« ●1stロット (白馬産) | Main | ●2023/24.三十三滑目「五竜&47」 »

2024.04.04

●2023/24.三十二滑目「五竜&47」

えー、本日は…つーか本日も例に由ってのスノーログ。
季節替わりの期替りの月替わり、4/1~4/2は「第十一次白馬遠征」in五竜47。
そんな訳で初日の滑走記で御座います。

Dsc00413_20240403133901
9:45、現地とーちゃく。
今回は新幹線使っての遠征なので、この時間のゲレンデイン。

Dsc00414_20240403133902
エスカルプラザはこの日より春シーズン仕様に営業形態変更。
オープン時刻は24時間→8~17時に時間短縮。
1Fの龍神の湯や仮眠室、カフェSolは今季の営業を終了しています。

Dsc00414_20240403133901
「3月30日」と「3月31日」は何も変わらない。
「4月1日」と「4月2日」も何も変わらない。
でも「3月31日」と「4月1日」は大きく様変わりする、スキー場施設の風景。

2Fのサブウェイとヨゴリーノも今季の営業終了。
平日は都市部からのバスツアーも終了し、来場ゲストは殆どが村内県内の方々。
建物内は閑散としたもの、ハイシーズンの賑わいが嘘の様な静けさでした。

Dsc00417
10:00、キャビン乗車。
いいもりゲレンテも昨日を以て今シーズンの営業を終了。
パウダースノーコース(いいもり6沿い)はまだ雪量豊富、充分滑れるコンデション。
でも㈱大糸さんの本業は土建屋、スキー場経営はそれ程身を入れて無いからなぁ。

Dsc00418_20240403133901
10:15、新年度の滑り初めはやっぱりグランプリ。
口開け搬器は末広がり×2の「88番」、何かイイ事あるかな?。

しかしこの日、アクティビティ面に「良い事」は何もありませんでした…。

Dsc00424_20240403133901
この日のグランプリはムズい…。
遅駆けの到着と云う事もあり、バーンは既に荒れ放題のナチュラルバーン化。
しかもコースのトップ~ボトムで雪質乖離の激しいコンディション。

上1/3、アイシーでカリカリ、油断してると板流される。
中1/3、重ザラメでザクザク、油断してると板取られる。
下1/3、砂浜雪でザブザブ、油断してなくても板沈む。

うーん、一粒で3倍美味しくないコンデション…。
特に真ん中から下は「重く」「深く」「荒れた」重層ザラメの腐れ雪。
スキーコントロールに極度の体幹と脚力を要しました。

Dsc00425
粉雪舞う冷え込んだ気象コンデション。
とおみゲレンデとアルプス平では気温差も大きく、レイヤーチョイスも失敗。
ミドラー1枚着込みに一度下まで降りました。

Dsc00419
所処でこの三日間、五竜ではモーグルキャンプ開催中。
テクニカルとパノラマにレッスン用のコブレーンが出来ています。

Dsc00420_20240403133901
「UNIQLO WORLD MOGUL CAMP 24」
今季WCモーグル種目別チャンプの堀島行真を始め、皇帝キングスベリー、五輪金メダリストのウォルバーグ/アンソニーと錚々たる面々が来場。
所処でユニクロってスキーウェア作ってたっけ?。

Dsc00421_20240403133901
意外と小っちゃいキングスベリーさま。
通訳付きでコブキャン参加者にマンツーマンレッスン。
FIS.WCモーグル通算89勝、12回の総合優勝を誇る絶対王者です。

Dsc00437_20240403134101
こっちの調子は右肩下がり。
ザブザブ雪がモサグサに深くなり、更に雪塊ゴロゴロ。
うーん、段々手に負えなくなって来た。

Dsc00435
11:40、戦略的撤退、47/R1へ。
こっちも大して状況変わらず。

Dsc00427_20240403134101
ザブザブ雪に変わり無し。
北斜面ですがコース幅狭いのと標高が下がった分、相殺してチャラ。

Dsc00438
滑走者の少ないR2の方が荒れ具合マシ。
入りの急斜パートが嫌われてか回すゲストは僅か。
まだ比較的回し易いコンディションでした。

Dsc00431
R1ボトム(下山コース)にも入ってみます。
意外と積雪量はしっかり、四月と云うのにゴンドラ乗り場まで雪付いてます。

因みにR1下部は4月より週末金~日のみの圧雪。
それが全然気にならない上部の荒れ具合でした。

Dsc00415
五竜帰投。
テレキャビンも山麓駅の雪付きはバッチリ、乗り場まで滑って下りれます。

Dsc00443
とおみスカイ-4は4/7まで営業延長。
しかしゲレンデはミドル~ボトム部で地表露出。
ハリネズミが立ってなくても、穴ボコやら石コロやら地雷の見本市でした。

Dsc00446_20240403134101
こーなると地面出るのは早いんですよね…。
しかも週中は雨予報、果たして4月7日まで持つのかしら。

Dsc00448_20240403134101
14:20、グランプリはますますタチが悪くなってます。
重層化したザブザブ雪が、午後に入ると気温低下+風に叩かれてクラスト。
下地を捉える以前の問題、雪面コンタクトを保つだけで精一杯。
「もう手に負えません…」。

Dsc00451_20240403134301
しかも強風ゴーゴー。
リフト止まる程じゃありませんが、バーンは更にウインドパック入ります。

Dsc00450_20240403134101
14:50、もう止ーめたっと。
体力は余力残しも滑りがボロボロでメンタル「ポキリ」。
まぁ最後に武田さん見れたしイイか。

ホント、今日はシーズン三指に入る難しいコンディションでした。
つづく。

 

 

|

« ●1stロット (白馬産) | Main | ●2023/24.三十三滑目「五竜&47」 »