■「河原町阪急.丸井」関連

●「四条河原町」東南角の変 【10/1/29】

水曜夜のニュースで有楽町の西武百貨店が閉店するなんて話を小耳に挟み、「ふーん、そうなんだ」なぞと聞き流していた矢先の翌日。

今度はミヤコで「河原町阪急」さん撤退の発表です。
何の前触れも無いイキナリの話、いやいや本当にびっくりしました。

阪急さんと云って、先ず市井民が御世話になっているのが「待ち合わせ」。
私め学生時分の頃、河原町で待ち逢わせ場所と云えば「三条京阪.ドゲザ前」「河原町丸善一階」そして「河原町阪急前」が三大集合所処でした。
亦バブル時代の当時、「BAL」「河原町ビブレ」「マイジャービル」と並んで、バーゲンの頃は御世話になったものです。

尤もこの撤退話、事情を考えると致し方無いのかもしれません。
元々河原町阪急さんは一般大手の百貨店に較べ売り場面積が半分以下、従って商品構成も「とあるジャンル(若者向けファッション)」に特化せざるを得ませんでした。
所処が比較的毛色の似ている「伊勢丹さん」が京都駅に出店。
ミヤコ人は意外と「トーキョーモノ」が好きなので、商圏は違えど多少の影響はあったと思われます。

そこに「百年に一度」のナントカが襲来、百貨店業界は未曾有の景気低迷。
更には2011年迄に経営統合する予定の「高島屋さん」が真向かいにありますので、同資本の百貨店が間近にあっては生産効率も良くありません。

そんな訳でこんな顛末になってしまったのではないかな、と。


P2010012800198_3河原町阪急、今秋閉店へ
34年の歴史に幕

阪急阪神百貨店を傘下に置くエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは28日、京都市下京区の百貨店「四条河原町阪急」の営業を今秋で終了すると発表した。1976年の開店以来、京都市中心部で若者向けファッションをリードしてきたが、消費低迷で業績不振に歯止めがかからず、34年の歴史に幕を閉じる。
百貨店業界は2008年秋以降の不況で売り上げ減が続き、西武有楽町店(東京都)が閉店を決めるなど撤退が相次いでいる。京都市内の百貨店の閉店は07年2月の近鉄百貨店京都店以来となる。
中京区のホテルで記者会見した新田信昭・阪急阪神百貨店社長は「断腸の思いだが、売り場面積の狭さがネックとなり収益改善を見込めないと判断した」と説明した。勤務する正社員40人は他店に配置転換する。H2Oの別子会社が運営する7、8階のレストランフロアは営業を継続する。
 
同店は四条河原町南東角の住友不動産所有のビル地階から6階までの8900平方メートル。京都高島屋(約4万7千平方メートル)や大丸京都店(4万6千平方メートル)に比べ小規模だったが、開店当初から若者向け先進的ファッションで人気を集めた。1991年度の売上高171億円をピークに売り上げが低迷。周辺で低価格の衣料店進出も相次ぎ、本年度売上高は50億円を割り込み、営業赤字5億円の見通しという。阪急撤退後のテナントは未定。
(文.写真共 京都新聞1/28より)

    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●洛中「漫ろ歩き」 【10/7/1】

「さっかー日本代表」大騒動も、一昨日でひと段落。
青い出で立ちをした「さむらいぶるぅ」な方々も夜の繁華街から姿を消し、日本全国飲み屋関係者は「ほっ」と胸を撫で下ろしている事でしょう。

で、帰京三日目の昨日水曜日。
私めは何をしていたかと申しますと、日がな終日「洛中散策」。
来たるべき「弊亭再開」に向けての施工例収集、工務店さんに提示する内外装資料をデジカメで「パシャパシャ」やっておりました。

以下、そのおまけ「スナップ集」にて。

100630_130808
【写真上】四条大橋より望む鴨川
珍しく無人の川岸、等間隔の「アレ」が見当たりません。
炎天下の上に蒸し暑さも全開、流石に「イチャイチャ」もしてられないかと。

100630_125928
【写真上】ぎおんまち、切通しより新橋通を眺む。
辰巳さんへのお参りを済ませた折に一写。
オフシーズンの平日、流石に観光客の姿も有りません。

100630_124551_2
【写真上】ぎおんまち「ろーじ」三態。
左より「末吉町切通し」「祇園北14番路地」「祇園東.清元町どんつき」

100630_133022

【写真左】今夏8月22日を以て閉店する河原町の阪急百貨店。

待ち合わせやバブル期のバーゲン等、在京時には結構お世話になってました。
若しかしてこれが今生の別れかも、とも思いハンカチを一枚購入。
恐らく最後の買い物になる事でしょう。

とまぁこんな感じでした。

.

    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●サヨナラ「阪急」 【10/8/30】

えー、七泊八日の帰京を終え、今しがたトーキョーに戻った所処です。

所処で今回私めの上洛前日、8月22日夜の事。
四条河原町の「ランドマーク」が一つ姿を消しました。

「四条河原町.阪急百貨店」さんの閉店です。

件詳細に就いては過去ログに詳しいので省略致しますが、待ち逢わせ場所やバブル期のブランドバーゲンでよくお世話になったもの。

そんな訳で本日帰り際に、ちょこっと立ち寄って参りました。

100830_103144_ed【写真左】閉店一週間後の阪急さん。

「阪急」ロゴは未だ残っていますが、壁面左側の催事広告看板は撤去されています。

7.8階のレストラン街はもう暫くやってる様子。

100830_103344_ed
【写真左】百貨店玄関正面のレリーフ。
【写真右】同.左側の装飾時計。

所処で気になる後釜は亦々東京資本、「○|○|」さんが出店されるとの正式リリース。
景観条例の縛りに加え百貨店受難のこの御時世ですから、大した改装はしないと思われますが、唯一気になるのが建物外観。

現在のビル外壁は、長年見慣れた茶紫の「阪急カラー」。
矢張り「丸井カラー」に塗り替えるのでしょうか。
出来れば外装はこのままでやって欲しいものです。

20100822221300四条河原町阪急、34年の歴史に幕
四条河原町の顔として親しまれた京都市下京区の百貨店「四条河原町阪急」が22日、閉店した。営業終了時間を1時間近く過ぎた午後8時前、大勢の買い物客が見守る中、玄関のシャッターが下ろされ、34年の歴史に幕を閉じた。
この日は幅広い年代の人たちが訪れ、同店によると売上高は前年の同時期日曜の5倍を超えた。待ち合わせの目印となった外壁の世界地図のレリーフ前で記念撮影する人も。舞台照明家、坂本幸子さん(41)=伏見区=は「20代に紳士服売り場で働いていたので、もう一つの実家がなくなるようで寂しい」と惜しんだ。
閉店直前には最後を見届けようと買い物客が玄関前の道を埋め尽くした。最後の客を送り出した亀井潤一店長(47)が「ファッションの百貨店として多くの方に支持いただいた。最後までありがとうございました」とあいさつすると、大きな拍手が起こった。従業員が深々と頭を下げ、静かにシャッターが下ろされた。
阪急は1976年に開業し若者の人気を集めたが、消費不況で業績が悪化。今年1月に閉店を発表した。後継テナントとしてファッション専門店を運営する丸井グループ(東京都)が来春出店する。
(文.写真共 京都新聞8/23
より)

    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●「四条河原町」東南角のこと 【11/2/18】

閉店.撤退の話がいきなり発表されたのは、丁度一年前くらいの事だったでしょうか。
昨夏八月二十二日、34年の歴史に幕を閉じた「河原町阪急」さん。
後継テナントにはトーキョー資本の「丸井」進出が決まっていましたが、この度正式に開店日が発表されました。

何と云っても跡地はミヤコ商業区域の「一等地」、其処が空き家の儘では街に活気も生まれません。
「マルイさん」是非を問おうにも、今や河原町の大型商業施設は外様参入一色。
シカモ困った事に「ミヤコ色」の薄いもの計り、例えば…、
 「オーム社書店&京都書院」→「OPA(大阪)」
 「
BAL京都」→「殆どジュンク堂(神戸)&無印良品(東京)」
 「丸善河原町店」→「ジャンカラ(大阪)」

 「駸々堂京宝店」→「ミーナ京都(山口)」
まぁオープン需要も期待出来そうです、取り敢えず近隣商店街の方々にとりましては朗報かと。

所処で気になる外装変更に就いてですが。
リリースレターに由ると、昔より見慣れた「茶紫」阪急カラー外観が然程変わる事は無さそうですし、世界地図レリーフも残されるとの話です。
河原町界隈では一.二を争う「待ち合わせスポット」だけに、色々と「悲喜交々」「あまからアベニュー」な思い出をお持ちの方々も多い筈。

そんな訳で「胸を撫で下ろしている」のは、寧ろ「阪急(≒バブル)世代」の市井民かも知れません。

「京都マルイ」4月27日開店 
四条河原町阪急の後継

ファッションビル運営の丸井グループ(東京都)は16日、四条河原町阪急の後継テナント「京都マルイ」(京都市下京区)を4月27日に開店する、と発表した。ゴールデンウイーク直前のオープンで集客を目指す。
店舗面積は地下1階から地上6階まで延べ約8700平方メートル。丸井全体で女性客が7割以上を占めることから、京都マルイも3、4階を女性向け衣料のフロアにするほか、他階でも女性用の靴や雑貨、アクセサリー、スイーツなどを展開し、女性客の取り込みを図る。
若者だけでなく幅広い年齢層に足を運んでもらうため、食品や本、スポーツなどの店も入れる予定。
京都市内を中心に電車で1時間以内の滋賀県西部や大阪府北部までを商圏と見込む。商圏人口は320万人。
外観は、10~60代の市民が参加した「お店づくり企画会議」の意見を生かし、木目格子の薄茶色にして京都らしさを演出する。待ち合わせの目印ともなっていた正面入り口の世界地図は残す。
丸井グループ広報室は「今後も企画会議などで地域の客のニーズをつかみ、喜んでもらえる品ぞろえをしたい」としている。
(文.京都新聞2/17
より)

1297825319_photo京都マルイの「店づくり」進む-
店と客が議論、「世界地図」残す外観も決定

四条河原町阪急跡に4月27日オープン予定の「京都マルイ」(京都市下京区四条通河原町東入)の店づくりが進んでいる。
2007年の有楽町店、2009年の新宿店でも「地域の人とともに店づくりを行い好評を得ている」という同社。京都店は昨年8月からネットで10~60代男女の意見を集めたほか、公募で選ばれた人で作る「お店づくり企画会議」を開いてきた。会議は12月までの5カ月間に73回開催し、延べ330人と社員211人が参加した。
これまでの店づくりでは、意見を交わすモニターの様子を社員が別室でモニタリングしていたが、今回は社員が同席。意見を聞くにとどまらず議論を交わすなど「かなり踏み込んでいる」と同社広報室担当者。「京都の人は街の発展や街全体について考えている人が多い印象」だという。
これまでの取り組みにより外観は薄茶色に決定。待ち合わせの定番だった「世界地図」も残すことが決まった。「現在は接客サービスなどソフト面についての会議が続いている」と同担当者。「一緒に店づくりを行っていくことで、末長く愛される店舗になっていけたら」と話す。
開店後も会議は続けていく予定だという。
(文.写真共 烏丸経済新聞2/16
より)

    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●続.「四条河原町」東南角のこと  【11/4/20】

えー、本日は開店を一週間後に控えた「京都マルイ」に就いてです。

旧阪急さんの後を引き継ぎ、四条河原町に出店される〇|〇|さん。
関西圏では「神戸三宮」「大阪ミナミ」に続き3店目、ミヤコ初出店で御座います。
不謹慎を承知で申し上げるなら、この時期関西圏への進出は「節電」「自粛」「原発不安」で手枷足枷だらけの首都圏より、遥かに期待が持てるのでは無いでしょうか。

「若者向けファッション(死語)」が得意分野の丸井さんにとって、先代「阪急さん」と顧客層や価格帯が重複するのも幸いですし、先行進出されているトーキョー資本「伊勢丹さん」とは商圏.客層共に被りません。
それに何と云っても「トーキョー物」大好きなミヤコ人。
加えてテナント8割が京都出店「初モノ」となれば、開店特需に加えて其也以上の集客も見込めるでしょう。

但し今回力点を入れられている「雑貨」「カフェ」と云った分野は、ミヤコでも「老舗」「新進気鋭」問わずの得意分野。
取敢えずは本業の「アパレル」に重点を置いた方が宜しいとは思われますが、まぁ暫く「お手並み拝見」といきましょうか。

最後に余談ですが…。
建物壁面は何時の間にか、茶紫の「阪急カラー」から「マルイ的」アイボリーホワイトに塗り替えられておられました。
個人的には学生自分の「待ち合わせ」場所としての思い出もあり、以前の儘にして欲しかったかな、と。

20110412203611marui0078割、京都初出店  
京都マルイ 27日開業

ファッションビル運営の丸井グループは12日、27日に開業する四条河原町阪急の後継テナント「京都マルイ」(京都市下京区)の店舗概要を発表した。入居する全53店のうち、約8割の42店が京都初出店となる。プライベートブランド(PB)商品を扱う売り場も充実させる。
売り場面積は地下1階から地上6階の8760平方メートルで、うち約4割はPB商品の売り場。入居店舗の約6割をアパレル以外の雑貨やカフェなどの店で構成する。
地下1階は「マルチカ」の愛称を付け、スイーツやベーカリー、雑貨など関西初の店が並ぶ。1、2階は女性向けの靴やバッグなどのPB商品を中心に展開。3、4階に女性向け衣料、5階に男性向け衣料の店が入る。6階には地元のふたば書房をはじめスポーツや時計など趣味関連の店が入居する。このほか靴や時計、洋服の補修の店も置く。
商圏人口は京都市内を中心に320万人。初年度の売り上げは60億円台半ばを目指す。丸井の中村正雄社長は「(東日本大震災の)被災地復興支援に配慮しつつも早く通常の経済活動に戻すべきと判断し、この時期に開店する。若々しいマインドを持つすべての人に満足してもらえるようにしたい」と話した。
(文.写真共 京都新聞4/12
より)

    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●「丸井さん」新装開店  【11/4/27】

阪急さん撤退の後、長らく人気の途絶えていた「四条河原町.東南角」ですが、約八ヶ月振りに賑わいが戻って参りました。
本日、マルイさんの開店で御座います。

件に就きましては既に色々と所見申し上げておりますので本日は手短に。
取敢えずは私めも帰京の折、一度位は立ち寄ってみようかと思います。

20110427115730marui“京都初”求め、客どっと 
マルイ開店

京都マルイが27日、京都市下京区の四条河原町に開業した。昨年8月に閉店した四条河原町阪急の後継テナントで、丸井グループの関西出店は神戸市、大阪市に続いて3店舗目。買い物客が開店前から長い列をつくり、京都一の繁華街らしいにぎわいが戻った。
売り場面積は地下1階~地上6階の8760平方メートル。女性向け衣料や雑貨、食品など53店が入り、約8割の42店が京都初出店となっている。
阪急時代からある正面の世界地図周辺には約1100人が並んだ。午前10時に開店すると、目当ての売り場に早足で向かう客の姿も見られた。
午前5時ごろに一番乗りした大学院生金野真和さん(26)=左京区=は「スイーツ(菓子)が好きなので(地階の)『マルチカ』を利用したい」と話し、休暇を取って訪れた会社員井出口紗輪さん(24)=西京区=は「阪急閉店後は大阪に買い物に行っていた。ファッションが充実していてうれしい」と笑顔を見せた。
京都市内を中心に滋賀県西部や大阪府北部などを商圏と想定し、初年度の売上高は60億円台半ばを目指す。通常営業時間は午前10時半~午後8時半(一部店舗除く)。27日~5月5日は午前10時に開店する。
(文.写真共 京都新聞4/27
より)