2016.12.13

●Val d`Isere (FRA) GS/SL速報

えー、FISワールドカップGS第三戦/SL第二戦、ヴァル.ディゼールのレース速報。
土日続けて技術系二種目のレース開催、まとめてアップ致します。

土曜日に行われたGSはパントゥルーが今季二勝目。
一本目ラップを奪うと、二本目はそのマージンをしっかりと生かし切り完勝。
ヒルシャーの猛追をかわして、GS戦線主役の座をがっちりとキープしました。

2位にはGS3戦連続の2位となったヒルシャー。
二本目の猛アタックは彼らしいパワフルでダイレクトな攻めの滑り、ゴールした時点では逆転での優勝かと思ったのですが…。
アレクシの高レベルでの安定感に一歩及びませんでした。

3位は一本目12位からジャンプアップのヘンリク、4位はフィリックスとお馴染の顔触れ。
得意のコースで一本目2位につけたルイッツは二本目ミスが目立ち5位に沈みました。

尚、ドッファーは怪我で今季絶望との事、あとファナラも出ていませんでしたね。

1
3 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA 1:00.92 1:01.70 2:02.62   0.00
2 4 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 1:01.59 1:01.36 2:02.95 +0.33 2.64
3 5 422304 KRISTOFFERSEN Henrik 1994 NOR 1:02.60 1:01.52 2:04.12 +1.50 11.99
4 7 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER 1:02.14 1:02.04 2:04.18 +1.56 12.47
5 12 202437 LUITZ Stefan 1992 GER 1:01.57 1:02.77 2:04.34 +1.72 13.75
6 10 51007 SCHOERGHOFER Philipp 1983 AUT 1:02.12 1:02.27 2:04.39 +1.77 14.15
7 13 421669 HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR 1:02.14 1:02.35 2:04.49 +1.87 14.95
8 50 103729 READ Erik 1991 CAN 1:03.15 1:01.50 2:04.65 +2.03 16.22
9 1 194495 FAIVRE Mathieu 1992 FRA 1:02.52 1:02.19 2:04.71 +2.09 16.70
10 18 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 1:03.51 1:01.36 2:04.87 +2.25 17.98
11 21 54031 LEITINGER Roland 1991 AUT 1:01.97 1:02.95 2:04.92 +2.30 18.38
12 27 192506 MISSILLIER Steve 1984 FRA 1:02.57 1:02.47 2:05.04 +2.42 19.34
13 22 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 1:02.85 1:02.47 2:05.32 +2.70 21.58
14 24 380335 ZUBCIC Filip 1993 CRO 1:03.43 1:01.95 2:05.38 +2.76 22.06
15 28 51159 NOESIG Christoph 1985 AUT 1:02.31 1:03.13 2:05.44 +2.82 22.54
16 15 291318 TONETTI Riccardo 1989 ITA 1:03.41 1:02.17 2:05.58 +2.96 23.66
17 14 292967 EISATH Florian 1984 ITA 1:03.55 1:02.04 2:05.59 +2.97 23.74
18 41 534508 CHODOUNSKY David 1984 USA 1:03.55 1:02.11 2:05.66 +3.04 24.30
19 35 202345 SCHWAIGER Dominik 1991 GER 1:03.26 1:02.76 2:06.02 +3.40 27.17
20 23 511852 CAVIEZEL Gino 1992 SUI 1:02.15 1:04.59 2:06.74 +4.12 32.93
20 16 511313 JANKA Carlo 1986 SUI 1:03.54 1:03.20 2:06.74 +4.12 32.93
22 39 700879 ZAMPA Andreas 1993 SVK 1:02.60 1:04.68 2:07.28 +4.66 37.24
23 19 990116 DE ALIPRANDINI Luca 1990 ITA 1:03.11 1:04.23 2:07.34 +4.72 37.72
24 33 194873 SARRAZIN Cyprien 1994 FRA 1:03.01 1:06.23 2:09.24 +6.62 52.91

日曜日のスラロームはクリストファーセンが今季初優勝。
ヘッドスポンサー問題の鬱憤を晴らすかの様な滑りぱ「圧巻」の一言。
特に二本目、鬼攻めを見せたヒルシャーを更に上回る滑りでラップを叩き出し、絶対王者を力で捻じ伏せます。
これは昨季何度も見た光景、愈々ヘンリク完全復調でしょうか。

2位にはまたまたマルセル.ヒルシャー。
一本目3位から二本目はフィジカル全開のパワーアタック、今日こそ優勝かなと思った矢先、今度はクリストファーセンにやられてしまいました。
今季のヒルシャーはGSにアレクシ/SLにヘンリクと絶好調の難敵が立ち塞がっており、若しかすると種目別よりオーバーオール優勝の方が近い距離にあるんじゃないでしょうか。

3位には一本目2位のコロシロフが手堅く入り、以下ディグルーバー、グロス、マット弟。
シュオーツを含め、今季オーストーの若手からは目が離せ無さそうです。

尚、一本目ラップのパントゥルーは二本目序盤、まさかのコースアウト。
地元の大歓声が悲鳴に変わった瞬間、ヴァル.ディゼール連勝は夢と散りました。
しかしこのノーポイントは、オーバーオール争いで余りにも痛い結果です。

ジャパンのエース湯浅直樹は一本目14位と久々の二本目中位残り。
二本目も大きなミスや危なっかしい場面は無く、暫定3位でフィニッシュ。
上位選手のDNFににも助けられ、二年振りにトップ10(10位)のリザルトを残しました。
次戦は相性の良いマドンナ、此処でポイントを獲得すれば一年振りの第2シード復活も見えてきます。                                                                                                                   

1 2 422304 KRISTOFFERSEN Henrik 1994 NOR 51.67 52.87 1:44.54   0.00
2 6 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 51.99 53.30 1:45.29 +0.75 5.17
3 5 480736 KHOROSHILOV Alexander 1984 RUS 51.49 54.97 1:46.46 +1.92 13.22
4 8 51395 DIGRUBER Marc 1988 AUT 53.12 53.77 1:46.89 +2.35 16.19
5 1 293797 GROSS Stefano 1986 ITA 52.15 54.86 1:47.01 +2.47 17.01
6 20 54170 MATT Michael 1993 AUT 53.62 53.50 1:47.12 +2.58 17.77
7 14 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 52.91 54.30 1:47.21 +2.67 18.39
8 7 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 52.86 54.39 1:47.25 +2.71 18.66
9 13 501111 HARGIN Mattias 1985 SWE 52.22 55.32 1:47.54 +3.00 20.66
10 36 301709 YUASA Naoki 1983 JPN 52.99 54.58 1:47.57 +3.03 20.87
11 12 511996 YULE Daniel 1993 SUI 52.44 55.32 1:47.76 +3.22 22.18
12 26 511983 AERNI Luca 1993 SUI 53.14 54.63 1:47.77 +3.23 22.25
13 43 6291574 SALA Tommaso 1995 ITA 53.37 54.46 1:47.83 +3.29 22.66
14 11 290732 THALER Patrick 1978 ITA 53.60 54.33 1:47.93 +3.39 23.35
15 19 192665 GRANGE Jean-Baptiste 1984 FRA 53.00 55.02 1:48.02 +3.48 23.97
16 44 202451 STRASSER Linus 1992 GER 52.98 55.06 1:48.04 +3.50 24.11
17 21 220689 RYDING Dave 1986 GBR 53.54 54.79 1:48.33 +3.79 26.10
18 65 60253 MARCHANT Armand 1997 BEL 53.44 54.99 1:48.43 +3.89 26.79
19 22 293098 RAZZOLI Giuliano 1984 ITA 53.68 54.95 1:48.63 +4.09 28.17
20 15 191459 LIZEROUX Julien 1979 FRA 53.77 54.95 1:48.72 +4.18 28.79
21 27 501116 LAHDENPERAE Anton 1985 SWE 53.57 55.94 1:49.51 +4.97 34.23
22 32 700830 ZAMPA Adam 1990 SVK 53.78 55.77 1:49.55 +5.01 34.51
23 4 54320 SCHWARZ Marco 1995 AUT 52.68 57.47 1:50.15 +5.61 38.64
24 28 511902 ZENHAEUSERN Ramon 1992 SUI 53.11 57.42 1:50.53 +5.99 41.26
25 23 421860 NORDBOTTEN Jonathan 1989 NOR 53.61 58.58 1:52.19 +7.65 52.69
26 16 193967 MUFFAT-JEANDET Victor 1989 FRA 53.37 1:00.60 1:53.97 +9.43 64.95

|

2016.12.05

●Val d`Isere (FRA) GS速報

えー、FISワールドカップGS第二戦、ヴァル.ディゼールのレース速報。
レースカレンダーではビーバークリーク(USA)開催の筈だったのですが、如何やら降雪不足でキャンセル、ヴァル.ディゼールに代替開催となった模様です。
しかもこのレース、Jスポさんでライヴ中継が無かったのでFISのHPからのリザルトアップだけになりまする…。

フェイブル、何だか「あっさり」と勝ちましたね。
昨季から本格化の兆しを見せていた「GSトップシード」フランス四人衆の一角。
苗場での2位、サンモリッツでの3位から、瞬く間に表彰台の中央に登りつめました。
しかも2本目は初優勝のプレッシャーが掛かる中、29番スタート(一本目2位)でラップを叩き出しての優勝。
絶対王者ヒルシャーを逆転しての勝利ですから、その価値は猶更上がります。
しかしこれじゃ、昨季11年掛けて悲願の初優勝を達成したファナラの立場が…。

尚、2位にはヒルシャー、3位にはパントゥルーとお馴染の顔触れ。
以下ファナラ、ムハット-ジャンと、トップ5のうち4人を占めた地元フランス勢の充実振りが目を惹きました。
他、有力所ではヘンリク8位、リゲティ11位、フェリックス16位と云った結果。
ジャパン勢は成田一人のみの参戦、1本目でコースアウトした模様です。

1 7 194495 FAIVRE Mathieu  1992 FRA 1:11.63 1:13.38 2:25.01   0.00
2 6 53831 HIRSCHER Marcel  1989 AUT 1:11.62 1:13.88 2:25.50 +0.49 3.31
3 5 194364 PINTURAULT Alexis  1991 FRA 1:12.70 1:13.42 2:26.12 +1.11 7.50
4 4 191750 FANARA Thomas  1981 FRA 1:12.06 1:14.47 2:26.53 +1.52 10.27
5 13 193967 MUFFAT-JEANDET Victor  1989 FRA 1:12.39 1:14.42 2:26.81 +1.80 12.16
6 24 990116 DE ALIPRANDINI Luca  1990 ITA 1:13.15 1:13.99 2:27.14 +2.13 14.39
7 12 51007 SCHOERGHOFER Philipp  1983 AUT 1:12.81 1:14.56 2:27.37 +2.36 15.95
8 3 422304 KRISTOFFERSEN Henrik  1994 NOR 1:13.23 1:14.16 2:27.39 +2.38 16.08
9 52 103729 READ Erik  1991 CAN 1:13.79 1:13.72 2:27.51 +2.50 16.90
10 20 291318 TONETTI Riccardo  1989 ITA 1:12.66 1:14.93 2:27.59 +2.58 17.44
11 1 534562 LIGETY Ted  1984 USA 1:12.99 1:14.65 2:27.64 +2.63 17.77
12 9 54063 FELLER Manuel  1992 AUT 1:12.82 1:14.84 2:27.66 +2.65 17.91
13 26 380335 ZUBCIC Filip  1993 CRO 1:13.61 1:14.09 2:27.70 +2.69 18.18
14 37 531799 FORD Tommy  1989 USA 1:13.77 1:14.13 2:27.90 +2.89 19.53
15 14 511896 MURISIER Justin  1992 SUI 1:13.35 1:14.61 2:27.96 +2.95 19.94
16 2 201702 NEUREUTHER Felix  1984 GER 1:13.24 1:14.81 2:28.05 +3.04 20.54
17 11 421669 HAUGEN Leif Kristian  1987 NOR 1:13.61 1:14.45 2:28.06 +3.05 20.61
18 27 534959 JITLOFF Tim  1985 USA 1:13.88 1:14.25 2:28.13 +3.12 21.09
19 31 422139 KILDE Aleksander Aamodt  1992 NOR 1:13.56 1:14.61 2:28.17 +3.16 21.36
20 8 292967 EISATH Florian  1984 ITA 1:13.81 1:14.40 2:28.21 +3.20 21.63
21 23 511852 CAVIEZEL Gino  1992 SUI 1:13.12 1:15.16 2:28.28 +3.27 22.10
22 49 6530319 COCHRAN-SIEGLE Ryan  1992 USA 1:14.03 1:14.30 2:28.33 +3.32 22.44
23 18 501017 MYHRER Andre  1983 SWE 1:13.45 1:14.97 2:28.42 +3.41 23.05
24 36 512182 MEILLARD Loic  1996 SUI 1:13.97 1:14.57 2:28.54 +3.53 23.86
25 22 292491 MOELGG Manfred  1982 ITA 1:13.89 1:14.79 2:28.68 +3.67 24.80
26 17 180534 SANDELL Marcus  1987 FIN 1:13.25 1:15.57 2:28.82 +3.81 25.75
27 45 534508 CHODOUNSKY David  1984 USA 1:14.02 1:15.85 2:29.87 +4.86 32.84

|

2016.11.14

●Levi(FIN).SL開幕速報

Levilogo_3えー、昨日は「2016/17.FIS World Cup」、男子スラローム開幕戦。
毎年御馴染み、フィンランドはレヴィにてオープニングレースが行われました。
そんな訳での今季SL初戦、結果速報になります。

昨季チャンプのクリストファーセンが内輪のゴタゴタで欠場、絶対王者のヒルシャーは中耳炎でレース直前迄参戦不確定と、「SL二強」が不在&体調不良の開幕戦。
波乱の予感が漂うスラローム初戦、でしたが…。

葢を空けてみれば「ヒルシャー圧勝」。
一本目の足切りが1.73秒と云う大混戦の中、二本共ラップを叩き出し二位に1.30秒の大差をつけての完勝。
調整不足が噂されたGS初戦と云い、まるで「調子悪い詐欺」的なタチの悪さです。

2位は初の表彰台となるマット弟、3位には久し振りのポディウムとなったメルグ。
以下4位ノイロイター、5位フェラー、一歩目3位に付けたライディングがベストリザルトの6位に入りました。

ジャパン勢は湯浅直樹(36番ビヴ/41位).大越龍之介(65番ビヴ/49位)共に見せ場無くDFQ。
コーチング体制が一新されたチームジャパンですがエース湯浅は上昇気配見えず、若手(と云うか中堅…)の台頭も期待薄。
昨シーズン以上の苦戦は必至、今季も辛いワールドカップ観戦となりそうです。

1 5 53831 HIRSCHER Marcel  1989 AUT 53.11 51.56 1:44.67   0.00
2 26 54170 MATT Michael  1993 AUT 53.74 52.23 1:45.97 +1.30 8.94
3 17 292491 MOELGG Manfred  1982 ITA 53.72 52.26 1:45.98 +1.31 9.01
4 6 201702 NEUREUTHER Felix  1984 GER 53.53 52.55 1:46.08 +1.41 9.70
5 20 54063 FELLER Manuel  1992 AUT 54.23 51.92 1:46.15 +1.48 10.18
6 21 220689 RYDING Dave  1986 GBR 53.57 52.67 1:46.24 +1.57 10.80
6 10 501111 HARGIN Mattias  1985 SWE 53.85 52.39 1:46.24 +1.57 10.80
8 28 511983 AERNI Luca  1993 SUI 54.21 52.09 1:46.30 +1.63 11.21
8 2 202462 DOPFER Fritz  1987 GER 54.00 52.30 1:46.30 +1.63 11.21
10 24 421860 NORDBOTTEN Jonathan  1989 NOR 54.12 52.23 1:46.35 +1.68 11.56
11 15 194364 PINTURAULT Alexis  1991 FRA 54.53 52.01 1:46.54 +1.87 12.86
12 66 502015 JAKOBSEN Kristoffer  1994 SWE 54.48 52.07 1:46.55 +1.88 12.93
12 29 421669 HAUGEN Leif Kristian  1987 NOR 54.24 52.31 1:46.55 +1.88 12.93
14 27 501116 LAHDENPERAE Anton  1985 SWE 54.77 51.90 1:46.67 +2.00 13.76
15 34 150644 KRYZL Krystof  1986 CZE 54.20 52.58 1:46.78 +2.11 14.51
16 31 511127 GINI Marc  1984 SUI 54.49 52.30 1:46.79 +2.12 14.58
17 23 501101 BYGGMARK Jens  1985 SWE 54.78 52.15 1:46.93 +2.26 15.55
18 19 192665 GRANGE Jean-Baptiste  1984 FRA 54.71 52.39 1:47.10 +2.43 16.72
19 9 511996 YULE Daniel  1993 SUI 53.75 53.42 1:47.17 +2.50 17.20
20 16 193967 MUFFAT-JEANDET Victor  1989 FRA 54.44 52.74 1:47.18 +2.51 17.27
21 14 290732 THALER Patrick  1978 ITA 54.15 53.08 1:47.23 +2.56 17.61
22 25 511902 ZENHAEUSERN Ramon  1992 SUI 54.35 52.90 1:47.25 +2.58 17.75
23 12 51395 DIGRUBER Marc  1988 AUT 54.20 53.07 1:47.27 +2.60 17.88
24 13 191459 LIZEROUX Julien  1979 FRA 54.21 53.09 1:47.30 +2.63 18.09
25 40 290095 BALLERIN Andrea  1989 ITA 54.47 53.08 1:47.55 +2.88 19.81
26 42 511908 SCHMIDIGER Reto  1992 SUI 54.81 53.02 1:47.83 +3.16 21.74
27 65 512138 SIMONET Sandro  1995 SUI 54.54 53.35 1:47.89 +3.22 22.15
27 46 53889 HIRSCHBUEHL Christian  1990 AUT 54.84 53.05 1:47.89 +3.22 22.15
29 45 202451 STRASSER Linus  1992 GER 54.33 53.72 1:48.05 +3.38 23.25

|

2016.10.28

●「2016/17 FIS.Europe Cup」カレンダー

えー、気付けば10月も「マジック4」。
冬へのカウントダウンを迎え、弊ブログもボチボチ「スキー話」が増えてくる季節。
そんな訳で本日も昨日に引き続いての「アルペンレース」ネタで御座います。

今週日曜日に今季の開幕戦を終えた「 FIS.アルペンワールドカップ」。
本日はWorld Cupの1ランク下のカテゴリー、ヨーロッパカップに就いて。
2016/17シーズンの技術系二種目、カレンダーは以下の通りです。

Fis_europa_cup_horizontal_rvb_2

●2016/17 European Cup(SL)
29-30.11.2016 Levi (FIN)  ※2xSL      
14.12.2016 Obereggen (ITA)      
15.12.2016 Val di Fassa (ITA)   
17.12.2016 Kronplatz (ITA)  ※PSL      
11.-12.1.2017 Zell am See (AUT)  ※2xSL   
11.-12.2.2017 Zakopane (POL)  ※2xSL      
18.2.2017 Oberjoch (GER)      
19.3.2017 Innichen-S. Candido (ITA)

●2016/17 European Cup(GS)
3.-4.12.2016 Gaellivare (SWE)  ※ 2xGS      
9.-10.1.2017 Davos (SUI)  ※ 2xGS      
19.-20.1.2017 Val d`Isere (FRA)  ※2xGS      
8.-9.2.2017 Jasna (SVK)  ※2xGS      
17.2.2017 Oberjoch (GER)      
18.3.2017 Innichen-S. Candido (ITA)

今季のEC、「何か開催数少ないなー」と思ったらレース数自体は昨季比±0。
「1開催地×2レース」のスケジュールが増えてました。
因みにSLは8開催/11レース、GSは6開催/10レースとなってます。

オーレ/オーバーヨッホ/ポッツァ.ディ.ファッサ/オベレッジェン等々、毎年EC馴染の会場が並んでいますが、見慣れない名前もチラホラ散見。
特にファイナルはのイニヒェン(サン.カンディド)は専らフリースタイルで使われるゲレンデ、アルペンレースの開催は珍しいスキー場です。
個人的な注目は、昨年に引き続いての「ヴァル.ディ.ゼール」GS開催。
コレはJスポさんで放送して欲しいくらい。

まぁ今更云う迄もありませんが、ECは若手選手が結果を残しワールドカップへのステップアップとするレース、若しくは第二シード圏内前後の選手が、FISポイント獲得の為に出場するレース。
恐らく今季のジャパン勢は湯浅直樹が「後者」の立ち位置で、GSに関しては成田.石井らが「前者」の立場で参戦する機会が多いと思われます。
只、成田も石井も、ヨーロッパ基準でぱ「若手」と云うに厳しい年齢。
果たして今季のジャパンGS陣、WCでの二本目進出はなるのでしょうか…。

因みにECのもう一つ下のカテゴリー、FISレースながらWC並みの盛り上がりを見せるWestendorf(AUT)のSLは1月19日の開催。
同大会はキッツビューエルの前哨戦的意味合いが強く、第一シード下位から第二シードの選手も大挙参戦します。

そー云ゃ佐々木明がウェステンドルフで優勝したのは2006年。
もう11シーズンも前の事になるんですね…。

|

2016.10.27

●Soelden (AUT) GS速報

えー、「諏訪湖マラソン」関係のエントリーでアップが遅れてしまいましたが…。

Fisworldcup

今週日曜日は「2016/17.WINTER」、スキーサーカスのオープニング。
オーストリア/セルデンにてFISアルペンスキー.ワールドカップの開幕戦、男女のジャイアントスラローム第一戦が行われました。
そんな訳で男子GS、オープニングレースの結果速報になります。

「絶対王者」マルセル.ヒルシャーは調整不足が噂され、「GSマスター」テッド.リゲティは靭帯断裂の故障明け。
「GS2強」の調子に疑問符の付く開幕戦を制したのは、アレクシ.パントゥロー。
昨季後半からの好調を継続、二本共ラップを奪う完全優勝です。
特に二本目、シビアなライン取りを求められる振り幅の広いポールセットで「ギュンギュン」カービングを利かせての滑りは圧巻。
今季GS「打倒ヒルシャー」の一番手に名乗りを上げる完勝でした。

2位には「何処が調子悪いの?」てな感じのヒルシャー、二本目は彼らしいフィジカル全開のパワースキーで表彰台ゲット。
3位には手堅く「らしい」滑りでノイロイターが入りました。

4位には大幅に自己最高位を更新、初のトップ10入りとなるクラニエツ。
リゲティは二本目「GSキング」の片鱗を覗かせる滑りで5位。
ファナラ、クリストファーセン、フェイブルら有力選手も手堅くトップ10入りと云う結果になりました。

尚、日本からは成田秀将(73BIB)と石井智也(76BIB)が出場。
成田はDNF、石井はDNQ(▼2.52)5と結果を残せませんでした。
兎に角EC/FISレースで経験とポイントを積んで、WC二本目進出を狙いたい所です。

国内の滑走シーズンを前に、一足早く訪れるアルペンスキーの季節。
毎年この時期を境として、私めの脳内も「スキー一色」シフトチェンジ。
来月からは愛機のベースワックス作り、狭山での室内プレ滑走、そしてかぐら初滑り…。
「至福の季節」突入へ、もう間も無くです。

                                                                                                      
1 5 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA 1:04.38 1:09.63 2:14.01   0.00
2 3 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 1:04.55 1:10.16 2:14.71 +0.70 5.12
3 9 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER 1:05.12 1:10.26 2:15.38 +1.37 10.02
4 24 561244 KRANJEC Zan 1992 SLO 1:05.54 1:09.91 2:15.45 +1.44 10.53
5 7 534562 LIGETY Ted 1984 USA 1:05.87 1:09.79 2:15.66 +1.65 12.07
6 2 191750 FANARA Thomas 1981 FRA 1:05.42 1:10.26 2:15.68 +1.67 12.21
7 12 511896 MURISIER Justin 1992 SUI 1:04.58 1:11.21 2:15.79 +1.78 13.02
8 4 422304 KRISTOFFERSEN Henrik 1994 NOR 1:05.46 1:10.47 2:15.93 +1.92 14.04
9 1 194495 FAIVRE Mathieu 1992 FRA 1:05.77 1:10.17 2:15.94 +1.93 14.11
10 28 990116 DE ALIPRANDINI Luca 1990 ITA 1:06.18 1:09.95 2:16.13 +2.12 15.50
11 21 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 1:04.89 1:11.25 2:16.14 +2.13 15.58
12 39 202265 STAUBITZER Benedikt 1990 GER 1:06.40 1:09.75 2:16.15 +2.14 15.65
13 16 511313 JANKA Carlo 1986 SUI 1:06.01 1:10.18 2:16.19 +2.18 15.94
14 6 193967 MUFFAT-JEANDET Victor 1989 FRA 1:06.27 1:09.97 2:16.24 +2.23 16.31
15 26 501324 OLSSON Matts 1988 SWE 1:06.01 1:10.29 2:16.30 +2.29 16.75
16 23 511852 CAVIEZEL Gino 1992 SUI 1:06.16 1:10.23 2:16.39 +2.38 17.40
17 53 512269 ODERMATT Marco 1997 SUI 1:05.86 1:10.56 2:16.42 +2.41 17.62
18 15 421669 HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR 1:06.44 1:10.00 2:16.44 +2.43 17.77
19 11 202437 LUITZ Stefan 1992 GER 1:04.98 1:11.47 2:16.45 +2.44 17.84
20 22 54031 LEITINGER Roland 1991 AUT 1:06.24 1:10.28 2:16.52 +2.51 18.36
21 13 292967 EISATH Florian 1984 ITA 1:06.27 1:10.31 2:16.58 +2.57 18.79
22 14 51007 SCHOERGHOFER Philipp 1983 AUT 1:05.89 1:10.72 2:16.61 +2.60 19.01
23 32 422139 KILDE Aleksander Aamodt 1992 NOR 1:06.39 1:10.39 2:16.78 +2.77 20.26
24 8 294890 NANI Roberto 1988 ITA 1:06.44 1:10.42 2:16.86 +2.85 20.84
25 17 180534 SANDELL Marcus 1987 FIN 1:05.30 1:11.58 2:16.88 +2.87 20.99
26 29 192506 MISSILLIER Steve 1984 FRA 1:05.86 1:11.05 2:16.91 +2.90 21.21
27 18 202462 DOPFER Fritz 1987 GER 1:06.09 1:11.17 2:17.26 +3.25 23.77
28 30 51159 NOESIG Christoph 1985 AUT 1:05.96 1:11.58 2:17.54 +3.53 25.81

|

2016.10.21

●「2016/17 FIS.World Cup」カレンダー

えー、本日は久方振りの「スキーネタ」。
私めのスキーライフもオフ期に突入し早や半年、気付けば「2016/17.WINTER」も間近に迫って参りました。

そしてアルペンシーンに於いては日本国内がスキーシーズンに入るより一足早く、「FIS.アルペンワールドカップ」が開幕。
明日10月22日、オーストリアはソルデンにて女子GS、翌日には男子GSの初戦が行われます。

そんな訳で今季ワールドカップ、技術系種目のカレンダーになります。

●2017 WC Slalom (men's)
13.11.2016 Levi (FIN)      
11.12.2016 Val d`Isere (FRA)      
22.12.2016 Madonna di Campiglio (ITA)      
5.1.2017 Zagreb (CRO)      
8.1.2017 Adelboden (SUI)      
15.1.2017 Wengen (SUI) 
22.1.2017 Kitzbuehel (AUT)      
24.1.2017 Schladming (
AUT)
5.3.2017 Kranjska Gora (SLO)      
19.3.2017 Aspen (USA)

2017 FIS Alpine World Ski Championship SL(men's)
19.2.2017 St. Moritz (SUI)

●2017WC Giant Slalom (men's)
23.10.2016 Soelden (AUT)    
4.12.2016 Beaver Creek (USA)
10.12.2016 Val d`Isere  (FRA)
18.12.2016 Alta Badia (ITA)
7.1.2017 Adelboden (SUI)
29.1.2017 Garmisch Partenkirchen (GER)
4.3.2017 Kranjska Gora (SLO)
18.3.2017 Aspen (USA)

2017 FIS Alpine World Ski Championship GS (men's)
17.2.2017 St. Moritz (SUI)

Ski_paradise__st__moritz_2017

今季のトピックスは何と云っても「世界選手権」。
スイスはサンモリッツで、2年に一度のビッグイヤー開催です。
その為にSLは昨季より1開催少ない全10戦、GSは2開催少ない全8戦、2月はウィドウズマンスとなっています。

因みにゾルデンのGS開幕戦、ジャパン男子は成田、石井の両選手が出場。
ただ、どー考えても長谷川絵美の方がポイント獲る可能性高いんですよね。
Jスポさん、せめて開幕戦やクラッシックレースは女子も中継しましょうよ…。

正直、湯浅も昨季の出来を考えると第二シード復帰は難しそうだし、ニューカマーの台頭も期待出来ません。
チームジャパン、これからの楽しみは女子だけになっちゃいそうな悪寒…。

|

2016.06.17

●続「シーズンオフの処方箋」

えー、此処数日のトーキョーは、すっかりと梅雨本番の空模様。
「しとしと」「じめじめ」とした鬱陶しい日々が続いておりまする。

「あーあ、空から降ってくるのが雨じゃなく雪snowだったらなー」

なぞと他愛の無い事を思いつつ、せめて脳内だけでも「スノートリップ」。
先週の石井スポーツ.カスタムフェアで貰ってきた、スキーギアパンフを読み耽っている深科刻で御座います。

Img_6944

5月末の「スキーフォーラム2016」はウェア/アクセサリーがメインだったので、今回はマテリアル中心のパンフ物色。
オフシーズンのトランキライザー代わりに、沢山頂いて参りました。

そんな訳で、引き続き「雪ロス症候群」真っ只中の私めで御座いました。
とさ。

|

2016.03.24

●「FISアルペンワールドカップ」ファイナル

えー、「速報」と云うには遅過ぎるエントリーになりますが…。
2015/16シーズンの「FISアルペンワールドカップ」も愈々最終戦。
今季のスキーサーカス末尾を飾る「THE FINAL」が、サンモリッツで行われました。

Img_5074
GS最終戦に待っていたのはドラマチックなフィナーレ。
ワールドカップのポディウムに立つ事過去10度のトーマス.ファナラが、「遂に」念願の初優勝を飾りました。

1本目4位(0.56差)と比較的プレッシャーも少なく「狙う」には絶好の好位置。
2本目ラップを叩き出し、後続3人の追撃を振り切っての嬉しい初戴冠です。
シーズンラストのレースに相応しい、感動的且つ白熱した結果でした。

Img_5086
二位には苗場のGS優勝から完全覚醒した感のパントゥロー。
三位には同じく苗場で初表彰台に立ったフェイブルと、グレーワンピ初披露のフランス勢が「1.2.3フィニッシュ」。
トップシードに4人を占めるフランスチームの充実振りを示す表彰式です。

Img_5059
そしてマッシミリアーノ.ブラルドーネがこのレースを最後に引退。
2本目ゴール後には家族の出迎える中、感動的フィニッシュ。
15位に入りきっちりポイントをゲット、ラストランに花を添えました。

1 14  FANARA Thomas  1:08.45 1:06.47 2:14.92   100
2 6  PINTURAULT Alexis  1:08.09 1:06.85 2:14.94 +0.02 80
3 4  FAIVRE Mathieu  1:07.89 1:07.17 2:15.06 +0.14 60
4 3  SCHOERGHOFER Philipp  1:08.74 1:06.94 2:15.68 +0.76 50
5 7  HIRSCHER Marcel  1:08.91 1:06.93 2:15.84 +0.92 45
6 22  SANDELL Marcus  1:08.86 1:06.99 2:15.85 +0.93 40
7 15  EISATH Florian  1:08.36 1:07.58 2:15.94 +1.02 36
8 5  MUFFAT-JEANDET Victor  1:09.07 1:07.00 2:16.07 +1.15 32
9 9  MURISIER Justin  1:09.11 1:07.03 2:16.14 +1.22 29
10 1  KRISTOFFERSEN Henrik  1:09.41 1:06.84 2:16.25 +1.33 26
11 26  KILDE Aleksander Aamodt  1:09.95 1:06.59 2:16.54 +1.62 24
12 23  CAVIEZEL Gino  1:09.42 1:07.15 2:16.57 +1.65 22
13 25  LEITINGER Roland  1:09.62 1:07.12 2:16.74 +1.82 20
14 16  JANSRUD Kjetil  1:09.42 1:07.46 2:16.88 +1.96 18
15 19  BLARDONE Massimiliano  1:09.70 1:07.29 2:16.99 +2.07 16

翌日に行われたSLは、こちらも小波乱の展開。
既に種目別優勝の確定しているクリストファーセンが低調な滑り。
表彰台は疎か15位以内にも入れず、まさかのノーポイントに終わります。
ヒルシャー、ノイロイターら実力派が1本目中位に止まる中、上位トップ3にはにはユーリ、シュオーツ、ソルバーグと若手が独占。
昨日のGSに続いての「新顔」初優勝を予感させる流れです。

Img_5093
しかし表彰台の中央に立ったのは、何と3シーズン振り優勝のアンドレ.ミラー。
1本目0.25秒差の4位から、2本目セカンドラップでリーダーズボードへ。
残る上位3人は何れも届かず、マテリアルチェンジしてから初の優勝です。
そしてHEADチームにとっても、待望のスラローム優勝となりました。

Img_5090
2位には大捲りのヒルシャー、3位にはソルバーグ、シュオーツは惜しくも4位。
1本目ラップのダニエル.ユーリはプレッシャーからかミスの目立つ滑り。
まさかの11位に沈み、地元の大声援に応える事は出来ませんでした。

1 5  MYHRER Andre  51.95 51.80 1:43.75   100
2 3  HIRSCHER Marcel  52.07 51.82 1:43.89 +0.14 80
3 12  FOSS-SOLEVAAG Sebastian  51.79 52.32 1:44.11 +0.36 60
4 13  SCHWARZ Marco  51.76 52.57 1:44.33 +0.58 50
4 15  LIZEROUX Julien  52.40 51.93 1:44.33 +0.58 50
6 24  FELLER Manuel  52.79 51.61 1:44.40 +0.65 40
7 19  MOELGG Manfred  52.24 52.20 1:44.44 +0.69 36
8 1  KHOROSHILOV Alexander  52.15 52.45 1:44.60 +0.85 32
9 10  THALER Patrick  52.89 51.86 1:44.75 +1.00 29
10 2  NEUREUTHER Felix  52.14 52.73 1:44.87 +1.12 26
11 11  YULE Daniel  51.75 53.22 1:44.97 +1.22 24
12 9  PINTURAULT Alexis  52.80 52.19 1:44.99 +1.24 22
13 14  HARGIN Mattias  52.98 52.17 1:45.15 +1.40 20
14 17  DIGRUBER Marc  52.31 52.87 1:45.18 +1.43 18
15 23  RYDING Dave  52.62 52.68 1:45.30 +1.55 16

尚、男子の総合/種目別タイトルは最終戦を前にして全て確定。
総合はヒルシャーが前人未到の5連覇を達成し、種目別GSも連覇。
一方SLでは無敵の強さを発揮した「超新星」クリストファーセンがヒルシャーの4連覇を阻み堂々の戴冠。
高速系ではDH/ペーター.フィル、SG/オーモット.キルデ、コンビはパントゥローが何れも初のクリスタルトロフィー獲得と云う結果となりました。

これで今季の「スキーサーカス」も全て終了、8ヶ月間のオフシーズンに入ります。
私めのスノーライフはもう暫く続きますが、一つ「冬の楽しみ」が減ってしまいました。
あーあ、サミシイなぁ…。

|

2016.02.21

●2015/16. 二十四滑目「苗場」

えー、大分更新遅れましたが、一週間前の滑走記。
まぁ此処一週間で3遠征/4日滑のタイトスケジュール、エントリー滞り気味なのも仕方ありません。

で、2/14(日)のゲレンデは、アンマリ好きじゃない「苗場」。
「雨中」しかも「日曜日」の苗場なんて、普段は絶対にお断りするシチュエーション。
しかし今回ばかりはそうも参りません。

2016wc

そう、もう一つの目的が「FISアルペンワールドカップ/SL観戦」。
週間予報では雨不可避の確率が日に日に増し、矢張り当日は100%rain
一時は行くの止めようかとも思ったのですが、ジャパンツアー開催は2006年の志賀高原以来10年振り。
世界のトップレーサーの「ガチ」滑りがナマで見られる、又と無い機会です。

それにどうせゲレンデ滞在時間の内、4時間はレインコート着てつっ立っているだけ(WC観戦)で浸水被害も少ない筈。
滑走オンタイムも、苗場ならゴンドラ回しと云う手があったりします。
そして何より、「前日のGSをテレビで観てて、スイッチ入っちゃいました」。

そんな訳で迷った挙句の「Go Naeba!」。
以下、恒例の滑走記になりまする。

・2月14日(日) 苗場
気温:0~12℃ 
天候:午前/雨のち晴れ 午後/曇りのち小雨
雪質:新雪無し.水気を多分に含んだ重軟雪 コース荒れ激し

Img_2968
【写真上】7:20、何故かゲレンデボトムでツボ足跡…。
前夜からザーザー降り続く雨は早朝になっても雨脚収まらず。
従い雨を「たっぷり」吸った雪は、ザブザブのグッチョグチョ。

Img_2967
【写真上】「朝」なのに 途方に「暮れる」 スタッフさん。(字余り)
雪の吸水量を遥かにオーバーして、「雪上に水たまり」が浮かんでおりました。
しかも気温もこの時間帯にして1~2℃の生温さ、この残状は更に進行しそう…。

Img_2969_2
【写真上】7:40、「そして、川が作られました」。
雪上の雨水溜まり除去する為、排水溝による治水作業。
しかし「除雪」じゃ無く「除水」が必要なスキー場って…、初めて見る光景です。

Img_2970
【写真上】7:45、3ゲレ風景。
レースを控え、インスペクション中の選手達。
取敢えず「レースキャンセル」にはならずに済みました。

Img_2971
【写真上】同、2ゲレ風景。
2ゲレの向かって左半分は、選手専用のトレーニングバーン。
一般ゲストの立ち入りは不可となっています。

Img_2990
【写真上】8:00、2高乗車。
取敢えず10時迄はフツーの滑走アクティビティ。
雨も多少小降りになり、薄らと陽光も覗く様になって参りました。

Img_2999
【写真上】オープニングは2ゲレを3本回し。
まぁ足慣らしには丁度良いコース。
しかし隣のネット向こうでは世界のトップレーサーが滑っているので、何だか普段以上に気合が入ります。

Img_3015
【写真上】8:30、1ゴン乗車。
運行待ちの行列は無くスムーズに一番乗車、日曜日の苗場とは思えませんでした。
まぁこの悪天候ですから、一般のファミリーやカップルはプリンスでゆっくり朝食を取っておられるのでしょう。

今日の「ターゲットバーン」はゴンドラ降り場からの大斜面。
昨日のワールドカップGSで使われたコースの一部、果たしてどんなハードバーンなのか「ワクワク」しつつのゴンドラ車中です。

Img_3017
【写真上】8:10、大斜面ゲレンデ到着…。
しかし…、

Img_3020
【写真上】うーん、

Img_3022
【写真上】何コレ…。
期待していたガチ「セメントバーン」の面影は微塵もありません。
一ヶ月掛けて作られたFIS.ワールドカップ使用のGSバーンは、圧雪車によって掘り起こされ「徹底的に破壊」されておりました。
「あーあ、コレ楽しみにして朝イチゴンドラ乗ったのに…」。

従い大斜面コースは御覧の様に「ガッタガタ」の「ボッコボコ」。
まるで「工事現場かっ」てな雪面振動で、叩かれっ放しのバーンとなっていました。

因みにスキー場の関係者に聞くと、以前(そんな大昔じゃない)にアイスバーンで滑走者同士の事故があって以来、苗場では決して「アイスバーンゲレンデをゲストには滑らせない」と云う決まりが出来たそうです。
にしても、コレは無いよなぁ…。

Img_3023
【写真上】ダウンヒルコース。
大斜面より下はフツーのピステン。
たっぷり水分を含んだバーンは、一本目からしてシャバ気味のコンディション。
うーん、こりゃ荒れるの早いわ…。

Img_3028
【写真上】9:10、ゴンドラよりダウンヒルコース上部。
この後はWCレース観戦の為、3ゲレトップの観戦ゾーンへ。

そんな訳で9:20~11:00間は滑走中止。
因みにワールドカップSL観戦記/その①はコチラ↓。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2016/02/in-3e12.html

Img_3082
【写真上】11:10、一旦観戦を終え滑走アクティビティ再開。
大会バーンと観客席の後ろを抜け、2ゲレへと向かうのですが…。

Img_2969
【写真上】「何っ、この新しいウインタースポーツ…」。
前述のベシャベシャ雪田んぼ状態は、「融雪」と「人の往来」で更に状況悪化。
ワールドカップ観戦エリア周辺は、殆ど「氷の融け始めた沼」となっておりました。

で、3ゲレ前の横断は写真の様な「ウォータースライドスキー」的有様。
今迄味わった事の無い、不思議な浮遊感を楽しめ(?)ました。
新発見「スキーって、結構浮くんですね」…。

Img_3092
【写真上】2高より、レース観戦しつつの滑走タイム。
9時半頃より好転してきた天候はすっかり回復、青空さえ覗いています。

Img_3096
【写真上】雪は…、まぁこんな感じ。
如何にも「締りのない」ベシャ雪。
まぁなまじハンパな天候より、雨中雨後の方が板の走りは良いんですけどね。

Img_3107
【写真上】12:30、2高より眺む男子リーゼン。
昨日GSの中盤パート、この日は滑走禁止となっています。
このMax29度.急斜面を「横幅の広いポールセット」で「セメントバーン」、しかも「R35の板」履いて「0.01のタイム競って」って…。
私めには到底無理ゲー、やっぱりWCレーサーってバケモノです。

この後は再びレース観戦、13:40~14:00間は滑走中止。
因みにワールドカップSL観戦記/その②はコチラ↓。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2016/02/sl2-c481.html

Img_3203
【写真上】14:10、表彰台を終え大会も無事閉幕。
午前中とは逆に、天候は再び下降線。
13時半を過ぎると軽くガス掛り、再びポツポツと小雨が濡って参りました。

WC観戦を終えると、こっちのテンションもやや弛緩気味。
そんなに「ガツガツ」滑る気分/天候/雪質でも無いので、ゲレンデ全域をクルージング滑する事と致しました。

Img_3210
【写真上】14:50、4高降り場にて。
3ゲレ周辺の大観衆とシリアスな雰囲気とは別世界。
如何にも「ナエパ」って感じな、緩~い雰囲気でした。

Img_3211
【写真上】15:05、5高降り場にて。
こっちもファミリーや若いカップルが殆ど、平和に賑わっています。

あと、この日の苗場はウィークエンドとしては意外に空いていました。
当日の雨が客足を鈍らせたのもあるでしょうが、一般ゲストの方々は「WC開催」で却って苗場を避けられたかも。
それに「板持たず」の純.観戦ゲストも結構居られましたしね。

Img_3220
【写真上】15:30、2ゲレに戻って来ると嬉しい誤算。
うひょっ♥。

Img_3224
【写真上】2ゲレ右のトレーニングバーンが開放されています。
こりゃラス1時間、2ゲレ回し決定です。

Img_3227
【写真上】ソコソコ足前に自信のある方は、みんな此処に集結。
まぁ何てコト無い「2ゲレ」なのですが、朝方に「ヘンリク」や「ヒルシャー」や「フェリックス」が滑っていたと思うと胸アツ。
何だか特別なバーンにすら思えてしまいます。
但しバーン硬化は然程されておらず、16時を過ぎると早々にモサ化していきました。

この後16時半には雨脚が強くなり本降り気配、16:40での撤収。
と、こんな感じの「バレンタインinナエバ(お一人様)」、滑走&観戦記でした。
おしまい。

|

2016.02.18

●「Felix~♡」

えー、フェリックス.ノイロイター1年振りの勝利で幕を閉じた「2015/16 FISアルペンワールドカップ」苗場大会。

初日のGSからして波乱のレースでしたが、SLは更に予想外の展開。
「レース直前迄、キャンセル覚悟の降雨悪天」
「ヒルシャーまさかの片ハン、4旗門目で消える」
「エース不在のオーストリー、2本目で若手陣の躍進」
「クリストファーセン、今季初めてポディウムを逃す」
「ドッファー、二戦続けてやってしまう…」
「覚悟していたとは云え、ジャパン勢全滅」
等々、話題に事欠かない大会二日目でした。

所処で日曜日は早朝トレーニングラン観戦時の事。
「Bogner」のゼブラワンピに「Magnesium Verla」ヘッドロゴのヘルメットの選手が、目の前を通り過ぎて行きました。
「あ、ノイロイター♪」。

第6クワッドへ向かう彼に、gehen!! Feli~x !!!」と声援を送ってみました。
すると…、

「チラッと振り向いて」

「ニコッと微笑んで」

「右手で大きくガッツポーズしてくれました」

ヨク解んないジャパニーズ男子の声援に、拳を突き上げ笑顔の対応。
噂でナイスガイ(しかも親日派)とは聞いていましたが、

「嗚呼、もうメロメロです…heart04

Img_3238
「フェリックス様 ♥…」
そんな訳で翌日から、PCデスクトップの壁紙も変更。
2013年/シュラドミンク世界選手権、メダリスト記念撮影の画像です。

声援を軽く受けてくれただけですが、何せ相手がトップシードの最高峰レーサー。
こんな些細な事でも、ムチャクチャ嬉しく感じてしまうのです。
これからは今迄以上、「一押し」で応援しちゃいますね。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

SKI 2011/12.滑走記 | SKI 2012/13.滑走記 | SKI 2013/14.滑走記 | SKI 2014/15.滑走記 | SKI 2015/16.滑走記 | SKI 2016/17.滑走記 | SKI FIS アルペンニュース | SKI ゲレンデGPS計測 | SKI ゲレンデ内外.小ネタ集 | SKI シーズンオフ.イベント集 | SKI シーズンオフ.ゲレンデ集 | SKI スキーギア/アイテム集 | SKI スキー今昔物語 | SKI スノーナビさん | SKI ポスター集 | SKI 山座同定/ヤマコレ集 | SKI 試乗会インプレッション | SKI 雪山就労日誌.2016/17 | SKIのこと 雑 | トレラン リポ.a奥多摩 | トレラン リポ.b丹沢.箱根 | トレラン リポ.c奥武蔵 | トレラン リポ.d高尾.青梅 | トレラン リポ.e奥秩父.大菩薩 | トレラン リポ.f京都.比良 | トレラン リポ.g信越 | トレラン 山走記総括 | トレラン シューズ/アイテム集 | トレランのこと 雑 | マラソン 2009年大会リポ | マラソン 2010年大会リポ | マラソン 2011年大会リポ | マラソン 2012年大会リポ | マラソン 2013年大会リポ | マラソン 2014年大会リポ | マラソン 2015年大会リポ | マラソン 2016年大会リポ | マラソン シューズ/ギア集 | マラソン ホームコース走 | マラソン 他ゲストコース走 | マラソンのこと 雑 | ラグビー ジャパン | ラグビー セブンズ | ラグビー トップリーグ | ラグビー ワールドカップ | ラグビー 大学 | ラグビーのこと.色々 | ・Ⅰ.Bambooインフォメーション | ・Ⅱ.Bambooお休み案内 | ・Ⅲ.歳時記 | ・Ⅳ.室礼 | ・Ⅴ.銘品集【マスターピース】 | ・Ⅵ.某飲某食所処 | ・Ⅶ.「ミヤコ」昨今事情 | ・Ⅷ.都名所図会 | ・Ⅸ.嵯峨野「さらなり」 | ・Ⅹ.「花街」彼是 | ・Ⅹⅰ.赤坂逍遥 | ・Ⅹⅱ.帝都散策 | ・Ⅹⅲ.旅行けば | ・Ⅹⅳ.書籍百般 | ・Ⅹⅴ.グラスのこと | ・Ⅹⅵ.お酒のこと | ・Ⅹⅸ.自転車のこと | ・Ⅹⅹⅰ.建築雑感 | ・Ⅹⅹⅱ.雑 | ・「Bamboo」移転情報 | ・「Bamboo」閉店情報