« ●二日続けて「月山BLUE」 | Main | ●大斜面「ロングターン祭」 »

2024.04.30

●4月30日の【雪少/ヤニ多】月山情報

えー、ゴールデンウイーク期間限定.月山就労日誌/三日目。

本日の月山は朝から曇り、入山三日目で初めて青空じゃ無い日を迎えました。
私めは10時に助っ人オシゴトを終えてゲレンデイン。
大斜面のコブを7本回し、午後に入ると糸雨濡つガス模様になり計9本で撤収。
2時間強でのアクテビティ切り上げも、滑走時間の割に充実したコブ遊びでした。

所処でGW期ともなると、国内で滑走可能なゲレンデは数える程。
そしてその何れもが4月に入り恐ろしい勢いで雪解け進行。
予定のオープン期間を待たずにクローズする可能性が大となっています。
我がホームゲレンデのホームコース、五竜グランプリも心肺停止寸前。
また、春スキーのメッカ「かぐら」は予定の5/19まで持たないとの噂。
情報筋からによると5/12が最終日になるとの話です。

そんな訳で今日現在の「月山.積雪情報」インフォメーションになりまする。

Dsc01130
一昨日(4/28)、入山初日の月山スキー場。

Dsc01131
ペアリフトより眺める大斜面は、

Dsc01132
雄大にて圧巻、相変わらずのビックスケールです。
しかし積雪量は約7m、「今年はホントに雪少ないなぁ…」

「4月にそれだけ積もってて、雪少ないって莫迦じゃねーの」。
一般の方々からはこんな御意見を頂戴するかも知れません。
まぁ確かにその通りなのですが、あくまで定点観測での比較論。
今年の月山は例年に較べ、2~3m積雪の少ない状況なのです。

Dsc01238_20240430140001
本日(4/30)、下駅の花道。
4月と云うのにもうヤブが出ててる…。

Dsc01237_20240430140001
沢側から見るとこんな感じ。
うーん、この状態だと「5月半ばまで持つかなぁ?」てな具合。
多分月末を待たず、下駅入口からのアプローチになりそうです。

Dsc01243
大斜面にも既に幾つかのヤブが出ています。
小原さんTバーの下に3ヶ所。
そのうち両端のブッシュ帯が繋がって「シマ(島)」になります。

Dsc01245
トラバース下路の上にも、

Dsc01241_20240430140001
大斜面ボトムにもヤブが出現。
こうなると瞬く間にエボリューション、島になってしまいます。

Dsc01246
上駅の花道も既にこんな感じ。
両サイドからチシマザサと灌木がコンニチワ。

Dsc01247
沢の入口も左手側から立木が侵食。
うーん、沢コースは5月下旬まで持たないだろうなぁ…。

今年の月山、ペアリフト架け替えは6月10日からの予定。
大斜面は「ヤブだらけ」の「アミダ籤」になっても、何とか其処まで持ちそうです。
しかし沢~花道は5月下旬になるともう厳しいかと。
恐らく沢は閉鎖、ペアリフトには下駅玄関からのアプローチとなりそうです。

Dsc01259_20240430140001
で、今日の滑走後記。
スキーのソールにはタールの様な汚れがベットリ、全く板の走らないノッキング状態。
原因は汚雪や黄砂より、寧ろ「ブナの萌芽」。
樹脂成分をたっぷり含んだ芽鱗(ブナ殻)のヤニがスキーにこびり付いてるのです。

Dsc01258_20240430140001
リムーバ掛けてスクレーパーを一削りすると「ヤニの大量収穫」。
因みに携帯用スクレーパーは「みずほ銀行製(笑)」、使わないクレカを代用しました。

と云う訳で、GW後半に月山にお越しになる皆様へ。
呉々もリムーバ/スクレーパーと雑巾タオルの御用意はお忘れなく。

 

|

« ●二日続けて「月山BLUE」 | Main | ●大斜面「ロングターン祭」 »