« ●2021/22.四十三滑目「月山」 | Main | ●2021/22.四十四滑目「月山」 »

2022.05.08

●月山下山

えー、GW期間限定.月山就労日誌/十日目。

大型連休のスタートと共に始まった「月山籠り」も今日が最終日。
午前中にスノーライフを楽しんだ後は、急ぎ帰途の荷造りと職場の挨拶回り。
そんな中、制限時間「15分」での忙しないエントリーで御座います。

Dsc05806
最後の朝、朝日の山々は高曇りの空。
しかし月山方面はどんよりとした鉛雲、ゲレンデ上部には薄ガスが覆っていました。

Dsc05856
今日のスキーライフは正午過ぎまで。
昨夜降った雨で汚雪は完全クリーニング。
そして朝から吹き荒ぶ強風でパックされたバーンは滑走性抜群のコンディション。
「GW最後の日」が「スキーが一番走る」と云うオチでした。

Dsc05860
10日間でスキーを楽しんだ日、7日。

助っ人オシゴトに勤しんだ時間、63時間。

ペアリフトに乗車した本数、64回。

姥ヶ岳に上った回数、3回。

10日間で使った金額、缶珈琲と鍋焼きうどんと月山味噌ラーメン、2400円。

持って帰る御土産、袋いっぱいのフキノトウとギョウジャニンニク。

そしてビックスケールなフィールドのメモリアル、プライスレス。


そんな訳で下山の時間。
14時過ぎのバスで西川町経由仙台行、新幹線で武蔵野の地に帰投致します。
嗚呼、忙しくて暑くて疲れた、そして楽しく幸せな10日間でした。

|

« ●2021/22.四十三滑目「月山」 | Main | ●2021/22.四十四滑目「月山」 »