« ●2022/23.二滑目「ハンタマ」 | Main | ●片手落ち »

2022.12.21

●2022/23.三滑目「丸沼」

えー、一昨日は月曜日にて瓦礫坂のバァは定休日。
スノーマッドのスキーキ〇ガイが、冬のオヤスミと云えばやる事は一つです。
そんな訳で今季シーズンインの3滑目は水上沼田エリアをチョイス。
たま~に訪れる「丸沼高原スキー場」へ逝って参りました。

Dsc02596
10:55、アクティビティスタート。
先日のハンタマ塩原に続き、この日もツアーバス使ってのアクセス。
前滑と今滑はシーズンイン期のトレーニングがメイン。
スキー用の体躯もまだ出来ておらず、半日位のアクティビティが丁度良い位です。

Dsc02602
中央Pから第5Pへ。
左手がこの日の主戦コース、セクシャルバイオレットNo.1。
他、滑走可能なのはイエロー/ゴンドラ連絡路/ローズ上部/グリーンでした。

Dsc02601
右手側のローズ(下部)はこんな感じ。
人工降雪機は此処とブルー/コバルトに集中投下。
コースオープンには、大型寒波があと1~2発必要かな。

Dsc02598
滑走可能エリアがコレだと、やっぱり第5(スーパーツイン)にゲストが集中します。
ペアリフトとは云っても運行速度14~15㎞の高機動力を誇るデチャッタブル。
概ね3~5分のリフト待ちで、この程度の行列ならストレスも無し。
ランチタイムの12~13時頃は、待ち時間も殆ど有りませんでした。

Dsc02604
第5ペアより振り返る武尊山。
ブルーグレーのどんよりとした空、山頂付近には薄ガスが掛かり見晴らしはイマイチ。

この日のスキーも基本的にはトレーニング滑。
シュテムでスキーに乗り込む位置やポジション、外脚荷重を確認しての反復練習。
あとはワイドスタンスでレールターン/外腰に手を当てての外傾滑/ストック使って進行方向と腰の向きを正対させた滑り。
最初の2時間はこんな事を延々とやってました。

Dsc02607
「とんふぁん」で小休止。
この日の丸沼は曇り/小雪のち時々晴れ、気温-5~7℃。
ハイシーズンならこれ位の気温がデフォなのに、やっぱり寒さに身体が慣れてません。
滑り初めてから2時間半で足裏の感覚が無くなっちゃいました(冷)。

Dsc02611
13時を過ぎると、時折薄日が射す様になって参りました。
しかしこの時間帯からバーンコンディションは徐々に悪化。
下地の人工雪と薄く積もった天然雪が混ざらずにキョロキョロとしたスキーの挙動。
其処に削られたザラメが乗り、ややノイジーな雪面コンタクトです。

此処までずーっとバイオレット/グリーンコースでトレーニング滑。
流石に飽きて来たのでローズコースへ向かう事に致しました。

Dsc02613
第3P乗車。
左手には未だ休眠中のゴールドコース。
今となっては数少ないシングルリフトが掛かってます。

Dsc02614
第5Pより、見返り丸沼。
スキー場名の元ネタなので、取敢えず撮っときます。

Dsc02616
ローズコースは積雪不足で二段形状。
右手側に雪を貯め、左手側は凹んでいます。

Dsc02620
厚雲より薄陽射し、山容を現す武尊山。
ヘアピンから先の中斜面はコース幅が狭まる上に挙動不審な方で混雑。
滑走ラインも取れないので、1本滑って止めときました。

Dsc02609
以降、〆までバイオ回し。
ラスト2時間は滑走スピード/カービング度合を上げ、少しずつハイシーズンの滑りに。
難度の低い中斜面と云う事もあって、まずまず好感触。
只、向かい風を受けての滑りで板の走りや加速感はイマイチでした。

Dsc02623
16:20、撤収。
今日のアクティビティは約5時間で滑走距離40㎞/滑走本数36本。
9割方バイオレットで回した一日でした。

スキー用の体躯もボチボチ出来てきたし、シーズンイン期の基礎トレも終了。
次は滑走レベルを少し上げての遠征、明日「かぐら」に逝って参ります。
おしまい。

 

 

|

« ●2022/23.二滑目「ハンタマ」 | Main | ●片手落ち »