« ●今週の【2/11(日)~14(水)】営業案内&定休日 | Main | ●明日の【2/14(水)】営業案内 »

2024.02.12

●2023/24.十七滑目「石打丸山」

えー、先週木曜日(2/8)は「如月初滑」。
例に由ってオシゴト前の軽い運動、南魚沼までDAY-SKIに逝って参りました。
向かったのは前回に引き続き、湯沢エリアのホームゲレンデ「石打丸山」。
そんな訳での滑走記で御座います。

Dsc09210
8:15、今日も元気に一番デポ。
雲こそ多いものの青空の覗く好天、白銀のスロープを照らす陽射しが眩しい。
但し空模様は下降線、午後には崩れるとの予報です。

Dsc09211
8:25、サンライズEX乗車。
一番乗車の搬器から無人のゲレンデを眺めるのは、早起き早駆けの特恵。

Dsc09212
オープニングは何時ものコースチョイス。
銀座からダイナミックへ。

Dsc09214
観光1より望む飯士山。
朝イチの銀座~ダイナミックはカチッと氷化したザラメバーン。
エッジは入るものの板が叩かれ、スピードコントロールの難しいコンデションです。
まぁ日が射したら緩んでくれるでしょう。

ダイナミックを3本回し、中央高速Tから山頂に向かいます。

Dsc09217
中央高速Tより望む、湯沢の街並み。

Dsc09218
同、パラ尾根と山頂ゲレンデ。
中央高速Tは右に左にフォトジェニックな構図の宝庫。
パシャパシャ📷してると@云う間に降車場です。

Dsc09222
9:10、山頂Q乗車。
此処のリフトは見返って魚沼盆地を俯瞰する構図が白眉。

Dsc09223
今日のグルーミングは結構綺麗。
昨夜から今朝に掛けて、湯沢周辺では1~2㎝程度の降雪。
やっぱり少しでも降雪あると、ピステンのクオリティは上がりますね。

Dsc09226
魚沼盆地へLanding。
手付かずコーデュロイのリフト側ラインをチョイス。
足裏感覚は新雪由来の心地良いタッチも、圧雪がソフト過ぎてグリッピー。
切り替えでリリースが遅れ、バランス崩す(ないとー)場面も屡々。
雪質にアジャストするのに1~2本を要しました。

Dsc09229
スタート時には「晴れに転ぶか」「曇りに転ぶか」不安定だった空模様。
太陽は分厚い層雲帯を抜け、ディナSLのコスメの様なピーカンとなりました。

Dsc09230
例に由って山頂ゲレンデの荒れるのは早し。
1時間弱でゲストも増加、これまた何時ものルーティンでダイナミックへ。

Dsc09232
10:05、ダイナミック。
観光口は基本的に終日過疎ってるので、バーンは荒れも無くフラットコンディション。
程よく緩んでイイ感じ。

Dsc09235
でもって先週のデジャ.ヴ。
ゲレンデボトム(標高約260m)まで下りてくると気温は5~7℃に上昇。
ハイシーズンの2月初旬と云うのに、ジャケット脱いでのミドラー滑です。

Dsc09234
11:00、続いてハツカ石スーパー。
こっちも程良いシャバ具合。
削られた層が融雪進行、多少荒れが進むも雪面にはしっかりコンタクト出来ます。
ハツカ石は雪さえ有れば快適な中斜面、ヘアピンもあって楽しいコース。

10本回した後はジャイアント/大丸を摘み食いしつつ、山頂ゲレンデに戻ります。

Dsc09239
12:10、山頂TOP。
予報通り正午から天候は下降線、太陽は厚雲に隠れどんよりとした曇り空に。
気温も下がり、チラホラと粉雪が舞い始めました。
山頂ゲレンデの軟雪バーンは踏み固められ、ラギットな荒れバーン化。
加えてカリッとプチクラストして参りました。

Dsc09245
13:00、そんな訳で以降はゲレンテボトムのコースをチョイス。
未だコンデションの良いハツカ石を回し、

Dsc09248
14:00、ランチ後は三たびダイナミックへ。
石打の人気コース「山頂」「銀座」「サンライズライン」に較べ、ハツカ石/とダイナミックは回すゲストも少数。
標高の低い分、雪も緩みっ放しでクラスト化も免れています。

Dsc09250
たまには観光2で銀座へ。
しかしパラ沢~グリーン~銀座~サンライズラインは斜度も頃合いの初心者天国。
混雑具合から回すのは厳しく、1本滑ってダイナミックに戻りました。

Dsc09252
銀座では至る所処でアザラシさんが大量発生。
鳴き声を聞くと東アジア産のアザラシさん。
恐らく黄海辺りから流れ着いたインバウンド種でしょう。

この日もオシゴトの都合上、15時半にゲレンデ撤収。
16時の上越新幹線に乗り込み、3時間後にはお店開けてるのでした。
おしまい。

 

 

|

« ●今週の【2/11(日)~14(水)】営業案内&定休日 | Main | ●明日の【2/14(水)】営業案内 »