« ●来週の【1/24~1/26】定休日 | Main | ●「Go west」 »

2022.01.23

●2021/22.十一滑目「白馬五竜」

えー、先週の月/火曜日は第二次白馬遠征、ゲレンデは五竜2days。
絶好の「Powder日和」に恵まれた、二日目の滑走記で御座います。

Dsc02968
「夜を抜けると北安曇の底が白くなった」。
昨日未明から降り続く大雪は衰える事を知らず。
白馬村は山麓部でも30㎝を超える積雪です。
未だ薄暗い東雲刻にも関わらず、雪の底光りで白々とした朝でした。

Dsc02972
ゲレンデイン/定点観測。
この日の早朝気温はゲレンデボトムでマイナ6~7℃、
肌射す大気がキンと冴え、昨日より寒さが厳しく感じられました。

Dsc02973
今日のマテリアルは2本持ち。
午前中はパウ祭用、ロシニョールのsoul7。

「K2」や「LINE」程ヤワ過ぎず、「ELAN」や「VOLKL」より剛性が強くない。
個人的には最も使い勝手の良いファットスキーの一つです。

Dsc02974
オープニングはスカイ4から。
「この大雪だと、テストスキーと除雪で営業遅れるだろうなぁ~」。
そんな予想通り、8時前になっても曳索に搬器の姿はありません。
テレキャビンの営業開始は1時間程遅れるらしく、ブレックファーストは「いいもりPow」を頂きに向かいます。

Dsc02975
8ː10、コス4口明け乗車、搬器ナンバーは2番。
「何時」「何処」滑ってもヤる事は同じでーす。

Dsc02977
DISCOVERY(旧ストレートウィスキー.大町側)は朝圧雪。
見るからにカービング「キレキレ」のフラットバーンに仕上がってます。

でも今日狙うのは、こっちじゃありません。

Dsc02979
こっちです♡。
オフピステのDEFENDER(旧ストレートウィスキー.小谷側)。

このコースは、いいもりのみならず五竜屈指の「パウ食い」スポット。
スペック(Max30°/Av20°)以上にしっかりした急斜は新雪滑にBESTです!。

Dsc02982
昨日からプールされた新雪は膝上のディープパウ、底付きも全く無し。
ターンの毎にスプレーが舞い、雪飛沫で視界が真っ白になりました♫。

Dsc02983
「うっひょー、チョー気持ちイイっ♥♥♥」
朝イチのコス4を回すゲストは数える程。
ノートラのラインも選び放題です。

Dsc02986
線下のツリーランも楽しいっ♪
「パウ祭、絶賛開催中♥」。

Dsc02990
8ː55、「いゃあ、食った食った」
未だ食べ残しは残ってますが、キャビン駅舎を見ると搬器が搬出開始。
極上パウもたらふく頂いたので、ゴンドラに戻ります。

この日はオープニングからの1時間「だけ」でモト取った感じ。
大満足のパウ滑8本でした。

Dsc02991
9:05、「ラッキー、人少なっ♪」。
絶好のパウダー日和にも関わらず、キャビン待ちのゲストは10人未満。

Dsc02993
9:15、キャビン乗車。
左手のワイドなスロープは旧.ルビコンコース。
現在はコース外(立ち入り禁止エリア)ですが、約40年前までは正規のコースでした。

パウダージャンキーには垂涎、見るからに美味しそうな面ツルバーン。
でも入っちゃ駄目ですよ。

Dsc0299417
9:25「業務連絡、トップ17番」。
先乗りされたゲストはそのままエキスパートに向かわれたみたく。
結果的にアル3一番乗り。

Dsc03018
海老の尻尾の子ども。
ゲレンデトップの気温はマイナ8℃、流石に冷え込むなぁ(ガタガタブルブル)。

Dsc02997
朝パウグランプリ、狙うのはこのライン。
パノラマからグランプリに流れ込むブナ林脇から沢落ち、9~10番鉄塔から樹林帯を経て線下へ。

この辺りの積雪量は「いっぱいセンチメートル」。
雪が深過ぎて板がサブマリン、パウ過ぎてスキーが走りません。
斜度不足で直滑に走らせても中低速レベルの速度域。
あまり面白味が無く、2本食って切り上げました。

Dsc03011
やっぱりこんな日は、
「ダイナミック~チャンピオンエキスパート」が楽しいっ。
これ位急斜面の方が深新雪攻めるには丁度なのです。

Dsc03004
グランプリには目もくれずゴンドラ回し。

Dsc03012
神城もパスして、

Dsc03013
EXPERT回し♫。
しかし皆さんも考えてる事は一緒。
瞬く間に面ツルのフィールドは食い散らかされ、美味しい時間帯は3本で終了。
エキスパート回しの後は、再びグランプリへ向かいました。

Dsc03019
10ː40、アル3回し再開。
グランプリのオンピステにも10~15㎝のトッピングパウ。
しかも降り続く大雪が、スロープの滑走跡を瞬く間に覆っていきます。
この日は終日を通し、ワイドな一枚バーンは常に「半リセット状態」でした。

Dsc03021
アル2.4側は滑走者が少なく、面ツルのフィールドが残ったまま。
圧雪バーンとは云っても15㎝オーバーのコットンスノー.コンデション。
こんな日は「カービング放棄」でストレート&ルーズなスノーサーフィン滑。
ふっかふか&粉雪スプラッシュのパウ滑がずーっと楽しめました。

約2時間/12本回して今日のパウ祭は終了。
午後からはスラ板に乗り換え、ロングターンの基礎練に入ります。

Dsc03026
強風の立って来たアルプス平を避け、午後はいいもり道場。
DISCOVERY SPORT(ポールバーン)をメインに、時折DISCOVERY(線下大町側)を挟むコースローテ。
やっぱりいいもりゲレンデが使えると、五竜の面白みも大きく変わります。
結局この日は47に行かず終い。
アクティビティの大半をコス4とアル3で回した一日でした。
おしまい。

 

 

|

« ●来週の【1/24~1/26】定休日 | Main | ●「Go west」 »