« ●一泊二日「上洛」 | Main | ●当たり直し »

2024.02.07

●2023/24.十六滑目「石打丸山」

えー、先週の水曜日は「1月〆日」にて「1月滑り納め」。
夜からフツーにオシゴトあるにも関わらず、例に由ってのスノートリップ。
基地外じみたスケジュールで湯沢まで滑りに逝って参りました。

向かったのは湯沢エリアの日帰りホームゲレンデ。
今シーズン初の来訪となる「石打丸山」で御座います。

Dsc09088
7:25、湯沢駅とーちゃく。
1ヶ月振りに訪れた越後湯沢駅は1月とは思えない積雪量の少なさ。
例年なら渦高く積もっている雪塊は見られず、まるで3月下旬の光景です。
周辺の里山ゲレンデはこのままだと春分の日を待たずに「詰み」かな…。

Dsc09089
7:50、シャトルバス乗って中央口へ。
車両は何時ものマイクロバスじゃ無く、観光チックな「湯沢高原号」でした。

Dsc09091
取敢えず先に板デポ。
着替えて朝食取ってストレッチして準備万端。

Dsc09092
8:25、サンライズEX営業開始。
過去何十年/何十回も滑ってる馴染みのゲレンテ。
それでシーズン初滑ってのはワクワクするものです。

Dsc09096
一番乗りの一番降り、取敢えず何時ものルーティン。
銀座ゲレンデから、

Dsc09098
観光口ダイナミックへ。
銀座は夏道のウェーブ出てるし、ピステンは金平糖だらけだし。
特にゲレンデボトムはじゃがいも大豊作、矢張り雪不足の影響は大きく。

3本回してサンライズ乗車、9時に山頂ゲレンデへ向かいました。

Dsc09105
9:10、山頂ゲレンデ。

Dsc09111
山頂クワッドより、御約束の見返りフォト。

Dsc09108
バーンはこんな感じ。
所々に割れや轍跡が散見も、概ねフラットな圧雪です。

Dsc09112
魚沼盆地へLanding。
標高が上がった分、ゲレンデミドル~ボトムよりは良雪質。
湿雪気味も過度な板沈みは無く、ミドル~ロングターンが気持ち良く決まりました。

Dsc09114
但しストライプ模様は3本持たず。
サンライズライン/銀座と並び、石打で一番人気の山頂ゲレンデ。
オープニングタイムの旬は短く、30分程で滑走ラインが取り難くなって来ました。

Dsc09115
この日のパノラマ展望はまずまずの見晴らし。

Dsc09120
前衛に金城山を従えて、八海山/越駒/中ノ岳の越後三山。

Dsc09121
ピラミダルな山容を誇る、石打丸山のランドマーク飯士山。
左奥には巻機山から米子頭山~柄沢山と続く上越国境稜線。

Dsc09123
朝日岳を中核とする、谷川岳馬蹄形の山々。

Dsc09126
左に七ツ小屋山/右にオジカ沢ノ頭を従えて。谷川岳オキトマ双耳。

10時を回ると山頂ゲレンデは混雑度が増し、一旦河岸替え。
再び観光口に向かいました。

Dsc09130
10:25、パラ尾根~グリーン~銀座からダイナミックへ。
ダイナミックは荒れも少なく程好い緩みと良コンディション。
1時間程集中して回します

Dsc09128
で、1月と云うのにまさかのミドラー滑。
この日の石打はボトムで10℃、トップでも5~6℃と3月下旬並みの陽気。
暑杉でジャケットはデポでポイ、以降終日ミドラーで回す一日となりました。

Dsc09133
11:25、続いてハツカ石/スーパーへ。
標高は観光口より少し高いものの南向き、融雪進行でザブザブの砂浜バーン。
重たい/抜けない/走らないと快適には程遠いコンデション。
3本回して切り上げました。

Dsc09142
山頂戻る途中で大丸を3本摘まみ食い。
此処は基礎屋さんがビデ取りでバーン占有、鬱陶しくて余り回したくありません。

Dsc09145
12:15、リターン山頂。
何時もは正午を待たずにボコボコ荒れになる山頂ゲレンデ。
それでも直近の降雪が無く硬めな下地が幸いしてか、荒れは軽微。
比較的フラットなコンディションを維持していました。

Dsc09146
メシ時なので回してるゲストも少数。
このプライムタイムを逃す手は無く、山頂回し「昼の部」スタート。
結局この日は山頂Q乗車が一番多く24本、「山頂ゲレンデの日」でした。

Dsc09149
ゲレンテトップ、奥基より望む魚沼盆地。
正面には守門岳、右手には金城山と越後三山、左手には魚沼丘陵。

Dsc09150
13:20、10本回してやっと飯。
今日のランチはシュプールさん、テラスより望む山頂ゲレンデ。

Dsc09155
14:00、戦線復帰。
この時間帯になると流石にボコって来ました。
それでもバンピーに踏み固められた感は無く、タッチの柔らかい荒れバーン。
雪面コンタクトも充分担保、ショートターンで回す分には問題有りませんでした。

Dsc09151
14:50、全面日陰になるとややクラスト化。
ラストは大丸を4本回して銀座~サンライズ下山。
この日の夜はフツーにオシゴト、15時半にはゲレンデ撤収せねばなりません。
急ぎ着替えとパッキングを済ませ、シャトルで帰途に就いたのでした。

久し振りに訪れた石打丸山、やっぱり雪さえあれば良いゲレンデです。
腕撫す急斜面こそ無いものの、ゲレンデ全域が程好い中斜面構成。
古いスキー場の割には主だったリフトは全てデチャッタヴルと機動力も充分。
ロングコースが無いのと重馬場なのが欠点ですが、日帰りユーズなら合格点のスペックです。

そんな訳で明日(2/8)も同様の行動様式。
朝イチから滑ってとんぼ返りしてのオシゴトINなのでした。
おしまい。

|

« ●一泊二日「上洛」 | Main | ●当たり直し »