て二本松峠方面に向かいました。
つづく。

 

|

« ●「伊豆山稜線歩道&旧天城街道トレラン」その② | Main | ●「通常営業」 »