« ●愛宕三景 | Main | ●来週の【1/17~1/18】定休日 »

2022.01.14

●2021/22.九滑目「石打丸山」

えー、一昨々日は数字の並びも宜しく1月「11日」。
まるでスキー板が並んでる┃┃様な字柄です。
そんな訳で勝手に「スキーの日」に認定。
日帰りスキーのホームゲレンデ、石打丸山に行って参りました。

Dsc02890
8:00、中央口とーちゃく。
準備運転中のサンライズEX、しかし稼働している搬器はゴンドラのみ。
通常ならゴントラ×1/チェア×3のコンボリフトですが、今季から平日のヒマな日は間引き営業みたいです。

Dsc02891
8:30、アクティビティスタート。
ハコ(ゴンドラ)は乗車するのに板外すのが面倒…。

Dsc02892
オープニングは銀座からダイナミックへ。
直近の積雪は少ないみたく、シャララ…としたザラメ雪。

Dsc02893
ダイナミックAは珍しく圧雪入ってますが、基礎屋さんの貸切みたく。
ダイナBを3本回した後は、中央高速Tで山頂に向かいます。

Dsc02899
9:05、中央高速より望む、湯沢の街並み。
厚雲より射す雲漏れ日が、何だか福音の光みたく。

Dsc02902
同、北に広がる魚沼盆地。
この日の天気はスノキャスさん予報で午前中/曇り、午後/小雨。
ゲレンデからの展望は全く期待してませんでしたが、意外とGood-view♡。
曇り空の割に大気はクリア、魚沼盆地が美しく見渡せました。

Dsc02906
9:10、続いてGood-timing♫。
山頂到着と同時にクワッド運行開始。
サンライズEX→観光1→中央高速T→山頂高速、全て一番乗りです。

Dsc02911
そんな訳で、

Dsc02910
今んトコ、コレ全部、

Dsc02909
オレの物っ♬

Dsc02915
山頂回し、一発目。
低標高の石打と云えど流石にゲレンデトップ、下部に較べ雪質は良好。
ソフトな雪面タッチにエッジグリップも確り、板が良く走ります。
最初の2~3本は大回りのラインも取り放題でした。

また、この日の山頂ゲレンデは何時もより硬めのパック。
これならコース荒れも然程進まず、午前中は楽しめそう。

Dsc02918
9:40、予報に反して、青空が覗き陽が射して参りました。
こんな天気予報の外れ方なら大歓迎♪。

Dsc02921
「The 石打丸山」的なビューティフルパノラマ。
巻機山や越後三山は雲掛かっていましたが、守門岳や浅草岳は綺麗に見晴らせました。

山頂回しを続ける事1時間半、流石にチト飽きて来たのでゲレンデボトムに河岸替え。

Dsc02923
銀座から観光口、

Dsc02926
ハツカ石へとザッピング滑。
時間の経過と共に空は鉛雲に覆われ、11時半頃からポツポツと雨雫。
残念ながら予報通りの雨天滑走に突入です。
幸いな事に降り足自体は糸引く細雨、ウェアの表面がしっとり濡れる程度でした。

Dsc02927
13:20、おっ、雨上がっる♡。
ランチ休憩を終えるとタイミング良く小雨の切れ間。
この時間帯を逃すテは無く、山頂/大丸/ハツカ石と回します。

しかし15時前から再びの雨模様。
そして「ザーザー☂」と本降りになってしまいました。

Dsc02929
最後は雨を避けてのハコ回しで、15時半に撤収。
まぁ午前中は結構楽しめたし、モトは充分取れました。

来週は第二次白馬遠征の予定です。
おしまい。

|

« ●愛宕三景 | Main | ●来週の【1/17~1/18】定休日 »