« ●2023/24.三十四滑目「かぐら」 | Main | ●高津倉山スキー場 »

2024.04.12

●「月山」始まりました

えー、丁度一週間前は4月4日の事。
6年前に雪山籠りしていた職場の社長から📲ピリリリリ…」 と着信。
「〇〇くん、今年も来てくれるんだべが?」と、GWのヘルプ要請依頼です。

そんな訳で本日は今日4月12日、「ゲレンデオープンを迎えたスキー場」のニュース。
(※念の為に復唱、「ゲレンテクローズ」では無く「ゲレンテオープン」)
この時期にこんな話題を提供してくれるのは、勿論「西川町姥沢」のあそこ。
6~7月まで雪と戯れるスノーマッドにとって、シーズン最後の雪源郷です。

Screenshot-20240412-at-182946

🌼祝.月山スキー場、2024シーズンOPEN♪

国内有数の豪雪地帯が故に、冬季は「雪大杉」の月山。
最盛時の1~2月は積雪量が軽く10m以上、人の立ち入れる環境じゃありません。
唯一の交通インフラである県道114号(月山姥沢線)も11~3月まで閉鎖。
果たして冬を終えた3月下旬になって、県道やゲレンデ施設の除雪を開始。
やっとオープン出来るのが「月山スキー場」なのです。

電話で月山の現状を伺うと、やっぱり今年は雪少な目との事。
除雪時の姥沢雪壁も約6m、例年より2m程低いとの話です。
それでも県道の除雪期間中に大雪が降って予定より作業が遅れたとの話。
うーん、流石月山…。

あと、2024シーズン月山の「※要注意時頃」
例年に較べ、6月以降は営業スケジュールが大きく異なります。
春⇒夏スキー移行の「ペアリフト架け替え」期間が大きく延びて18日間。
6/10~6/27は、ペアリフト運休となりスキー場の利用が出来ません。

例年ならで5日間で終える架け替えですが、今年はワイヤーの交換などリフト整備更新に大がかりな工事を行うとの事。
今年の積雪量からすると、恐らく営業再開後は大斜面/沢コースはクローズ。
滑走可能なのは姥ゲレンデより上で、文明の力は鶴さんと小原さんのTバー×2のみ。
リフト使って大斜面回したい方は6月9日(日)が最終日となります。

そんな訳で「春&夏スキー」のメッカも愈々オープン。
因みに私めは助っ人ワークでゴールデンウイーク「フル滞在」。
オシゴトとスノーライフを満喫して参ります。

|

« ●2023/24.三十四滑目「かぐら」 | Main | ●高津倉山スキー場 »