« ●あけましてマンボウ | Main | ●来週の【1/24~1/26】定休日 »

2022.01.21

●2021/22.十滑目「五竜&47」

えー、今週の月/火曜日は第二次白馬遠征、ゲレンデは五竜2days。
当初は二泊の予定も、未だ三日間続けて滑り込む身体は出来て無いと判断。
一泊二日のショートステイに変更致しました。

そんな訳で今季節目の10滑目、滑走記で御座います。

Dsc02931
7:00、定点観測。
前夜から降り出した雪はドッカンドッカンと衰え知らず、山麓部でも約15㎝の積雪。
気温はマイナ5℃もソコソコ湿度が有り、暖かく感じられました。

Dsc02934
それにしても「人少なっ」。
キャビン営業開始15分前でも駅舎に並ぶゲストは5~6人程度。
こりゃ今日明日は「プライベートゲレンデ」状態かな?。

Dsc02933
第2にも車、止まってませーん。
まぁガイジンさんがいなければ、この時期の白馬はシーズン中屈指の閑散期。
それ狙って訪れたってのもありますけどね。

Dsc02938
8:15、キャビン乗車。
銀花満開のブナを愛でつつ空中散歩。

Dsc0294058
8:30「業務連絡、トップ58番」。
ゲレンデトップに上ると更に激しいドッカン雪。
スノキャスさんによると、この大雪は今日/明日ずーっと続くとの予報です。
こりゃ明日は「パウ祭⛄」確定だな♪。

Dsc02942
ランディング…も。
オープニングタイムのグランプリは全域にガスが掛かり視界不如意。
可視範囲は5~10m、流石に安全マージンを取っての滑りを余儀無くされました。

Dsc02943
オンピステには10~15㎝の新雪がトッピング。
スキーのトップが「サクッ」とスポンジを切る様な感覚です。

落差を取ってルーズに走らせば、羽毛を揺蕩う様な心地好い浮遊感。
角付けから確り噛ませば、下地を捉えてギュインとカービング。
スラ板には丁度良いパウダーバーンでした。

Dsc02945
9時半過ぎるとやや視界も良くなってきました。
これだけ見えれば上等、暫くアル3回し継続。

Dsc02949
狙うのはアル2沿いのライン。
アル3から少し扱がなきゃ行けないので、トラック跡付かずの食べ残しだらけ。
10時過ぎまで「ふっかふか」のコットンフィールド、朝イチタイム同様のコンディションを保っていました。

アル3回しを続ける事2時間/16本、一旦グランプリを後に致しました。

Dsc02951
10:40「Hello、IMORI♥」。
前回(12月下旬)訪れた際には未だオープンしていなかったいいもり道場。
2021/22シーズン.初滑走です。

Dsc02954
DISCOVERY(旧ストレートウィスキー/コス4大町側)。
コス4からの各コースは全体的に湿雪でモサ気味。
所々に下地の氷雪が露出するラギッドなコンディションでした。

尚、いいもりゲレンデは今季よりジャガー.ランドローバーとネーミングライツ契約を締結。
各コースがランドローバーの車種に因んだ名前に変更されています。
でも「エイブル白馬五竜.いいもり/LAND ROVER」って…。
「ネーミングライツ重複してない?」。
しかも両社共、カンパニーカラー(緑)が一緒です。

Dsc02956
続いて47へ。
ポッケから📷取り出すと、10秒経たずにレンズが雪だらけ…。

Dsc02958
大雪後のルート1は殆ど使い物になりません。
R1は基本的に夜圧雪(しかも多分前夜の時間帯)、ドカ雪降った翌日は堆雪量も深く「モサモサ」の「グサグサ」になってしまう事が殆どです。
1時間程ラインCとライン8を回すも、快適には程遠いコンディションでした。

Dsc02966
14:00、ランチを終え、グランプリ「午後の部」開始。
しかしアル3の搬器に人影は全く無し。

Dsc02964
「スーパー過疎っ!」。
この時間帯にアル3/アル4を回すゲストは10~20人程度。
殆どプライベートゲレンデ状態です。

間断無く降り続く大雪でグランプリは「完全リセット」…つーかそれ以上。
朝イチに較べても明らかに雪量が増し、オンピステでも膝下パウ。
スラ板では少し滑り難い深雪コンディションとなっていました。

Dsc02967
16:20、ラストはスカ4回し、フォームチェックして〆。
この後は翌日のパウ祭用に、500mileさんでファットスキーを調達。
宿入りして早めの就寝、新雪カーニバルに備えるのでした。
つづく。

|

« ●あけましてマンボウ | Main | ●来週の【1/24~1/26】定休日 »