■「嵯峨駅」関連

●嵯峨駅  【2007/07/23】

Erz_001_1

えー、このハリボテみたいなプレハブ施設は何かと申しますと…、
あまり言いたかないのですが地元最寄駅、嵯峨嵐山駅(仮)です。

JR山陰本線複線・高架化事業に伴う駅舎改築の為、現状こんな見っとも無い姿を晒している訳です。
祇園祭帰京の折に立ち寄ったのですが旧駅舎は既に解体された後らしく、昭和国鉄時代の萌香漂う趣は何処へやら…。

200pxjrsaga_sta1旧駅舎の概要は下記の通り。 
2007年3月までは、1897年に京都鉄道の駅として開業した当時の駅舎(2006年当時、JR西日本管内で最古の現役駅舎)を、リニューアルして使用していた。
モダンな感じの駅舎が周囲の風景にマッチしていたが、京都~園部間完全複線化に向け、2008年度中に橋上駅舎へ改築される。
(文写真ともにウィキペディアさんより借載)

因みに大昔はもっと茶色っぽかった様な気がします。

京都~嵯峨間の複線高架化事業の総予算は約183億円(市負担額 約95億円)。
嵯峨駅周辺の整備内容としては
 ①同駅新築による2面4線化(現在2面3線)
 ②同、駅舎の橋上化及び自由通路の設置
 ③太秦~嵯峨間を盛土嵩上形式線路化
 ④同、嵯峨駅周辺二つの踏切除去
といった具合になります。

確かに観光シーズン真っ只中の嵯峨駅は芋洗い状態、車内駅内も其也に混雑します。しかしそれでも駅の平均乗降客数は一日約五千人強。かつて嵯峨住民だった身としては、以前の駅キャパシティーでも別段不便はなかったと記憶しています。
単線が故に踏み切り待ちの長い箇所もありましたが、経堂やひばりが丘のそれに比べれば可愛らしいものでした。

唯一、駅舎橋上化により、駅南北を自由に行き来出来るの様になるのが便利と云えば便利ですが、上記大金を叩いてまでの価値があるかと云うとビミョーです。
お役人さんやよそさんは御存知ないでしょうが、駅北側は嵯峨学区.南側は嵐山学区と地域芸風的住み分けがしっかり出来ており、往来する必要性も然程無いのです。
(例えばおばちゃんの買い物一つとっても北側は新丸太町、南側は昭和通り。嵯峨駅前と天龍寺門前商店街は共有エリアです)

尚、工事完成の暁にはこんな感じになるそうです。

Erz_002_1

プレハブっぽいことに変わりはなく、趣も色気もあったものじゃありません。
96年二条駅の愚を飽きる事無く繰り返すのも如何なものかと。
(二条駅は梅小路に移築復元されていますが、嵯峨駅はどうなる事やら…)

因みに94年秋に駅名が「嵯峨駅」から「嵯峨嵐山駅」へと改称されましたが、単にまどろっこしくなっただけで、地元住民は今でも「さがえき」と呼んでいます。
只、今回の改修工事にて新駅舎になった時、「嵯峨駅」の名称も名実共に消えてしまいそうな気がします。

      -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●「嵯峨駅」のこと  【2008/06/15】

家の近所、「嵯峨駅」の事です。
地域事情無理解な市政の元、旧国鉄時代の趣ある駅舎を解体し工事現場のプレハブ宜しく無惨な姿を晒している嵯峨駅。
そんな新駅舎への改修工事も一区切り着いた様子、駅の橋上化が完了し昨日から南北通路は行き来出来る様になったらしいです。

尤も工事は未だ継続中。橋上駅舎は一部完成し使用開始となったものの、ホームや駅前広場等のインフラ整備完了はもう暫く先の様子です。

駅北側の広場や駐輪場の竣工は来春三月頃、上下各2線×4線式の新ホームは複線化整備完成に伴って予定されています。
因みに嵯峨野線の複線化事業完了(京都~二条駅間及び花園~嵯峨駅間)は当初計画より一年遅れの再来年春になる見込みとの事。
兎に角この新駅舎、来月帰京の折に様子を覗いてこようと思います。

尚、余談ですが94年から「嵯峨嵐山」と変わった駅名に就いて。
単に長ったらしくなっただけで、地元では未だ「さがえき」と呼ばれております。

「嵯峨嵐山.ハコ物濫造事情」に就いてはコチラ。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2007/08/post_acf8.html

P2008061400100和風外観に通路、橋上化駅舎発進
JR嵯峨嵐山駅

JR西日本と京都市が一昨年末から進めていたJR嵯峨嵐山駅(右京区)の橋上化工事が完了、14日朝から供用が始まった。新駅舎は南北自由通路を備え、乗降客や住民が自由に往来できるようになった。
この日朝、駅構内で安全運行を祈る式典があった。JR西日本の役員ら約20人が出席し、同社京都支社の大橋幸之助支社長が「橋上化を機に、歴史的観光地域である嵐山の発展に一層貢献したい」とあいさつした。
JR嵯峨嵐山駅の旧駅舎は線路南側にあり、南北に行き来できなかった。新駅舎は南北自由通路(85メートル)を設け、街並みと調和する切り妻屋根の和風の外観に仕上げた。09年3月末までに南北の駅前広場なども整備する。総事業費は18億5900万円。
(文.写真共 京都新聞6/14より)

      -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●続.「嵯峨駅」のこと  【2008/07/23

先週帰京の後日談。
地元は馴染みの料理屋さんに伺った序で、先月目出度く新装改悪成った「嵯峨駅」へ立ち寄ってみる事に致しました。

080714_009
嵐山方面の玄関口、南側出口。
古趣漂う旧駅舎はすっかり解体され、建設予定図通り「何の色気も無い」新駅舎が出来上がっておりました。
切妻造.禅宗庫裏風にすれば風情が出ると云うものぢゃありません。
「JR山陰本線複線.高架化事業」の為とは云え今回の駅舎改装、旧駅舎を一部でも保全しての再活用は出来なかったものでしょうか…。
嘗て「藤棚」のあった旧駅前ロータリーは安全柵で覆われた儘、重機の姿もあり依然として工事継続中です。

080714_013
橋上通路二写。右は南口側、左は北口側より。
…殺風景と云うか何と云うか、まぁ無機質極まりありません。
まるで最近建設された田舎の新駅みたく。
安普請かつ無見識で設えられた円窓や格子窓が却って痛々しさを誘います。

因みに「駅南北を自由に行き来出来るの様になるのが便利」の謳い文句にて建造された駅舎橋上通路ですが、お役所さんは地域事情を余り御存知で無い様子。
地元の「おっちゃんおばちゃん」の主要交通機関は「ママチャリ」であり、自転車の通行出来ない高架通路に用事は有りません。
結局今迄みたく、駅を迂回して移動しておられます。

080714_017
橋上通路中央にある改札口。
自動改札機は増設され構内構外も広くなっており、「利便性」と云う意味に於いて可也向上しているのは間違い有りません。桜花紅葉期の観光弩級シーズンには其也に便利な事でしょう。
但し「鄙京都.嵯峨嵐山」来訪に相応しい「旅情を誘う」かどうかは話が別ですが。

080714_014橋上通路中央より西側を望むと、眼下には解体中の旧駅跨線橋の姿が。

幼い折よりこの陸橋を何百、何千回通った事かと思うと、一抹の寂しさが…。
馴染みの施設が取り壊されてるのを見ると、矢張り感傷的になるものです。

080714_019_2
今回の駅改装事業で新たに敷設された北側出口。
駅線路北側の住民にとっては駅へのアクセスが至極便利になり、件の新駅舎建設で唯一、地元民にとって恩恵を蒙るものです。
尤も住宅地の合間に無理矢理拵えたらしく、「地元民でなければ発見するのが難しい」と云う不思議な駅入口ではありますが。
此方も只今工事進行中、駅前広場等のインフラ整備は来春三月頃完成の予定。

最後に、散々記述済みですが…。
94年秋に駅名が「嵯峨駅」から「嵯峨嵐山駅」へと改称されましたが単にまどろっこしくなっただけで、地元住民は今でも「さがえき」と呼んでいます。
只、今回の駅舎改装事業で上記の様に姿を変えた今、名実共に「嵯峨駅」では無く「嵯峨嵐山駅」になってしまったもの、と実感するのでありました。

      -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●続々.「嵯峨駅」のこと  【2009/03/18】

本日は地元ネタ。
京都市政お決まりの「地域事情無理解な」行政指導の下行われた「嵯峨駅.駅舎改装事業」が目出度く完成の運びとなり、先週土曜日に竣工式典が行われました。

南口の駅入口やロータリー、今回整備事業で新たに作られた北口周辺の駐輪場や駅前広場等のインフラ設備も取敢えずは完成した模様です。
まぁ、件彼是は散々記述済みなのでこの辺で止めとく事に…。

最後に、これも散々記述済みですが…。
94年秋に駅名が「嵯峨駅」から「嵯峨嵐山駅」へと改称されましたが、単にまどろっこしくなっただけで地元住民は今でも「さがえき」と呼んでいます。
只、今回の駅舎改装事業で名実共に「嵯峨嵐山駅」になったものだなぁ、と実感するものでありました。

そんな訳で、GW帰京の折にでも改めて見て来る事に致しまする。

P2009031400137整備事業の完成祝う
JR嵯峨嵐山駅周辺

京都市右京区のJR嵯峨嵐山駅で整備が進められていた駅前広場や駐輪場など周辺施設の完成式典が14日、現地であり、市やJR西日本の関係者、地元住民が参加し、くす玉割りなどで祝った。
同駅はこれまで南口しかなく、電車の乗降や南北の移動が不便だったため、市とJR西日本が駅舎の橋上化や自由通路の整備を順次進めた。この日、駅北口から丸太町通につながる道路と駐輪場の使用が始まり、事業全体が完成した。総事業費は約55億円。
北口駅前広場での式典では、門川大作市長やJR西日本京都支社の大橋幸之助支社長らがテープカットし、くす玉が割られた。地元の嵯峨大念仏狂言保存会が狂言「土蜘蛛(つちぐも)」を上演し、完成を祝った。
(文.写真共 読売新聞3/15より)