« ●2023/24.四十八滑目「かぐらFINAL」 | Main | ●本日の【5/12(日)】営業案内 »

2024.05.12

●2023/24.四十一滑目「月山」

えー、今年のGWも毎年恒例の姥沢籠り。
本業のオシゴトは全休して、月山にてスキーマッドな日々を送って参りました。

そんな訳で「黄金週間」ならぬ、至福の「白銀週間」を過ごした9日間。
入山三日日、4/30(火)の滑走記で御座います。

Dsc01216_20240507140201
10ː10、115林班しゅっぱーつ。
この日の天候は午前中/曇り、午後から小雨とのmountain-forecast予報。
暫くは天候持ってくれそうなので、助っ人オシゴト終えてゲレンデへGo。
ピステバッグにレインウェアと予備グローブを持参しての出立です。

Dsc01219
10ː30、ペアリフト乗車。
朝日のお山の主峰群は棚雲掛かるも、以東岳方面はクリアに望めます。
GWとは云ってもセパレート期間(平日三連発)の中日。
上記の天気予報もあってか、下駅のゲストは数える程度でした。

Dsc01218_20240507140201
湯殿のお山にコンニチワ。

Dsc01220
大斜面もこんな感じ。
多少の視界不良は覚悟してましたが、一欠片のガスも無く視界はクリア。
可視コンディションは良好です。

Dsc01222_20240507140201
今日は小原さんTお休み。
まぁ鶴さんTが無いので、小原さんトコにも行きませんけどね。

Dsc01226
月山は御機嫌斜め。
今年のGW10日間、月山の頂が望めなかったのはこの日(4/30)だけ。
ホント、例年に無い晴天率の高さ(快晴/7日 花曇り&薄晴れ/2日)でした。

Dsc01231_20240507140401
昨日に引き続き、上のトラバースから沢側のコブに向かい、

Dsc01225_20240507140201
一発目からコブ入り。

Dsc01230_20240507140201
しかし雪の汚れは相変わらず。
昨日同様…つーかそれ以上に汚雪+黄砂+ブナ芽鱗のトリプルコンボ。
2本回した時点でヤニがソールにこびり付き、板が全く走りません。

Dsc01232
竹串コース(沢側)も全面ブレーキ雪。
滑走跡の無いフィールドを滑ると、表雪が削られて無い分ノッキング具合が酷い。
こりゃトラバースとコブライン以外、滑らない方が得策だな。

Dsc01252
まぁコブ滑ってる分は、

Dsc01253
板走んない方がスピードコントロール楽なんですけどね。
この日のコブ滑は可も無く不可も無く、って調子。

正午を過ぎると予報通り、ポツポツと糸引く細雨が濡って参りました。

Dsc01254
12ː30、でもって「ガス山」襲来。
雨は滑走に支障無いレベル、ガスもトラバースの下は薄靄程度。
でもこれから天候下降線だし、板はますます走んなくなってくるし…。

そんな訳で13時前、7本回した所処で撤収。
お天気同様、イマイチ「パッ」としない四月最終滑でしたとさ。

 

|

« ●2023/24.四十八滑目「かぐらFINAL」 | Main | ●本日の【5/12(日)】営業案内 »