2016.05.15

●「五月、祭りのころいとをかし」

かくばかり あふ日のまれに なる人を いかがつらしと 思はざるべき
(古今.巻第十 物名 433/読人知らず)
人目ゆゑ のちにあふ日の はるけくは 我がつらきにや 思ひなされむ
(古今.巻第十 物名 434/読人知らず)

と云う訳で本日は、久~し振りに「非.スキー」「非.マラソン」「非.ラグビー」な話柄。
地元「ミヤコネタ」エントリーになりまする。

今日の洛中鴨東では、「腰輿に揺られて賀茂の祭」。
所謂「葵祭」と云うヤツが行われました。
斎王代発表から御禊儀、歩射神事、賀茂競馬、御蔭祭…。
約一ヶ月の前儀を経ての本祭催行で御座います。

「京都三大祭」なぞと云った謳い文句の為にその真義が曖昧になりがちですが、本来の立ち位置は「賀茂社.鴨社」の例祭にて由緒正しき勅祭。
「枕草子」「源氏」や「今昔」を始めとした古典にも、その既述は数多窺えます。
因みに冒頭の二首は古今より、諸葛(葵と桂)を詠み込んだ女男問答歌。

そんな訳で今年の「賀茂祭」。
「葵空」の好天に恵まれ、神事恙無く執り行われた様子です。

20160515213315aoi010葵祭、都路華やぐ王朝行列
京都三大祭りのトップを飾る葵祭が15日、新緑に包まれた京都市内で行われた。平安王朝の装束を再現する典雅な行列が、冠や衣装に挿したフタバアオイの葉を揺らして約8キロをしずしずと進んだ。日曜日の開催は5年ぶり。沿道では昨年より1万5千人多い8万人(府警調べ)が華麗な王朝絵巻に見入った。
午前10時半ごろ、総勢約500人、牛馬40頭、長さ約800メートルの行列が、上京区の京都御所を出発した。

本列は、銀面の馬に乗った束帯姿の近衛使代を中心に、神に供える御幣物を運んだ。今年で創設60年となる斎王代の列が続き、第61代斎王代の西村和香さん(26)は十二単姿で檜扇を手に腰輿に乗り、小袿の命婦や馬に乗った騎女らを従えて優雅に進んだ。御所車とも呼ばれる牛車は車輪をきしませ、紅色の水干を着た愛らしい牛童が綱を引いた。
行列は、下鴨神社(左京区)を経て、上賀茂神社(北区)に向かい、それぞれで行われた「社頭の儀」で神前に御幣物が供えられた。人垣ができた糺の森や加茂街道では、まぶしい新緑に華やかな装束が引き立った。
葵祭は下鴨・上賀茂両神社の例祭。正式には賀茂祭といい、起源は6世紀までさかのぼる。「源氏物語」や「徒然草」にも登場する。
(文.写真共、京都新聞5/15より)

|

2015.01.02

●続.元日ミヤコ「雪化粧」

えー、アケマシテオメデトウゴザイマス二日目。
本日も前日ログの続きみたいなものに成増。

新年早々重爆的な豪雪に見舞われた此処ミヤコ。
元日正午過ぎより降り出した雪は洛中で約10cm、洛外では20cm強の積雪を記録。
僅か半日で京都市内を白の世界に染め上げました。

然乍らそんな悪天候の初更刻、非常識にも洛中へ飲みに繰り出した私め。
「降り敷く牡丹雪」も「足元の濘雪」も「JRの遅延」も何のその、無事目的の店に到着。
一時間半の「洋酒タイム」の後、席を立ったのですが。

まぁ折角洛中迄繰り出したのですから「物は序で」。
帰途の寄り道がてら、祇園町方面へ初詣に繰り出すと致しました。
そんな訳での鴨東三更.散策記になりまする。

Img_2103
【写真上】二条大橋.東南詰にて、染井吉野と上弦望月。
春は淡紅に、秋は朱橙に色を染めるソメイヨシノもこの日計りは純白の装い。
枝梢の隅々に至る迄、見事な銀花が咲き誇っておりました。

Img_2105
【写真上】三条京阪前にて、雪塗れのドゲザ。
彦九郎さんはエラい雪難に遭っておられまする。

Img_2109
【写真上】縄手通から新橋通へ。
只でさえ静かな元日の祇園町ですが、降り積もった雪が一層の静寂さを醸し出していました。
しかし軒先につなぎ団子の灯って無い祇園町ってのは、やっぱり寂しいものです。

Img_2110
【写真上】新橋切通し.巽稲荷さん。
学生時分に祇園町で働いていた縁もあり、毎年伺っている初詣処。
朱玉垣と白銀のコントラストが美しく際立っています。

Img_2116
【写真上】白川南橋とぎおん小森さん。

Img_2123
【写真上】白河巽橋より見遣る切通し。

Img_2126

Img_2127
【写真上】白川南通.二景。

しかしミヤコで大雪自体珍しいのに、しかもそれが新春「一月一日」。
私めの記憶の限りでは初めての出来事です。
まぁ元日早々こんな雪景色が見られて、ある意味ラッキーなのかも知れません。

Img_2132
【写真上】白川南通、吉井勇石碑前にて。
元日唯一目にした、つなぎ団子。
業態は「お茶屋ダイニング」、うーん訳解んない。

Img_2138
【写真上】怪しく青鉛色に光る三条大橋。
堆雪が踏み固められた上に深夜の冷え込みでカチンコチン、すっかりと氷結状態。
写真撮ってる間にも、数名の通行人が「すってんころりん」されてました。

Img_2139
【写真上】22:29、京都ホテルオークラのイルミネーション。
一枚撮った矢先にぷっつり消灯、如何やらライトアップは22時半迄らしく。
これにて「白夜の洛中散策」は終了、地下鉄に潜って帰途に着くと致しました。
が…、

Img_2145
【写真上】JR二条駅にて。
「嵯峨野線、仮死状態…」。
雪害影響で下り列車到着の目処が全く立たず、最低でも40~60分待ちとの事。
この天候ですからタクシーは大盛況、駅には一台も止まっておりません。
仕方無い、嵐電に乗り換えて帰るか…。

Img_2147_3
【写真上】二条から、再度地下鉄乗って太秦天神川駅へ。
洛外とは云え、盆地の中に住んでいて助かりました。
しかし嵯峨以西、馬堀とか亀岡に帰る人は災難でしたね。

Img_2150
【写真上】15分程で嵐電到着。
最寄駅の鹿王院にて下車、無事帰宅する事が出来ました。

以上、元日ミヤコの雪中飲行軍。
他少の交通イレギュラーはありましたが、まぁ白化粧の祇園町も見れたし取敢えずは行って良かった、と。

|

●元日ミヤコ「雪化粧」

えー、アケマシテオメデトウゴザイマス二日目。
前日ログの続きみたいなものにて。

新年早々重爆的な豪雪に見舞われた此処ミヤコ。
元日正午過ぎより降り出した雪は洛中で約10cm、洛外では20cm強の積雪を記録。
僅か半日で京都市内を白の世界に染め上げました。

然乍らそんな悪天候の初更刻、非常識にも洛中へ飲みに繰り出した私め。
以下、その洛西↔洛中往復顛末記になりまする。

Img_2073
【写真上】19:50、実家最寄駅のJR嵯峨駅前風景。
おーぉ、積もってる積もってる。

Img_2084
【写真上】嵯峨.嵐山周辺の積雪量は概ね20~30㎝。
流石鄙洛外、ミヤコ中心部と較べて倍以上の積り具合です。

Img_2074
【写真上】嵯峨駅ホームにて一写。
「此処は何処の大糸線だっ」、てな風景です。

Img_2079
【写真上】で、電車動いてない…。
京都近郊を走る列車としては比較的雪に強い嵯峨野線ですが、それでも40〜50分の大幅遅延。
「Yahoo!路線情報」ては遅れ無しって出てたのに…。

Img_2088
【写真上】20:20、それでも何とか二条駅。
此処からは地下鉄なので一安心。
この辺りから東は市街中心部、流石に積雪量は少なくなっていました。

Img_2090
【写真上】20:35、京都市役所前に到着。
まぁ予定の15分遅れですから、如何って事ありませんでした。

Img_2095
【写真上】木屋町通。
元日の夜、と云う事をさっ引いても「人居ない…」。
流石にこんな日に飲みに繰り出している酔狂な輩は少ないですよね。
因みに御池から二条迄の間、目にしたのは近所のおばちゃん一人だけでした。

そんな訳で無事目的地に到着。
軽く飲る事約1時間半、店を出た後は祇園町方面へ初詣に向かうと致しました。
つづく。

|

2014.10.22

●「1220年目」のミヤコ

えー、本日ミヤコは時代祭の日。
此処トーキョーでは朝から止む気配の無いザーザー降りrainでしたが、京都の空模様は昼過ぎ迄何とか持ってくれた様です。

この「時代祭」、数あるミヤコ祭事の中では珍しく「カーニバル=イベント色」が強いものですが、歴とした平安神宮の例大祭。
そして「京都産大 三大祭」の一つでも御座います。

しかしミヤコ人の間では、意外と「等閑」な存在であったり致します。
平安神宮自体が未だ「最近出来たモノ」扱いですから、従い時代祭も「最近始まった祭り」と云った認識なのでしょう。

「そー云うたら昨日、時代祭やったてんやて~」
「へー、そやったん」

ま、大体こんな程度の市井意識です。
それでも「120年(110回)」続いてるんですけどね…。

角云う私めも学校行事で中学生の時分に一度見たこっきり。
「コンチキチン」や「よーいゃさぁ~」は定期的に見物へ出掛けますが、コレに関してはあんまり食指が伸びないのも事実でして。

因みにミヤコ祭事の序列を、市井民から見た「格付け」で表してみると。
祇園祭>>>>>五山送り火>地域氏神さん例祭>都をどり≧葵祭>>時代祭
てな感じになります。
弥速、流石ミヤコと云うべきでしょうか…。

そんな訳で、平安遷都より1220年目の「きょう」。
幕末維新から延暦入城迄の「3D.巻戻し時代絵巻」で御座いました、とさ。

20141022130424jidai7歴史行列、都大路彩る 時代祭
京都三大祭りの一つ、時代祭が22日、秋深まる京都市内で行われた。京都に都が置かれた約千年間の風俗を、明治維新から平安遷都まで時代をさかのぼるかたちで再現、約2千人の行列が都大路を舞台に歴史絵巻を繰り広げた。
平安神宮(左京区)で神事を行った後、午前9時、祭神を移した2基の鳳輦を中心とする神幸列が京都御苑(上京区)に向かった。
曇天の下、正午に京都御所の建礼門前から先頭の維新勤王隊が錦の御旗を掲げて出発。「ピーヒャラ、ラッタッタ」の笛や太鼓の軽快にリズムに乗り、「ザッ、ザッ」と玉砂利を踏んで進んだ。幕末の志士や、羽織はかまに陣がさをかぶった徳川城使の上洛列が続き、将軍家に嫁いだ和宮のあでやかな十二単姿が行列に華を添えた。
さらに安土桃山、室町、鎌倉、平安の各時代の風俗が再現され、沿道に詰めかけた観光客や市民を魅了した。
時代祭は平安遷都1100年を記念し、平安神宮が創建された1895(明治28)年に始まった。今年で120年目、時代行列の執行は110回目。
(文.写真共 京都新聞10/22
より)

|

2014.10.16

●ミヤコ滞在日誌「Fin.」

えー、昨日は上洛9日目。
そしてミヤコ滞在最後の日となってしまいました。

東下を前に最後に立ち寄ったのは、桂川畔「瓜畠のかろき茶屋」。
寛永宮廷文化を今もそのままの形に残す、八条宮の別業跡で御座います。

Pa150075

そんな訳で「止め石」宜しく、今回帰京もピリオド。
二時間後には新幹線車中の人となっている私めで御座いました。
とさ。

|

2014.10.14

●ミヤコ滞在日誌「御所」

えー、本日は上洛8日目。

14時過ぎに幡枝離宮を発った後は、地下鉄で今出川駅下車。
ちょっとした用事で京都御所へ向かったのでした。

Pa140057_750x563
【写真上】宮内庁京都事務所。
先に所要を済ませてしまうべく、参観案内窓口へ。
必殺の「明日の参観申込み、一名お願いします」。
目論見通り「朝イチ」9時からの許可書入手、「瓜畠のかろき茶屋」行き決定です。

Pa140058_750x563
【写真上】御所北西より、御苑を望む。
用事を終えて、ベンチで一服smokingタイム。

Pa140061_563x750
【写真上】清所門近くの築地塀より、未だ深緑の銀杏木一写。
此処のイチョウは御所内でも一番の色付き、目にも鮮やかな黄金色に彩られます。

Pa140062_563x750
【写真上】旧九條家遺構、拾翠亭前より望む建礼門。
奥にはなだらかな山容を見せる貴船山。

鴨川と並ぶ市井民のトランキライザー「キョウトゴショ」。
桜花や紅葉の時以外はあまり写真なんぞ撮ったりしないもんです。
そんな訳でテケトースナップ集、三題でした。

Pa140065_563x750_2
【写真上】帰りは久し振りの93番系統。
嵯峨/嵐山方面から丸太町を東進、唯一乗り継ぎ無しで洛東に向かう市バス。
私め高校の頃迄は「東西線」なぞ存在しておらず、鴨川や京都会館.市美術館に出掛ける際に重宝したものでした。
丸太町河原町で下りれば、三条や下鴨方面へも歩いてチョイですからね。

と、こんな感じの「10/14.二部作」の終。
そして明日は愈々ミヤコ最終日、あづま路へと下ります。

|

●ミヤコ滞在日誌「幡枝離宮」

えー、本日は上洛8日目。

台風一過のお昼刻、私めは地元洛西.嵯峨野から洛北.岩倉へ盆地を斜横断。
幡枝の上茶屋跡に「比叡」を眺めに行って参りました。

Pa140001
【写真上】11時過ぎ、嵯峨駅出立。
今回帰京は自転車不所持の私め、移動は電車/バスの交通機関が主になります。
嗚呼、待ち時間と乗換えが鬱陶しい…。

Pa140002
【写真上】京都駅で地下鉄乗換、北山駅にて下車。
市営地下鉄なんぞ乗ったのも何年振り。
と云うか、今出川より北の駅を使ったのは初めての事でして。

Pa140004
【写真上】行き掛けの駄賃で深泥池.一写。
下鴨中通から「ミドロ」の三叉路を更に北上します。

Pa140008

Pa140054
【写真上.下】旧円通寺道を延々と上ります。
原チャリがフラフラ横転しそうな程の急坂。
赤坂の円通寺坂よりこっちの方がよっぽど「鬼坂」です。

Pa140012
【写真上】12時過ぎ、目的地到着。
此処の山門を潜る時のワクワク感は筆舌で表し難く。
そんな訳で久方振りの圓通寺、後水尾さん作の借景枯山水庭園で御座います。

Pa140018
【写真上】混ぜ垣と植栽竹林越しに眺む、比叡の南裾稜線。

Pa140020
【写真上】三列に配した枯山水石組、遠近の妙味。

Pa140026_2
【写真上】檜間に望む霊峰比叡の頂。
台風一過の三連休明け、しかもお昼時ですから参詣客の居よう筈がありません。
殆んど貸切の2時間弱、比叡の山紫をお腹一杯堪能したのでした。
それでも方丈を立つ際は「後ろ髪を引かれる」思いでしたけどね。

尚、圓通寺庭園考に就いては後日改めてログ立て致します。

Pa140050
【写真上】14時前、山門去出。
門前より望む比叡山。
視点は少ししか変わらないのですが、方丈からの眺めとは趣が全く異なります。

と、こんな感じの幡枝行脚「至福の2時間」。
この後は、とある用事で京都御所へ向かったのでした。

|

●ミヤコ滞在日誌「台風一過」

えー、本日は上洛8日目。

台風19号も昨夜のうちに近畿地方を離れ、今朝方には東北方面で温帯低気圧に。
ミヤコへの建物損壊や河川氾濫と云った被害は殆んどありませんでした。
大迷惑を被ったのは帰途交通機関を失った旅行客と、早仕舞いを余儀無くされた飲食物販の店々と云った所処です。

そんな「野分明けし」火曜日、私めは岩倉辺りをプラプラとしておりました。

Pa140055

午前中は鉛雲に覆われていたものの、お昼過ぎ以降は雲間より青空も覗き始めた今日のミヤコ。
「台風一過」の爽青秋空とは参りませんでしたが、まぁそれなりに過ごし良い一日で御座いました。

因みに足を運んだ場所は幡枝離宮.上の御茶屋。
ま、「目の保養」と云う事でして。

|

●ミヤコ滞在日誌「野分.祇園町」

えー、昨日は上洛7日目。

昨日のミヤコはお昼前より吹き荒ぶ暴風雨。
台風19号の影響をモロに受けた一日となりました。

しかしまぁ、よりにもよって三連休最終日の台風直撃。
飛行機や新幹線は疎か、JR在来線迄が軒並み運休の残状です。
果たして「観光上洛」された方々は如何やって帰途に着かれたのでしょう…。

そんな野分襲来ピークの夕刻過ぎ、何故か私めは祇園町におりました。

Pa130012

Pa130014

Pa130021

18時頃の祇園町は人影すら無く、御覧の様な有様。
しかし人の往来多少は兎も角、「何時もと何か雰囲気違うなー」と思っていたら…。

Pa130023

そう、夜のをお茶屋街を彩る「紅に白」の灯し火が姿を消しておりまする。
暴風雨対策からか、軒先の提灯が全て撤収されているのでした。

つなぎ団子の灯って無い祇園町ってのは、何だか味気無いものでして。

|

2014.10.10

●ミヤコ滞在日誌「紫野から岡崎へ」

えー、昨日は上洛三日目。
午前中は昨日トレランのリカバーがてら、地元嵯峨野をぷらぷらウォーキング。
お昼前より嵐電と市バスを乗り継ぎ、紫野方面へ向かいました。
訪れた先は今回帰京の「メインディッシュ」とも云うべき所処、家を発ってから「ウキウキ」「ワクワク」しっ放しの道中でして。

そんな訳でのミヤコ滞在記、10月9日篇になりまする。

Pa090001_750x559
【写真上】最寄駅、嵐電鹿王院を出立。
今回の帰省には自転車を持参しておらず、移動のアシは電車とバス。
取敢えず北野白梅町迄向かいます。

Pa090002_750x563
【写真上】帷子ノ辻で乗り換え。
北野線に乗るのって、何十年振りでしょう。
40代半ばのおっさん的に、帷子ノ辻と云うと「ジャスコ」「厚生会」を思い出します。

Pa090003_750x563
【写真上】白梅町から市バス乗り換え、千本北大路へ。
チャリなら30分弱の所処を50分掛って到着。
観光客の大変さが少し解った様な気がします。

Pa090005_750x562
【写真上】千本通を上がってきます。
仏大前を通り過ぎ、天一の角を東入ル。

Pa090006_563x750
【写真上】目的地へのアプローチは石畳。
門前の道路、実はこれから向かうお寺さんの私有地だったり致します。

Pa090008_563x750
【写真上】11:50、目的地到着。
訪れたのは通時「拝観謝絶」の大徳寺塔頭、孤篷庵。
2011年以来3年振りの特別拝観、その前は1993年(多分…)迄遡ります。
しかも今回は書院「直入軒」と附.茶室「山雲床」が初公開で内見可。
次の一般公開が果たして何時になるのか解りませんので、「遠州」&「八条宮」フェチとしましては来ない訳には参りません。

Pa090007_750x563
【写真上】拝観待ちの行列。
孤篷庵はこの日が特別公開最終日なので、多少の混雑は覚悟。
空いてそうな昼御飯刻を狙ったものの、それでも40人程の先客がおられました。
尚、院内は撮影禁止の為、詳細は略。

Pa090012_563x750
【写真上】孤篷庵参詣の後は大徳寺境内へ。
平日にも関わらず、境域はソコソコの人出。
孤篷庵に加え「本坊方丈.法堂」「興臨院」「黄梅院」「総見院」の特別公開が効いているのでしょう。

Pa090024_750x563
【写真上】続いては本坊方丈へ。
此方は年イチの公開、何度か訪れておりまする。
従いパスしようかと思いましたが、今年は「方丈」「庭園」の外に「法堂内部」が公開されているので立ち寄る事と致しました。

此処も撮影禁止なので、詳細は省きますが法堂に就いてのみ一言。
七間六間、入母屋.一重裳階付と、恐らく現存する禅刹最大規模の法堂。
五山格の主要堂宇、しかも江戸初期の造営だけあって兎に角「デカい」。
須弥壇柱上の三手先は圧巻、大きさに加え禅様独特の幾何学的組物は目を奪われる存在感でした。
ま、御武家様的であんまり好きじゃ無い様式ですけどね。

Pa090022_563x750
【写真上】本坊に続いては、お決まりの一服場所へ。
仏殿横の茶所で喉を潤した後は龍源院へ。
まぁ何時ものルーティン、と云う事で。

Pa090013_563x750
【写真上】龍源院方丈の喫煙所。
重文方丈と枯山水を愛でながら、紫煙を燻らす事の出来る稀有な場所です。
私め愛用の「ミヤコ一服処」、煙代350円也。

Pa090016_563x750
【写真上】一服しつつ眺む東滴壺。
伝統的な白砂枯山水にモダンさ併せ持った現代作庭の秀作。
何より、方丈と社務所の隙間の狭いスペースを生かした着眼点に脱帽です。

Pa090017_750x563
【写真上】北庭庭園、龍吟庭。
室町期の三尊石組枯山水、初期の枯山水様式を残す貴重な庭園。
典型的な禅寺塔頭の方丈北庭でもあります。

Pa090021_563x750
【写真上】同、北庭須弥山。
此処の立石組は何時見ても見事。
大海原の「静」と波打ちの「動」が一体となって醸し出されています。

Pa090020_750x563
【写真上】南庭庭園、一枝坦。
此方も現代枯山水の秀作、解り易い意匠の庭園。
白砂内に丸みを帯びた苔島を配する事により、鶴亀と云う伝統的な主題に表現技巧の新しさを取り入れています。
東福寺庭園同様、過度にモダン化していないバランスの良さが秀逸。
外人さんにも受ける「ZEN-GARDEN」だと思います。

Pa090025_750x563
【写真上】龍源院を後にして、再び孤篷庵へ。
この日二度目の拝観。
初回は「庭」「打石」「灯籠」、今回は「書院.茶室内部」を中心に見て参りました。

尚、孤篷庵に就いては後日改めて「参拝記」ログ立て致します。

Pa090026_563x750
【写真上】いきなり飛んで、旧京都会館前。
北大路から市バスで熊野神社前下車、岡崎へ向かう途次に一写。
現在建て替え工事中の京都会館、リニューアルオープンは2016年1月の予定です。
因みにネーミングクライツ採用の為、新規名称は「ロームシアター京都」との事。

関連過去ログはコチラ。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2011/06/post-1f3a.html

Pa090027_750x563
【写真上】京都市美術館、「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」へ。
世田谷美術館で開催されていたのを見逃しており、地元で観覧。
目玉の「ラ・ジャポネーズ」以外の見所は、同じくモネの「睡蓮」と「子守唄(ゴッホ)」「夏の夜の夢(ムンク)」くらい。
正直期待値より「チョイ下」の展示内容でした。

と、何だかアカデミックな一日を過ごしておりましたが、それも此処迄。
この後は洛中にて普段通りの「食道楽」「飲んだくれ」タイム。
テケトー心地良い気分になって帰途に着いた深更刻でした、とさ。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

SKI 2011/12.滑走記 | SKI 2012/13.滑走記 | SKI 2013/14.滑走記 | SKI 2014/15.滑走記 | SKI 2015/16.滑走記 | SKI 2016/17.滑走記 | SKI FIS アルペンニュース | SKI ゲレンデGPS計測 | SKI ゲレンデ内外.小ネタ集 | SKI シーズンオフ.イベント集 | SKI シーズンオフ.ゲレンデ集 | SKI スキーギア/アイテム集 | SKI スキー今昔物語 | SKI スノーナビさん | SKI ポスター集 | SKI 山座同定/ヤマコレ集 | SKI 試乗会インプレッション | SKI 雪山就労日誌.2016/17 | SKIのこと 雑 | トレラン リポ.a奥多摩 | トレラン リポ.b丹沢.箱根 | トレラン リポ.c奥武蔵 | トレラン リポ.d高尾.青梅 | トレラン リポ.e奥秩父.大菩薩 | トレラン リポ.f京都.比良 | トレラン リポ.g信越 | トレラン 山走記総括 | トレラン シューズ/アイテム集 | トレランのこと 雑 | マラソン 2009年大会リポ | マラソン 2010年大会リポ | マラソン 2011年大会リポ | マラソン 2012年大会リポ | マラソン 2013年大会リポ | マラソン 2014年大会リポ | マラソン 2015年大会リポ | マラソン 2016年大会リポ | マラソン シューズ/ギア集 | マラソン ホームコース走 | マラソン 他ゲストコース走 | マラソンのこと 雑 | ラグビー ジャパン | ラグビー セブンズ | ラグビー トップリーグ | ラグビー ワールドカップ | ラグビー 大学 | ラグビーのこと.色々 | ・Ⅰ.Bambooインフォメーション | ・Ⅱ.Bambooお休み案内 | ・Ⅲ.歳時記 | ・Ⅳ.室礼 | ・Ⅴ.銘品集【マスターピース】 | ・Ⅵ.某飲某食所処 | ・Ⅶ.「ミヤコ」昨今事情 | ・Ⅷ.都名所図会 | ・Ⅸ.嵯峨野「さらなり」 | ・Ⅹ.「花街」彼是 | ・Ⅹⅰ.赤坂逍遥 | ・Ⅹⅱ.帝都散策 | ・Ⅹⅲ.旅行けば | ・Ⅹⅳ.書籍百般 | ・Ⅹⅴ.グラスのこと | ・Ⅹⅵ.お酒のこと | ・Ⅹⅸ.自転車のこと | ・Ⅹⅹⅰ.建築雑感 | ・Ⅹⅹⅱ.雑 | ・「Bamboo」移転情報 | ・「Bamboo」閉店情報