« November 2021 | Main | January 2022 »

2021.12.31

●仕事納め

えー、瓦解坂の場末のバァも本日(日付的には昨日)で仕事納め。
令和3年最後の商いを終えた小晦日、一息付く間も無く旅路に向かいます。

Dsc02694
大晦日~元日は毎冬恒例の北信.戸隠遠征。
2021年の「滑り納め」の後は年越しに戸隠蕎麦を啜り、2022年の「滑り初め」へ。
荒天(暴風)予報なのが不安の種ですが、何とかリフト動いてくれる事を願うのみ。

因みにピステバックは今季新調したロシのHERO。
やっぱり75ℓ容量はデカくてパッキングが楽チンだなぁ♫。

Dsc02698
そんな訳で皆様、良いお年を。

 

 

|

2021.12.30

●2021/22.六滑目「石打丸山」

えー、今週月曜日は例に由ってのスノーライフ。
湯沢エリアの日帰りスキー.ホームゲレンデ「石打丸山」に行って参りました。

そんな訳で今季初の石打遠征、滑走記になりまする。

Dsc02610
7:25、湯沢駅とーちゃく。
「国境の長いトンネルを抜けると、そこは雪国だった。」
「朝の底が白くなった。」

先週末からのモーレツ寒波で、湯沢の街並みもすっかり冬本番の風景です。

Dsc02612
シャトルバスも雪だるま⛄状態。
因みに以前の石打丸山シャトルバスの愛称は「雪だるま号」でした。

Dsc02613 
800、中央口/リゾセンとーちゃく。
今季も沢山お世話になりまーす。

Dsc02616
おっ、サンライズエクスプレス動いてる♩。
昨日からの豪雪で多少のリフト運行遅延は覚悟も、意外とフツーに試運転中。
定刻(8時半)からの営業スタートも問題無さそうで一安心。

Dsc02621
石打丸山.今季のトピックはコレ。
昭和臭全開「古き良きスキー場」の雰囲気が強い石打も、遂にリフト券IC化。
これで良く行くゲレンデで紙チケなのは「かぐら」と「月山」くらいかな。

Dsc02618
サンライズEXより望むサンライズ。
この日の天気予報は終日の大雪⛄、予想外の陽光にテンションもUp。
若しかしたら予報外れて「晴れスキー」かも♡。

Dsc02622
8:30、アクテビティスタート。
朝陽が射し、眩く煌く白銀のスロープ✨。
但し晴れてたのはこの数分間だけ。
@云う間に空は曇天に覆われ、雪模様に変わっていきました。

Dsc02623
オープニンクは「ザイラー~デビルダウン」を三連発。
オンピステには10~15㎝の新雪がトッピング。
浮遊感抜群のノートラックを頂きます。

因みに非圧雪エリアは新雪30㎝オーバーのディープスノー。
パウ目当てのゲストが歓喜の奇声を上げてスプレーを舞い上げていました。

Dsc02628
9:25、山頂ゲレンデに到着。
しかしリフト降車場の除雪に時間が掛かるとの事。
様子見がてら、パラ沢~大丸を回す事に致しました。

Dsc02630
大丸もフカフカのコットンフィールド。
この日の石打は湯沢エリアとしてはライトな良雪。
板の走りも良く、早い時間帯はモサ感もありませんでした。

Dsc02640
9:45、再び山頂ゲレンデへ。
少し出遅れ、メインバーンは既に食われちゃってます…。

Dsc02636
ほんの少し除く青空、そして湯沢のランドマーク.飯士山。

Dsc02642
湯沢町の奥には大源太山も望めました。
しかしこれが今日最後の晴れ間。
以後、天気予報通り「ドッカドカ」と本降りの大雪模様となりました。

石打一番人気の山頂ゲレンデは瞬く間に混在開始。
ライン取りも覚束無くなってきたので、観光口へ河岸替え。

Dsc02644
10:10、観光口.ダイナミック。
ダイナA(オフピステ)は一見深雪も、所々に地表露出。
ダイナBはやや地形が出ているものの、ピステン上に約10㎝の新雪堆積。
此処を回すゲストは少ないので、食べ残しだらけのグッドコンディションでした。

Dsc02645
しかしまぁ良く降る事…。
山麓部でもドッカンドッカン⛄の大雪です。

この日は「雪に強い子」の上越線が長岡駅~水上駅間で終日運転取り止め。
同じく「雪に強い子」ほくほく線も終日運休と、トンデモな豪雪でした。

Dsc02647
こんな日はフード付コンボが有難い。
しかもチェアのお尻は温熱サーモ。
何時もよりサンライズEXを使う回数が多くなりました。

Dsc02649
11:50、続いてハツカ石へ
スーパーも観光口と同様、新雪ラインの食べ残しだらけ。
こっちもまだ地形ギャップが出ていました。

Dsc02652
久し振りの中央高速トリプル。
昨シーズンは頃中の影響で入り込み客数激減。
間引き営業で「動かずのリフト」となっていましたからね。

Dsc02627
観光第3。
正午を過ぎても雪足の衰える気配はありません…つーか増してます。

Dsc02657
再び山頂ゲレンデ。
流石に踏まれてモサ気味の雪も、トップの抜けはまずまず。
何よりゲレンデトップなので、山麓部より雪が軽いです。

Dsc02658
13:40、ランチレストを終え、戦線復帰。
降り敷く大雪と曇天の鉛雲で、14時を回ると視界悪化。
完全にフラットライトとなり、目視でバーン情報が拾えなくなってきました。

Dsc02664
ラスト1時間は銀座から下がメイン。
ナイター用照明にも半分灯が点り、視野が利くのが有難い。

Dsc02660
因みにゲレンデはドコ滑ってもこんな感じ。
絨毯爆撃的な豪雪でバーンは常に「ハーフリセット」状態。
大丸やダイナミック、ハツカ石の各コースは終日パウダーランが楽しめました。

Dsc02665
16:20、撤収。
スキー用の体躯は未だビルドアップ中、終盤戦は疲労でウダウダな滑りばっか。
これ異常滑っても「得る物無し」、少し早めの板仕舞いと致しました。

Screenshot-20211230-at-151911-garmin-con
この日のGPSスタッツ、滑走本数52本/滑走距離52.72㎞。

と、こんな感じの2021/22シーズン.石打丸山初滑。
今季もあと5~6回は訪れる予定です。
おしまい。

|

●荒行の悪寒…

えー、疫災イヤーの禁酒イヤー、令和3年もカウントダウン「2」。
でもってウチの商いも今日.12月30日が〆日で御座います。

明日大晦日と明後日元日はお店オヤスミ、スノーライフで戸隠遠征。
しかしその二日間が「トンデモ」な天気予報なのでして…。

Screenshot-20211230-at-023458-togakushi-
爆風&極寒…。

大晦日/元日共に、凍て付く鬼畜冷えと荒れ荒れの極悪強風。
兎に角困りモノなのは風速20~35㎞/hの爆風。
これじゃ「リフト運休」確定のレベルです。

まぁスノキャスさんの予報は悪い方にゲタ履かせる傾向なので、何とかリフトが動かせる強風で収まるのを望むのみ。
それにしても体感温度マイナ20℃以下って、バナナで釘打てるんじゃないの?。

と云う訳で年末年始は荒行の悪寒、なのでした。

 

|

2021.12.29

●まってるよ。

 えー、疫災イヤーの禁酒イヤー、令和3年もカウントダウン「3」。
でもってウチの商いも今日.明日を残すのみとなりました。

そんな師走歳暮の頃ではありますが、本日も例に由ってのスキーネタ。
押し迫った年の瀬とは、何の関連も無いエントリーで御座います。

Dsc02591
先週は第一次白馬遠征のオミヤゲ。
入口ドアの裏っ側に貼られているポスターは、

Dsc02596
「まってるよ。」
東京で唯一の白馬五竜スキー場「公認アンテナショップBar」の当店。
先週滑りに行った際、今季のポスターを一枚貰ってきました。
(ミナミザワさん、ありがとうございます)

今年のデザインは、ゲレンデスタッフが勢揃いしてのお出迎え。
元従業員の私めとしては、知った顔がチラホラ。
眺めていても結構楽しいものでして。

 

|

2021.12.28

●煤払い

 えー、疫災イヤーの禁酒イヤー、令和3年もカウントダウン「4」。
でもってウチの営業日も残す所処あと3日となりました。

そんな訳で本昼は何時もより3時間早いお店入り。
面倒臭い 店内と心を清らかにする年末行事、「大掃除」に取り掛かる事に致しました。
今日手を付けるのは店の奥、飾り棚と納戸の部分です。

Dsc02666
Before。

Dsc02670
After。

えっ、「全然変わってないじゃないか!!!」って?。

ソンナコトアリマセン。

めちゃくちゃ綺麗になりましたっ˖。✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

Dsc02672
本邦初公開、板張り席の収納スペース。
「ホント、スッキリしたっ♫」。
ココ、昨日まで古酒や備品やらジョギングウェアやらで「しっちゃかめっちゃか」だったんですよね。

Dsc02685
スコットランド生まれの古い子たち(一部)も、

Dsc02676
アメリカ生まれの古い子たち(一部)も、キチンと仕訳整理を終えました。
・日常の掃除=人の目に付く所や、汚れの目立つ場所を片付ける。
・大掃除=普段行わない場所(人の目に付かない所)を片付ける。
そんな訳で年末の「煤払い」は、未だ道半ば。

キッチンシンクの水垢取り
ストッカーの霜取り
換気扇とエアコンフィルターのお掃除
カウンター内什器、下部や裏側のお掃除
コールドテーブル内のお掃除

嫌~な仕事 店内と心を清める作業は山程残っておりまする…。

|

2021.12.27

●2021/22.五滑目「五竜&47」

えー、先週月~火は今季初の白馬遠征「五竜&47」2days。
二日目は12/21の滑走記で御座います。

Dsc02505
7:00、定点観測。
昨日のガス模様とは打って変わり、東雲の空にはほんのりとにじむ様な朝焼け。
白馬三山のモルゲンロートは、さぞかし見事な紅に染まっている事でしょう。

キャビン駅舎に板デポして朝食&ウォームアップ、朝イチの滑走に備えます。

Dsc02507
8:25、「業務連絡、トップ26番」
例に由ってのアル3口開け、毎回変わらぬルーティン。

Dsc02511
この日は南面~南東のパノラマが見事。
四阿/浅間山から八ヶ岳~奥秩父~美ヶ原~南アルプスがクリアに望めました。

Dsc02512
霧雲の底に沈む善光寺平。
オープニングタイムならではの幻想的な佳景を独り占め。
これだから朝イチグランプリは止められないっ♪。

Dsc02515
所処で、「一寸風🌀強くない?」
地蔵ノ頭には地吹雪が舞っています…。

Dsc02526
アル1は強風の為、オープニングタイムから運転見合わせ。
うーん、若しかすると今日は「爆風祭」の悪寒…。

Dsc02524
1stラン。
ピステに乗った雪が巻き上げられる、キョーレツな地吹雪。
横殴りの暴風に身体が持っていかれる程でした。

Dsc02531
8:50、太陽は早朝から雲を抜け、

Dsc02527
天気自体は早々に晴天に恵まれたのですが…。
「ゲレンデトップの暴風🌀は止みませーん」

Dsc02544
9:30、アル3には長蛇の列。
「強風でアル3は減速運転」
「アル1とラインEは運休」
「47への流れ込みも禁止」

アルプス平で動いてるリフトは唯一アル3のみ。
そりゃ混み出すのも仕方ありません。
その上…、

「お隣の八方が強風で営業中止」

どーやら八方から移動して来たゲストも多くおられる様子。

Dsc02540
グランプリも平日の割には混んで来ました。
こーなるとロングでかっ飛ばすのは危険、ミドル~ショート主体の滑りに切り替えます。

10時前にアル1が営業開始、混雑具合は多少マシになってきました。

Dsc02545
10ː00、一旦下山。
強風下とは云え、一番美味しい時間帯を回せたからイイや。

Dsc02546
ダイナミックは全ピステン入り。
この辺まで下りると風は全く無し。

Dsc02547
とおみゲレンデは平和だなぁ。
但し上部は一部土露出、下部もまだ地形が出ています。
積雪不足の為、とおみ2/スカ4のリフトサイドは圧雪入っていません。

エスカルで軽く小レスト、風が収まってるのを願いつつキャビンに乗り込みます。

Dsc02549
10ː35、旧ルビコンコースも雪少ないなぁ…。
まぁこの時期に下山コースが空いてるだけ、有難いと思わなくちゃ。

ゴンドラ山頂駅に着くと同時にラインEが営業開始。
そのまま47に流れ込みました。

Dsc02550
10ː50、47.ラインCも7~10分のリフト待ち。
恐らく半分は八方から移動されて来たゲストでしょう。

Dsc02557
ルート1はコンディション絶好調。
昨日までの大雪でソフトな雪面タッチ、北斜面なので雪質も良。
大した荒れも無く、コースはフラットを維持していました。

レールターンや中速シュテムで切り替え~外脚荷重の基本動作を反復練習。
昨日から引き続いての基礎トレに勤しんでおりました。

Dsc02558
ルート2は上から下まで全て非圧雪。
前日の宴(パウ祭)の後、ボッコボコのガッタガタでした。

ルート1を主戦場にラインCを10本回し、五竜方面に戻ります。

Dsc02562
ラインEにて、シュカブラの子供たち。
暴風の作り出した雪の造形、うーん見事な非対称山陵。

Dsc02566
13ː30、グランプリに戻るも「爆風祭」は継続中。
風速は10~13m/s、時折15m/sオーバー。

Dsc02569
強風は収まる所処か、寧ろ酷くなってるくらい。
晴れているのに地吹雪で雪面が見えませーん。

「ダメだこりゃ」と、いったん下山してランチレスト。

Dsc02577
14ː40、ランチ後のグランプリ。
相変わらずの爆風祭、しかも日陰に入っちゃいました。
ウインドパックされたバーンはバリバリとクラスト気味。

Dsc02579
パノラマに河岸を変えますが…。
こっちも横殴りの強風が「ビュービュー」の「ゴーゴー」。

Dsc02583
15ː10、でもってアル1「宙吊りの刑」。
吹き荒れる爆風でリフト停止、搬器がブランコみたく揺れています。
気温が零度前後と、極寒地獄じゃ無かったのが救いでした。

Dsc02584
スカ4を5本回して投了。
シーズン入って5滑目、やっぱりフルタイム滑り切る体躯は出来ていません。
腰と広背筋がパンク寸前、営業時間を20分残しての板収めとなりました。

と、こんな感じの第一次白馬遠征。
初日はガス、二日目は爆風に祟ら、やや消化不良の二日間でしたとさ。
おしまい。

 

|

2021.12.26

●年末年始の【12/27~1/5】営業案内

えー、すったもんだの令和3年も愈々最終ウィークに突入。
「疫災ティング」な一年も残す所処、あと6日となりました。

でもってウチの年末年始.運行スケジュールも確定。
明日から年明け直近の営業ダイヤ、インフォメーションで御座います。

12/27(月) オヤスミ
12/28(火) 通常営業
12/29(水) 通常営業
12/30(木) 年末ダイヤ営業(※.18:00~23ː30)
12/31(金) オヤスミ
01/01(土) オヤスミ
01/02(日) 年始ダイヤ営業(※.18ː00~23ː00)
01/03(月) 年始ダイヤ営業(※.18ː00~23ː00)
01/04(火) 年始ダイヤ営業(※.18ː00~23ː00)
01/05(水) 以降、通常営業

来年のお正月は暦の巡りが悪く、年末年始のお休みも例年より短め。
そんなカレンダーの煽りを食らい、仕事始めも1月4日から一斉にヨーイドン。
1/2~3辺りのUターンラッシュは阿鼻叫喚な鬼畜混雑が予想されます。

と云う訳で年末年始の戸隠「滑り納め」「滑り初め」後もミヤコには帰らず。
武蔵野の地で新春を過ごすに致しました。
まぁ正月に東京在住していても特にやる事無し。
だったらお店開けようかと思った次第でして。

因みに松の内までは、例に由っての和装営業。
ぼちぼちオキモノの虫干ししないとね。

 

|

2021.12.25

●2021/22.四滑目「五竜&47」

えー、今週月~火曜日は2021/22WINTER「第一次白馬遠征」。
三冬を過ごした嘗ての仕事場、白馬五竜に行って参りました。

そんな訳でプロローグからの続編、滑走記で御座います。

Dsc02440
8:25、「業務連絡、トップ36番」
アルプス平は早朝時点でマイナ3℃の暖かさ、ガスの籠り易い気温。
今季初の「朝イチグランプリ」は生憎の濃霧コンディションとなりました…。

Dsc02441
「何~んにも見えない💀」1stラン…。
辛うじて足元だけが可視出来る白闇コンデション。
コレって来年の「新型コ●ナ.第六波蔓延」を暗示してるのかな?。

Dsc02442
2本目からガスが引いて来ました…。
「10分遅いわっ!!!  ヽ(`Д´)ノプンプン」

Dsc02443
線下では既に「パウ祭」開催中。

Dsc02452
ノートラのサイドカントリーは@云う間に完売御礼。
しかしハイシーズンのアスピリンスノーとは較べモノにならない湿雪。
踏まれた新雪はボコボコのナチュラルバーンになっていきました。

でもってパウダーランと云えば、
「悲喜交々」なのです…。

Dsc02453
板外れて発掘作業、雪が邪魔してビン入らず。

Dsc02456
湿雪でスピード乗れず停止、横転し天を仰ぐ。

パウ祭お約束の風景、まぁコレはコレで楽しそう?。
正直ディープパウやウエットパウだと、グランプリは斜度少し足んないんですよね。

Dsc02460
陽光は射しているのにスロープは白闇。
コレは晴れてるの?、それともガスってるの?。

Dsc02461
ガスの境目は例に由ってアル3。
パノラマゲレンデは視界が利く様になってきましたが、グランプリは(お察し下さい)…。

Dsc02462
9:30、一旦下山。
この3日前(12/18)よりオープンしたダイナミック~ウッディの下山コース。
とおみの上部は未だ積雪不足、地形のギャップが結構出ていました。

エスカルでコーヒー飲みつつ小レスト🚬、再び戦線に戻ります。

Dsc02464
9:55、キャビンより望むいいもりゲレンデ。
積雪不足で未だクローズ中、12/24から一部オープンの予定です。

Dsc02467
10:25、再びグランプリ。
「おっ、ガス引いてきた♬」

Dsc02469
コレはホントに「抜けた」かもっ♪

Dsc02472
ガス抜けた━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!。

と思いきや、この10分後「元ニ戻ル⤵」。
一旦標高を下げ、47に向かいました。

Dsc02477
10:55、47.ルート1に移動。
グランプリに較べりゃマシなものの、R1上部も薄ガスの覆うコンデション。

Dsc02478
ボトムまで下りると視界はクリアです。
但しR1の下半分は雪不足で非圧雪、「モサモサ」の「ボコボコ」でした。

Dsc02480
12:30、今度こそホントに「抜けたっ」
正午を回ると上空の雲も次第に切れ、準.ピーカンのグッドコンディションに。

Dsc02484
南東には志賀高原~四阿山~浅間山が覗ける様になりました。
そんな訳で急ぎグランプリに戻ります。

Dsc02485
13:05、「Yes、grand-prix!!!」
ウエットでやや重たい雪ですが、バーンの荒れは許容範囲。
ランチタイムでゲストも少ないので、暫くアル3を回します。

Dsc02487
しかし滑り手の調子がイマ2~イマ3。
矢張りシーズンイン直後、ピーク時に較べると5~6割程度のヘボい滑り。
「ターン中の足裏荷重ポイントの移動確認」
「レールターンで重心移動と外足荷重」
「切り替え時の外足荷重リリースと内膝の畳み」
「ハンドワークの補助動作チェック」

この日は滑走時間の大半をフォーム固めのトレーニングに費やしていました。

Dsc02488
13:20、やっとランチタイム。
ゲレンデボトムの気温は4~5℃と暖かい(?)気候。
こんな日はテラスでアウトドアランチです。

Dsc02492
14:10、戦線再開/三たびグランプリ。
うーん、朝からこんな天気だったらなぁ…。

Dsc02491
飯綱連峰もクリアに全容が望めます。
山腹左には戸隠スキー場、今年も年末年始はあそこで過ごします。

Dsc02493
南彼方には八ヶ岳と南アルプス。
午前中の白闇空とは一変、見事なパノラマ日和です。

但しこの時期は未だ日が短く、14時半にはグランプリの半分が日陰化。
一枚バーンはモナカっぽいクラストに変わっていきました。

Dsc02499
しかもコンディションがコレです…。
調子良い時なら、力尽くのロングターンで蹴散らして行くレベルの荒れ具合。
しかし「滑り」も「体躯」も未だ調整段階の現状だと、厳チィ…。

Dsc02500
14:50、そんな訳で珍しくアル1回し。
此処でも基礎トレ、エッジングポイントと外足の解放を意識したレールターン。

Dsc02502
「パノラマゲレンデ」の名にし負うパノラマ。
頚城山塊~戸隠/飯綱連峰~志賀高原の名山群が一望の元。
但しこの日は白馬連峰「御機嫌斜め」で終日厚雲の中。
五竜ランドマークの武田菱を望む事は叶いませんでした。

最後はとおみを3本回して終了。
滑走本数36本/滑走距離52.52㎞という一日でした。
Screenshot-20211225-at-141836-garmin-con
回したリフトは39本。
アル3×18/ラインC×8/スカ4×5/キャビン×3/アル1×2/ラインE×2/ライン8×1

Dsc02504
オツカレ麦酒は昨季より定番のココ。
去年エコーから神城に移転、五竜フリークには使い易い場所で有難い。
冬場は月×2~3ペースでの利用、今シーズンも宜しくお願いしまーす。

以上、こんな所処にて。
二日目に続く。

|

●「アイリッシュコーヒー」はじめました

えー、一昨日は看板出し準備中の暮相刻。
「from 嵯峨野 to 武蔵野」、瓦礫坂の底に小包が届きました。

Dsc02586
荷物の中身は何かと申しますと、

Dsc02589
マンデリンと炭焼きブレンド。
嵯峨ロコ民にとっては御馴染み、ヤマモトさんのコーヒー豆です。

ウチでは通年常備しておりますが、消費量が増えるのはこれからの時期。
身内に頼んで送ってもらった次第でなのした。

Dsc02605
そんな訳でお待たせ。
アイリッシュコーヒー&ゲーリックコーヒー始めました。

ホットカクテルの「真打ち」登場、今宵からのリリースとなります。

 

|

2021.12.24

●「私が私にくれたもの ネイビーブルーのスニーカー♪」

えー、本夜は「Silent night♪, Holy night ♬」なクリスマスイヴ。
お子様はサンタさんを待ち焦がれ、カレシカノジョはイチャラヴ♥。
そして独り身の善男善女は「早く今日、終わってくれー」と悶絶する聖夜で御座います。

所処でクリスマスと云えば「プレゼント」。
しかし此処数年、贈り物をするステディなぞ不在の私め。
その代わりに「自分で自分にプレゼント」なぞをしております。
「1年間がんばった自分へのご褒美♥」なんて言葉はキモチワルくて 耽美過ぎて好きじゃありませんが、何たって「師走」は飲み屋にとって多忙な繁盛期。
何かニンジンぶら下げとかないと、オシゴトのモチベーションもupしないのでして。

因みに購入する「アイテム」自体は毎年一緒。
「クリスマス」→「サンタクロース」→「プレゼント」→「靴下」→「靴」
そんな四段変格活用で「フットギア」を購入しているのでした。
で、今年「ポチッ」としたシューズはと申しmust。

Screenshot
Dsc02389
・SALOMON  XA PRO 3D
春夏秋冬スキーマッドの私め、普段履きのフットウェアもスキーブランドを愛用。
本来はトレッキング用シューズですが、タウンユースで使っておりまする。

しかし最近のサロモンさんはカラーリングがイマイチ。
てな訳で型落ちモデルのXA-PROを探しての購入。
ネイビー基調の色調(スレートブルー×デトロイト×ラディアントレッド)は、個人的に「ドンピシャ」の好みなのでした。

尚、本日の表題は「JITTERIN'JINN」の名曲に因んだものにて。

|

2021.12.23

●販売速報【2021.冬至版】

えー、気付けば年の瀬も押し迫り、令和3年も残す所処ひとケタ。
カウントダウン「マジック9」となりました。

そんな訳で本日は武蔵野口の場末の酒場「販売速報」。
2ヶ月置きの弊店「傾向と対策」で御座います。
まぁ例に由って何の参考にもならないと思いますが…。

■ 最近よく作っているような気がするカクテル(順不同)

・ロングの部
  ジン&トニック
  モスコー.ミュール
   ‥~‥~‥~ 断トツ、圧倒的二強 ~‥~‥~‥
  ラ.フランスのカクテル(終わりました)
  バイオレット.フィーズ  
  スカイボール(村上春樹式ウォッカトニック)
  アイリッシュコーヒー(ブラック版)
  サイドカーのジンジャーエール割
  カシス烏龍(猿王スペシャル)
  ホット.バター.ド.ラム(カウ含ム)
   ‥~‥~‥~ 以上、ワシャワシャと混戦 ~‥~‥~‥
  ホット.ブラッディマリー
  オールド.ファッションド
  シンガポールスリング(生パイン.ラッフルズ版)
  ヴュー.カレ
  マタドール(ラム版含ム)
  ジン.フィーズ(東京会館式含ム)
  ネグローニ
  グロッグ
  

・ショートの部
  スモーキーマティーニ
  マンハッタン
    ‥~‥~‥~ 二強 ~‥~‥~‥
  マティーニ(小豆島.新漬マンザロニ)
  ギムレット
  サイドカー 
  ダーティ&スモーキーマティーニ 
  例のアレキサンダー
  サイレント.サード 
  サヴォイ.タンゴ
  ミリオネア
  ‥~‥~‥~ 安定の上位力 ~‥~‥~‥  
  アレキサンダー(正調)
  オールド.パル
  ロブ.ロイ
  カモク.アレキサンダー
  カルヴァドス.カクテル(マイブーム)
  アラウンド.ザ.ワールド
  フェルネブランカ.カクテル
  ゴールデンドリーム
  コープスリバイバー (№1&№3合算)
  シャンゼリゼ
  マルガリータ
  ポーラー.ショートカット
  ブラッド&サンド
  
ロングの売れ筋は然程変わらないものの、ショートは色々と新顔出現。
個人的趣味で古いカクテルを掘り起こししています。
また今年は12月初旬からホットカクテル好調、出足が早い。
(アイリッシュコーヒー.正調版のリリースは来週を予定しています)

■ 最近よく出ているような気がするウイスキー(順不同)
・フツーのウイスキー(カクテルベース使用.含ム)
  タリスカ10年
  グラント10年
  アードベッグ10年
  モーレンジ10年
  ブレット.ライ

・フツーのウイスキー
  ラフロイグ15年.バイセンテナリー(化けました.飲み頃)
  サントリー季(ハイボール専)
  キルホーマン.マキーヤベイ
  リベット.イリシットスティル
  ビックピート(複数種類合算)
  ラガヴーリン16年
  アードベッグ5年
  山崎NA(水割り専.仕込み水スペシャル)
  ニッカ.シングルバレル
  グレンアラヒ12年(2021年ロット)
  キルホーマン.アイラバーレイ2019(今ピーク)

・少し古いウイスキー
  お店でお問い合わせ下さい。(最近調子に乗って開封しています)
 

以上、こんな所処にて。
次回の月報は年も替わった2月下旬、雨水の頃になると思います。
それでは「メリークリスマス」、擱筆。


|

2021.12.22

●2021/22.四滑目「プロローグ」

えー、一昨日と昨日は「雪の日(笑)」にて臨時祝日、オシゴトオヤスミ。
今シーズン初の白馬遠征2days/白馬五竜に逝って参りました。

折角の遠征、ホントなら2~3泊したい所処も、未だシーズンイン直後。
スキー用の体躯が出来ておらず、連チャンで滑るのは2日が精一杯です。
それに一応生業が酒場の主、この時期はオシゴト繫盛期ですからね。

そんな訳での滑走記.イントロダクションで御座います。

1_20211222131601
やって来ました五竜エスカル。
2016/17シーズンと2017/18シーズン、過去二冬に亘る嘗ての仕事場です。

2_20211222131601
この日(12/20)は深夜にドカ雪、明け方に降り止む「BEST」の気象条件。

3_20211222131601
山麓部でも20㎝強の新雪堆積。

4_20211222131601
7:00、定点観測。
上の方はガスっていますが、然程重たい濃霧では無さそう。
これなら日中は引いてくれるかな…。

5_20211222131601
周辺をウォームアップジョグ。
此処は大昔、長野イヤー(1998/99)のオシゴト場。

6_20211222131601
7:30、南東の空には薄らと陽光が覗き始めました。
まぁこっちが晴れても、上には余り関係無いんですけどね。

7_20211222131601
ゴンドラ営業開始15分前。
既に100名近い朝イチ行列、殆どの皆さんがパウ目当てのマテリアル。

8_20211222131601
8:15、一発目の搬器に乗り込みアルプス平へ。

9_20211222131601
8:25「業務連絡、トップ36番」。
やっぱりこのアナウンス聞かないと、五竜に来た実感が湧きません。
「アル3キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
「グランプリキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

と云う訳での今季初白馬/初五竜.アクテビティプロローグ。
滑走記は亦後日にDemo。

 

 

|

2021.12.21

●まってました!!!

えー、只今深夜23時過ぎ、第一次白馬遠征より帰投。

心身共にタフでハードな二日間、取敢えず疲れたので寝ます。

Dsc02432
今年のスキー場ポスター、キャッチコピーは「まってるよ。」
そんな訳で遠征先は白馬五竜。
過去三季に亘る、嘗てのオシゴト場で御座いました。

 

|

2021.12.20

●今日明日は【12/20~21】オヤスミ

えー、北安曇は神城の白い朝からグッモーニン♡。
本日より第一次白馬遠征、ホームゲレンデの五竜にやって参りました。

そんな訳で今日明日はハッピーライフのスノーライフの為、お店はお休み。
三日前に案内済ですが、一応念の為。

 

|

2021.12.19

●2021/22.三滑目「ハンタマ」

えー、先日木曜日は例によってのスノーライフ。
今回は栃木エリアのコンビニエンスゲレンデ、ハンタマ塩原に行って参りました。

シーズンイン直後の今季三滑目で、未だ滑走感覚を取り戻している段階の私め。
翌週に白馬遠征を控え、「滑り点検」の最終チェックに向かったのでした。

Dsc02394 
10ː30、現地とーちゃく。
ハンタマではこの翌日(12/17)より、山頂からの下山コースが一部オープン。
山麓のブロードウェイコースでは、圧雪車によるコース整備が行われていました。

Dsc02395
トップオブハンターで山頂エリアに向かいます。
ゲレンデボトムはコースメンテの為に立ち入り禁止。
ハンタマクワッドもそれに伴い運休、代わりにゴンドラが動いていました。

ハンタマには此処数年続けて訪れていますが、何れもシーズンイン時期。
ゴンドラが動いているのを見るのは4年振りです。

Dsc02396
ゴンドラより望む、パーク.アベニュー。

Dsc02397
同、第5P。

Dsc02398
同、ニュー.マディソン。
明日から開業するコース(ウエストサイド/セサミ/ブロードウェイ)に人工降雪機を集中投下。
ゲレンデ左側エリアまでは手が回らず、コースの殆どが芝のゲレンデでした。

Dsc02401
山頂駅付近より、ウォール.ストリート。
ゲレンデトップの2コースは雪量充分です。

Dsc02403
11ː05、初走はマディソン.アベニューから。
コース幅50mのドフラットな一枚バーン。
雪質は人工雪+硫安コラボ独特の「ザラッ」としたセメントバーンてす。

Dsc02406
続いてウォール.ストリート。
マディソンに較べると少しコース幅狭め、中盤にクニック一つ有り。
この2コースが今日の主戦バーン…と云うより、この2つしか開いてません。

共にコース距離は約600mと短いものの、MAX25°/ AV20°と頃合いな斜度。
加えて「むくり」や「片斜」などが無い、均一なフラットバーン。
シーズンイン直後のトレーニングには丁度良い斜面構成です。

Dsc02404
回せるリフトは第3Pのみ。
必然的に乗車待ちの時間は長くなりますが、それでも最長7~8分/短けりゃ2~3分。
まぁ想定内の混雑でした。

Dsc02410
午前中は高曇りの空模様も、みるみるうち天候良化。
正午前にはスカイブルー広がる冬晴れの空に。

Dsc02411
やっばり晴れスキーは気持ちイイものです。

Dsc02416
リフト待ちの混雑も次第に落ち着いて来ました。
ズン券持っている近場の方々は、コンディションの良い午前中で切り上げられたみたく。

Dsc02418
日光連山と白根山の展望も見事♪。

Dsc02420
13時頃からウォールavは荒れ進行。
トップ部は下地の氷雪が露出、ラギットでノイジーなコンデション。
コース下部は表雪が削られ、ザラメの層が厚くなってきました。
まぁ降雪量自体は非常に少ないハンタマ、基本的にはスノーマシン中心のゲレンデ作り。
云っちゃえば「ゲレンデ全体が人工スキー場」みたいなものですからね。

Dsc02419
高空に浮かぶ雲は、まだ晩秋気配の残る羊顔。

ラスト2時間はマディソンav中心のローテーション。
少し扱ぐのが面倒ですが、その分ゲストは少なくバーンはフラットを保っていました。

Dsc02423
15:15、ゴン下。
最後の1本までしっかり回して撤収。
この日は約4時間で滑走本数26本、ウォール15本/マディソン11本。

Dsc02425
この翌日からの営業に向けて、ブロードウェイは整備バッチリ。
正面奥に見えるのが、さっきまで滑ってたマディソンとウォール。

と、こんな感じのシーズンイン期.自主トレ滑。
明日からは白馬遠征、ホームゲレンデの五竜に逝って参ります。

 

 

|

2021.12.18

●アメ横にて

えー、本日は一昨日ログの続きみたいなものにて(↓)。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2021/12/post-de9019.html

昨日金曜日はオシゴト前のオシゴト。
お昼杉より御徒町まで仕入れに行って参りました。

Dscn0126
アメ横でーす。

Dscn0127
で、洋酒酒場従事者が「アメ横で買い物」と云ったら、

Dscn0128-2
やっぱり小島屋さんです。
阿佐ヶ谷の小島屋さんが御主人の怪我で暫く休業中。
仕方無いのでアメ横まで出向いた次第なのでした。

自宅からアメ横へは大江戸線で約30分の近距離。
しかし月に何度も訪れたくは無いものです。
そんな訳で…。

Dscn0130
直近2ヶ月の使用分をガッツリ購入。
隣の二木さんでも仕入れして、買い出し量は両手いっぱいです。
うーん、幾ら「乾きモノ」だけとは云え結構重い…。

と云う訳で豈図らん也、「師走」に「アメ横」で食品の大量購入。
まぁコレはコレ、何だか東京の歳時記っぽくてイイですね。


|

2021.12.17

●来週の【12/19~12/25】定休日

えー、雪のシーズンは定休日が不定休な瓦解坂の場末の酒場。
今回は少し早めのオヤスミinfo、来週の営業案内で御座います。

12/19(日)営業 (※23時キッカリでのクローズとなります)
12/20(月)オヤスミ
12/21(火)オヤスミ
12/22(水)営業
12/23(木)営業 (※OPENが30分遅れ、19:30になる可能性有り)
12/24(金)営業
12/25(土)営業

Screenshot-20211217-at-014012-hakuba-gor
白馬に寒波がやって来たっ💙。

Screenshot-20211217-at-014054-ishiuchi-m  
湯沢にも寒波がやって来たっ💙。

そんな訳で20~21日は今季初の白馬遠征。
23日はデイスキーで石打orかぐらに逝って参ります。

|

2021.12.16

●本日の【12/16(木)】営業

えー、今日12月16日(木)の営業ですが、開店時間が約30分遅れ。
19ː30のオープンになりますので御了承の程を。

Hm
原因はコレです。

 

|

2021.12.15

●骨折り損

えー、本日はお店入りの前に仕入れ業務。
二つ向こうの隣々駅へ、乾きモノを買いに向かいました。

Dscn0124
夕方なのに阿佐ヶ谷。

Dscn0123
アメ横小島屋さんの支店、阿佐ヶ谷店さん。
頃中以降は週休三日(日.月.火)と云う強気の商いをされています。

しかし…。

Dscn0122
Σ(゚д゚lll)ガーン 。

お店で出すチャーム(ナッツやセサミ)は昨日の時点でスッカラカン。
しかし今からアメ横まで行ったら、開店時間に間に合いませーん。

仕方無く近所で当座数日分の乾きモノを臨時購入。
そんな訳で今日明日は「間に合わせ」のお口汚しとなりまする。
かしこ。

 

|

2021.12.14

●UNICUM

えー、本日は「お酒のハナシ」の様な「スキーのハナシ」の様な…。

先週は今季の屋外ゲレンデ初滑り、かぐらへ行った際に拾った小ネタ。
みつまたステーションとゲレンデを繋ぐロープウエイに、今シーズンから新しい「アドステッカー」が貼られておりました。

Z_20211208160701

何で「越後湯沢」で「ハンガリー」?

何で「スキー場」で「ハーブリキュール」?

何で「かぐら」で「ウニクム」?。

うーん、サッパリ解らん…。

スキー/スノボする客層が幾ら年齢層高めだからと云っても、
「滑りで疲れた身体には、やっぱりウニクムだねっ♡」
とはならないと思うんですけど…。

ましてや地元ロコ民がゲストの大半を占めるかぐらスキー場。
越後湯沢の酒好は云う迄も無く日本酒、洋酒文化「不毛の地」で御座います。
まぁ、こんな的を得ないセールスプロモーションは流石の国分さん。
だからアードベッグやモーレンジを持ってかれたちゃったの鴨ね。

と云う訳で、販促的には「効果ゼロ」な広告なのでした。

 

|

2021.12.13

●中野夜走

えー、今夜(日付的には昨夜)は、オシゴト「暇モード」確定の日曜日。
予定調和の閑古鳥な商いを終えた後は、予定調和のナイトラン。
豊多摩セントラルパークでインターバルトレに勤しんでおりました。

Dscn0116
Dscn0112
「Zephyr、Zephyr」
心肺を追い込むトレーニングはキツいけど、充足感と云う意味ではキモチイイ。
久し振りに「ちゃんと走ったなぁ」と思えるランメニューでした。

所処で今月よりスノーマッドな季節に突入、「ロード」から「ゲレンデ」へアクティビティ.
シフトチェンジしている私め。
マラソンは暫くオフシーズンに入る筈でしたが…。

若しかすると年明けに一本レースに出るかも。

未だ流動的ではありますが、年末年始に「帰京(京都)するか」「在京(東京)するか」は現状未定。
後者のバヤイ、お正月ウィーク(1/2)からお店開けようかとも考えています。
だったらその序で、1月3日に開催されるハーフ大会「多摩川マラソングランプリ2022 NewYear」に参戦するプランが浮上した次第でして。

そんな訳で取り敢えず「ハーフを走れる足」は維持しとこうかと。

 

 

|

2021.12.12

●HEXENHAUS

えー、師走の過ぎ行くのは早いもの、気付けば月の1/3が経過。
「前.コ〇ナ紀」に較べると心成しか控え目ですが、街には赤/白/緑のオーナメントも目立つ様になって参りました。
そんな訳で二週間後は「ジングルベルベル🎄」鈴が鳴る♫。
さーて、サンタさんが配ってくれるものは「ワクチン?」、それとも「新型ウイルス?」。

所処で店内には極力「季節イベント」の色合いを出さない私め。
Xmasの時期も特別に飾り付けをしないのが過去の常で御座いました。
けど昨年からチト宗旨変え、「Leckerなアイテムを鎮座させております。

Dsc02374

Dsc02380

Dsc02385

Dsc02369
「ヘクセンハウス🎅🎄」

イギリスの「クリスマスプディング」、フランスの「ビュッシュ.ド.ノエル」と並ぶ、ヨーロッパを代表するドイツのクリスマスケーキ。
ジンジャーブレッドをベースに拵えた、お菓子のミニチュアハウスです。
因みに元ネタは「ヘンゼルとグレーテル」に出て来る、魔女の家でして。

この「お菓子の家」、クリスマスまではカウンターの中央に鎮座。
12月25日の明け未明より解体作業開始、取り壊してゲストの皆さんに食して頂きます。

 

|

2021.12.11

●来週の【12/12~12/18】定休日

えー、今月よりお店のオヤスミが「冬型シフト」に変更。
「定休日は不定休」となった武蔵野口の場末の酒場で御座います。
そんな訳で来週の定休日、インフォメーションになりまする。

12/12(日)営業
12/13(月)営業
12/14(火)オヤスミ
12/15(水)営業
12/15(木)営業 ※OPEN30分遅れ(19:30)になる可能性有り
12/16(金)営業
12/17(土)営業

こんなトコにて、宜しくお願い致します。

 

|

2021.12.10

●2021/22.二滑目「かぐら」

えー、今週月曜日は上越新幹線にて「雪の湯沢路」へ。
2021/22WINTER、天然ゲレンテの初滑り「かぐら」に行って参りました。

思い起こせば6月9日の「月山.FINAL」から、長~いシーズンオフに突入。
「ロードを走り」「山を駆け」冬に向けてのオフトレを続けて来た6ヶ月。
179日に亘る雌伏の期間を経て、待ちに待ったシーズン&ゲレンデインです。

「今年の冬が始まったヨ❅」

そんな訳で例に由っての滑走記、今季は何日滑りに行けるかしら♪。

Dsc02325
6ː00、東京駅、上越新幹線ホーム。
板とピステバック担いで此処に来るのも久し振り。
12月初旬の平日と云う事もあり、湯沢へ向かう雪猿の姿は数名程でした。

因みに「JR SKISKI」キャンペーンは今冬で節目の30周年です(↓)。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2021/11/post-71c76c.html

Dsc02327
7:25、湯沢駅とーちゃく/定点観測。
この日の「カグリスト」第一便、スノーマッドは約15名。
シャトルバスの待ち時間中に着替えとブーツ装着、アップして臨戦態勢は万全。

Dsc02328
8:00、みつまたステーション到着。
湯沢駅では朝陽の射す晴れやかな空も、三俣まで来るとどんよりとした曇天模様に。
残念ながら、予報通りの「ぱっ」としないお天気です。

Dsc02332
8ː15、みつまたロープウエイ下車/ゲレンデ到着。
「おおっ、一面白銀の世界っ♡」。
こー云う景色見ると「遂にシーズンインしたっ」て実感が湧き湧き♪。
積雪量こそ少ないものの、みつまたゲレンデも滑走可能です。

Dsc02333
みつまた1高乗車。
ココは9月にサマーゲレンデ(ピスラボ)滑って以来、2ヶ月半振り。

6_20210914000601
従い「久し振り」と云う感じはしないのでした。

Dsc02335
2021/22.WINTER、1stラン♡。
シーズンインのオープニングはみつまたファミリー。
前々日に狭山でプレ滑はしていますが、室内スロープのザブザブ氷雪。
実質的には今日が屋外ゲレンテ初滑り、先ずは緩斜面で足慣らし2本です。

天然雪のソフトな雪面タッチを楽しめたものの、板の走りはイマ2~イマ3。
朝から3~4℃の高温で、水分を多く含んだ締まりのない雪でした。

しかもその上…、

Dsc02336
ポツポツと細雨が落ちて参りました…。
スノキャスさんの予報だと、この日は「午前中/曇り」「午後/小雨」。
うーん、天候の崩れは前倒しかぁ…。
僅かに覗いたいた青空も、この後鉛雲に覆われてしまいました。

Dsc02337
8:40、ゴンドラ乗ってかぐらゲレンデへ。

Dsc02338
9:00、かぐらゲレンデとーちゃく。
標高上げて雨が雪に変わる事を期待しましたが、残念ながら雨のまま。
ま、これ位の小雨なら板が走るので却って宜し、と気持ちを切り替えます。

Dsc01158
因みにココも9月にトレランで来訪、2ヶ月半振りなのでした。

Dsc02339
かぐら1高乗車。
こんな日はフード付きクワッドで回すに限ります。

Dsc02340
メインゲレンデは思ってたよりフラットなコンディション。
ピステン入れられる雪量は何とか保っています。
但し小雪の為に地形起伏が露出、凸状のむくりが多く見られました。

ゲストの少ないアーリータイムはミドル~ロングターンメイン。
滑りの勘を取り戻すのに努めます。

Dsc02343
分厚い雲間から、時折陽光が射したり…。

Dsc02342
中尾根方面に晴れ間が覗いたりするのですが、雨の止む気配はありません。
それでもポツポツ程度の小雨で、ウェアが浸水被弾する程では無し。
ゴーグルに掛かる水滴が鬱陶しいも、許容範囲内の悪天でした。

Dsc02345
視界状況はややフラットライト。
それでも目視でバーン情報が拾えるレベルです。

Dsc02347
10時半を過ぎるとゲレンデトップは薄靄模様。
強風が吹き始めたのが却って幸い、ガスが籠るには至りませんでした。

Dsc02348
ゲレンデの混雑具合も多少増して来ました。
こーなると中盤の急斜パートではラインを取るのに一苦労。
コース荒れも進行し、ラギットな雪面コンテタクトとなって参りました。

色々と滑りのメカニズムをチェックしつつのアクテビティも、半年振りの本格滑走。
「対スキー用」の身体が全く出来ておらず、疲労の蓄積が早い…。
大腿四頭筋と二頭筋は乳酸が溜まりバンパン。
腰と広背筋は前傾姿勢と落下Gの負荷でピキビキ

1時間毎に小レストを入れ、体力回復に努めての滑りとなりました。

Dsc02356
13時半を過ぎると、雨は「ザーザー」と本降りに。
うーん、コレは厳しい…。
この後、雨足は弱まったり強まったりの繰り返し。
シーズン初走で風邪引くのもヤなので、1時間早めにメインゲレンデ撤収。
下山コースからみつまたゲレンデに戻る事に致しました。

Dsc02357
14:00、ゴンドララインの入口は見事な4段ウェーブ。
積雪量が少ないので、未だ夏道の起伏がモロに出ています。

で、みつまたを2~3本回して上がろうかと思ってたら…。

Dsc02366
14:40、晴れて来ました(遅い…)。
15時前には雨も殆ど上がり、気温の低下と共にスキーの走りも良好に。
早仕舞いするのには勿体無いコンディション良化、基礎トレタイムに入ります。

Dsc02363
15:30、8本回して撤収。
頃合いの緩斜面とは云え、ロングターンの感触は大分掴んできました。
しかしショートターンの出来はイマイチ、もー少し滑り込まなきゃダメみたく。
ま、そんな細かいコトは置いといて、
「やっぱりスキーは楽しいネッ(^^♪」

 Screenshot-20211208-at-015353-garmin-con
【この日のGPS計測】
・ゲレンデ滞在時間/7:16:02
・滑走時間/2:10:10
・滑走距離/55.81km ・滑走本数/33本
・獲得標高/高度上昇累計9709m 高度下降累計9787m
・平均滑走速度/26.9kph ・最高速度/57.7kph

と、こんな感じの今シーズン天然ゲレンデ初滑り。
上信越ゲレンデの降雪状況から、今月一杯は「かぐら」が主戦ゲレンデとなりそうです。
おしまい。

 

|

2021.12.09

●「第一次白馬遠征」断念

えー、本日も例に由ってのスノーライフなオハナシ。
来週は週初めに連休取って白馬遠征に向かう予定でした、が…。

Screenshot-20211208-at-142447-hakuba-gor
うーん、今週殆ど雪降らない⤵…。

シーズンイン期に白馬遠征する際、私めにとっての基準点は一つ。
「下山コースが開いてるか否か」です。

ゴンドラでの登下山だとアクテビティの動線が限定且つ単調となり、リフト/ゲレンデの混雑は避けられません。
また標高差が取れないので、ビッグスケールなフィールドも宝の持ち腐れ。
だったら別に白馬じゃ無くてイイや、てな事になる訳です。

しかも直近三日間の白馬山麓部は、連日の雨で融雪進行(侵攻)との知らせ。
この様子だと五竜(ウッディ~とおみ)も八方(リーゼン)も、来週からの下山コース.オープンは見込み薄です。

そんな訳で来週の白馬遠征は已む無く断念。
あーあ、気分は「枯木色」「抹茶色」@DE御座います(内輪ネタ)。

だからと云って来週滑りに行かないって選択肢は勿論無し。
矛先を変更し「かぐら」と「ハンタマ」のデイスキーを予定しています。

 

|

2021.12.08

●「ホット.ブラッディマリー」はじめました

えー、師走に入り「@云う間」の一週間終了。
年末のひと月ってのは何時もにも増して、日の過ぎ行くのが早く感じられます。

特に私めのバヤイ「スキー遠征」や「スキー後の疲労抜きジョグ」や「スキーの技術チェック」や「スキーのスケジュール調整」や「スキーのチューンナップ」で大忙し。
週8日/日30時間あっても時間が全然足りないのでして。
(※.オシゴトは余り忙しくありません)

そんなスノーホリックの合間を縫って、お店の冬支度も進行中。
今夜よりホットカクテルのラインナップが一つ増えました。

Dsc02324
ホット.ブラッディマリー🍅
.
元ネタは某ビストロのミネストローネ、それをBar仕様に改良したカクテル。
「身体が温まって」「野菜も摂れて」「酔い覚ましになる」と、ヒジョーに健康的(?)。
見た目も味も殆どトマトスープですが、勿論ちゃんとした「お酒」です。

因みに今んトコ、提供可能なホットカクテルは以下のラインナップ。
・アイリッシュorゲーリック.コーヒー(ブラック限定)
・ホットウイスキー(所謂「お湯割り」)
・トディーシリーズ(ウイスキー/ブランデー/カルヴァドス)
・グロッグ
・ホットバタード.ラム&カウ  New!
・ホットブラッディマリー  Brand-new!

残すは「アイリッシュコーヒー(生クリーム版)」と「ブランデーエッグノッグ」。
この2つは「手間」と「時間」が掛かる上「洗い物」も増えるカクテルなので、ホットカクテルのオペレーションに慣れてからのリリースとなります。
かしこ。

 

|

2021.12.07

●Moisture

えー、師走の訪れと共に、次第に冷え込み増して来た此処武蔵野の地。
そして「寒季」とセットで「乾季」到来の季節になって参りました。

一般的に湿度が40%を割り込むと風邪やインフル等のウイルスが活発化。
増してや新型チャイナウイルスが続々と出現する御時世で御座います。

そんな訳でウチも先週より「ウイルスバスター」宜しく、加湿器を配備。
店内の湿度調整はコレにて万全で御座います。

Dsc02309
「シュンシュン」と湯煙を立てる電気ポット。
昭和50年代に製造された東芝製「PL-551」です。

え、「加湿器のハナシじゃないのって?」。
はい、「加湿器のハナシ」ですよ。

何せ40年以上前の電気製品ですから、温度調整や沸騰検出なぞと云った機能は付いておりません。
従い「沸騰していようが」「湯量が空になろうが」常にフル稼働。
ひたすら「お湯を沸かす=加熱する」事のみに特化した製品なのです。

そんな融通の利かない働きっ振りなので、0.85ℓ容量の中身は1時間ちょいで空っぽ。
営業中(19~24時)の気化量は約4リットルにも達します。
と云う訳でこのポット、下手な加湿器より室内を潤してくれるのでして。

あ、因みに彼は「二代目」です。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2021/01/post-99e77a.html

|

2021.12.06

●SEASON IN♬

.
冬がはじまったヨ♬

.

えー、本日天気不晴朗ナレド「初滑リ」。
2021/22.WINTERのオープニングは、例に由っての神楽舞納。
首都圏近郊エリアの初滑りと云えばやっぱり「かぐら」なので御座います。

Dsc02356
シーズンインは生憎の雨。
スノキャスさん予報では三日前まで「晴れのち曇り」だったんですけどね…。

Dsc02365
でもラスト2時間は雨も上がってくれました。

そんな訳で長くも短いスノーマッドなシーズン開幕。
これより半年間は「Tough」で「Hard」で「Crazy」な滑走行脚の日々。
んでもって「Happy」な季節の始まりなのでした♡。

 

|

2021.12.05

●今週の【12月6日(月)】定休日

えー、今月よりお店のオヤスミが「冬型シフト」に変更。
「定休日は不定休」となった武蔵野口の場末の酒場で御座います。
そんな訳で今週の定休日、インフォメーションになりまする。

明日、12月6日(月)はオヤスミとなりますので御了承下さい。
※代わりに12/5(日)はお店開けてます。

12月~6月の間は私めのライフワーク、スキーシーズンに突入。
「お天気」と「降雪量」により定休日が変動するのが毎冬の常なのでして。

Dsc02297
そんな訳で休日用の店頭infoも…

Dsc02301
冬仕様に変更となりました。

尚、明日の遠征先は「かぐら」で御座いまーす⛄。

|

2021.12.04

●2021/22.プレ初滑り「狭山」

えー、昨日はお昼杉より西武池袋線にて所沢の果てへ。
来週からの本格的なスキーライフを前にして、シーズンインの試運滑。
狭山スキー場へ「プレ初滑り」に逝って参りました。

そんな訳で3ヶ月振りの滑走記エントリー。
私めの「2021/22.WINTER」も愈々開幕で御座います。

Dsc02273
13ː25、西武球場前駅とーちゃく。
首都圏在住のスノーマッドにとって、シーズンイン前の御馴染みの場所。
私めも年に1~2回、この時期にだけ訪れる駅です。

Dsc02272
左手にはメットライフドーム。

Dsc02274
白いライオンが「ガオー」。
一年振りに訪れた西武球場、チケセンが新しくなっていました。

Dsc02276
駅から徒歩3分でゲレンデ 建物に到着。
今日は3時間券、リフト券は¥2000也(チーン)。

Dsc02277
入場口前のエントランスより一写
狭山スキー場はゲレンデの最下部が地下一階。
そこから地上に向かって約35mの高低差を付けたレイアウトとなっています。
従い「旧SSAWS」の様な高層建築で無くとも、ソコソコの斜度が取れるのでした。

しかし、
今年の狭山は…、

Dsc02280
雪少ないっ!!!。
ゲレンデボトムの約50mは人工雪が間に合わず、芝生マットのゲレンデ。
滑走距離300mの短いコースが更に短くなり、実質250mくらい。
スノーエスカレーター前まで滑り降りる事が出来ません。

Dsc02288
ゲレンデ幅も20mくらい。
スキーヤーズレフト側の1/4くらいは使えません。

Dsc02290
ゲレンデトップが見えて参りました。
さーて、滑るどー♪。

Dsc02285
「ガチャッ♥」。
ブーツをビンに嵌める感触も久し振り。
因みに雪上でスキーを履くのは6月の月山以来、約5ヶ月半振り。
ピスラボ(サマーゲレンデ)入れると9月のかぐら以来、約2ヶ月振り。

Dsc02286
2021/22シーズン.1stラン、ドロップイン♬
滑り出しが最大斜度(15度)部分、そこから100m位は10°前後の斜面構成。
下半分は「ほぼフラット」な緩斜面の一枚バーンです。

ザブザブのザラメ人工雪、緩い斜度、短い滑走距離…、
でもそんなのは置いといて。
「やっぱりスキーは楽しいねっ♥」

Dsc02282
しかしコレは「やっぱり改悪だ…」
以前のシングルリフトが撤去され、昨年から導入されたスノーエスカレーター。
改装前はリフト乗車時間/2分半だったのに対し、エスカレーターは約6分半。
しかも乗降時の都度にいちいち板を着脱しないといけないので、トータルだと以前の3倍(7分半~8分)の時間を要します。

スキー場側からするとリフトよりコンベアの方がメリット多し。
乗降場所の人員が削減出来ますし、何より雪入れの必要がありませんからね。

あと余談ですが、この改悪で再認識したのが「チェアリフトの座れる有難さ」。
乗車時も「立ちっ放し」のスノーエスカレーターは、リフトに較べ疲れ倍増です。

1時間滑って10分レストのローテーション。
昨日は17本回した所処でタイムオーバーとなりました。

Dsc02292
16:30、撤収。
この2時間後にはオシゴト開始、チンタラしてると開店時刻に間に合いません。
ちゃっちゃとギアを片してゲレンデを後にしました。

Dsc02293
西武に乗って「冬」から「秋」に戻ります。
次回この風景を見るのは来年の11月になるでしょう。
つーか、出来る事なら12月にココを訪れたくは無いものでして…。

と、こんな感じの2021/22WINTER.足慣らし滑。
明後日は愈々大自然のゲレンデでシーズンイン、「かぐら」に逝って参ります。
おしまい。

 

 

|

2021.12.03

●「羊(?)」と「牛」はじめました

えー、昨日はお昼杉にクロネコさんが「ピンポーン」。
ミヤコは鴨東の地より、先日購入した荷物が届きました。

Dsc02257
聖護院さんのオサレ八ッ橋 「珈琲カネール」
勿論自分で食べる用じゃ無く、お店で使うモノ。
冬場の時期にだけ作る、とあるコクテールに不可欠なアイテムです。

Dsc02266
ホットバタードラム🐑 & ホットバタードラム.カウ🐄
ウチではシナモンスティックの代わりに、これをチャームに添えています。
そのままポリポリ齧るも良し、お酒に潤かして食べるも良し。

そんな訳でラム温酒の支度も万端。
昨夜より「ホットバタードラム&カウ」始めてます。

|

2021.12.02

●はやりたる ことのは (2021年版)

えー、昨日は師走朔日の風物詩、ユーキャンさん選考「新語.流行語大賞」の日。
今年を代表する「 (流行ってない)流行語」の発表が行われました。

尤も世間一般のハヤリモノにはとんと疎い私め。
「地上波は視聴せず」「一般情報誌や漫画は読まず」「SNSにはアカウントすら持たず」「YouTubeも覗かず」なものですから、このアワードも毎年不存知な言葉ばかり。
因みに今年のトップ10は以下の通りでした。

〇リアル二刀流/ショータイム
×うっせぇわ
〇親ガチャ
×ゴン攻め/ビッタビタ
×ジェンダー平等
〇人流
×スギムライジング
×Z世代
〇ぼったくり男爵
〇黙食

今年は候補の半分が聞いたコトある単語。
例年に較べれば良く知っている方でした。

でも不思議な事に「令和3年を象徴し」「日本国民の殆どが知っており」「しかもその影響を受けた」二大ワードが選から漏れておりまする。

「安心安全」

,

「禁酒法」


今年の流行語と云ったら、やっぱりこの2つじゃ無いんでしょうかね?。

 

|

●「マラソンフェスティバル in 国営昭和記念公園 WINTER」

えー、昨日は「月始め」の「走り始め」で西立川.国営昭和記念公園へ。
「マラソンフェスティバル2021.WINTER」に出走して参りました。

でもってこのレースが今年の「走り納め」大会。
明日より2021/22WINTER.スキーシーズンに突入、「ロード&トレイル」から「ゲレンデ」にアクテビティチェンジ致します。
ジョッグ程度の走活は続けますが、シリアスに走るのは当分オヤスミとなるのでして。

そんな訳での2021年「〆走レース」、大会リポで御座います。

Dsc02233
9:50、西立川駅とーちゃく。
駅を出ると目の前が国営昭和記念公園。

Dsc02255
楓狩りしながら会場に向かいます。
先々週に試走で訪れたので、園内の土地勘はバッチリ。

Dsc02238
西立川口から10分程歩くと、会場の「うんどう広場」。
消毒して、サーモカメラを通過して、チェックシートを提出して、ゼッケン受け取り。
腐れ頃中の「新しい大会様式」もすっかり定着しています。

因みに今大会の定員上限は「30㎞/300名」「ハーフ/1000名」「10㎞/700名」。
平日開催のレースと云う事もあり、参加者数はその半分以下でした。

Dsc02245
広場横の「イチョウ並木」がスタート/ゴール地点。
残念ながら黄金の扇葉は散り終え、裸枝の並木道となっていました。

Dsc02242
軽めのアップでコンディションの確認。
11月27日の「ブルーリバーマラソン」から中三日でのハーフ参戦。
表面的な疲れは一応取れたものの、内面のダメージは抜け切っていません。
身体のキレは鈍く、下肢の筋肉も少し硬い…。

・・・👣・・・ 👣・・・👣・・・👣・・・👣・・・👣・・・👣・・・👣・・・👣・・・👣・・・👣・・・

と云う訳でハーフの部は11時にスタート。
タイトな臨戦過程でコンディション不良の身、身体と相談しつつの序盤レースの入り。
なるべく脚に負担を掛けない様、均一にラップを刻む事を念頭に置いての走りです。

脚の乳酸溜まり具合は矢張り早く、5㎞地点で通時の15㎞位の筋肉の張り。
疲労の残り/気温の上昇/コース構成を考慮して、適正ペースは「㎞/4ː00」と判断。
少し余力持ちのペースで、㎞/4ː02~4:06のラップを淡々と刻み続けます。

誤算だったのは頃合いの併走者が見つからず、レースの殆どを単独走。
陽射しも強くなり日光を避けて木陰のコース取り、距離のロスも出てきました。
しかも二周目からは30㎞の部の周回遅れ、三周目からはハーフの部の周回遅れランナーが混走するカオス的な状況。
各々のペースがバラバラなので、スピード感覚も狂ってしまいます。
こー云う展開で一度ペースを落すと、そのままズルズル失速してしまいそう。
一定ストライドとテンポ良いピッチを意識した走りで、㎞/4:03ペース維持に努めます。
小さなアップダウンや上がり続ける気温がじわじわと体力を奪って行きますが、安全策のペース配分がドンピシャ嵌り、ほぼ均一なラップでレースを進める事が出来ました。

最終周回に入り17㎞地点からギアチェンジ、㎞/3:55にペースアップ。
ラス1㎞で時計見たら「ギリギリのギリ」で24分台に収められるタイムです。
重たい脚を無理繰り回してラストスパート、ゴールインとなりました。

・タイム 1:24:54(ネット) 1:24:56(グロス)
・総合順位(ハーフ一般総合) 12位/285人
・年代別順位(ハーフ男子50台) 2位/56人

・総合順位(陸連登録者含む) 88位/421人
・年代別順位(陸連登録者含む) 3位/76人

ランナー人生初めて中三日ローテ(ハーフ×ハーフ)で参戦した今大会。
後半のガス欠を恐れつつのレースでしたが、何とか最後まで持ってくれました。
スコア自体はベスト時に遠く及ばないものの、現状の仕上がり具合ではこの位かと。
取り敢えずは悪いなりに、来季に繋がるレースが出来ました。

来年は「つくば」をメインにフルマラソン中心のスケジュールを組む予定。
但し大会がちゃんと開催してくれれば(orエントリー弾かれなきゃ)、の話ですけどね。

Dsc02248
扨、帰りますか。
11時のスタート時点で約15℃だった気温はグングン上昇。
ゴールした頃には20℃近くに達してました。
いゃあ、最後の1周はカナーリ暑かった…。

Dsc02252
12:45、メタセコイアを眺めつつ、オツカレ一服🚬。
晩秋の公園をのんびり散策したい所処ですが、今宵もフツーにオシゴト。
早々に帰宅、仮眠取って出勤したのでしたとさ。
おしまい。

|

2021.12.01

●「マラソンフェスティバル in 国営昭和記念公園」速報

えー、本日より月替わり師走。
「師匠」が走れば「市民ランナー」も走る、12月の到来で御座います。

そんな訳で月越しの秋嵐明けた12月1日は、立川にてハーフマラソン大会。
「マラソンフェスティバル in 国営昭和記念公園」に出走して参りました。

Dsc02244
スタッツは手元の時計で1:24:54 (公式リザルトの発表はまだです)。
11/27の「荒川ブルーリバーマラソン」から中三日での強行軍参戦。
前走の疲労が抜け切っておらず、流石に5日間でハーフ2本の実戦は厳しかった…。
そんな臨戦スケジュールからすりゃ、まぁ体裁は整えられたスコア。
来年に向けてのフルマラソン用ポイント練だと思えば、良いトレーニングでした。

あ、因みに「マラソンはマラソン」「オシゴトはオシゴト」。
今夜もフツーにお店開けてまーす。

 

|

« November 2021 | Main | January 2022 »