・Ⅸ.嵯峨野「さらなり」

2021.08.26

●戸難瀬の瀧の音まさるなり

えー、前線一過で約半月続いた「大雨ウィーク」も終了。
但し「雨上がり決した」後、晴日が続くとソレはソレで困りモノなのが「夏のミヤコ」なのでして。

昨日の京都は最高気温35℃。
今日の京都は最高気温35℃。
明日の京都は最高気温37℃(予報)。

炎天の陽射しに茹だる蒸し暑さ。
極悪残暑「全開」のミヤコで御座います。

1_20210826162802
今日はお昼過ぎからチャリを漕ぎ出し外出。
太陽こそ雲に隠れていますが、まぁ兎に角「蒸し暑い」。

2_20210826162801
渡月小橋渡って舟曳路へ。
「やっぱり洛外の川辺は涼しいな♪」
大堰川の碧流からそよぐ風はヒンヤリと肌に心地良く。
平安の大宮人が嵐山を避暑地にした理由がよーく解ります。

4_20210826162901
渡月小橋~旧嵐峡館の真ん中辺り。
今日はココで停車。

Dsc00649
戸無瀬の滝。
何時もは糸みたいに細い「チョロチョロ滝」なのですが、直近の豪雨で水量増加。
何だかホントの滝っぽくなってます。

滝壷を叩く飛沫が気持ち好いっ♥。

Dsc00654
嵐吹く 山のふもとの翠もみじ 戸無瀬の滝に落としてぞ見る(経信.改)

Dsc00653
靑藻うき 玉ちるせぜを色そめて 戸無瀬の滝に夏はとまらず(定家.改)

歌枕としての「戸無瀬の滝」は江戸初期にその役目を終えていますが、まぁこんな戯れ歌を詠むのも宜しいかと。 

Dsc00650
そんな訳で今日の読書室でした、とさ。

 

|

2021.08.25

●残暑日和(?)

えー、瓦解坂のBarは8月12日より「緊Q休業中」。
そんな訳で只今ミヤコ帰省中/実家寄生虫の私め。
本日で在京期間は二週間を数えました。

帰京後ずーっと「☂」続きだった京都も、一昨日辺りから天候持ち直し。
但し雨降らないと降らないで、厄介なのが「ミヤコの夏」なので御座います。

Dsc00640
今日のミヤコは盆地特有の茹だる暑さ。
雲こそ多く太陽は時折隠れるものの「ムシムシ」「ジトジト」とした酷暑。
チャリンコ5分漕いだだけで、シャツ一枚がおじゃんになってしまいました。

「うーん、流石にこれは昼に走れん…」

そんな訳で今日のデイリーランは夕方からに致します。

Dsc00639
渡月橋より望む「ふとん着て 寝たる姿や 東山」。
明後日は蹴上より大文字山~比叡山南主稜~北主稜を経て大原へトレラン。
ココから見える稜線を全て走って参ります。

今回帰京のアクテビティもこれで最後かな。

 

|

2021.08.23

●禁酒法「解禁祈願」

えー、8月12日より一時休業中の武蔵野口の場末の酒場の主。
気付けばミヤコ帰京後、既に12日が経過致しました。
しかし今年のお盆ウィークは列島遍く「雨.雨.権藤.雨.権藤」の☂続き。
「雨中ランニング」か「インドアで本読んでる」かの在京生活で御座います。

そんな中、昨日は今回上洛初のトレラン遠征。
アクテビティ+α、「バーテンダー的なオシゴト」もして参りました。

 

Dsc00614
酒解神社。
昨日のトレランコースは「嵐山→乙訓山崎」までの京都西山連峰縦走。
松尾山から始まり天王山に至る38㎞中、踏んだ頂は大小含めて9座。
酒解神社は山行最後のピークハント、天王山の中腹に鎮座する社です。

・本殿 文政3年(1820)建築 (国.登録有形文化財)
 桁行五間.梁行三間(梁行二間と前面一間通に附.前庇) 檜皮葺/銅板仮葺
・神輿庫 鎌倉後期(1275年-1332年頃)建築  (重文)
 桁行三間、梁間二間、校倉.切妻造、本瓦葺

古くは延喜式神名帳にその名を記され(山城国乙訓郡 自玉手祭来酒解神社 元名山埼杜)、同地域最古の歴史を有する式内社。
主祭神は大山祇神、日本で最初に酒を醸した神から酒解神とも呼ばれます。
酒解神は古代豪族.橘氏の氏神で、嵯峨天皇/檀林皇后の縁で遷したものと考えられます。

まぁそんな由緒は扨置。
令和3年に入り、ヨクワカンナイ理屈で国内都市部の殆どが「禁酒法」中。
特にトーキョーでは一年の半分が、DryCountyの期間となっています。

Dsc00618
で、社号がコレなのですよ。
頭に「禁」の一文字を加えれば「禁酒解神社」。
そんな願掛け宜しく、山行の最後はコチラに立ち寄る事にしたのでした。
あーあ、ホントにとっとと「禁酒が解けて」くれないかしら…。


でもって日付が変わって本日、8月23日のお昼過ぎ。
禁酒法撤廃の願掛け「その2」に向かったのでした。

Dsc00629
詣でた先は、

Dsc00630
云わずと知れた「松尾さん」。
室町期以降、醸造の租神として格別な尊崇を集めている松尾大社。
「日ノ本第一醸造神」であると同時に、延いては「お酒の神様」もで御座います。
故に「ママやホステス」「キャバ嬢」「飲み屋のマスター」「お茶屋の女将」「酒販メーカーさんむ「卸酒屋さん」等々…、お酒全般に携わる商売人からも幅広い信仰を集めておりまする。

Dsc00434
因みに前日のトレランで最初に踏んだ頂は松尾山。
松尾大社さんの御神体山で御座います。

※正確には松尾さんの御神体は松尾山中腹の大杉谷.磐座。
従い松尾山は神奈備じゃないので禁足地でもありません。

Dsc00631
舞殿から本殿へ向かい、「チャリーン」「パンパン」「ペコリ」。
お酒の神様に祈願した事は唯一つ。
「お願いだから、フツーにお酒売らして下さい…」

しかし9月13日に禁酒法解除されるなんて、可能性極めてゼロ。
飲み屋の主がこんな願掛けするなんて…世も末ですね。

 

|

2021.08.21

●8月20日/晴れ☀(午前中だけ)

えー、前線停滞の豪雨ピークは過ぎたものの、相変わらず☂続きのミヤコ。
「降ったり」「止んだり」を繰り返す、落ち着かない空模様が続いております。

特にウチ(嵯峨嵐山)は「盆地の中」とは云っても北西奥ギリギリ。
丹波高地から連なる愛宕山地の麓で、洛中よりも天候不安定なのです。

Dsc00411
でもって昨日の午前中、漸く夏らしいお天気に。
帰京9日目にして初めて見る「青空」です。

Dsc00421
もくもくと立ち昇る入道雲、空も「夏の顔」に。

しかし予報では午後より雨模様。
天気の崩れる前に屋外図書へ繰り出すのでした。

Dsc00413
昨日の図書室は嵐山の奥座敷、旧舟曳路のどんつき。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2021/05/post-ad0a75.html

Dsc00414
「さらさら」そよぐ微風は、ひんやりと肌に心地良く。
まぁ「洛外」の「鄙地」の「川辺」の「日陰」ですからね。

Dsc00417
この日の書は「下鴨古本まつり」の戦利品、春樹とチャンドラー。

Dsc00419
「蒼楓の日傘」ってのも、贅沢な雛風流。
涼夏の青空下、頁を捲る手も進みます。

但しこんな好天も3時間と続かず、正午前には曇天の怪しい空模様に。
結局13時を待たずにザーザー降りの雨になっちゃったんですけどね。
おしまい。

|

2021.08.18

●中之島公園にて

えー、本日のミヤコは午前中☂。
正午前に曇り空となり、その後薄日の射す薄晴れの一日でした。

そんな訳で久し振りに陽光注ぐ好天の午後下り。
日課のランニングを終えた後、チャリを漕ぎ出し渡月橋へと向かうのでした。

Dsc00407
大堰川デルタは大雨で冠水。
うーん、こりゃ寛いで本読める状態じゃ無いですね。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2021/05/post-ad0a75.html

Dsc00408
大堰の水面も濁流で大荒れ。
往古は鴨川に負けず劣らずの「暴れ川」だった大堰川。
平安の御代、氾濫の度に太秦や西院辺りまでが水浸しになったとの事です。
しかし、まさか平成や令和の時代になって「防葛野河使」が必要になるとはねぇ…。

Dsc00393
中之島公園の阪急側へ河岸替え。
渡月橋の向こうには、左より山上ヶ峰/亀山/愛宕山。

Dsc00396
霊峰愛宕は御機嫌斜め。

Dsc00392
昨日「下鴨古本まつり」で入手した、チャンドラーと春樹。

と云う訳で雨上がりの鄙洛西、屋外図書で読書に耽る昼下がりでしたとさ。

 

|

2021.08.16

●点ヲ灯ス

えー、今宵のミヤコは五山送り火。
お盆に帰ってこられて精霊さまが、お帰りになるのを見送る行事です。

しかし武漢産流行病の疫災下、見物客の混雑を避ける為に「お見送り」は大幅縮小。
昨年に引き続き今年も「五山の送り点」となってしまいました。

Dsc00371
渡月橋より望む如意ヶ嶽.大文字山の「大」。
ウチの近所、嵯峨嵐山から望める送り火は「大文字」と「鳥居」です。
しかしコレじゃサッパリ解らん…。

Dsc00373
少し解像度上げると、6点の火床が灯ってるのが解ります。
各画末に加え金尾にも点火されているので、一応「大」っぽくは見えますね。

Dsc00389
続いて清滝道を北上、鳥居元へ。

Dsc00376
うーん、若しかしてアレなのかな?。

Dsc00374
若しかしなくてもコレでした。
曼荼羅山(⛩)は五山の中で唯一、井桁組を用いず松明を点火台に立てる点火方式。
従い他の山に較べると火勢が弱いのです。

因みに通時はこんな感じです↓。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2013/08/post-ceb2.html

と、こんな感じの令和3年.送り火「点」灯。
これじゃ去年と今年の「消し炭」はプレミア物になってしまいますね。
因みにウチにとって今夏は初盆で御座いました、とさ。
おしまい。

|

2021.05.10

●続々.緑青の書林

えー、苛立ちと閉塞感しか無かった今年のGWも昨日でお終い。
しかしスカポンタンな禁酒法の下、「暗黒ウィーク」は今月末まで延長継続。
此処ミヤコでも、外へ「飲み」にも「食べ」にも行けずの日々が続いております。

実家滞在の5日間、法事と雑務以外にやる事と云えば「本読む」か「走る」位。
今日は後片付けと来客が午後に控えているので、午前中の読書タイム。
文庫本と莨を片手に屋外図書へ向かうのでした。

P1090321
今日の読書室は「大堰川デルタ」。
浅葱の高空、翡翠の深瀞、常盤の新緑。
立夏ならではの清々しい緑青トリプルコンボ、麻雀的に云うなら緑一色♡。

P1090327
正面には亀山と愛宕さん。
嵯峨嵐山ロコ民のトランキライザー的風景。

P1090330
背中に比叡を望むロケーション。
昨日読み掛けだった本を片付けると、次の一冊は場所替え。
渡月小橋から旧舟曳路を西に進みます。

P1090337
旧舟曳路は新緑楓のアーケード。

P1090338
晩秋にはコレが深紅に染まるんだから、そりゃスゴい事になるもんです。

P1090344
千鳥ヶ淵のどん突き、「奥アラシヤマ」の堆積岩渓谷。
ネタ的には少し「ブラタモリ」に寄ってるかな?。

P1090346
旧嵐峡館さん前(現.星のや)と云った方が解り易いですね。

P1090347
日陰の川岸に腰掛けて一服。
新しい一冊を取り出し、頁を捲ります。

P1090351
楓の傘の下、そよそよと流れる薫風、そして葉擦の音。
肌に目に耳に、心地良い時間がゆっくりと流れていきました。

Z_20210510133301
今日の一冊。
久し振りに読み直しの痴情小説。
程度の差こそ有れ、こー云う風に「勘違い」している(させられている)東男は現代にも沢山居るのでして。
おしまい。

 

|

2021.05.09

●続.緑青の書林

えー、四十九日法要で一週間ばかりミヤコ帰京中の私め。
本日は壇払いなどの後処理に追われる午前中、ひと段落着いたのはお昼前です。

そんな訳で寸隙を見付けて息抜きがてらの「読書タイム」。
文庫本と莨と缶珈琲を鞄に詰め込み、チャリを漕ぎ出すのでした。

1_20210509132201
鉄板レベルの観光的フォト、竹林の小径から亀山公園へ。

4_20210509132201
ボチボチ咲き始めたコバノミツバツツジや、

3_20210509132301
若緑の楓葉を物見しつつ、

5_20210509132201
「今日の図書室」、亀山公園展望台へ。

6_20210509132201
何時もの席にはピクニックの先着様。
展望台のテーブル席で、日陰になるのはアソコだけなんですよね…。

7_20210509132301
仕方無いので一番奥の展望台へ。
此処のテーブル席は「半.日陰」です。

P1090302
対岸には嵐山丘陵、眼下には保津川のグッドロケーション。

しかし昨日の洛外嵯峨野は日中気温Max26℃。
陽射しを浴びての読書には、チト辛い暑さです。

P1090316
そんな訳で30分後、日陰を求めて移動。
「雨中嵐山」石碑前に河岸を変える事に致しました。

P1090317
今日の一冊は、久し振りに読み直しの村上春樹。
これもロンドンブックスさんで購入、¥250也。

因みに午後入ってからの嵐山は曇り→小雨。
石碑通りの空模様も、ランニングするには却って良い気候になりました。
とさ。

 

|

●緑青の書林

えー、昨日は七七日の法要を終え、諸々の後処理を済ませた14時過ぎ。
黒衣と肩の荷を脱ぎ下し、家の近所の読書室へ向かいました。

P1090295
昨日選んだ「読書室」は、大堰川.千鳥ヶ淵北岸。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2020/05/post-e3f5d2.html

立夏の薫風に乗って若葉の香りが瑞々しい季節。
外で本読みするには絶好の日和です。

P1090291
緑蒼の青葉に彩られた楓や櫻。

P1090294
千鳥ヶ淵の深瀞は濃い翡翠に沈んでいます。
立夏の嵐山は目にも鮮やかな「緑さす」、万緑の世界に染められていました。

P1090298
今日の一冊。
嵯峨駅前のロンドンブックスさん(↓)で購入、¥450也。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2020/05/post-2a9563.html

ミヤコも禁酒法発令中。
そんな訳で「読書」か「ランニング」しかやる事無いのでして。

|

2021.03.31

●桜曜日.広沢池

P1080159

P1080161

P1080163

P1080166

P1080171

P1080172

P1080174

P1080178

P1080179
取敢えず所用をもひと段落、昨日は帰京最終日。
最後に広沢池へおかん二人で桜狩り。
北嵯峨は人が少ないので、のんびりとしたお花見でした。

 

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

BAR TRIPLE-SEC BAR TRIPLE-SEC/グラス紹介 BAR TRIPLE-SEC/休日案内 BAR TRIPLE-SEC/営業案内 BAR TRIPLE-SEC/販売速報 BAR TRIPLE-SEC/雑物古物 SKI 2011/12.滑走記 SKI 2012/13.滑走記 SKI 2013/14.滑走記 SKI 2014/15.滑走記 SKI 2015/16.滑走記 SKI 2016/17.滑走記 SKI 2017/18.滑走記 SKI 2018/19.滑走記 SKI 2019/20.滑走記 SKI 2020/21.滑走記 SKI FIS アルペンニュース SKI ゲレンデGPS計測 SKI ゲレンデ内外.小ネタ集 SKI シーズンオフ.イベント集 SKI シーズンオフ.ゲレンデ集 SKI スキーギア/アイテム集 SKI スキー今昔物語 SKI スノーナビさん SKI ポスター集 SKI 山座同定/ヤマコレ集 SKI 試乗会インプレッション SKI 雪山就労日誌.2016/17 SKI 雪山就労日誌.2017/18 SKI 雪山就労日誌.2018月山 SKI 雪山就労日誌.2019月山 SKI 雪山就労日誌.2020月山 SKIのこと 雑 トレラン リポ.a奥多摩 トレラン リポ.b丹沢.箱根 トレラン リポ.c奥武蔵 トレラン リポ.d高尾.青梅 トレラン リポ.e北都留.道志 トレラン リポ.f奥秩父.大菩薩 トレラン リポ.g京都.比良 トレラン リポ.h信越.東北 トレラン 山走記総括 トレラン シューズ/アイテム集 トレランのこと 雑 マラソン 2009年大会リポ マラソン 2010年大会リポ マラソン 2011年大会リポ マラソン 2012年大会リポ マラソン 2013年大会リポ マラソン 2014年大会リポ マラソン 2015年大会リポ マラソン 2016年大会リポ マラソン 2017年大会リポ マラソン 2018年大会リポ マラソン 2019年大会リポ マラソン 2020年大会リポ マラソン 2021年大会リポ マラソン シューズ/ギア集 マラソン 京都ホームコース走 マラソン 他ゲストコース走 マラソン 東京ホームコース走 マラソンのこと 雑 ラグビー ワールドカップ 2011 ラグビー ワールドカップ 2015 ラグビー ワールドカップ 2019 ラグビー ジャパン ラグビー セブンズ ラグビー トップリーグ ラグビー 大学 ラグビーのこと.色々 ・Ⅰ.Bambooインフォメーション ・Ⅱ.Bambooお休み案内 ・Ⅲ.歳時記 ・Ⅳ.室礼 ・Ⅴ.銘品集【マスターピース】 ・Ⅵ.某飲某食所処 ・Ⅶ.「ミヤコ」昨今事情 ・Ⅷ.都名所図会 ・Ⅸ.嵯峨野「さらなり」 ・Ⅹ.「花街」彼是 ・Ⅹⅰ.赤坂逍遥 ・Ⅹⅱ.帝都散策 ・Ⅹⅲ.旅行けば ・Ⅹⅳ.書籍百般 ・Ⅹⅴ.グラスのこと ・Ⅹⅵ.お酒のこと ・Ⅹⅸ.自転車のこと ・Ⅹⅹⅰ.建築雑感 ・Ⅹⅹⅱ.雑 ・「Bamboo」移転情報 ・「Bamboo」閉店情報