2015.08.23

●あだしの「賽の河原」

あだし野の露消ゆるときなく、
鳥部山の煙立ち去らでのみ、
住み果つるならひならば、
いかにもののあはれもなからん
(徒然草第7段)

と云う訳で奥嵯峨.化野念仏寺では今夜明夜と、「千灯供養」が営まれております。
洛外「あだしの」は平安以来の葬送地にて、千二百年来の無縁仏も数知れず眠っている事でしょう。


所処でこの千灯供養、その悄然とした雰囲気は華やかな催しの多い「ミヤコ祭催事」の中でも異色なもの。
「水子」に心当たりの無い方は「それなり」に、心当たりのある方は「より切実」に、蕭々と手を合わせ供養を行われている筈です。
因みに私めはそんな「脛に傷」御座いませんが。

この「晩夏」歳時記を終える頃、嵯峨野では早や「秋の足音」。
野には「薄穂」、空には「秋茜」、音には「轡虫」「蟋蟀」…、洛中よりも一足早い初秋気配が訪れて参ります。

20150823201513825snenbutuji揺らめくろうそくの火に合掌 
京都・化野念仏寺で「千灯供養」

去りゆく夏の夜に無縁仏を弔う「千灯供養」が23日、京都市右京区嵯峨鳥居本の化野念仏寺で始まった。涼しい風が吹き抜ける境内で幾多のろうそくの炎がはかなげに揺らめいた。
古くから葬送の地だった化野では、死者のために多くの石仏がまつられていた。歳月を経て無縁仏となったが、明治時代に地元住民らが法要を営んだのが千灯供養の始まりと伝わる。
この日、京都市内の最高気温は32・6度の真夏日だったが、夕方には暑さがやわらぎ、参拝者が次々と訪れた。半月が照らし出す境内に読経が響き渡り、「西院の河原」で参拝者が石仏の前にろうそくを立てて静かに手を合わせていた。
東京都から訪れた会社員奥本健司さん(63)は「だんだん暗くなると供養の雰囲気になる。今まで亡くなった家族を思い、手を合わせました」と話していた。
24日夜も営まれる。受付午後5時半~8時半。行事協力費中学生以上千円。
(文.写真共 京都新聞8/23
より)

|

2015.08.01

●ミヤコ「「七月晦日/八月朔日」

扨、本日より月替わり「八月」。
で、弊ブログの「ハチガツツイタチ」は、毎年このネタから始まる訳で御座います。

ミヤコ洛西では「文月葉月」を跨いでの風物詩。
昨夜から今朝にかけて、愛宕神社で「千日詣り」が行われました。
私めにとりましても縁深い「愛宕さん」、実家からチャリで良く登りに行ったものです。

この月越し霊峰行脚で戴いた「火迺要慎 阿多古祀符」の御利益期間は「千日=二年と九ヶ月」、普段の護符(365日)の2.7倍も長持ち致します。
この「千日詣り」、私めは未だ詣でた事が有りませんが、その代り毎年五月or八月にお参りしているので「是」と云う事で。

20150731231317atago火よけ願い、頂へ 
京都・愛宕神社「千日詣」

「火伏せの神」として知られる京都市右京区の愛宕神社で31日、恒例の「千日詣」があった。参拝者は暑さが残るなか、ふもとから約4キロ先の山頂にある神社を目指した。
31日の夜から8月1日早朝に参拝すれば、千日分の防火の御利益があるとされる。3歳までに参拝すれば一生、火難にあわないという言い伝えもあり、多くの家族連れが、子どもを背負ったり、手を引いたりして登った。
家族3人で広島県から訪れた三好一之さん(42)は長女の詩栞ちゃん(2)を連れ「子どもが3歳になる前に絶対登りたかった。次はこの子が大きくなったらまた一緒に来たい」と笑顔で汗を拭った。
(文.写真共 京都新聞8/1
より)

|

2015.07.01

●「嵐山鵜飼」始まりました

チャチャッ チャチャチャッ 「鵜ッ!」

そんな訳で私めの地元「夏の風物」、嵐山鵜飼が本日より始まりました。
「洛中」の夏が「二階囃子」と共に訪れるのだとしたら、「鄙.嵐山」の夏は「宵闇の篝火」と共にやってくるのです。

この鵜飼、一番の上玉は何と云っても「夏の味覚.香魚」。
何せ大堰の鮎は、古よりの大宮人御用達。
今風に云うならば「セレブの食卓.お取り寄せ」なんて所処でしょうか。

20150701232158arashiyamaukai_2かがり火の下、手縄巧みに 
京都・嵐山鵜飼始まる

夏の風物詩・嵐山鵜飼が1日夜、京都市右京区の渡月橋上流の大堰川で始まった。心配された雨も上がり、かがり火の炎が水面に揺らめく幻想的な雰囲気の中、鵜匠の巧みな手縄さばきが観客を魅了した。
嵐山保勝会と嵐山通船の主催。シーズン中の無事を祈って、大堰川左岸で神事を営んだ後、黒装束に烏帽子と腰みの姿の鵜匠2人が鵜を5羽ずつ従えて出船。鵜が「それ行け」のかけ声を合図に水中に潜り、アユやフナなどを捕って戻ってくるたび、提灯をともした屋形船9隻に乗った約150人の観客が拍手を送った。
先月デビューした嵐山通船の公式キャラクター「通さん」も鵜匠姿で応援にかけつけた。嵐山鵜飼は9月23日まで。問い合わせは嵐山通船TEL075(861)0302。
(文.写真共 京都新聞7/1
より)

|

2015.05.18

●大堰川「御船游び」

えー、日曜日はミヤコ地元の話柄一題。

大宮人の舟遊地として名高い嵐山「大堰川」。
嵯峨帝以来歴代多数の御幸があり、宇多上皇御幸の折には「観月宴処」として文献にもその名を残す由緒ある地です。
そんな我が家の近所にて、昨日「三船祭」が行われました。
昨年は台風被害の影響で開催頓挫、二年振りの祭事催行です。

「詩歌」「管絃」「舞楽」三艘の龍頭鷁首が王朝絵巻宛らの優雅な「御船游び」を披露。
平安の御世には、行幸の度にこう云った宴が開かれたことでしょう。
「観月の名所」と云った元来の性格上、個人的には「宵宮」なんぞを行って頂ければ尚興趣もあるのではないかと思います。

因みにミヤコの神社例祭は殆どが固定日開催にて、本来曜日は関係ありません。
車折神社の例大祭も5月14日なのですが、この三船祭は昭和3年からの新興行事。
例祭の延長みたいなものですが「神事」より「祭事」としての趣が強く、従いある程度集客も考慮され「5月第3日曜日」の催しとなっております。

と云う訳で、昨年の様に「7年に一度」は葵祭とバッティングする訳で。

20150517211734mifune京都・三船祭2年ぶり復活 
華やかさ増し再出発

平安時代の船遊びを再現する車折神社(京都市右京区)の三船祭が17日、渡月橋上流の大堰(おおい)川で2年ぶりに営まれた。新たに清少納言役の女性も登場し、新緑に包まれる川面に優雅な王朝絵巻の世界が広がった。
898年に宇多上皇が大堰川で船遊びをした故事にちなみ、1928年に始まった。車折神社の神事として毎年開かれてきたが、一昨年の台風18号に伴う豪雨被害で神社施設の修繕が必要となり、費用面などから昨年は中止した。
祭りの復活を望む地域住民らの声を受け、地元の商店や観光関係者が今年2月に「三船祭保存会」を発足した。より多くの人に祭りを楽しんでもらおうと清少納言役の女性を地元から公募し、華やかさを増して再出発を果たした。
時代装束姿の参加者は、府立嵐山公園中ノ島地区から十二単に身を包んだ清少納言役の舞台女優、千葉吉美さんを先頭に行列をつくり川岸に到着。神事の後、午後2時に千葉さんや神職らが乗る御座船を先頭に、計7隻の船が川に進んだ。
供奉船からは舞楽や今様歌が奉納され、清少納言役の千葉さんはきらびやかな扇を流す「扇流し」を披露した。両岸は大勢の観光客で埋め尽くされ、みやびな光景を見入っていた。
保存会の津田純一会長は「多くの人の力で、地元と神社が一体となり歴史ある三船祭が復活できた。再開を機に祭りを進化させたい」と話した。
(文.写真共 京都新聞5/17
より)

|

2015.01.10

●新春嵯峨野「酒神詣」

えー、本日は年始帰京の後日談。

上洛最終日は一月六日のお昼前。
ミヤコ最後の立ち寄り所処は、遅蒔き乍らの「お酒の神様への御挨拶」。
年始恒例となる松尾大社さんへの初詣に行って参りました。

Img_2295
【写真上】二ノ鳥居を前にして、参道風景。
濡つ雨に疎らな人影。
流石に新年ももう6日、迎春の華やいだ風情は無く閑散とした趣で御座います。

私めももっと早く詣でる筈でしたが、「元日には大雪で辿り着けず」「二日は駅伝とラグビー漬け」「三日以降は風邪で寝た切り」。
結局帰京最終日「ギリギリ」のお参りとなった次第でして。

Img_2297
【写真上】参道より望む楼門。
檜皮の上には名残の斑雪。
元日.二日と降り続いた大雪も、この日の雨にて殆んど姿を消してしまいました。

Img_2299
【写真上】楼門より望む拝殿。
拝殿前には松尾さん名物、干支の大絵馬。

Img_2305
【写真上】境内.焚木風景。
お参りを終えた後は此処で一服。
門前のローソンに車を待たせているので、急ぎ足で境内を後に致しました。

Img_2310
【写真上】帰途、楼門より眺む二ノ鳥居と参道。
僅かに残る露店も全て休業状態、まぁこのお天気ですから仕方ありません。

Img_2312
【写真上】一ノ鳥居(大鳥居)にて。
扨、今回の帰省もコレでお終いです。

と、こんな感じの「時宜に失した」初詣。
まぁ毎年訪れているので、たまにはこんな寂静とした新年参賀も宜しい鴨ね。

|

2015.01.03

●新春嵯峨野「雪化粧」

えー、アケマシテオメデトウゴザイマス三日目。
元日.二日の猛烈寒波襲来により、新年早々大雪に見舞われたミヤコとなりました。

然乍ら元来降雪の少ない京都としては、「雪景撮影」の亦と無い機会です。
私めも昨日は、箱根往路3~4区の観戦を中座して地元散策。
チャリンコ扱ぎ出し北嵯峨方面へ向かう事と致しました。

1
【写真上】家の近所、その1。

2
【写真上】家の近所、その2。

3
【写真上】家の近所、その3。
…、正直ママチャリで移動するには可也辛い路面状況。
しかし北嵯峨方面へは徒歩だと20分強、面倒なので「強行突破」です。

Img_2157
【写真上】一条通、北嵯峨高校前にて一写。
一面白銀に埋もれた「鄙.嵯峨野」の田園風景。
残雪や斑雪の北嵯峨は何度も目にした事がありますが、これ程「真っ白」に染まった雪景色は初めてです。

尚、こっから先は帰京時に何時も撮っている場所。
従いフォト中心でコメント少な目のアップと致しまする。

Img_2159
【写真上】嵯峨中/北嵯峨高から一条通を東進。
すると「例のヤツ」が見えて参りました。

Img_2164
【写真上】北嵯峨名物、ド派手案山子。
とっくの昔に刈入れを終えたにも関わらず、何故かコヤツらは健在。
果たして何時になったら撤収されるのでしょうか…。

Img_2165

Img_2166
【写真上.下】児神社前にて、広沢池.枯淡雪景。
「鯉揚げ」で池水を抜かれ、池底を見せた儘となっている広沢池。

Img_2174
【写真上】池南岸中央より、正面に望む遍照寺山。
僅かに残った池水が凍結、その氷面に薄ら堆雪していました。

Img_2175
【写真上】湖面に屯するアオサギ。
因みに鳴き声は「グギャーッ グギャーッ」。

Img_2176
【写真上】雪の遍照寺山を背景に、一羽佇むアオサギ。
「雪月花」備えた鄙風流の地として、平安の御世より大宮人に愛された広沢池。
しかしこれ程の「雪」風趣に出逢えるとは…、今年は何かイイ事ある鴨。

Img_2183
【写真上】広沢池.東南詰より望む愛宕山。

Img_2185
【写真上】同、愛宕山近景。

Img_2191
【写真上】同.桜枝間に望む遍照寺山。
こんもりとした三角形の起り稜線、何時見ても愛嬌のある山容です。

Img_2199
【写真上】広沢池東岸より、愛宕山より連なる西山連峰。
右に霊峰愛宕、左には山上ヶ峰(北松尾山)。
中央の凹部には火床形に雪景色した五山.鳥居(曼荼羅山)も窺えます。

Img_2200
【写真上】同.西山は嵐山周辺。
右より山上ヶ峰~烏ヶ岳~嵐山~松尾山と続くなだらかな丘陵群。

Img_2211
【写真上】広沢池西岸より望む奥嵯峨と愛宕山。
児神社の裏地は「春は蓮華」「秋は秋桜」が咲き誇る野花のスポット。
この日は一面の六花で埋め尽くされ、冬晴れの照り返しが眩しく思える程でした。

Img_2216
【写真上】池西岸、観音島にて。
池底より望む弁天堂と遍照寺山。

Img_2226
【写真上】同、観音島越しに池面を見遣る。
水の抜かれた池底に下りての二枚。
従いこの構図での撮影は、冬場だけの特権だったり致します。

Img_2235_2
【写真上】北嵯峨外周道路にて、宙に浮く雪礫。
撮影の際、隣の常緑樹から頭上に降って来たもの。
偶然レンズに収まってたので載っけときます。

Img_2228
【写真上】北嵯峨外周道路、後宇多天皇陵前にて。
南面に見遣る北嵯峨雪田風景と西山丘陵群。

Img_2237
【写真上】旧嵯峨御所.大覚寺にて。
大沢池北東岸から望む堂宇群と嵐山、大覚寺の私的ベストビューポイントです。

Img_2252
【写真上】大沢池、遣水跡付近より。
菊ヶ島の二本松と立石(庭湖石)、借景には嵐山/烏ヶ岳。

Img_2263
【写真上】大沢池西岸、宸殿前にて。
積雪でT字に矩形取られた船着場、遠州が見たら喜びそうなデザインです。

と、約二時間の嵯峨野逍遥.白景集。
冒頭にも述べました様に、ミヤコでは61年振りの降雪量となった爆弾低気圧襲来。
果たして「次回」は私め存命中にあるか如何か、ビミョーな所処です。
まぁ少なくとも、「元日」と「記録的大雪」とがバッティングする可能性は殆んど無いでしょう。
そんな訳で是も亦「一期一会」と、新春の雪景色を満喫したのでした。
おしまい。

|

2015.01.02

●元日ミヤコ「雪化粧」

えー、アケマシテオメデトウゴザイマス二日目。
前日ログの続きみたいなものにて。

新年早々重爆的な豪雪に見舞われた此処ミヤコ。
元日正午過ぎより降り出した雪は洛中で約10cm、洛外では20cm強の積雪を記録。
僅か半日で京都市内を白の世界に染め上げました。

然乍らそんな悪天候の初更刻、非常識にも洛中へ飲みに繰り出した私め。
以下、その洛西↔洛中往復顛末記になりまする。

Img_2073
【写真上】19:50、実家最寄駅のJR嵯峨駅前風景。
おーぉ、積もってる積もってる。

Img_2084
【写真上】嵯峨.嵐山周辺の積雪量は概ね20~30㎝。
流石鄙洛外、ミヤコ中心部と較べて倍以上の積り具合です。

Img_2074
【写真上】嵯峨駅ホームにて一写。
「此処は何処の大糸線だっ」、てな風景です。

Img_2079
【写真上】で、電車動いてない…。
京都近郊を走る列車としては比較的雪に強い嵯峨野線ですが、それでも40〜50分の大幅遅延。
「Yahoo!路線情報」ては遅れ無しって出てたのに…。

Img_2088
【写真上】20:20、それでも何とか二条駅。
此処からは地下鉄なので一安心。
この辺りから東は市街中心部、流石に積雪量は少なくなっていました。

Img_2090
【写真上】20:35、京都市役所前に到着。
まぁ予定の15分遅れですから、如何って事ありませんでした。

Img_2095
【写真上】木屋町通。
元日の夜、と云う事をさっ引いても「人居ない…」。
流石にこんな日に飲みに繰り出している酔狂な輩は少ないですよね。
因みに御池から二条迄の間、目にしたのは近所のおばちゃん一人だけでした。

そんな訳で無事目的地に到着。
軽く飲る事約1時間半、店を出た後は祇園町方面へ初詣に向かうと致しました。
つづく。

|

2015.01.01

●「元日」ならぬ「元白」

えー、アケマシテオメデトウゴザイマス。

昨晩より上洛帰省、只今実家滞在中の私めで御座いますが…。

Img_2036

「嵐山はスゴイ事になっております…」。

元日午前中は薄日が射し、青空も望めた此処洛西の地。
しかし正午を廻ると俄かに雲行き一変、横殴りの風と共に牡丹雪が降り注いで参りました。

そんな中、私めは年毎恒例の元日参賀。
ママチャリ扱ぎ出し、お酒の神様「松尾さん」へ初詣へと向かったのですが…。

Img_2040

Img_2041
【写真上】渡月橋風景.二写。
大堰対岸、目と鼻の先の「嵐山」すら見えない猛吹雪。
チャリを扱いでて、目を開けてられない程の降り具合です。

Img_2049
【写真上】渡月小橋にて、屋形船。
カメラを構えているだけでレンズはびしょびしょ。
大雪で手も悴み、まともに構図を取るのすら難しくなって参りました。

Img_2052
【写真上】こくぞーさん門前。
もう何が何だかワカリマセン…。

Img_2056
【写真上】こくぞーさんの展望台にて。
眼下には渡月橋が俯瞰出来る筈なのですが…。
「此処は何処の雪国山奥の寺社だっ」てな風景です。

Img_2057
【写真上】ズームにして。
やっと「らしきもの」のカケラを窺う事が出来ました。
因みに大晦日迄は戸隠スキー場にいた私め。
これじゃ「ミヤコ」も「ゲレンデ」も大して景色が変わりません…。

Img_2067
【写真上】こくぞーさん多宝塔。
嵐山/嵯峨野の多宝塔と云えば此処法輪寺さんと大覚寺さんのそれ。
朱塗りの塔婆には雪化粧が良く似合います。

Img_2069
【写真上】こくぞーさんからUターン、何故か天龍寺境内にて。
嵐山東の裏道から松尾さんに向かおうとしたのですが、最早チャリが進める路面状況に非ず。
正月早々自転車で転倒、怪我なんぞしたら笑い話にもなりません。
止む無く初詣は諦めて家路に戻る事と致しました。

尚現在15:30、雪足は衰える事く「ドカドカ」と降り続いておりまする。
こりゃ明日の朝イチは絶好の「パウダー日和」、否々「ミヤコ撮影日和」。
洛中洛外のアマチュアカメラマンは、機材チェックに余念の無い事でしょう。

と云う訳で「元日」ならぬ「元白」の嵐山からでした。

|

2014.12.06

●一年間タイセツに育んたコイ

えー、表題からして艶っぽい話柄かと云えば然に非ず。
ウチの近所、嵯峨野「涸淡風流」のおハナシです。

北嵯峨.広沢池では十一月から一ヶ月程かけて池の水を抜き、春に放流されていた「池の幸」を水揚げする「鯉揚げ」が行われます。
此等「鯉」「鮒」「諸子」「川海老」の漁獲高は約10トン。
収穫された鮮魚は料亭などに引き取られる他、広沢池当地でも販売されております。

そんな訳で節季「大雪」の本日より、一年間育んだ「鯉」の水揚げ開始。
嗚呼、今直ぐにでも釈迦堂門前の割烹にお邪魔したいものです。

20141206124220koi022寒空跳ねる師走の味 
京都・広沢池で鯉揚げ

京都師走の風物詩「鯉揚げ」が6日、京都市右京区嵯峨の広沢池で始まった。今季最低気温の冷え込みの中、養殖業者が威勢よく丸々としたコイを舟に引き上げていた。
市内の養殖業者が4月に稚魚を放流し、冬の味覚として食べ頃となる約40センチに育てた。稚魚が鳥に食べられる被害が近年目立つため、昨年より300匹多い約1500匹を放っていた。
京都地方気象台によると、この日は京都市内で今季最低の0・7度を記録。池の水が所々凍る中で作業した。水位を下げた池で背びれを見せたコイを網で舟に引き上げた。50センチ以上に育ったコイもあり、跳ねて寒空にしぶきを飛ばした。鯉揚げは今月下旬頃まで続く。
(文.写真共 京都新聞12/6
より)

|

2014.10.13

●ミヤコ滞在日誌「野分.嵯峨野」

えー、本日は上洛7日目。

「デカくて鈍い」台風19号も愈々列島上陸、その速度を速めつつ近畿~東海方面へと進んでいるとの事。
此処ミヤコでもお昼前から「ゴーゴー」「ザーザー」、雨風の勢い増しておりまする。

そんな野分の昼下り、私めは家の近所でお茶「しばき」中。
「カタコト」キーボードを綴ってる所処で御座います。

Pa130240

ま、帰京時何時ものルーティン。
今日は出雲駅伝も中止になったし、もうちょいのんびりしていこっと。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

SKI 2011/12.滑走記 | SKI 2012/13.滑走記 | SKI 2013/14.滑走記 | SKI 2014/15.滑走記 | SKI 2015/16.滑走記 | SKI 2016/17.滑走記 | SKI FIS アルペンニュース | SKI ゲレンデGPS計測 | SKI ゲレンデ内外.小ネタ集 | SKI シーズンオフ.イベント集 | SKI シーズンオフ.ゲレンデ集 | SKI スキーギア/アイテム集 | SKI スキー今昔物語 | SKI スノーナビさん | SKI ポスター集 | SKI 山座同定/ヤマコレ集 | SKI 試乗会インプレッション | SKI 雪山就労日誌.2016/17 | SKIのこと 雑 | トレラン リポ.a奥多摩 | トレラン リポ.b丹沢.箱根 | トレラン リポ.c奥武蔵 | トレラン リポ.d高尾.青梅 | トレラン リポ.e奥秩父.大菩薩 | トレラン リポ.f京都.比良 | トレラン リポ.g信越 | トレラン 山走記総括 | トレラン シューズ/アイテム集 | トレランのこと 雑 | マラソン 2009年大会リポ | マラソン 2010年大会リポ | マラソン 2011年大会リポ | マラソン 2012年大会リポ | マラソン 2013年大会リポ | マラソン 2014年大会リポ | マラソン 2015年大会リポ | マラソン 2016年大会リポ | マラソン シューズ/ギア集 | マラソン ホームコース走 | マラソン 他ゲストコース走 | マラソンのこと 雑 | ラグビー ジャパン | ラグビー セブンズ | ラグビー トップリーグ | ラグビー ワールドカップ | ラグビー 大学 | ラグビーのこと.色々 | ・Ⅰ.Bambooインフォメーション | ・Ⅱ.Bambooお休み案内 | ・Ⅲ.歳時記 | ・Ⅳ.室礼 | ・Ⅴ.銘品集【マスターピース】 | ・Ⅵ.某飲某食所処 | ・Ⅶ.「ミヤコ」昨今事情 | ・Ⅷ.都名所図会 | ・Ⅸ.嵯峨野「さらなり」 | ・Ⅹ.「花街」彼是 | ・Ⅹⅰ.赤坂逍遥 | ・Ⅹⅱ.帝都散策 | ・Ⅹⅲ.旅行けば | ・Ⅹⅳ.書籍百般 | ・Ⅹⅴ.グラスのこと | ・Ⅹⅵ.お酒のこと | ・Ⅹⅸ.自転車のこと | ・Ⅹⅹⅰ.建築雑感 | ・Ⅹⅹⅱ.雑 | ・「Bamboo」移転情報 | ・「Bamboo」閉店情報