トレラン .a奥多摩

2021.11.20

●「浅間尾根~三頭山~笹尾根」縦走トレラン.その④

えー、先々週「文化の日」は奥多摩南西エリアをトレイルラン。
宝蔵寺/峠の茶屋より浅間尾根を西進、風張峠を経て三頭山へ。
三頭山からは笹尾根を下り浅間峠にて上川乗へ下山。
約30㎞のショートコースを走って参りました。

そんな訳での山走記.最終回「数馬峠~浅間峠~上川乗」篇で御座います。

Dsc02085
13:45、数馬峠を通過。(DST/20.78㎞ Time/3:53:29)
甲州上平と武州数馬とを結ぶ旧峠。
浅間尾根にも同名の峠があり、混同を避ける為か「上平峠」とも呼ばれています。

でもってこの数馬峠には昔より、もう一つ別の峠名が御座いまして。

Dsc02088
「笹ヶ峠」。
数馬峠からは林床植生が一変。
「笹尾根」「笹ヶ峠」の名の通り、アズマネザサとクマザサの繁るトレイルです。

Dsc02089
13ː55、藤尾分岐。
走ってて標識見てないと真っ直ぐ行っちゃいそうですが、此処は左折。
直進すると上野原側に下りちゃいます。

Dsc02090
分岐を折れると檜の植林帯に入ります。
槇寄山(1188m)~田和峠(1140m)~数馬峠(1105m)と平坦基調のトレイルが続いていた笹尾根ですが、数馬峠を過ぎると明確な下り山路。
緩やかではありますが、確実に高度を下げて行きます。

Dsc02091
14:00、下り切った鞍部が笛吹峠。(DST/22.48㎞ Time/4:07:50)
笹尾根はこの笛吹峠で一旦標高1000m(996m)アンダーに。
この後、丸山~土俵岳と1000m強の二頂を経て、日原峠~浅間峠と下降します。

Dsc02092
古の峠風情を感じさせる、大日如来の石碑。

Dsc02093
笛吹峠からは丸山への上りに入ります。
登坂つっても0.7㎞で100m弱の高度上昇、穏やかな尾根路。

Dsc02095
笛吹峠から10分程で山頂に出ます。
丸山を巻いて進む事も出来ますが大した事無い上り、折角なので踏んどきます。

Dsc02096
14ː10、丸山通過。 (DST/23.19㎞ Time/4:17:02)
樹林帯に覆われ展望は利きませんが、木漏れ日の注ぐ朗らかな山頂。

Dsc02098
こんもりとした山頂から笹道を下ると、

Dsc02099
直ぐに小棡峠。(DST/24.12㎞ Time/4:26:05)
甲州小棡と武州笛吹を結ぶ旧峠。
笛吹峠から丸山へ上った分をそのまま下り返す感じです。

Dsc02102
小綱峠から更に下って、

Dsc02103
杉林を軽く上り返すと土俵岳。

Dsc02104
14:35、土俵岳を通過。  (DST/25.53㎞ Time/4:40:26)
笹尾根上のピークとしては、珍しく北面の眺望が開けている頂。

Dsc02105
土俵岳からは下りオンリー、穏やかな勾配のランパート。
植林帯を緩やかに下ってくと5分程で、

Dsc02107
14:40、日原峠  (DST/26.16㎞ Time/4:46:08)
甲州猪丸と武州草笛.人里を結ぶ旧峠。
祀られている道祖神が古の往環路の名残を感じさせます。

クメケタワからの約80分から8割方走り続ていたので、此処で小レスト。
上川乗のバス出発時刻との調整を兼ねて、10分程レストを入れました。

Dsc02108
日原峠を過ぎると、やや判然としない薄い踏み跡の下り。
浅間峠までは約2㎞、小さなアップダウンが続きます。

Dsc02109
標高900mを切ると、落葉樹の彩りもまだ緑葉が多いです。
この辺の紅葉は11月中旬以降かなぁ。

Dsc02111
落葉樹林帯の下りを過ぎると檜林の上りパート。
877P→841Pと、小ピークを2つ片付けます。

三頭山から浅間峠の間で、はっきりとした登坂パートは「大沢山」「丸山」、そして此処の「2コブ」位。
何れも距離は短く、勾配も大した事ありません。

Dsc02113
2つ目の小ピークを上り切ると、

Dsc02114
眼下には東屋の建つ浅間峠が見下ろせます。

Dsc02116
15:15、浅間峠を通過。(DST/28.18㎞ Time/5:08:03)
甲州猪丸と武州南郷を結ぶ旧峠。

因みに「笹尾根」は、狭義だと槇寄山から此処浅間峠までの約9.5㎞稜線路。
広義では三頭山から和田峠/陣馬山を経て高尾山までの約33㎞稜線路を指します。
一般的には前者の山域定義で使われる事の方が多いみたいです。

Dsc02118
浅間峠から笹尾根に別れを告げ、南秋川方面に下山。
トヤド尾根の左斜面、檜林の中を大きく蛇行するトレイル。
勾配も緩やかなパートが多く、快適なダウンヒルランが続きます。

Dsc02120
中盤に小っちゃい祠を過ぎると、木段の組まれた登山路に。
リズムの良い段差と歩幅、タンタタンと走を進めます。

Dsc02121
木橋を渡ると、

Dsc02122
@云う間に登山口に出ました。

Dsc02123
15:35、浅間峠登山口を通過。(DST/29.97㎞ Time/5:25:11)
今日の山行もコレにて終了、あとは上川乗のバス停まで舗装路を下ります。

Dsc02125
南秋川。

Dsc02124
南秋川橋を渡り、右手を進むと、

Dsc02126_20211117022401
15ː40、上川乗BSにてフィニッシュ。
五日市方面のバス出発時刻20分前、良いタイミングでの到着。
やっぱり30㎞前後の山行は楽チン、大した疲れも無く少し走り足りない位です。

因みに今回のスタッツは以下の通り。
・山行時間5:28:42 ・山行距離/30.58㎞ ・獲得標高/上昇2103m 下降/2039m
浅間尾根と笹尾根、奥多摩南西エリアの二稜線を繋いだ今回の山行。
共にアップダウンの少ない平坦基調の尾根路、ラン区間が多いと云う点では奥多摩でも有数のトレイルです。
低標高なので尾根に乗るまでのアプローチが容易なのもポイント高し。
個人的には「石尾根」「長沢背稜」「金毘羅尾根」「丹波大菩薩道/牛の寝」と並ぶ、ヘヴィユーズのコースなのでした。

Dsc02127
十里木で途中下車、「瀬音の湯♨」で山路の汗を流します。
日曜日と云う事もあり流石の混雑振り、入場調整で約20分の「お風呂待ち」でした。

以上、こんな感じの「浅間尾根~三頭山~笹尾根」山走記.四部作。
今年のトレランはこれが最後、ロードランも11月末/12月頭にレース2本出て終了。
フットギアを「ナイキ」と「モントレイル」から、「ラング」に履き替え。
愈々2021/22.WINTER、スキーシーズンの始まりです。
おしまい。

 

|

2021.11.17

●「浅間尾根~三頭山~笹尾根」縦走トレラン.その③

えー、先々週「文化の日」は奥多摩南西エリアをトレイルラン。
宝蔵寺/峠の茶屋より浅間尾根を西進、風張峠を経て三頭山へ。
三頭山からは笹尾根を下り浅間峠にて上川乗へ下山。
約30㎞のショートコースを走って参りました。

そんな訳での山走記.その3「鞘口峠~三頭山~数馬峠」篇で御座います。

Dsc02040
11:55、鞘口峠を通過。 (DST/13.61㎞ Time/2:30:46)
鞘口峠から三頭山頂へは、約1.8㎞を400mの高度上昇。
この日「最初で最後」の、纏まったヒルクライムパートです。

Dsc02041
のっけから急坂。
ブナ林の中を黙々と上ります。

Dsc02042
中盤には閃緑岩の岩ゴロパート。
行程の約半分(見晴らし小屋の分岐)を過ぎると、勾配も多少緩みます。

Dsc02044
12ː25、三頭山東峰/中央峰の分岐。
真っ直ぐ進むと三頭山西峰へ、右手を上ると東峰と中央峰へ。
折角なので三頂とも全部踏んどきます。

Dsc02045
分岐から少し上ると展望台有り。
北東.奥多摩主脈方面のパノラマをハチリ📷。

Dsc02046
左手の二コブ峰は棒ノ嶺と黒山。
奥武蔵南端の向こうには飯能の市街地が望めます。

Dsc02048
展望台の横に東峰。
三頭山の三角点▲が置かれているのはココ。

Dsc02049
東峰をちょい西に進むと中央峰。
三頭山の最高峰(1531m)はココ。

Dsc02050
中央峰を軽く下った先が御堂峠、この正面をひと上りすると、

Dsc02053_20211113143401
12ː30、三頭山.西峰。(DST/15.51㎞ Time/3:03:34)
過去何度も踏んでいる三頭山ですが、此処んトコ御無沙汰でした。
2016年以来5年振りの登頂なので、このモノリス(山名標)を見るのも初めてです。

三角点も無く最高峰でもありませんが、展望の利く広い山頂。
今では「三頭山」と云うと、一般的にはこの西峰を指します。

Dsc02051
流石奥多摩三山の一にて、人気の山。
山頂は「山ランチ」のハイカーさんで大賑わいです。

Dsc02052
基本的に「平日トライルランナー」の私め、日祝に山行するのは久し振り。
人出の多さに面喰っちゃいました。

Dsc02056
南西には雲隠れ寸前の霊峰富士。
冠雪した頂と弓引く北裾が「ギリギリ」望めました。

Dsc02058
北面には私めのトレラン「ホームコース」、石尾根のパノラマ。

Dsc02059
左に雲取山、右に芋ノ木ドッケ。
東京都最高峰と次位峰、ワン.ツーの揃い踏み。

Dsc02060
石尾根の誇る(?)地味山二峰、左に高丸山/右に日陰名栗山。
鷹ノ巣山と七ツ石山の間に座する事もあり、殆ど巻かれちゃう頂です。

Dsc02061
鷹ノ巣山と水根山、右奥には長沢背稜の七跳山。
三頭山西峰で暫し休憩、25分のパノラマ&ランチタイム。

宝蔵寺BSをスタートし此処まで約16㎞、既に行程の半分強を消化。
やっぱり30㎞前後のショートトレランは身体も気持ちも楽チンです。

Dsc02063
12:55、トレイル再開、三頭山から笹尾根に入ります。
中~急勾配の木段トレイルを一気に下ると、

Dsc02064
下り切った鞍部がムシカリ峠。

Dsc02065
ムシカリ峠の直ぐ先には三頭山避難小屋。
「トイレお借りしま~す」。

Dsc02066
13:05、避難小屋から軽く上り返したピークが大沢山。
以前は樹林帯に覆われていましたが、間引き程度に東側が伐採。
北都留方面の展望が利く様になりました。

Dsc02067
中央に大寺山~三ツ森北峰~麻生山~左端に権現山。
あの稜線も4年くらい御無沙汰してます。

Dsc02071 
大沢山からは大小の閃緑岩が露出する急坂。
所々痩せ気味の岩場尾根路を下ります。

Dsc02073
クメケタワを過ぎると道幅が広くなり、勾配も穏やかに。
此処から暫くは平坦路を織り交ぜた緩やかな下り。
この日の山行、後半パートのラン区間「ハイライト」に入ります。

Dsc02074
ブナ/コナラの自然林の中を、スタコラと快適なRUN。
笹尾根の前半部は二次林/三次林では無く、ブナ/コナラ/ミズナラなどの自然植生帯。
昔から変わらない素朴な雑木風景が多く残されています。

Dsc02075
13:30、緩~い小ピークをひと上りすると槇寄山。(DST/18.82㎞ Time/3:38:40)
ベンチとテーブルの附設された小広い頂です。

Dsc02076
三角点をパシャリ📷して、ちゃちゃっと通過。

Dsc02077
槇寄山から数十m進むと西原峠。
笹尾根は武州/甲州を分ける国境尾根、これから幾つもの峠を通過します。

Dsc02078
所々に色付き見事な椛葉。

Dsc02080
「ガッサガサ」と落葉を踏み砕いてのラン。
目には紅葉、鼻は煤けた匂い、耳には枯葉の破乾音。
晩秋の季節感を満喫しながらのトレイルです。

Dsc02081
うっひょー、キモチイイっ♪。
笹尾根は尾根を伝いつつも、点在する小ピークの北側を巻いて進む山路構成。
極上の高速トレイルが続きます。

Dsc02082
田和峠を通過。 (DST/19.94㎞ Time/3:46:46)
写真撮るのに立ち止まるのが「勿体無いっ♪」。

Dsc02083
何て美味しい山走区間♡。
平坦基調の下りトレイルがずーっと続きます。

Dsc02086
13:45、数馬峠を通過。(DST/20.78㎞ Time/3:53:29)
甲州上平と武州数馬とを結ぶ旧峠、上平峠/笹ヶ峠とも呼ばれています。
クメケタワから続いていた「全走り」パートも一旦ココで終了。
数馬峠からは一旦下りを経て、丸山への上り区間に入ります。
つづく。

 

|

2021.11.16

●「浅間尾根~三頭山~笹尾根」縦走トレラン.その②

えー、先々週「文化の日」は奥多摩南西エリアをトレイルラン。
宝蔵寺/峠の茶屋より浅間尾根を西進、風張峠を経て三頭山へ。
三頭山からは笹尾根を下り浅間峠にて上川乗へ下山。
約30㎞のショートコースを走って参りました。

そんな訳での山走記.その2「人里峠~御林山~鞘口峠」篇で御座います。

Dsc02002_20211110173301
10:20、人里峠を通過。(DST/4.88㎞ Time/58:38 )
兎に角「平べったい」浅間尾根。
瀬戸沢から支尾根に乗ってから、浅間嶺までは殆ど走りっ放し。
でもって浅間嶺~人里峠からこの先の数馬峠までは「全走り」の区間です。

Dsc02003
スタコラと快適なラン区間。
山路は適度に稜線を巻きつつ、

Dsc02004
時折ヤセ尾根も伝います。

Dsc02005
人里峠から10分程で、浅間石室を通過。

Dsc02007
石室から5分程で一本松を通過。
一本松のピークは登山路を少し外れ、このちょい上にあります。

Dsc02008
ドフラットな山路がずーっと続きます。
これだけ長く続く平坦コースは、奥多摩エリアでも五指に入るRUN区間。
「石尾根」「金比羅尾根」「長沢背稜」、そしてこれから向かう「笹尾根」位です。

Dsc02009
10ː40、藤倉分岐を通過。(DST/6.86㎞ Time/1:15:33)
ちゃちゃっと通過。

Dsc02010
10:50、数馬分岐を通過。(DST/7.66㎞ Time/1:21:25)
足止めるのも勿体無いので走りながらの撮影、写真ブレブレです。

Dsc02012
数馬分岐から数馬峠への途中で、舗道(入間白岩林道)を一度横断します。

Dsc02013
走る走る~♪ オレ達~♪。

Dsc02014
10ː55、数馬峠を通過(DST/8.68㎞ Time/1:30:53)
近代まで使われていた倉掛/藤倉への峠道は、入間白岩林道の開通により喪失。
数馬を経て檜原街道に通る南側の山路だけが残っています。

Dsc02015
峠に祀られる馬頭観音さん。
近代まで「馬」が荷を積んで峠を往来していた、往還古道の名残です。

Dsc02016
数馬峠を過ぎると、緩やかに高度を上げていきます。
それでもマダマダ走れるパート多し♪。

Dsc02017
少しすると左手の展望が開けた伐採地に出ます。
南側には今日の山行後半パート、笹尾根の稜線。
あっちも浅間尾根に負けず劣らず、平べったい尾根路です。

Dsc02018
笛吹峠の向こうには丸山の頂も望めます。

Dsc02020
11:10、仲の平分岐を通過。(DST/㎞ Time/1:43:46 9.85)
浅間尾根から檜原街道側へ下りる最後の分岐。
標高850~900mを推移していた浅間尾根も、此処で漸く1000m台に到達です。

Dsc02021
仲の平分岐を過ぎると、明確な上り基調の登山路に。
まぁそれでも緩~中勾配、ヒルクライムってレベルじゃありません。

Dsc02022
御林山への分岐。
尾根を直登すると御林山、左を巻くとそのまま風張峠方面へ。
どっちも踏み跡はしっかり、明瞭な登山路です。

Dsc02023
11:15、御林山を通過。(DST/㎞ Time/01:50:04 10.29)
樹林帯に覆われた、展望無しの地味山。
その名の通り、この周辺(檜原村の山々)は江戸幕府直轄の山林でした。

山頂からは薄い踏み跡となり、北へ下りてくと巻き道と合流します。

Dsc02024
御林山から少しづつ高度を上げてくと、眼下に奥多摩周遊道路が覗けます。
1973年の道路開通で尾根路は掘削、浅間尾根は此処で一旦切断されます。

左手側に進路を取り、痩せた山路を進んてくと、

Dsc02026
11:25、一旦車道に出ます。(DST/11.04㎞ Time/1:59:13)
風張峠駐車場を少し西に進んだ所処、道路を挟んで正面に取り付きがあります。

Dsc02027
道路を渡って登山路入口へ。

Dsc02028
入りは荒れた急登、トラロープを辿って上ります。
所々で木の根を掴んでの登坂、ココは下りで使う方が厄介そう。

Dsc02029
その後は穏やかなトレイルへと変わります。
等高線に沿って大きく山腹を巻いた山路取り。
途中の1217Pも迂回するので勾配は緩やかです。

Dsc02031
途中にトラロープの張られた崩落箇所有り。
掘りが浅く足場の脆い山路ですが、取り立てて危険と云う程では無し。

Dsc02032
11:40、戸沢峯(1249P)を通過。 (DST/12.03㎞ Time/2:13:12)
稜線が見えると奥多摩主脈との合流点、ハセツネでお馴染みのコースに出ます。

Dsc02035_20211112161601
標高1200mを超えた辺りからは、

Dsc02036_20211112161601
落葉樹の紅葉もボチボチと進行中。

Dsc02037_20211112161601
クヌギやコナラ、ブナの彩葉を眺めつつの山行。

Dsc02038_20211112161601
ただ、このパートは地味にアップダウンが多い。
短いスパンで登下降の繰り返し、走れるパートも少なし。
面倒なので砥山(1302P)は巻いちゃいました。

Dsc02039
11:55、鞘口峠を通過。 (DST/13.61㎞ Time/2:30:46)
此処からは三頭山へのヒルクライム、この日唯一の急登区間に入ります。

と、こんな感じの山走記.その2。
鞘口峠から三頭山を踏んだ後は西峰でパノラマ眺望&ランチタイム。
笹尾根に進路を取り再び極上のRUNパートを疾駆するのでした。
つづく。

 

|

2021.11.15

●「浅間尾根~三頭山~笹尾根」縦走トレラン.その①

えー、もう二週間前のアクティビティになりますが…。
11月3日「文化の日」は「山の日」にて「体育の日」のトレイルラン。
3週間振りの山走行脚は、ホームエリアの奥多摩に足を運んで参りました。

今回のコースは奥多摩.南西部に並列する穏やかな二尾根を縦走。
浅間尾根を西進し三頭山から笹尾根へ下るショートトレイル(約30㎞)です。

Screenshot-20211104-at-153621-garmin-con
当初は笹尾根を醍醐丸まで進んで和田峠まで向かうプランでしたが、前夜のオシゴトが意外と「長っちり」。
睡眠時間確保の為に出発時刻を1時間繰り下げ。
秋季の日没は釣瓶落とし、安全策を取って浅間峠から上川乗に下りる事に致しました。

Dsc01958
8:35、武蔵五日市とーちゃく。
淡青に澄んだ秋晴れの高空、絶好の山行日和です♬。
だけど前夜の睡眠時間はギリ3時間程度、やっぱり一寸眠い…。

Dsc01959
8:50、西東京バスさんの藤倉行きバス(五18)に乗車。
もっと混雑してるかと思いきや、意外とハイカーさんの数は少なく約30名程。
五日市方面からアプローチできる奥多摩の山は1000m以下の低山が中心。
紅葉の見頃には未だ早いですからね。

Dsc01961
9:15、宝蔵寺BSで下車。
アップして/GPS捕捉して、アクティビティスタート。

Dsc01962
200m程南に進むと左手に白い鉄柵と一軒家。
「超」マイナーなルートですが、此処に浅間尾根への取り付きがあります。
個人的には湯久保尾根から浅間尾根に向かう際の接続路として良く使ってます。

因みにこのコースは破線路扱いも、至ってしっかりとした踏み跡のトレイル。
一般登山路になってないのは、恐らく林業用の私有地だからでしょう。

Dsc01963
小っちゃい道標板も有ります。
浅間尾根を歩く(走る)場合、取り付きは「払沢の滝」から入るのが一般的。
但しそれだと時坂峠までの約3キロ半が、殆ど林道/舗装路のアクセス。
そんな訳で直にトレイルに入れる、このルートを選んだのでして。

Dsc01964
このコース使うのは3年振り。
久しく訪れないうちに林相が一変していてびっくり。
斜面を覆っていた杉林は全て伐採され、ヤブの山肌になっていました。

Img_3889
以前(2019年.8月)はこんな感じでした。

Dsc01965
ま、その分見晴らしが利く様になってGood。
背後には小沢の集落が一望出来ます。

Dsc01967
9:35、ヤブ漕ぎの急斜面を15分程上ると林道出合。(DST/1.22㎞ Time/19:03)
此処から浅間尾根の正規ルート(中世の甲州中道)に入ります。

Dsc01968
右手に進むと、直ぐに旧.峠の茶屋跡。

Dsc01970
茶屋跡からの北面展望は中々の見晴らし。
奥多摩三山の二峰が大きく望めます。

Dsc01971
左手には御前山。

Dsc01972
右手には大岳山。

Dsc01973
茶屋跡の右手に建つ大山祇神社。
此処を左に進むと、再びトレイルに入ります。

Dsc01975
瀬戸沢の一軒家(現.峠の茶屋)。
嘗ての代官休憩所/馬宿跡、今ではお蕎麦屋さんとして使われています。

Dsc01976
茶屋を過ぎると瀬戸沢川沿いの清流トレイルへ。

Dsc01979
古道風情漂う、苔生した石畳のトレイル。
浅間尾根登山路は中世期の甲州街道(甲州中道)の一部。 
この先は小河内~小菅~牛ノ寝~石丸峠~塩山~甲府へと通ずる古道でした。
江戸期に入り甲州街道が整備された後も、間道(甲州裏街道)として往還路の役目を維持。
特に北/南秋川点在する集落の生活路、また檜原~甲州間の交易路として、近代まで利用されていました。

Dsc01981
何度か山腹を絡め、高巻きに沢を離れて行きます。

Dsc01983
石階段の道を緩やかに上って行くと、

Dsc01984
9:55、標高750m地点で小尾根に出ます。
此処からも主尾根(浅間嶺)に乗るまでは、緩やかに高度を上げて行きます。

Dsc01986
尾根筋に出ると直ぐに伐採地。

Dsc01985
北面には奥多摩のワイドパノラマ。

Dsc01987
中央には御前山、南に伸びるのは御前尾根~湯久保尾根。

Dsc01988
奥多摩主脈の奥には石尾根~奥秩父の山々。
右より鷹ノ巣山~日陰名栗山、ギザギザ三ツ山を経て左端にドラゴン飛龍。

Dsc01989
左奥中央には三頭山。
左に大沢山/右に砥山、手前に御林山を従えての構図。
これから向かう山々が一望の元に望めました。

Dsc01992
ブナやコナラの落葉広葉樹帯を進みます。
浅間尾根は稜線に乗っちゃえば、その大半がランで賄えるフラットトレイル。
幾つかある小ピークも殆ど巻いて通る山路構成となっています。

Dsc01993
10ː05、浅間広場を通過。
東屋とトイレのある広い休憩所、ピクニックランチには丁度良い場所。
右手には巻き道も通っていますが、此処は正面の尾根路を進みます。

でもって此処からが浅間尾根の主稜線、今まで通っていたのは小尾根です。
因みに浅間尾根自体は「檜原本宿~風張峠」に至る、東西約14㎞の尾根。
浅間尾根の登山コースは払沢の滝から取り付き「浅間嶺~風張峠駐車場」の主尾根.西約半分を通る形。
因みに主尾根の東半分は破線ルート、浅間嶺より松生山を経て檜原本宿に至ります。

Dsc01995
広場からトイレ脇をちょい上ると富士浅間神社。

Dsc01996
続いてちょい上ると浅間嶺です。

Dsc01997
10ː15、浅間嶺通過。(DST/4.02㎞ Time/51:53)
「小岩浅間」の旧名からも解る通り、元来「浅間嶺」は一つの頂では無く浅間尾根全体を指す呼称でした。

Dsc01999
浅間嶺から尾根を下ると巻き道の登山路と合流。
此処から数馬峠までの4.7㎞区間は、標高850~900mを穏やかに推移する尾根路。
殆ど「全走り」のRUNパートです。

Dsc02000
人里峠の手前で、も一つ展望の利く伐採地。

Dsc02001
標高900m付近、まだ紅葉の見頃は先ですね。

Dsc02002
10:20、人里峠を通過。(DST/4.88㎞ Time/58:38 )
小岩と人里、更には笹尾根の日原峠を経て甲州上野原を結んだ古峠。
現在小岩からは途中まで林道が通り、北に下りる登山路は失われています。

と、こんな感じの「浅間尾根~三頭山~笹尾根トレラン」その①。
人里峠からは尾根を西進、数馬峠/御林山/風張峠を経て三頭山へ向かいました。
つづく。

|

2021.07.31

●「金毘羅尾根~大岳山~馬頭刈尾根~グミ尾根~吊尾根~陣馬トレラン」その④

えー、今週月曜日は奥多摩エリア東南部、低山トレラン記の最終篇。
金比羅尾根より日の出~御嶽~大岳山を経て馬頭刈尾根を下山。
荷田子からグミ尾根から戸倉三山の二峰を踏んだ後は、吊尾根経由で醍醐丸/和田峠/陣馬山に向かいました。

そんな訳での山行記その④「市道山~醍醐丸~和田峠~陣馬山」篇で御座います。

Dsc00281_20210730143701
15ː30、市道山出立。(DST/33.06㎞ Time/7:06:46)
この日最後の小レスト、山頂で20分程休んでトレイル再開。

Dsc00282
15:35、市道山を一下りすると吊尾根/峰見通の分岐。
分岐を右に取りハセツネ30㎞コースの吊尾根に入ります。

Dsc00284
暫くはシングルトラックの片斜ヤセ尾根。
細かいアップダウンを繰り返しつつ、高度を下げて行きます。

Dsc00286
笹漕ぎパートも多少有り。

Dsc00288
吊尾根の中盤パートは快適なラン区間。
馬頭刈尾根~グミ尾根と殆ど走れる区間が無かったので、久し振りのランパート。
スタコラと走が進みます。

Dsc00289
醍醐丸直下の上り返し。
頭上に稜線が見えるので気分的には楽。
尾根路に出てもう一発軽く上ると醍醐丸に至ります。

Dsc00290
16:05、醍醐丸通過。(DST/36.19㎞ Time/7:48:39 )
杉林に囲まれた薄暗い小頂。
奥多摩/高尾の山域で「~丸」と名の付く山は珍しい。
丹沢や大菩薩だと結構多いんですけどね。

Dsc00292
醍醐丸から和田峠へは1㎞強の行程。
基本的には下り基調+穏やかな小ピークが点在。
走って処理出来るレベルのアップダウンです。

Dsc00293
林道合流。
「嗚呼、下界に下りて来たなぁ」って感じ。
此処から1~2分で和田峠です。

Dsc00294
16:25、和田峠。(DST/37.72㎞ Time/8:08:36)
陣馬高原下の高尾駅行バス時刻は1時間後(17:25発)。
時間もあるし、どーせならも一つ踏んどくか。

Dsc00295
そんな訳で木段を上り、

Dsc00296
16:40、ラスボスは陣馬山。(DST/38.45㎞ Time/8:21:45)
陣馬踏むのは2016年の「三頭山~高尾山.笹尾根フルパート縦走」以来5年振り。

夕刻の時間帯&4連休明けの平日&緊急事態下と云う事もあり、山頂は貸切。
ノーゲストの陣馬山ってのも結構レアケースです。

Dsc00299
北側には今日の中盤以降、踏んで来た山々が望めました。
左奥より大岳山~大怒田山~鶴脚山~馬頭刈山の馬頭刈尾根稜線。
その前は左に臼杵山と市道山。

Dsc00302-2
醍醐丸越しに望む御前山。
時計を見ると16:55、ボチボチ下山しますか。

Dsc00305
で、今回初めて陣馬山から案下川方面に下る登山道を使ってみたのですが…。

Dsc00306
このトレイルが意外と難所。
露岩と根道の杉林をダイレクトに取った、急坂の直下り、
距離こそ1.6㎞と短いですが、高尾陣馬縦走路中でも屈指のテクニカルな斜面。
しかも40㎞近く踏んで来た山行終盤、結構膝に堪えました。

で、その結果…。

Dsc00307
陣馬高原下のバス停に着いたのは17:27。
あちゃー、2分遅れでバス出ちゃった後です。
この経路のバス便は1時間に1本(25分発)、次発まで丸々1時間待ちです…。

Screenshot-20210727-at-002230-garmin-con
この日のスタッツ。
・山行時間/8:56:28 ・山行距離/41.64㎞ ・獲得標高/上昇3119m 下降/2916m

勝手知ったるヘヴィユーズの金比羅尾根~日の出/御嶽/大岳山の区間。
8年振りとなる馬頭刈尾根と、初走破のグミ尾根。
市道山からは再び何度も使ってる吊尾根~醍醐丸~和田峠、〆に陣馬。
定番ルートとお久し振りのコースと初コースを程良くMIXした山行でした。

しかし中盤区間の馬頭刈尾根/グミ尾根は低山独特のキツい山路構成。
下山路で使うと上り返しが多く、中々高度が下がらない。
登山路で使うと下り返しが多く、中々高度が上がらない。
小さなアップダウンを延々と繰り返す尾根筋、走れるパートも殆ど有りませんでした。

基本的に殆どが標高1000m以下のトレイル。
それでいて獲得標高が3000m超えるんですから、如何に上り返しが多かったか数字にも表れてます。
ま、今年はトレラン再開してまだ二走目。
身体作りのトレーニングと思えば良かった鴨ね。

 

|

●「金毘羅尾根~大岳山~馬頭刈尾根~グミ尾根~吊尾根~陣馬トレラン」その③

えー、今週月曜日は奥多摩エリア東南部、低山トレラン記の続々篇。
金比羅尾根よりハセツネコース終盤パートを逆走、日の出~御嶽~大岳山へ。
大岳山からは馬頭刈尾根を伝い荷田子/瀬音の湯へ下山。
荷田子から再び山入り、グミ尾根経由で戸倉三山の二峰に向かいました。

そんな訳での山行記その③「荷田子~グミ尾根~臼杵.市道山」篇で御座います。

Dsc00246
瀬音の湯の施設を水場代わりに利用、給水&ランチタイム。
此処迄のスタッツは走破距離/26.24㎞、山行時間/5:10:18。
予定の残り行程は約15㎞、時間/体力的にも余裕充分です。

この日の奥多摩エリアは標高800m基準で約26℃。
意外と気温が上がらず、盛夏トレランの割には先ず先ずの進捗ピッチでした。

Dsc00247
13:10、山行再開。
瀬尾の湯より望む、新矢柄橋と秋川渓谷。

Dsc00248
13:15、グミ尾根へのトレイルヘッド。
このルート(荷田子~臼杵山~市道山)は今回初めて使うコース。
檜林街道に出て荷田子の信号を左折、猪除ネットを超えて登山路に入ります。

Dsc00249
13:30、荷田子峠(DST/27.68㎞ Time/5:28:55)
登山口からの斜面自体は急も、ソコソコ九十九に折れた一定勾配の登山路。
0.5㎞/15分程の一足登で荷田子峠に出ます。
分岐を右に取り、これよりグミ尾根に侵入。

Dsc00251
序盤はフツーの低山尾根路。
杉林の帯尾根を「直登したり」「右に巻いたり」。
明確な上り基調ですが、勾配の強いパートはありません。

Dsc00252
13:45、茱萸(グミ)御前を通過。
このちょい先、トレイル外れた左手のピークが茱萸山みたく。
今回はピークハントせずスルーしました。

Dsc00256
グミ御前から2~3分で、南面の展望が開けます。
左手より大岳山~大怒田山~鶴脚~馬頭刈山~高明山と連なる馬頭刈尾根。
先程下りてきたコースが一望出来ました。

Dsc00255
右端最奥には5時間前に踏んだ頂。
日の出山と金比羅尾根。

Dsc00253
正面には馬頭刈尾根。
左奥より大岳山~大怒田山~鶴脚山~馬頭刈山。
鶴脚山より左手に流れる尾根は茅倉尾根、馬頭刈山から同.泉沢尾根。

Dsc00254
左奥には御前山。
左に頂惣岳山、右にクロノ尾山を従えての構図。

Dsc00257
グミ御前~ユズリハクボの間は勾配もやや大人し目。
アップダウンの繰り返しの中、短い平坦パートを拾って走ります。

Dsc00260
14:00、暫くすると視界の開けた尾根路に出ます。
目の前には戸倉の629P、山の西斜面は石灰石の採掘切羽。
奥にはあきるの市街から関東平野が望めます。

Dsc00262
北側にはこれより向かう臼杵山。

Dsc00263
大伐採地のピークが737P。
ユズリハクボ(棡葉窪)の標識有、恐らくこれは源頭の意味かと。
この辺りがグミ尾根で最も見晴らしの利く所処です。

Dsc00264
伐採地を過ぎると、明らかにアップダウンの勾配が増して来ます。
檜の植林帯をしっかり下って、

Dsc00265
しっかり上り返し。

Dsc00266
杉林の急坂を上り切ったら臼杵山頂…では無く臼杵神社の分岐。
元郷からの登山路を右から合わせ、5分程進むと…。

Dsc00267
14:25、今回初踏破の臼杵山。(DST/30.46㎞ Time/6:20:11)
戸倉エリアを山行する際は「ハセツネ」or「ハセツネ30」が専らの主戦場ルート。
コースから外れている臼杵山は今まで縁がありませんでした。
取敢えずこれで「戸倉三山」コンプリートです。

Dsc00270
臼杵山からは急坂の下り。

Dsc00271
下り。
低山独特、尾根筋を忠実になぞった登山路。

Dsc00272
大きい小ピーク(日本語になってない…)を一発上り返し。
この頂が山地図の749P(石津窪山)。

Dsc00273
でもって激下り。

Dsc00274
更に鬼下り…。
臼杵山から市道山へは約2.6㎞、標高推移は842m→795m。
下った分は当然「上り返し」が待ってます。

Dsc00275
14:55、30分下って最低鞍部、標高は650m切ってます。
あーあ、臼杵山から200m近く標高下げちゃった…。

因みに臼杵山~市道山間の高度下降.累計は約260m。
荷田子峠~臼杵山間で得た高度(490m)の半分近くを吐き出した事になります。

Dsc00276
でもって御約束。
「お待ちかねっ、上り返しの始まりだよ♪」

「直登」の「急坂」、そして「根道」のおまけ付。
兎に角、何も考えずに上ります…。

Dsc00278
只、思ってたよりはマシな上り返し。
入りの急登を処理するとあとは中勾配基調の上り、何だか助かった気分。

Dsc00280
15:10、市道山。(DST/33.06㎞ Time/7:06:46)
臼杵山同様、展望の利かない狭く地味な頂。
市道山踏んだのは2013年以来、8年振りのオヒサシブリです。

まぁココまで来くりゃ、あとは和田峠まで至近距離。
この日の山行も終盤戦突入、愈々フィニッュが近づいて参りました。
つづく。

|

2021.07.30

●「金毘羅尾根~大岳山~馬頭刈尾根~グミ尾根~吊尾根~陣馬トレラン」その②

えー、今週月曜日は奥多摩エリア東南部、低山トレラン記の続篇。
武蔵五日市よりハセツネコース終盤パートを逆走。
金比羅尾根から日の出山~御嶽山~大岳山に至りました。
大岳山からは馬頭刈尾根を伝い荷田子の里へ下山、戸倉方面に南進。

そんな訳での山行記その②「大岳山~馬頭刈尾根~瀬音の湯」篇で御座います。

Dsc00201
10:25、小レストを終え、大岳出立。
この時間になると空を覆っていた夏雲が切れ初め、青空が覘き出しました。
うーん、アンマリ暑くならないで欲しい…。

大岳山荘跡に戻り、馬頭刈尾根に入ります。

Dsc00206
10:40、白倉分岐を通過。
大岳山から南東に伸び、秋川渓谷に至る約9㎞の尾根。

このコース使うのは2013年良以来、8年振り2度目。
記憶も曖昧になっていますが、以前の印象はこんな感じでした。
「下山路なのに、やたらと上り返しが多い…」
「露岩帯が多く、路面の突き上げが硬い…」

で、久し振りに踏破してのコメントは
「下山路なのに、やたらと上り返しが多い…」
「露岩帯が多く、路面の突き上げが硬い…」
以上、全く同じ感想でした…。

Dsc00207
白倉分岐~富士見台の中間にある見晴らし場「ニセ富士見台」。
南西面の展望が利きますがスルーします。

Dsc00211
山路は仮払いがされており、笹漕ぎの心配もありません。
大岳山直下から富士見台までの約2㎞は緩やかな下りトレイル、殆どが走れるパート。

Dsc00212
緩やかなピークを登り切ると、

Dsc00213
10:50、富士見台。(DST/19.43㎞ Time/3:26:01)
尾根上の小広い踊り場、東屋やベンチも附設された休憩ポイント。
但し夏の高湿下、残念ながら富士山の眺望は利きません。

Dsc00214_20210728011201
で、大怒田山頂でもあります。
穏やか山路は此処迄、これより先は馬頭刈尾根の中核部に入ります。

Dsc00215
富士見台以降はチャートの露頭帯に突入。
急勾配な箇所はありませんが、細かい上り下りの繰り返し。

Dsc00217
眼前に絶壁岩稜帯が出現。
ロッククライミングのゲレンデとして有名なつづら岩。
岩山の西側を巻いて進むと、

Dsc00218
11:05、つづら岩の分岐。(DST/20.24㎞ Time/3:38:54)
柳沢林道に下りる路を右に分け、馬頭刈山方面に進みます。

Dsc00219
チャート、チャート、チャート。

Dsc00223
つづら岩を過ぎても露岩帯のアップダウンが続きます。

Dsc00226
途中、南面の展望が利く岩場あり。

Dsc00224
稜線上左手前のピークはこれより向かう鶴脚山
正面中央には臼杵山~陣馬山とこれより向かう山々。
陣馬の右には生藤山、最奥には連なるのは丹沢山地。

Dsc00228-2
小さなアップダウンを数知れず繰り返します。
「足に来る」様な急坂は無いものの、一向に標高が下がらない。
かと云って走れるパートも殆どありません。

Dsc00229
11:30、鶴脚山通過。
無数有る小ピークの中で、珍しく山名の付いた頂。

Dsc00231
鶴脚山から杉林を100mほど降下、

Dsc00232
クヌギやコナラの落葉樹林を上り返すと、

Dsc00233
11:45、尾根名の元ネタ、馬頭刈山。(DST/22.80㎞ Time/4:17:05)
馬頭刈尾根では富士見台の次くらいに小広い山頂。
ベンチや案内板が設置され、休憩ポイントにも適した頂です。

しかし大岳~瀬音の湯までは休憩無しの山行プラン、ちゃっちゃと先を進みます。

Dsc00235
馬頭刈山直下からは短いパートの急坂。

Dsc00236
高明山。
勾配が落ち着いてくると、左手に覗けるピーク。
見過ごし確率80%、トッテモ解り難い山名標です。

Dsc00238
12:10、高明神社(跡)通過。
高明山はこの小祠の上、1~2分引き返すと山名標があります。

Dsc00239
高明社跡からはフツーの登(下)山路。
これより先は「露岩」も「上り返し」もありません。
但しココから3㎞で約650m、一気に高度を落とすダウンヒルパート。

Dsc00240
12:10、軍道/荷田子の分岐。(DST/24.32㎞ Time/4:40:34)
進路を右に取り、瀬音の湯方面に向かいます。

Dsc00241
分岐から先は更に急勾配のダウンヒル。
足場の悪い九十九折の歪曲路、単調で眺望の無い杉林を延々と下ります。

Dsc00242
12:25、一旦里に下り、ヤセ尾根に出ます。

Dsc00243_20210728011301
序でに拾ったマイナーピーク。
これも見過ごし率の高い小頂…つーか尾根上の通過点。

Dsc00245
12:40、瀬音の湯到着。(DST/26.24㎞ Time/5:10:18)
此処で山行終了、温泉浸かって帰る…訳ありません。
今回の山行ルートは水場が御嶽山の一つだけしか無く、温泉施設(自販機)を給水ポイントの代用としたのでした。

序でに此処でランチタイム、30分休憩した後にグミ尾根に向かいます。
つづく。

 

|

2021.07.29

●「金毘羅尾根~大岳山~馬頭刈尾根~グミ尾根~吊尾根~陣馬トレラン」その①

えー、今週月曜日.7月26日は今季二度目のトレラン山行。
しかし日帰り主戦エリアの奥多摩エリアは7月18日の土砂崩れで国道411号が寸断。
バスが通行不能で丹波山村/小菅村/大菩薩方面には行けません。
(※行けますけど帰ってこれません)

そうなると水場の確保出来るロングの山行が組み難い。
石尾根は先週走ったし、長沢背稜はもう少し涼しくなってからが良いし…。
奥多摩主脈や笹尾根は信用出来る水場が殆ど無いし…。
かと云って箱根外輪山は暑いし、丹沢はヒル怖いし…。

思案の結果、余り気は進みませんが今回は「夏の低山トレラン」敢行。
金比羅尾根からハセツネコースを逆走、大岳山から馬頭刈尾根を伝い十里木に下山。
十里木からはグミ尾根の戸倉三山.二頂を踏み、醍醐丸から和田峠に至るコースです。
低山は気温も高い上、アップダウンも多いので夏には走りたくないですけどね…。

そんな訳での山行記その①、「金比羅尾根~大岳山」篇で御座います。

Dsc00160
7:00、武蔵五日駅とーちゃく。
始発の五日市駅に降り立ったハイカーの姿は私めの他に、1パーティ/4名だけ。
考えてみりゃ四連休明けの月曜日、フツーの方々はフツーにお仕事です。

アップ/ストレッチを終え、7:05にアクテティビティスタート。

Dsc00161
7:20、金比羅尾根/日ノ出山への登山口。(DST/1.71㎞ Time/11:38)
旧五日市市の学区地域を通り過ぎ、薬師堂を右折するとトレイルヘッド。

登山口から琴平神社/金比羅山へはコンクリ舗装路/砂利路の混在する林道。
丘陵公園っぽい、整備された山路が続きます。

Dsc00163
展望台より、あきる野市街を望む。
この日は朝からどんよりとした曇り空、気温も26℃程度。
夏の山行は「暑さ」との戦いなので、これ位の天気が却って「山行日和」なのです。

Dsc00164_20210727135901
7:35、琴平神社/金比羅山通過。(DST/2.84㎞ Time/16:20)
社殿の裏から日ノ出山方面への登山路に入ります。

Dsc00165
で、早々にトレランのハイライトパートに突入。
上りパートとは思えない、極上のラン区間の始まりです。

Dsc00167
林道星竹線を過ぎた辺りで「あれっ、左手の展望が開けてる?」。
金比羅尾根使うのは2年振り、知らない間に杉林が伐採されていました。

Dsc00168
伐採地より南西、戸倉の里を見遣る。
正面右にはこの日の午後に向かうグミ尾根の北端、城山(戸倉城跡)。

Dsc00171
ホント、金比羅尾根は良く走れるなぁ♪。
金比羅山~日ノ出山直下の約6㎞はトレランに持って来いのコース。
麻生山を巻いちゃえば8割くらいはランで処理可能、山用の体躯に加えロード長距離の走力も求められます。

欠点は杉.檜林の中、展望の利かない単調なロケーション。
ハイカーの方は途中で飽きてダレちゃうでしょうね。

Dsc00172
8ː20、麻生山への分岐標識も新しくなっていました。
つー事は金比羅山側からの麻生山ルートも整備されたのかな。

Dsc00173
麻生山分岐(日の出山側)を過ぎると視界の開けたトレイルに。
目の前には日ノ出山が望めます。

Dsc00174
840、日の出山直下の分岐銀座。
此処からの山頂に向けての上りパート。

Dsc00175
木段の急坂が続きます。
ココ、意外とかったるい…。

Dsc00176
8ː50、日ノ出山到着。(DST/10.33㎞ Time/1:44:50)
未だ行程の1/4、山名標だけ撮って先を急ぎます。

Dsc00179
日ノ出山から御岳山へは2㎞弱の行程。
直下の木段を過ぎると再び快適な平坦路。
日の出山~御岳山門前のパートも、トレイルランナーにとって至極のコースです。

Dsc00180
御嶽神社の鳥居。
此処から先は神域に入る、と云う事で。

Dsc00182
宿坊街から門前を過ぎると、

Dsc00183_20210727140001
9:10、御嶽神社。
随身門を上り左折、綾広の滝の分岐へと進みます。

因みに鳥居下の手水鉢が水場。
古里や上養沢へ向かうハイカーには唯一の給水ポイントになります。

Dsc00184
御嶽神社から鍋割山分岐を経て芥場峠への道。
カッチリ踏み固められたダートトレイル。
緩勾配で下り基調と来た日にゃ、ランには絶好の高速コース。

Dsc00185
9ː30、綾広の滝近くの水場。
此処で一発目の給水、増槽2本を満タンにして先を進みます。

Dsc00187
ロックガーデン分岐、養沢川の東屋。
金比羅山から殆ど「走りっ放し」のフラットトレイルも一旦終了。
芥場峠まではスイッチバックの続く上り行程。

Dsc00188
9:40、芥場峠通過(DST/14.90㎞ Time/2:3058)
此処から鍋割山との合流地点迄は平坦基調の緩勾配。再び走り始めます。

Dsc00191
で、大岳山へのプロローグ。
鍋割山の分岐を過ぎると、ゴツゴツした露岩が増えて参ります。

Dsc00193
露岩群と鎖場。
鎖は精々補助程度、それ程危険な箇所もありません。
但し雨中雨後は岩面がスリッピーになるので多少の注意は必要。

Dsc00195
10ː00、大岳神社の鳥居。
此処迄来ると大岳山頂は「目と鼻」の距離です。

Dsc00197
但し山路はチャートの硬岩群。
約500mの露岩帯を上り切ると、

Dsc00198
10:00、大岳山頂到着(DST/16.83㎞ Time/2:59:20)
大岳踏んだのは2019年以来、2年振り。
何度も使ってるコースなので、久し振りと云う感じはしませんでした。

此処で一回目の小レスト、20分程休んで馬頭刈尾根に向かいました。
つづく。

|

2021.07.24

●「石尾根~雲取山~三峯縦走トレラン」その③

えー、今週月曜日は奥多摩トレラン山走記、三部作の終。
奥多摩駅から石尾根縦走路を経て雲取山に着いたのが正午過ぎ。
予定では三ツ山~飛龍山~丹波天平ルートで丹波山村に向かうプランでした。
しかし奥多摩湖留浦の土砂崩れで国道411号は通行止め。
丹波山村に下りると奥多摩駅…つーか東京に戻れません。

已む無く予定変更、三峯縦走路を使い秩父方面へ下山する事となりました。
そんな訳での山行記その3「白岩山~三峯神社」篇で御座います。

Dsc00134
白岩山からの下り急坂。
0.6㎞で約150mの高度下降、薄暗い針葉樹林帯のダウンヒル。
距離は短いものの、倒木や露岩の多いテクニカルな歪曲路です。

Dsc00135
14:05、急坂を下り切ると白岩小屋に出ます。
白岩山と前白岩山の中間部にある無人小屋。
一見廃屋ぽいですが内部は立ち入り自由、避難小屋としては使えそう。

小屋周辺は見晴らし台やベンチが付設、一息入れるのに丁度良い場所です。

Dsc00137
白岩小屋の見晴らし台より望む奥秩父の秘境、和名倉山。
あそこを踏んだのはもう5年前、また行きたいなぁ。

Dsc00139
白岩小屋から前白岩山へは再び上り。
雲取山~霧藻ヶ岳の間はずーっとアップダウン続き。
「下って」「上り返して」の繰り返しで、下山路の恩恵が殆どありません。

特に大ダウ~霧藻ヶ岳の間は、走れるパートが殆ど無し。
トレランユーズの場合、三峯雲取縦走路は上りで使った方が宜しいかと思い鱒。

Dsc00140
14:15、前白岩山。(Time/5:40:31 DST/26.47㎞)
白岩山から約1.2㎞、山頂と云うより尾根上の通過点と云う感じ。
写真の撮り方もだんだんテケトーになってきました。

Dsc00141
前白岩山からは下り勾配も多少緩やかに。
少しでも平坦パートがあれば、数メートルづつでも「拾って走る」。
そうしないと殆ど「歩きっ放し」になってしまいます。

Dsc00142
14:25、前白岩の肩。
「肩」って云うからには、この後待っているのは当然…。

Dsc00143
激坂の下り…。
1.4㎞で約310mの高度下降。
急斜の上に硬い突き上げ路面、石灰岩が露頭したダウンヒル。

Dsc00144
急坂を下り切ると、

Dsc00145
14:40、お清平。(Time/6:02:11 DST/28.53㎞)
前白岩山と霧藻ヶ岳の鞍部踊り場、そして此処からお約束の上り返し。

大ダワ↗芋ノ木ドッケ↗白岩山↘↘白岩小屋↗白石の肩↘↘お清平↗霧藻ヶ岳
まぁ何て上り返しの多い下山コースなのでしょう。

Dsc00146
14:50、霧藻ヶ岳。(Time/6:12:43 DST/29.12㎞)
これから先は待ちに待った平坦パート。
走るアシを貯めるべく、最後の小レストを取ります。

因みに霧藻ヶ岳の三角点△はもーちょい先に行った所処。

Dsc00147
霧藻ヶ岳からは杉林の平坦トレイル。
やっとトレラン向きのコースになって参りました。
これより約4㎞は殆ど走りっ放しでオケーです。

Dsc00148
1520、炭焼平を通過すると、

Dsc00149
三峯登山口まであと2.5㎞。
雲取三峯縦走路には距離標識が一定間隔で設置、TTの目安になるので助かります。

Dsc00150
スタコラと快適なラン。
杉林区間に入るとクッションの利いた腐葉土トレイル、走も進みます。

Dsc00151
15:35、奥宮/妙法ヶ岳の分岐。
三峯発の最終バス時刻は16:30、時間が無いので今回はスルー。
因みに妙法ヶ岳へのアクセスはこんな感じ↓です。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/12/post-19ca.html

Dsc00152
三峰雲取自然研究路、登山口。
石鳥居を過ぎるとトレイル終了、舗装道に入り三峯神社は目と鼻の先。

Dsc00153
15:50、三峯神社到着.フィニッシュ。
大した難路も無く、勝手知ったるルートのミドルディスタンス。
その割には結構バテバテ、思ってたより足にも堪えました。
盛夏の高温高湿コンデションってのも理由の一つですが、今年初めての山行ってのも原因の一つ。
あと数回はトレランに来ないと「山を走る身体」は出来ないみたく。

この日のスタッツは以下の通り。
・走行時間/6:46:01 走行距離/32.73㎞ 獲得標高/上昇2634m 下降1905m

Dsc00155
「狛犬」では無く「狼狛犬」。
三峯神社の眷属はオオカミ様、「ワン」じゃ無くて「ワゥオォーン」。

Dsc00156
蒼天に泳ぐ雲もすっかり夏の顔。
三峯神社は標高1100m、それでも陽射し強く暴力的な暑さです…。

16時半の西武バス乗って秩父駅に向かいました。

Dsc00157
19:35、いゃあ、サッパリした♪。
この日の♨は西武秩父駅「祭りの湯」。
そしてココは東京都では無く埼玉県、禁酒法圏域では無いのです。
山走って/温泉浸かって/アルコール無しってのも欠画竜点睛。
やっぱり山行の〆は「温泉」と「ビール」じゃないとね♥。

おしまい。

 

|

2021.07.23

●「石尾根~雲取山~三峯縦走トレラン」その②

えー、今週月曜日は奥多摩へトレラン行脚。
今回の山走コースは奥多摩駅から石尾根の巻き道を使って雲取山へ。
復路は奥秩父縦走路で飛龍山を踏み、ミカサ尾根から丹波山村に至るプランです。
(実際は一寸したイレギュラーでルート変更を余儀無くされるのですが…)

そんな訳での山行記その2「鷹ノ巣山~白岩山」篇になりまする。

Dsc00106
鷹ノ巣山避難小屋から七ツ石山へのトレイル。
この巻き道パートは石尾根トレランの「ハイライト」とも云うべき区間。
その殆どがフラットコース、絶好のランコースが続きます。

Dsc00106_20210722153801
スタコラと快適なラン。
高丸山直下~七ツ石山間の巻き道は2019年.秋の台風で登山路崩落。
暫く通行止めとなっていましたが、今年に入って復旧しています。
この約5㎞の「走りっ放し」区間が元通り使える様になったのは大きい♪。

Dsc00107
11:25、七ツ石山到着。(Time/3:37:21 DST/18.15㎞)
キャップもシャツも汗で塩塗れ、20分程小休止。
やっぱり夏場の山行は体力消耗度が半端無く激しい…。

Dsc00108
七ツ石山頂より望む、石尾根縦走路の防火帯山路。
左にヨモギノ頭、右に小雲取山。
雲取山は樹林の繁みに隠れて望めませんでした。

Dsc00109
雲取山の後に向かう、奥秩父東端の山々。
右のギザギザが三ツ山、中央に飛龍山、左に前飛龍。

小レストを終え、雲を取りに向かいます。

Dsc00111
雲取ロード.序盤パート。
ブナダウから五十人平/奥多摩小屋跡までは、伸びやかな稜線の続く防火帯山路。
平坦~緩勾配のトレイルで、走って処理出来るパートも半分以上あります。

奥多摩小屋跡から雲取山へは一転「上りオンリー」の急坂続き
大まかに云うとヨモギノ頭直下→針葉樹帯→小雲取山直下の3パート。
何れも登板距離自体は短いのですが、上りが寸断無く続きます

Dsc00113
ヨモギノ頭直下の急坂より、見返り一写
左の七ツ石山から辿って来た縦走路が一望の下、右奥の山影は三頭山。

Dsc00114 
小雲取山直下の急坂より、見返り大菩薩。
右より、大菩薩連嶺~小金沢連嶺~南大菩薩連嶺と続く稜線。

Dsc00115
飛龍/前飛龍も大分近くに見える様になって参りました。
三ツ山~三ツ岩の鋸状稜線を経て中央に飛龍山、鞍部を挟んて左のピークが前飛龍。

Dsc00116
前飛龍から続くミカサ尾根~天平尾根。
この日の山行終盤パート、でもあのコースには行けなかったんでけどね(後述)。

Dsc00117
12:35、雲取山到着。(Time/4:31:02 DST/22.06㎞)
予定TTより30分遅れでの登頂。
盛夏酷暑で疲労倍々なのもありますが、今年初の本格的な山行ってのも大きい。
やっぱり「山走るアシ」はロード走だけじゃ作れませんね。

因みに山頂付近の気温は18~20℃。
流石標高2000m付近、そよぐ風には涼しさが感じられました。

Dsc00118
雲取山より、奥秩父山塊の山々。
樹林帯の繁みと高湿で見晴らし具合はイマイチ。
クリアに望めたのは笠取山~唐松尾山の稜線辺りまででした。

山頂滞在もソコソコに、雲取山荘の水場に向かいます。

Dsc00121
「若返りの水場」で水補給。
ウヒョー、冷たくて気持ちイイ♥。
取敢えずグビグビと喉を潤します。

Dsc00120
山荘前のベンチでランチタイム。

で、此処で雲取山より下りてきたハイカーさんとお話ししてると、
「奥多摩湖は土砂崩れで国道止まってるよ」との情報提供。
調べてみると国道411号は前日昼中の崩落で通行止め、奥多摩と丹波山村/小菅村は道路遮断されています。
バスも奥多摩駅↔奥多摩湖間のみでの運行、つー事は…、
「丹波山村に下りちゃうと、奥多摩側に戻って来れません…」

※因みに土砂崩れの事故現場は留浦.峰谷橋付近、地図で云うと橋の東側。
  7月23日時点でも通行禁止は続いたまま、復旧の目途は立ってません。

そんな訳でルート変更、選択肢は二択。
「石尾根ピストンで奥多摩駅に戻るか」「三峯縦走路を使って秩父側に下山」です。
どっちも良く使ってるルートなのでTT的には問題無し。
思案の結果、非.東京側(=オツカレビール飲める)の後者を選ぶ事に致しました。

Dsc00122
13:20、コース変更して山行再開。
ヒュッテ跡より望む芋ノ木ドッケ(右)と白岩山(左)。
雲取山荘から大ダウへは下り基調のシングルトラック、山路もそれほど荒れてません。

Dsc00128
情報提供して頂いたのはこの方々。
崩落知らず丹波山村下りてたら、この日は東京に帰れない所処でした。
いゃあ、ホントに有難う御座います(謝)。

Dsc00123
で、この辺りは雲取鹿の勢力範囲圏。
手前の子はガンくれてます。

Dsc00125
こっちの子もガンくれてます。
すっかりハイカー慣れしちゃって、あんまり人を恐れてません。

Dsc00126
大ダワ通過。
山荘からの下りトレイルは此処で終了、大ダウから白岩山へは上り返し。

Dsc00132_20210722155101
大ダワ以降、殺伐と荒れた林相。
コメツガ.シラビソ.ダケカンバの樹林帯、立枯れや倒木が目立ちます。

Dsc00129
長沢の分岐を過ぎると木段や桟道が点在。
露岩や木の根で足場の悪い歪曲路。
中勾配の「だらだら~」っとした上りが続きます。

Dsc00130
石灰石の大岩を過ぎると、

Dsc00131
偽.芋ノ木ドッケ。
山名標では無く、路中に立てられた山域標識。
「リアル芋」の山頂は長沢背稜の西端、此処の約500m南側の尾根上です。

Dsc00133
13ː55、白岩山。(Time/5:20:15 DST/25.98㎞)
奥秩父三峰(雲取.白岩.妙法)の一、芋の標識から5分程で到着します。
針葉樹林に覆われ鬱蒼とした山頂で展望はありません。

白岩山を通り過ぎ三峯縦走路を一路北進、三峯神社に向かうのでした。
つづく。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

BAR TRIPLE-SEC BAR TRIPLE-SEC/グラス紹介 BAR TRIPLE-SEC/休日案内 BAR TRIPLE-SEC/営業案内 BAR TRIPLE-SEC/販売速報 BAR TRIPLE-SEC/雑物古物 SKI 2011/12.滑走記 SKI 2012/13.滑走記 SKI 2013/14.滑走記 SKI 2014/15.滑走記 SKI 2015/16.滑走記 SKI 2016/17.滑走記 SKI 2017/18.滑走記 SKI 2018/19.滑走記 SKI 2019/20.滑走記 SKI 2020/21.滑走記 SKI 2021/22.滑走記 SKI FIS アルペンニュース SKI ゲレンデGPS計測 SKI ゲレンデ内外.小ネタ集 SKI シーズンオフ.イベント集 SKI シーズンオフ.ゲレンデ集 SKI スキーギア/アイテム集 SKI スキー今昔物語 SKI スノーナビさん SKI ポスター集 SKI 山座同定/ヤマコレ集 SKI 試乗会インプレッション SKI 雪山就労日誌.2016/17 SKI 雪山就労日誌.2017/18 SKI 雪山就労日誌.2018月山 SKI 雪山就労日誌.2019月山 SKI 雪山就労日誌.2020月山 SKIのこと 雑 トレラン .a奥多摩 トレラン .b丹沢.箱根.伊豆 トレラン .c奥武蔵 トレラン .d高尾.青梅 トレラン .e北都留.道志 トレラン .f奥秩父.大菩薩 トレラン .g京都.比良 トレラン .h信越.東北 トレラン 山走記総括 トレラン シューズ/アイテム集 トレランのこと 雑 マラソン 2009年大会リポ マラソン 2010年大会リポ マラソン 2011年大会リポ マラソン 2012年大会リポ マラソン 2013年大会リポ マラソン 2014年大会リポ マラソン 2015年大会リポ マラソン 2016年大会リポ マラソン 2017年大会リポ マラソン 2018年大会リポ マラソン 2019年大会リポ マラソン 2020年大会リポ マラソン 2021年大会リポ マラソン 2022年大会リポ マラソン シューズ/ギア集 マラソン 京都ホームコース走 マラソン 他ゲストコース走 マラソン 東京ホームコース走 マラソンのこと 雑 ラグビー ワールドカップ 2011 ラグビー ワールドカップ 2015 ラグビー ワールドカップ 2019 ラグビー ジャパン ラグビー セブンズ ラグビー トップリーグ ラグビー 大学 ラグビーのこと.色々 ・Ⅰ.Bambooインフォメーション ・Ⅱ.Bambooお休み案内 ・Ⅲ.歳時記 ・Ⅳ.室礼 ・Ⅴ.銘品集【マスターピース】 ・Ⅵ.某飲某食所処 ・Ⅶ.「ミヤコ」昨今事情 ・Ⅷ.都名所図会 ・Ⅸ.嵯峨野「さらなり」 ・Ⅹ.「花街」彼是 ・Ⅹⅰ.赤坂逍遥 ・Ⅹⅱ.帝都散策 ・Ⅹⅲ.旅行けば ・Ⅹⅳ.書籍百般 ・Ⅹⅴ.グラスのこと ・Ⅹⅵ.お酒のこと ・Ⅹⅸ.自転車のこと ・Ⅹⅹⅰ.建築雑感 ・Ⅹⅹⅱ.雑 ・「Bamboo」移転情報 ・「Bamboo」閉店情報