2017.12.17

●Alta Badia(ITA) GS速報

えー、FISワールドカップGS第3戦、アルタバディア(イタリア)のレース速報。
WCの開催されるGSコースの中でも「正統派」のテクニカルな斜面構成。
技術と経験/速さと強さ/マネジメントの滑りとアタックする滑り、全てが偏る事無く求められ、実力差がそのままに表れ易いコースです。

Fisworldcup_f_2
無敵の絶対王者、ヒルシャーが帰ってきました。
1本目、9割程度のアタックで軽くラップを奪うと2本目に鬼アタック。
唯一の13秒台を叩き出して2本目もラップ奪取、計1.7秒差をつけての「ぶっちぎり」でアルタバディア5連覇/今季二勝目を飾りました。

シーズン初戦のレヴィ(SL)こそ骨折明けの影響からか精彩を欠く滑り。
「やっぱりヒルシャーも人の子、怪我には勝てないんだなー」なんて思いましたが…。
「大間違いでした…」。
今日のヒルシャーは、昨年まで見慣れた何時もの無敵モード。
バケモンみたく圧倒的な速さと強さ、、GSの専制君主「完全復活」ってな滑りです。
画面越しに見ても一段上のスピード絶対域、こりゃ嵌った時の「アレクシ」か「ヘンリク」位しか勝機無さそうです。

二位にはクリストファーセン、しかしヒルシャーがゴールした際のタイムを見て半ば呆れ顔だったのが印象的。
三位には攻めの滑りで二本揃えたクラニエッツが初のポディウムゲット。
しかしスロベニアの男子選手が表彰台に立ったのって、何時以来でしょう。
女子はシュトヘツ、ちょい前にはティナ.マゼもいたのですが、うーん記憶に無い…。

パントゥルー(9位)は「今日はダメな日」、一本目がアレではノーチャンス。
リゲティ(5位)は上昇気配もタイトル争いに厳しく、狙いはオリンピックの一点絞りか。
そして今季絶好調だったルイッツが足の不調を訴え1本目序盤でレース棄権。
オリンピックイヤーだと云うのに、今シーズンのドイツは厄年なのか…。

あと、第一シード組ではムハット-ジャン/フェイブルのフランス勢、数少ないブリザードマイスターのエイサスが「全く乗れてない」のが気掛かり。
逆にフェラーの滑りはヒヤヒヤ/ワクワク半々、何かやってくれそうで楽しみです。

1 4 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 1:12.15 1:13.27 2:25.42   0.00 100.00
2 3 422304 KRISTOFFERSEN Henrik 1994 NOR 1:12.32 1:14.80 2:27.12 +1.70 11.46 80.00
3 15 561244 KRANJEC Zan 1992 SLO 1:12.48 1:14.76 2:27.24 +1.82 12.27 60.00
4 10 511896 MURISIER Justin 1992 SUI 1:12.64 1:14.85 2:27.49 +2.07 13.95 50.00
5 14 534562 LIGETY Ted 1984 USA 1:12.90 1:14.75 2:27.65 +2.23 15.03 45.00
6 7 501324 OLSSON Matts 1988 SWE 1:12.73 1:14.96 2:27.69 +2.27 15.30 40.00
7 8 54063 FELLER Manuel 1992 AUT 1:12.52 1:15.23 2:27.75 +2.33 15.70 36.00
8 11 990116 DE ALIPRANDINI Luca 1990 ITA 1:13.30 1:14.62 2:27.92 +2.50 16.85 32.00
9 6 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA 1:13.33 1:14.89 2:28.22 +2.80 18.87 29.00
10 5 421669 NESTVOLD-HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR 1:12.93 1:15.34 2:28.27 +2.85 19.21 26.00
11 2 194495 FAIVRE Mathieu 1992 FRA 1:13.97 1:14.35 2:28.32 +2.90 19.54 24.00
12 18 54031 LEITINGER Roland 1991 AUT 1:13.51 1:14.85 2:28.36 +2.94 19.81 22.00
13 47 54027 BRENNSTEINER Stefan 1991 AUT 1:13.72 1:14.84 2:28.56 +3.14 21.16 20.00
14 12 191750 FANARA Thomas 1981 FRA 1:13.17 1:15.40 2:28.57 +3.15 21.23 18.00
15 55 481103 ANDRIENKO Aleksander 1990 RUS 1:14.47 1:14.16 2:28.63 +3.21 21.63 16.00
16 27 294890 NANI Roberto 1988 ITA 1:13.99 1:14.86 2:28.85 +3.43 23.12 15.00
16 9 292967 EISATH Florian 1984 ITA 1:14.13 1:14.72 2:28.85 +3.43 23.12 15.00
18 22 512182 MEILLARD Loic 1996 SUI 1:14.11 1:14.77 2:28.88 +3.46 23.32 13.00
19 16 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 1:13.70 1:15.43 2:29.13 +3.71 25.00 12.00
20 23 511852 CAVIEZEL Gino 1992 SUI 1:14.42 1:14.80 2:29.22 +3.80 25.61 11.00
21 72 511983 AERNI Luca 1993 SUI 1:14.82 1:14.58 2:29.40 +3.98 26.82 10.00
22 19 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 1:13.99 1:15.53 2:29.52 +4.10 27.63 9.00
23 13 193967 MUFFAT-JEANDET Victor 1989 FRA 1:13.67 1:15.97 2:29.64 +4.22 28.44 8.00
24 48 194935 FAVROT Thibaut 1994 FRA 1:14.89 1:15.10 2:29.99 +4.57 30.80 7.00
25 20 380335 ZUBCIC Filip 1993 CRO 1:14.48 1:15.88 2:30.36 +4.94 33.29 6.00
26 29 202597 SCHMID Alexander 1994 GER 1:14.77 1:15.60 2:30.37 +4.95 33.36 5.00
27 26 103729 READ Erik 1991 CAN 1:13.90 1:19.89 2:33.79 +8.37 56.41 4.00
28 24 291318 TONETTI Riccardo 1989 ITA 1:13.52 1:24.52 2:38.04 +12.62 85.05 0.00

|

2017.12.15

●Val d`Isere (FRA) GS/SL速報

えー、小川和紙マラソン絡みのエントリーでアップが遅れてしまいましたが…。
FISワールドカップGS第2戦/SL第2戦、ヴァル.ディ.ゼールのレース速報。
土日続けて技術系二種目のレース開催、まとめてアップ致します。

Fisworldcup_f
週末のベルバルデは見るからにウェットな重雪がドッカドッカ。
まるで越後湯沢を思わせる様なベタ雪が降り頻る悪コンディション、しかも湿堆雪の下にはWC使用の「ガチ」セメントバーン。
只でさえ「うねり」「片斜」の多いテクニカルなコースで、この雪質の乖離。
しかも悪天でスタート標高が下げられ、ポールセットは鬼の様な振り幅。
うーん、想像しただけでも難度Maxな極悪コンディションです…。

そんなバーン状況の中、パントゥルーが昨年に続いてヴァル.ディ.ゼールGS連覇。
一本目3位から二本目ラップを叩き出しての逆転勝利、ムラの多いSLに較べGSでは抜群の安定感と爆発力、打倒ヒルシャーの一番手に名乗りを上げました。
2位にはビーバークリークに続いてのポディウムゲット、ステファン.ルイッツ。
昨年も5位に入った(一本目2位)得意のコース、しかも今季は開幕戦から絶好調。
ノイロイター不在のドイツチーム、GS戦線のエースとなるか。
3位には一本目ラップのヒルシャー、ゲートに手を引っかけた上にフラッグが絡まったまま滑る不運もありましたが、何とか表彰台は死守。
まぁこんなトラブルでも無ければ絶対王者の牙城を崩すのは難しいのかも…。   

1 5 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA 56.86 54.32 1:51.18   0.00 100.00
2 7 202437 LUITZ Stefan 1992 GER 56.84 54.62 1:51.46 +0.28 2.47 80.00
3 3 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 56.74 54.98 1:51.72 +0.54 4.76 60.00
4 4 194495 FAIVRE Mathieu 1992 FRA 57.12 54.84 1:51.96 +0.78 6.88 50.00
5 2 422304 KRISTOFFERSEN Henrik 1994 NOR 57.05 55.03 1:52.08 +0.90 7.93 45.00
6 40 202597 SCHMID Alexander 1994 GER 57.56 54.63 1:52.19 +1.01 8.90 40.00
7 17 561244 KRANJEC Zan 1992 SLO 57.41 54.87 1:52.28 +1.10 9.70 36.00
8 15 54063 FELLER Manuel 1992 AUT 57.94 54.90 1:52.84 +1.66 14.63 32.00
9 1 501324 OLSSON Matts 1988 SWE 57.15 55.76 1:52.91 +1.73 15.25 29.00
10 10 191750 FANARA Thomas 1981 FRA 58.25 54.89 1:53.14 +1.96 17.28 26.00
11 14 511896 MURISIER Justin 1992 SUI 58.00 55.34 1:53.34 +2.16 19.04 24.00
12 13 292967 EISATH Florian 1984 ITA 57.57 56.00 1:53.57 +2.39 21.07 22.00
13 6 421669 NESTVOLD-HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR 58.01 55.87 1:53.88 +2.70 23.80 20.00
14 12 193967 MUFFAT-JEANDET Victor 1989 FRA 58.93 54.96 1:53.89 +2.71 23.89 18.00
15 23 511852 CAVIEZEL Gino 1992 SUI 58.13 55.80 1:53.93 +2.75 24.24 16.00
16 11 534562 LIGETY Ted 1984 USA 59.12 54.82 1:53.94 +2.76 24.33 15.00
17 57 54320 SCHWARZ Marco 1995 AUT 59.05 54.91 1:53.96 +2.78 24.50 14.00
18 36 990048 BORSOTTI Giovanni 1990 ITA 58.31 55.68 1:53.99 +2.81 24.77 13.00
19 8 990116 DE ALIPRANDINI Luca 1990 ITA 58.14 56.07 1:54.21 +3.03 26.71 12.00
20 30 534959 JITLOFF Tim 1985 USA 58.83 55.60 1:54.43 +3.25 28.65 11.00
21 28 511741 ZURBRIGGEN Elia 1990 SUI 58.64 55.86 1:54.50 +3.32 29.26 10.00
22 21 531799 FORD Tommy 1989 USA 57.63 56.93 1:54.56 +3.38 29.79 9.00
23 27 294890 NANI Roberto 1988 ITA 59.04 55.55 1:54.59 +3.41 30.06 8.00
24 16 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 58.12 56.50 1:54.62 +3.44 30.32 7.00
25 59 54170 MATT Michael 1993 AUT 58.94 55.83 1:54.77 +3.59 31.64 6.00
26 64 511983 AERNI Luca 1993 SUI 58.89 55.95 1:54.84 +3.66 32.26 5.00
27 55 561322 HADALIN Stefan 1995 SLO 58.63 56.37 1:55.00 +3.82 33.67 4.00
28 22 291318 TONETTI Riccardo 1989 ITA 58.53 56.76 1:55.29 +4.11 36.23 3.00
29 19 380335 ZUBCIC Filip 1993 CRO 58.99 56.63 1:55.62 +4.44 39.14 2.00
30 34 700830 ZAMPA Adam 1990 SVK 58.51 1:02.59 2:01.10 +9.92 87.44 0.00

日曜日ののSLは土曜日以上の大雪悪天候。
ラインを外すと雪溜まりに板を取られ、バランス崩すは板は走んないわ…。
その上降雪とフラットライトで視界も極不良、こりゃ若しかしてレース荒れるかも。

とか思ってたら優勝ヒルシャー、2位クリストファーセンと鉄板の結果。
一本目8位に沈んだヒルシャーが彼らしいパワフルな鬼アタックで大捲り。
ヘンリクの追撃をかわすと、後は上位陣総崩れで二強のワンツーフィニッシュとなりました。
3位にはしぶとい滑りでアンドレ.ミラー。
若手の台頭やベテランの一発など、ポディウム争いの激しいSLで種目別チャンプが表彰台を独占するのは珍しい光景。
つっても此処6年でスラロームの種目別優勝って、この3人だけなんですけどね。

尚、ジャパンのエース湯浅直樹は一本目早々に内倒DNF。
二戦続けてのノーポイントは余りにも痛い…。
次戦は20番以降のスタート順となり、得意のマドンナで結果が残せないと第二シードすら危うくなってきます。
大越龍之介は攻める気概こそ見えた滑りなもののコースアウト、結果を残せず。
ただ、この滑りを続けていけば過去数年に較べ、幾らか期待は持てそうです。           

1 5 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 49.55 52.39 1:41.94   0.00 100.00
2 7 422304 KRISTOFFERSEN Henrik 1994 NOR 49.41 52.92 1:42.33 +0.39 2.75 80.00
3 13 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 49.21 53.13 1:42.34 +0.40 2.83 60.00
4 2 54170 MATT Michael 1993 AUT 49.19 53.30 1:42.49 +0.55 3.88 50.00
5 20 421860 NORDBOTTEN Jonathan 1989 NOR 49.79 52.84 1:42.63 +0.69 4.87 45.00
6 4 293797 GROSS Stefano 1986 ITA 49.00 53.70 1:42.70 +0.76 5.37 40.00
7 3 202462 DOPFER Fritz 1987 GER 49.53 53.36 1:42.89 +0.95 6.71 36.00
8 11 501111 HARGIN Mattias 1985 SWE 49.38 53.62 1:43.00 +1.06 7.49 32.00
9 17 422082 FOSS-SOLEVAAG Sebastian 1991 NOR 49.42 53.68 1:43.10 +1.16 8.19 29.00
9 16 54320 SCHWARZ Marco 1995 AUT 51.01 52.09 1:43.10 +1.16 8.19 29.00
11 27 53889 HIRSCHBUEHL Christian 1990 AUT 50.08 53.04 1:43.12 +1.18 8.33 24.00
12 8 191459 LIZEROUX Julien 1979 FRA 49.63 53.50 1:43.13 +1.19 8.40 22.00
13 18 192665 GRANGE Jean-Baptiste 1984 FRA 49.68 53.60 1:43.28 +1.34 9.46 20.00
14 35 512182 MEILLARD Loic 1996 SUI 50.54 52.96 1:43.50 +1.56 11.02 18.00
15 21 421669 NESTVOLD-HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR 50.07 53.65 1:43.72 +1.78 12.57 16.00
16 47 561322 HADALIN Stefan 1995 SLO 51.07 52.79 1:43.86 +1.92 13.56 15.00
17 33 481327 TRIKHICHEV Pavel 1992 RUS 50.42 53.47 1:43.89 +1.95 13.77 14.00
18 45 201896 STEHLE Dominik 1986 GER 50.45 53.51 1:43.96 +2.02 14.27 13.00
19 14 220689 RYDING Dave 1986 GBR 50.01 54.12 1:44.13 +2.19 15.47 12.00
20 51 6190403 NOEL Clement 1997 FRA 50.51 53.68 1:44.19 +2.25 15.89 11.00
21 26 51395 DIGRUBER Marc 1988 AUT 50.47 53.92 1:44.39 +2.45 17.30 10.00
22 6 480736 KHOROSHILOV Alexander 1984 RUS 50.27 54.28 1:44.55 +2.61 18.43 9.00
23 49 291145 DEVILLE Cristian 1981 ITA 50.96 53.62 1:44.58 +2.64 18.65 8.00
24 22 193967 MUFFAT-JEANDET Victor 1989 FRA 49.98 54.83 1:44.81 +2.87 20.27 7.00
25 55 201891 SCHMID Philipp 1986 GER 50.47 55.01 1:45.48 +3.54 25.00 6.00
26 32 202485 KETTERER David 1993 GER 51.03 56.30 1:47.33 +5.39 38.07 5.00

|

2017.12.08

●Beaver Creek(USA) GS速報

えー、FISワールドカップGS開幕戦、、ビーバークリークのレース速報。
11/20.ゾルデンの開幕戦が悪天候でキャンセルとなったので、このレースがGSのオープニングレースとなりました。Fisworldcup_f
今回のレース、注目するのは怪我明けの有力選手。
昨季を棒に振ったリゲティ/ファナラ/ドッファーのカムバック組に今夏骨折アクシデントのヒルシャー。
特にヒルシャーの仕上がり具合如何ではGS戦線も混沌、ヘンリクやアレクシにも種目別優勝の芽が出て参ります。

一本目、リゲティ2位.ヒルシャー3位と「ビーバークリーク.マイスター」が上位を占める中、ラップを奪ったのは「ドイツ第三の男」ステファン.ルイッツ。
彼は昨季のビーバークリークでも一本目2位に付けており、このコースの相性が良いのかもしれません。
逆にドッファー(16位)ファナラ(17位)はイマイチの滑り、他のトップシード選手ではパントゥルー(24位)ハウゲン(21位)も振るわず、フェイブルに至ってはDNQ。
順当と波乱が混在する一本目のリザルトとなりました。

初戦のポディウム中央に立ったのは「王者ヒルシャー」。
今ならSLよりSGの方が適正あるんじゃ無い?、とも思える様な「パワフル」で「安定感があり」、そして「速い」滑り。
骨折明けの影響を全く感じさせない完勝でした。

二位には2本目に猛チャージを掛けたクリストファーセン、丁度一本目のタイム差分だけ届きませんでしたが、二本揃えれば打倒ヒルシャーの一番手。
三位にはルイッツがポディウムを死守。
ノイロイター離脱/ドッファー不調のドイツ勢では最早「エース」と呼べる存在、この重責が彼をワンランク上のレベルに押し上げるかも知れません。

尚、日本勢のエントリーは無し。
GSでは殆んど期待出来ない面子とは云え、出場ゼロってのも味気ないものですね。

で、この大会を前に残念なニュースが飛び込んで参りました。
フェリックス様「今季絶望…」。
初戦レヴィのSLで優勝、その結果以上に素晴らしい内容で今季の充実を予感させたノイロイターがトレーニング中に靭帯断裂。
今季のWC、そしてオリンピック出場は絶望的となってしまいました…。
                       

1 2 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 1:18.09 1:19.21 2:37.30   0.00 100.00
2 4 422304 KRISTOFFERSEN Henrik 1994 NOR 1:18.77 1:19.41 2:38.18 +0.88 5.48 80.00
3 5 202437 LUITZ Stefan 1992 GER 1:17.70 1:20.63 2:38.33 +1.03 6.42 60.00
4 18 54063 FELLER Manuel 1992 AUT 1:18.34 1:20.00 2:38.34 +1.04 6.48 50.00
5 12 511896 MURISIER Justin 1992 SUI 1:18.34 1:20.14 2:38.48 +1.18 7.35 45.00
6 27 512182 MEILLARD Loic 1996 SUI 1:18.75 1:19.87 2:38.62 +1.32 8.22 40.00
7 14 534562 LIGETY Ted 1984 USA 1:17.99 1:20.67 2:38.66 +1.36 8.47 36.00
8 21 380335 ZUBCIC Filip 1993 CRO 1:18.63 1:20.14 2:38.77 +1.47 9.16 32.00
9 8 501324 OLSSON Matts 1988 SWE 1:18.72 1:20.23 2:38.95 +1.65 10.28 29.00
10 24 531799 FORD Tommy 1989 USA 1:19.20 1:20.04 2:39.24 +1.94 12.09 26.00
11 37 103865 PHILP Trevor 1992 CAN 1:18.92 1:20.35 2:39.27 +1.97 12.27 24.00
12 7 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA 1:19.70 1:19.58 2:39.28 +1.98 12.34 22.00
13 16 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 1:18.78 1:20.52 2:39.30 +2.00 12.46 20.00
14 11 561244 KRANJEC Zan 1992 SLO 1:19.13 1:20.23 2:39.36 +2.06 12.83 18.00
15 9 990116 DE ALIPRANDINI Luca 1990 ITA 1:18.84 1:20.66 2:39.50 +2.20 13.71 16.00
16 60 561322 HADALIN Stefan 1995 SLO 1:19.91 1:19.64 2:39.55 +2.25 14.02 15.00
17 52 422073 NETELAND Bjoernar 1991 NOR 1:19.61 1:19.96 2:39.57 +2.27 14.14 14.00
18 19 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 1:19.03 1:20.58 2:39.61 +2.31 14.39 13.00
19 20 291318 TONETTI Riccardo 1989 ITA 1:19.70 1:19.92 2:39.62 +2.32 14.45 12.00
20 25 202462 DOPFER Fritz 1987 GER 1:19.15 1:20.61 2:39.76 +2.46 15.33 11.00
21 15 292967 EISATH Florian 1984 ITA 1:19.84 1:19.98 2:39.82 +2.52 15.70 10.00
22 6 421669 NESTVOLD-HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR 1:19.56 1:20.54 2:40.10 +2.80 17.44 9.00
23 35 511741 ZURBRIGGEN Elia 1990 SUI 1:19.81 1:20.44 2:40.25 +2.95 18.38 8.00
24 22 511852 CAVIEZEL Gino 1992 SUI 1:19.30 1:21.09 2:40.39 +3.09 19.25 7.00
25 29 294890 NANI Roberto 1988 ITA 1:19.66 1:20.95 2:40.61 +3.31 20.62 6.00
26 17 422139 KILDE Aleksander Aamodt 1992 NOR 1:19.01 1:22.84 2:41.85 +4.55 28.35 5.00
27 43 53985 MATHIS Marcel 1991 AUT 1:19.91 1:22.05 2:41.96 +4.66 29.03 4.00
28 3 191750 FANARA Thomas 1981 FRA 1:19.16 1:27.06 2:46.22 +8.92 55.57 3.00

|

2017.11.14

●Levi(FIN).SL開幕速報

えー、一昨日は待ちに待ったスキーサーカスの開幕。
「2017/18.FIS World Cup」、男子SL開幕戦がフィンランド.レヴィにて行われました。

と云うよりゾルデンのGSがキャンセルになったので、実質このスラローム緒戦が男子ワールドカップのオープニングレース。
そんな訳での今季初のW杯観戦記、結果速報になります。

Fisworldcup_f

8月の骨折で開幕戦はスキップすると見られていたヒルシャーが早々の復帰。
怪我明けの絶対王者がどれ程の仕上がり具合なのか。
そして「ストッフ.ザ.ヒルシャー」の最右翼、ヘンリク/フェリックス/アレクシの滑りは。
勿論、我らがジャパンのエース、湯浅直樹の爆発にも期待。
開幕戦の見所を要約すると、まぁこんな所処かと。

「らしい」ノイロイターが帰ってきたーっ!!!
「速い」でも「強い」でも無く、コース.雪質不問の高次元で安定した滑り。
そんなノイロイターが二年振りに戻ってきました。
一本目の滑りで今季の好調さを予感させましたが、二本目でそれは確信に変わりました。
若しもヒルシャーがベストコンディションへ戻るのに手間取るとしたら、ヘンリクと共にSL戦線をリードする立場となるでしょう。
2014/15シーズンに取り損ねたSLクリスタルグローヴを、今季こそ手に入れるか。

二位には同じく好調さを見せつけたクリストファーセン。
ピーク時の爆発力はちょい不足も、コチラもレベルの高い「らしい」滑り。
三位には棚ボタながら久し振りのポディウムゲット、ハージン。
逆にこちらは攻め所処の急斜以外ではムラッ気を抑えた「らしくない」滑り。

注目のヒルシャーは一本目こそ4位に着けるも、二本目は見せ場無く沈みます。
二本揃えて17位のヒルシャーなんて、此処6~7年記憶にありません。
矢張り怪我明けの強行出場、トレーニング不足なのか。

一本目ラップのライディングは二本目も中間までは圧巻の滑り。
「このまま行けば初優勝間違い無し」と思った矢先、痛恨のコースアウト…。
でも、今季も表彰台に絡む滑りを見せてくれそうです。

湯浅直樹(19番ビヴ)はウェーブでの失敗が響き、2秒近く離されてのブービー着順。
トップから20位までが1秒差以内の混戦レースでは、ノーチャンスの結果です。
まぁスロースターターの上に鬼門のレヴィ、あんまり期待はしていませんでしたが、それでもポイントは取って欲しかったな…。
大越龍之介(52番ビヴ)は攻める姿勢こそ見せたものの、時計的には勝負にならず。
ジャパン勢は共にDNQの開幕戦でした。                                                           

1 4 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER 50.43 52.40 1:42.83   0.00 100.00
2 6 422304 KRISTOFFERSEN Henrik 1994 NOR 50.47 52.73 1:43.20 +0.37 2.59 80.00
3 12 501111 HARGIN Mattias 1985 SWE 51.02 52.26 1:43.28 +0.45 3.15 60.00
4 17 511983 AERNI Luca 1993 SUI 51.06 52.31 1:43.37 +0.54 3.78 50.00
4 8 511996 YULE Daniel 1993 SUI 51.01 52.36 1:43.37 +0.54 3.78 50.00
6 35 512182 MEILLARD Loic 1996 SUI 51.20 52.34 1:43.54 +0.71 4.97 40.00
7 23 422082 FOSS-SOLEVAAG Sebastian 1991 NOR 50.96 52.62 1:43.58 +0.75 5.25 36.00
8 13 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA 51.07 52.64 1:43.71 +0.88 6.16 32.00
9 5 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 51.13 52.60 1:43.73 +0.90 6.30 29.00
10 37 511908 SCHMIDIGER Reto 1992 SUI 50.90 52.86 1:43.76 +0.93 6.51 26.00
11 20 192665 GRANGE Jean-Baptiste 1984 FRA 51.58 52.20 1:43.78 +0.95 6.65 24.00
12 27 193967 MUFFAT-JEANDET Victor 1989 FRA 51.39 52.40 1:43.79 +0.96 6.72 22.00
13 16 54320 SCHWARZ Marco 1995 AUT 50.91 53.01 1:43.92 +1.09 7.63 20.00
14 1 54170 MATT Michael 1993 AUT 50.97 52.99 1:43.96 +1.13 7.91 18.00
15 21 421669 NESTVOLD-HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR 50.99 53.14 1:44.13 +1.30 9.10 16.00
15 10 202462 DOPFER Fritz 1987 GER 51.37 52.76 1:44.13 +1.30 9.10 16.00
17 2 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 50.75 53.40 1:44.15 +1.32 9.24 14.00
18 3 293797 GROSS Stefano 1986 ITA 51.53 52.64 1:44.17 +1.34 9.38 13.00
19 42 511899 ROCHAT Marc 1992 SUI 51.36 52.91 1:44.27 +1.44 10.08 12.00
20 30 53889 HIRSCHBUEHL Christian 1990 AUT 51.85 52.48 1:44.33 +1.50 10.50 11.00
21 45 103729 READ Erik 1991 CAN 51.85 52.57 1:44.42 +1.59 11.13 10.00
21 15 191459 LIZEROUX Julien 1979 FRA 51.12 53.30 1:44.42 +1.59 11.13 10.00
23 28 534508 CHODOUNSKY David 1984 USA 51.13 53.31 1:44.44 +1.61 11.27 8.00
24 26 511902 ZENHAEUSERN Ramon 1992 SUI 51.58 52.94 1:44.52 +1.69 11.83 7.00

 

|

2017.10.31

●Soelden 「Cancelled」

えー、「手賀沼エコマラソン」絡みのエントリーでアップが遅れてしまいましたが…。

一昨日日曜日は「2017/18.WINTER」、スキーサーカスのオープニング。
オーストリア/セルデンにてFISアルペンスキー.ワールドカップの開幕戦、男女のジャイアントスラローム第一戦が行われま…せんでした。

Fisworldcup

「セルデン、キャンセル…」

例に由っての雪不足かと思いきや、前日女子GSの開幕戦は通常開催。
強風と降雨が中止の理由だそうです。
今んトコ代替開催のインフォはされておらず、このまま中止になるの…かな?。

このキャンセルで最もトクしたのは誰かと云うと、マルセル.ヒルシャー。
8月の左足首の骨折でGS(セルデン)とSL(レヴィ)の初戦はスキップ、12月のGS第二戦(ビーバークリーク)でレース復帰が予定されています。
これでGSタイトル争いでポイントのビハインドは無し、地元オーストリアの悪天候が「絶対王者」に味方した形となりました。
逆にアレクシやヘンリクにとっては痛いキャンセルでしたね。

あと、スタートリストを見ていて気になった事を幾つか。
主だった面子の中では第1シードのシェルグホファーが欠場。
地元開催でスキップする筈は無いし、直前に怪我でもしたのでしょうか…。
もう一人、昨季怪我で戦線離脱したドッファーの名前もありません。
未だ第2シード後半をキープしているのですが、調子悪いんですかね?。

最後に、女子開幕戦で安藤麻が待望のWCポイント初ゲット(25位)。
戦前でのFIS points listが31位ですから、第2シードも目前。
クレブhairsalon絵美と共にシード入り、平壌で一発狙って欲しいものです。

|

2017.10.26

●「スキーサーカス」開幕間近

えー、本日は久方振りのスキーネタ。

新緑瑞々しい初夏が過ぎ
雨の少ない空梅雨が過ぎ
灼熱炎天の夏が過ぎ
暑さ厳しい残暑が過ぎ
台風当たり年の秋を経て、
やっと「冬の足音」が遠くから聞こえてくる季節になって参りました。

そしてアルペンスキーファンにとっては待ちに待った10月最終週。
明後日より「FIS.アルペンワールドカップ」2017/18シーズンが開幕致します。

日本国内のスキーシーズン突入より一足早いスキーサーカスの季節到来、オープニングレースは毎年恒例の男女GS、場所はオーストリア、ソルデン。
ヒルシャー不在の男子GS戦線、今季初戦のポディウム中央に立つのは果たして誰になるのでしょうか。

そんな訳で「2017/18 FIS.World Cup」、技術系種目のカレンダーになります。

●2017/18WC Slalom (men's)

6f2bd1ae9d414711af13bf4268ff68bb

●2017/18WC Giant Slalom (men's)

744b40b2f21c4a50913eb3fa27431040

今季の「THE FINAL」は2019年の世界選手権プレ大会を兼ねてオーレ。
2015年以来の開催ですがこの年は雪不足でレースキャンセル、実質的には9シーズン振りの ワールドカップとなります。

注目の総合タイトル争いは、8月の「ヒルシャー骨折」で混沌。
復調具合と高速系種目の動向次第では7連覇に黄信号が灯ります。
逆に云うとパントュロー/クリストファーセン./ヤンスルには千載一遇のチャンス。
技術系種目のタイトル争いも絶対王者の不在で白熱した展開が予想されます。
怪我明けのビックネーム、リゲティ、スヴィンダルの両名にも注目。

我らがエース、湯浅直樹は毎年スロースタート。
しかし年内にある程度の結果を残しておかないと昨季のポイントを大きく喪失、一気にスタート順を下げる恐れがあります。
マドンナで上位ポイントを獲得してクラッシックレース前までに現在のランクを維持。
得意のシュラドミングでジャンプアップして第1シードで2月を迎えると云うのが理想の青写真なのですが…。
そう、今年は四年に一度のビックイヤー「PyeongChang 2018 」。
アルペンシーンに世間の注目を集めるには、絶好のチャンスなのです。

ま、何はともあれ明後日が楽しみ楽しみ♪。

|

2016.12.13

●Val d`Isere (FRA) GS/SL速報

えー、FISワールドカップGS第三戦/SL第二戦、ヴァル.ディゼールのレース速報。
土日続けて技術系二種目のレース開催、まとめてアップ致します。

土曜日に行われたGSはパントゥルーが今季二勝目。
一本目ラップを奪うと、二本目はそのマージンをしっかりと生かし切り完勝。
ヒルシャーの猛追をかわして、GS戦線主役の座をがっちりとキープしました。

2位にはGS3戦連続の2位となったヒルシャー。
二本目の猛アタックは彼らしいパワフルでダイレクトな攻めの滑り、ゴールした時点では逆転での優勝かと思ったのですが…。
アレクシの高レベルでの安定感に一歩及びませんでした。

3位は一本目12位からジャンプアップのヘンリク、4位はフィリックスとお馴染の顔触れ。
得意のコースで一本目2位につけたルイッツは二本目ミスが目立ち5位に沈みました。

尚、ドッファーは怪我で今季絶望との事、あとファナラも出ていませんでしたね。

1
3 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA 1:00.92 1:01.70 2:02.62   0.00
2 4 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 1:01.59 1:01.36 2:02.95 +0.33 2.64
3 5 422304 KRISTOFFERSEN Henrik 1994 NOR 1:02.60 1:01.52 2:04.12 +1.50 11.99
4 7 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER 1:02.14 1:02.04 2:04.18 +1.56 12.47
5 12 202437 LUITZ Stefan 1992 GER 1:01.57 1:02.77 2:04.34 +1.72 13.75
6 10 51007 SCHOERGHOFER Philipp 1983 AUT 1:02.12 1:02.27 2:04.39 +1.77 14.15
7 13 421669 HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR 1:02.14 1:02.35 2:04.49 +1.87 14.95
8 50 103729 READ Erik 1991 CAN 1:03.15 1:01.50 2:04.65 +2.03 16.22
9 1 194495 FAIVRE Mathieu 1992 FRA 1:02.52 1:02.19 2:04.71 +2.09 16.70
10 18 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 1:03.51 1:01.36 2:04.87 +2.25 17.98
11 21 54031 LEITINGER Roland 1991 AUT 1:01.97 1:02.95 2:04.92 +2.30 18.38
12 27 192506 MISSILLIER Steve 1984 FRA 1:02.57 1:02.47 2:05.04 +2.42 19.34
13 22 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 1:02.85 1:02.47 2:05.32 +2.70 21.58
14 24 380335 ZUBCIC Filip 1993 CRO 1:03.43 1:01.95 2:05.38 +2.76 22.06
15 28 51159 NOESIG Christoph 1985 AUT 1:02.31 1:03.13 2:05.44 +2.82 22.54
16 15 291318 TONETTI Riccardo 1989 ITA 1:03.41 1:02.17 2:05.58 +2.96 23.66
17 14 292967 EISATH Florian 1984 ITA 1:03.55 1:02.04 2:05.59 +2.97 23.74
18 41 534508 CHODOUNSKY David 1984 USA 1:03.55 1:02.11 2:05.66 +3.04 24.30
19 35 202345 SCHWAIGER Dominik 1991 GER 1:03.26 1:02.76 2:06.02 +3.40 27.17
20 23 511852 CAVIEZEL Gino 1992 SUI 1:02.15 1:04.59 2:06.74 +4.12 32.93
20 16 511313 JANKA Carlo 1986 SUI 1:03.54 1:03.20 2:06.74 +4.12 32.93
22 39 700879 ZAMPA Andreas 1993 SVK 1:02.60 1:04.68 2:07.28 +4.66 37.24
23 19 990116 DE ALIPRANDINI Luca 1990 ITA 1:03.11 1:04.23 2:07.34 +4.72 37.72
24 33 194873 SARRAZIN Cyprien 1994 FRA 1:03.01 1:06.23 2:09.24 +6.62 52.91

日曜日のスラロームはクリストファーセンが今季初優勝。
ヘッドスポンサー問題の鬱憤を晴らすかの様な滑りぱ「圧巻」の一言。
特に二本目、鬼攻めを見せたヒルシャーを更に上回る滑りでラップを叩き出し、絶対王者を力で捻じ伏せます。
これは昨季何度も見た光景、愈々ヘンリク完全復調でしょうか。

2位にはまたまたマルセル.ヒルシャー。
一本目3位から二本目はフィジカル全開のパワーアタック、今日こそ優勝かなと思った矢先、今度はクリストファーセンにやられてしまいました。
今季のヒルシャーはGSにアレクシ/SLにヘンリクと絶好調の難敵が立ち塞がっており、若しかすると種目別よりオーバーオール優勝の方が近い距離にあるんじゃないでしょうか。

3位には一本目2位のコロシロフが手堅く入り、以下ディグルーバー、グロス、マット弟。
シュオーツを含め、今季オーストーの若手からは目が離せ無さそうです。

尚、一本目ラップのパントゥルーは二本目序盤、まさかのコースアウト。
地元の大歓声が悲鳴に変わった瞬間、ヴァル.ディゼール連勝は夢と散りました。
しかしこのノーポイントは、オーバーオール争いで余りにも痛い結果です。

ジャパンのエース湯浅直樹は一本目14位と久々の二本目中位残り。
二本目も大きなミスや危なっかしい場面は無く、暫定3位でフィニッシュ。
上位選手のDNFににも助けられ、二年振りにトップ10(10位)のリザルトを残しました。
次戦は相性の良いマドンナ、此処でポイントを獲得すれば一年振りの第2シード復活も見えてきます。                                                                                                                   

1 2 422304 KRISTOFFERSEN Henrik 1994 NOR 51.67 52.87 1:44.54   0.00
2 6 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 51.99 53.30 1:45.29 +0.75 5.17
3 5 480736 KHOROSHILOV Alexander 1984 RUS 51.49 54.97 1:46.46 +1.92 13.22
4 8 51395 DIGRUBER Marc 1988 AUT 53.12 53.77 1:46.89 +2.35 16.19
5 1 293797 GROSS Stefano 1986 ITA 52.15 54.86 1:47.01 +2.47 17.01
6 20 54170 MATT Michael 1993 AUT 53.62 53.50 1:47.12 +2.58 17.77
7 14 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 52.91 54.30 1:47.21 +2.67 18.39
8 7 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 52.86 54.39 1:47.25 +2.71 18.66
9 13 501111 HARGIN Mattias 1985 SWE 52.22 55.32 1:47.54 +3.00 20.66
10 36 301709 YUASA Naoki 1983 JPN 52.99 54.58 1:47.57 +3.03 20.87
11 12 511996 YULE Daniel 1993 SUI 52.44 55.32 1:47.76 +3.22 22.18
12 26 511983 AERNI Luca 1993 SUI 53.14 54.63 1:47.77 +3.23 22.25
13 43 6291574 SALA Tommaso 1995 ITA 53.37 54.46 1:47.83 +3.29 22.66
14 11 290732 THALER Patrick 1978 ITA 53.60 54.33 1:47.93 +3.39 23.35
15 19 192665 GRANGE Jean-Baptiste 1984 FRA 53.00 55.02 1:48.02 +3.48 23.97
16 44 202451 STRASSER Linus 1992 GER 52.98 55.06 1:48.04 +3.50 24.11
17 21 220689 RYDING Dave 1986 GBR 53.54 54.79 1:48.33 +3.79 26.10
18 65 60253 MARCHANT Armand 1997 BEL 53.44 54.99 1:48.43 +3.89 26.79
19 22 293098 RAZZOLI Giuliano 1984 ITA 53.68 54.95 1:48.63 +4.09 28.17
20 15 191459 LIZEROUX Julien 1979 FRA 53.77 54.95 1:48.72 +4.18 28.79
21 27 501116 LAHDENPERAE Anton 1985 SWE 53.57 55.94 1:49.51 +4.97 34.23
22 32 700830 ZAMPA Adam 1990 SVK 53.78 55.77 1:49.55 +5.01 34.51
23 4 54320 SCHWARZ Marco 1995 AUT 52.68 57.47 1:50.15 +5.61 38.64
24 28 511902 ZENHAEUSERN Ramon 1992 SUI 53.11 57.42 1:50.53 +5.99 41.26
25 23 421860 NORDBOTTEN Jonathan 1989 NOR 53.61 58.58 1:52.19 +7.65 52.69
26 16 193967 MUFFAT-JEANDET Victor 1989 FRA 53.37 1:00.60 1:53.97 +9.43 64.95

|

2016.12.05

●Val d`Isere (FRA) GS速報

えー、FISワールドカップGS第二戦、ヴァル.ディゼールのレース速報。
レースカレンダーではビーバークリーク(USA)開催の筈だったのですが、如何やら降雪不足でキャンセル、ヴァル.ディゼールに代替開催となった模様です。
しかもこのレース、Jスポさんでライヴ中継が無かったのでFISのHPからのリザルトアップだけになりまする…。

フェイブル、何だか「あっさり」と勝ちましたね。
昨季から本格化の兆しを見せていた「GSトップシード」フランス四人衆の一角。
苗場での2位、サンモリッツでの3位から、瞬く間に表彰台の中央に登りつめました。
しかも2本目は初優勝のプレッシャーが掛かる中、29番スタート(一本目2位)でラップを叩き出しての優勝。
絶対王者ヒルシャーを逆転しての勝利ですから、その価値は猶更上がります。
しかしこれじゃ、昨季11年掛けて悲願の初優勝を達成したファナラの立場が…。

尚、2位にはヒルシャー、3位にはパントゥルーとお馴染の顔触れ。
以下ファナラ、ムハット-ジャンと、トップ5のうち4人を占めた地元フランス勢の充実振りが目を惹きました。
他、有力所ではヘンリク8位、リゲティ11位、フェリックス16位と云った結果。
ジャパン勢は成田一人のみの参戦、1本目でコースアウトした模様です。

1 7 194495 FAIVRE Mathieu  1992 FRA 1:11.63 1:13.38 2:25.01   0.00
2 6 53831 HIRSCHER Marcel  1989 AUT 1:11.62 1:13.88 2:25.50 +0.49 3.31
3 5 194364 PINTURAULT Alexis  1991 FRA 1:12.70 1:13.42 2:26.12 +1.11 7.50
4 4 191750 FANARA Thomas  1981 FRA 1:12.06 1:14.47 2:26.53 +1.52 10.27
5 13 193967 MUFFAT-JEANDET Victor  1989 FRA 1:12.39 1:14.42 2:26.81 +1.80 12.16
6 24 990116 DE ALIPRANDINI Luca  1990 ITA 1:13.15 1:13.99 2:27.14 +2.13 14.39
7 12 51007 SCHOERGHOFER Philipp  1983 AUT 1:12.81 1:14.56 2:27.37 +2.36 15.95
8 3 422304 KRISTOFFERSEN Henrik  1994 NOR 1:13.23 1:14.16 2:27.39 +2.38 16.08
9 52 103729 READ Erik  1991 CAN 1:13.79 1:13.72 2:27.51 +2.50 16.90
10 20 291318 TONETTI Riccardo  1989 ITA 1:12.66 1:14.93 2:27.59 +2.58 17.44
11 1 534562 LIGETY Ted  1984 USA 1:12.99 1:14.65 2:27.64 +2.63 17.77
12 9 54063 FELLER Manuel  1992 AUT 1:12.82 1:14.84 2:27.66 +2.65 17.91
13 26 380335 ZUBCIC Filip  1993 CRO 1:13.61 1:14.09 2:27.70 +2.69 18.18
14 37 531799 FORD Tommy  1989 USA 1:13.77 1:14.13 2:27.90 +2.89 19.53
15 14 511896 MURISIER Justin  1992 SUI 1:13.35 1:14.61 2:27.96 +2.95 19.94
16 2 201702 NEUREUTHER Felix  1984 GER 1:13.24 1:14.81 2:28.05 +3.04 20.54
17 11 421669 HAUGEN Leif Kristian  1987 NOR 1:13.61 1:14.45 2:28.06 +3.05 20.61
18 27 534959 JITLOFF Tim  1985 USA 1:13.88 1:14.25 2:28.13 +3.12 21.09
19 31 422139 KILDE Aleksander Aamodt  1992 NOR 1:13.56 1:14.61 2:28.17 +3.16 21.36
20 8 292967 EISATH Florian  1984 ITA 1:13.81 1:14.40 2:28.21 +3.20 21.63
21 23 511852 CAVIEZEL Gino  1992 SUI 1:13.12 1:15.16 2:28.28 +3.27 22.10
22 49 6530319 COCHRAN-SIEGLE Ryan  1992 USA 1:14.03 1:14.30 2:28.33 +3.32 22.44
23 18 501017 MYHRER Andre  1983 SWE 1:13.45 1:14.97 2:28.42 +3.41 23.05
24 36 512182 MEILLARD Loic  1996 SUI 1:13.97 1:14.57 2:28.54 +3.53 23.86
25 22 292491 MOELGG Manfred  1982 ITA 1:13.89 1:14.79 2:28.68 +3.67 24.80
26 17 180534 SANDELL Marcus  1987 FIN 1:13.25 1:15.57 2:28.82 +3.81 25.75
27 45 534508 CHODOUNSKY David  1984 USA 1:14.02 1:15.85 2:29.87 +4.86 32.84

|

2016.11.14

●Levi(FIN).SL開幕速報

Levilogo_3えー、昨日は「2016/17.FIS World Cup」、男子スラローム開幕戦。
毎年御馴染み、フィンランドはレヴィにてオープニングレースが行われました。
そんな訳での今季SL初戦、結果速報になります。

昨季チャンプのクリストファーセンが内輪のゴタゴタで欠場、絶対王者のヒルシャーは中耳炎でレース直前迄参戦不確定と、「SL二強」が不在&体調不良の開幕戦。
波乱の予感が漂うスラローム初戦、でしたが…。

葢を空けてみれば「ヒルシャー圧勝」。
一本目の足切りが1.73秒と云う大混戦の中、二本共ラップを叩き出し二位に1.30秒の大差をつけての完勝。
調整不足が噂されたGS初戦と云い、まるで「調子悪い詐欺」的なタチの悪さです。

2位は初の表彰台となるマット弟、3位には久し振りのポディウムとなったメルグ。
以下4位ノイロイター、5位フェラー、一歩目3位に付けたライディングがベストリザルトの6位に入りました。

ジャパン勢は湯浅直樹(36番ビヴ/41位).大越龍之介(65番ビヴ/49位)共に見せ場無くDFQ。
コーチング体制が一新されたチームジャパンですがエース湯浅は上昇気配見えず、若手(と云うか中堅…)の台頭も期待薄。
昨シーズン以上の苦戦は必至、今季も辛いワールドカップ観戦となりそうです。

1 5 53831 HIRSCHER Marcel  1989 AUT 53.11 51.56 1:44.67   0.00
2 26 54170 MATT Michael  1993 AUT 53.74 52.23 1:45.97 +1.30 8.94
3 17 292491 MOELGG Manfred  1982 ITA 53.72 52.26 1:45.98 +1.31 9.01
4 6 201702 NEUREUTHER Felix  1984 GER 53.53 52.55 1:46.08 +1.41 9.70
5 20 54063 FELLER Manuel  1992 AUT 54.23 51.92 1:46.15 +1.48 10.18
6 21 220689 RYDING Dave  1986 GBR 53.57 52.67 1:46.24 +1.57 10.80
6 10 501111 HARGIN Mattias  1985 SWE 53.85 52.39 1:46.24 +1.57 10.80
8 28 511983 AERNI Luca  1993 SUI 54.21 52.09 1:46.30 +1.63 11.21
8 2 202462 DOPFER Fritz  1987 GER 54.00 52.30 1:46.30 +1.63 11.21
10 24 421860 NORDBOTTEN Jonathan  1989 NOR 54.12 52.23 1:46.35 +1.68 11.56
11 15 194364 PINTURAULT Alexis  1991 FRA 54.53 52.01 1:46.54 +1.87 12.86
12 66 502015 JAKOBSEN Kristoffer  1994 SWE 54.48 52.07 1:46.55 +1.88 12.93
12 29 421669 HAUGEN Leif Kristian  1987 NOR 54.24 52.31 1:46.55 +1.88 12.93
14 27 501116 LAHDENPERAE Anton  1985 SWE 54.77 51.90 1:46.67 +2.00 13.76
15 34 150644 KRYZL Krystof  1986 CZE 54.20 52.58 1:46.78 +2.11 14.51
16 31 511127 GINI Marc  1984 SUI 54.49 52.30 1:46.79 +2.12 14.58
17 23 501101 BYGGMARK Jens  1985 SWE 54.78 52.15 1:46.93 +2.26 15.55
18 19 192665 GRANGE Jean-Baptiste  1984 FRA 54.71 52.39 1:47.10 +2.43 16.72
19 9 511996 YULE Daniel  1993 SUI 53.75 53.42 1:47.17 +2.50 17.20
20 16 193967 MUFFAT-JEANDET Victor  1989 FRA 54.44 52.74 1:47.18 +2.51 17.27
21 14 290732 THALER Patrick  1978 ITA 54.15 53.08 1:47.23 +2.56 17.61
22 25 511902 ZENHAEUSERN Ramon  1992 SUI 54.35 52.90 1:47.25 +2.58 17.75
23 12 51395 DIGRUBER Marc  1988 AUT 54.20 53.07 1:47.27 +2.60 17.88
24 13 191459 LIZEROUX Julien  1979 FRA 54.21 53.09 1:47.30 +2.63 18.09
25 40 290095 BALLERIN Andrea  1989 ITA 54.47 53.08 1:47.55 +2.88 19.81
26 42 511908 SCHMIDIGER Reto  1992 SUI 54.81 53.02 1:47.83 +3.16 21.74
27 65 512138 SIMONET Sandro  1995 SUI 54.54 53.35 1:47.89 +3.22 22.15
27 46 53889 HIRSCHBUEHL Christian  1990 AUT 54.84 53.05 1:47.89 +3.22 22.15
29 45 202451 STRASSER Linus  1992 GER 54.33 53.72 1:48.05 +3.38 23.25

|

2016.10.28

●「2016/17 FIS.Europe Cup」カレンダー

えー、気付けば10月も「マジック4」。
冬へのカウントダウンを迎え、弊ブログもボチボチ「スキー話」が増えてくる季節。
そんな訳で本日も昨日に引き続いての「アルペンレース」ネタで御座います。

今週日曜日に今季の開幕戦を終えた「 FIS.アルペンワールドカップ」。
本日はWorld Cupの1ランク下のカテゴリー、ヨーロッパカップに就いて。
2016/17シーズンの技術系二種目、カレンダーは以下の通りです。

Fis_europa_cup_horizontal_rvb_2

●2016/17 European Cup(SL)
29-30.11.2016 Levi (FIN)  ※2xSL      
14.12.2016 Obereggen (ITA)      
15.12.2016 Val di Fassa (ITA)   
17.12.2016 Kronplatz (ITA)  ※PSL      
11.-12.1.2017 Zell am See (AUT)  ※2xSL   
11.-12.2.2017 Zakopane (POL)  ※2xSL      
18.2.2017 Oberjoch (GER)      
19.3.2017 Innichen-S. Candido (ITA)

●2016/17 European Cup(GS)
3.-4.12.2016 Gaellivare (SWE)  ※ 2xGS      
9.-10.1.2017 Davos (SUI)  ※ 2xGS      
19.-20.1.2017 Val d`Isere (FRA)  ※2xGS      
8.-9.2.2017 Jasna (SVK)  ※2xGS      
17.2.2017 Oberjoch (GER)      
18.3.2017 Innichen-S. Candido (ITA)

今季のEC、「何か開催数少ないなー」と思ったらレース数自体は昨季比±0。
「1開催地×2レース」のスケジュールが増えてました。
因みにSLは8開催/11レース、GSは6開催/10レースとなってます。

オーレ/オーバーヨッホ/ポッツァ.ディ.ファッサ/オベレッジェン等々、毎年EC馴染の会場が並んでいますが、見慣れない名前もチラホラ散見。
特にファイナルはのイニヒェン(サン.カンディド)は専らフリースタイルで使われるゲレンデ、アルペンレースの開催は珍しいスキー場です。
個人的な注目は、昨年に引き続いての「ヴァル.ディ.ゼール」GS開催。
コレはJスポさんで放送して欲しいくらい。

まぁ今更云う迄もありませんが、ECは若手選手が結果を残しワールドカップへのステップアップとするレース、若しくは第二シード圏内前後の選手が、FISポイント獲得の為に出場するレース。
恐らく今季のジャパン勢は湯浅直樹が「後者」の立ち位置で、GSに関しては成田.石井らが「前者」の立場で参戦する機会が多いと思われます。
只、成田も石井も、ヨーロッパ基準でぱ「若手」と云うに厳しい年齢。
果たして今季のジャパンGS陣、WCでの二本目進出はなるのでしょうか…。

因みにECのもう一つ下のカテゴリー、FISレースながらWC並みの盛り上がりを見せるWestendorf(AUT)のSLは1月19日の開催。
同大会はキッツビューエルの前哨戦的意味合いが強く、第一シード下位から第二シードの選手も大挙参戦します。

そー云ゃ佐々木明がウェステンドルフで優勝したのは2006年。
もう11シーズンも前の事になるんですね…。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

SKI 2011/12.滑走記 | SKI 2012/13.滑走記 | SKI 2013/14.滑走記 | SKI 2014/15.滑走記 | SKI 2015/16.滑走記 | SKI 2016/17.滑走記 | SKI 2017/18.滑走記 | SKI FIS アルペンニュース | SKI ゲレンデGPS計測 | SKI ゲレンデ内外.小ネタ集 | SKI シーズンオフ.イベント集 | SKI シーズンオフ.ゲレンデ集 | SKI スキーギア/アイテム集 | SKI スキー今昔物語 | SKI スノーナビさん | SKI ポスター集 | SKI 山座同定/ヤマコレ集 | SKI 試乗会インプレッション | SKI 雪山就労日誌.2016/17 | SKI 雪山就労日誌.2017/18 | SKI 雪山就労日誌.2018(月山) | SKIのこと 雑 | トレラン リポ.a奥多摩 | トレラン リポ.b丹沢.箱根 | トレラン リポ.c奥武蔵 | トレラン リポ.d高尾.青梅 | トレラン リポ.e北都留.道志 | トレラン リポ.f奥秩父.大菩薩 | トレラン リポ.g京都.比良 | トレラン リポ.h信越 | トレラン 山走記総括 | トレラン シューズ/アイテム集 | トレランのこと 雑 | マラソン 2009年大会リポ | マラソン 2010年大会リポ | マラソン 2011年大会リポ | マラソン 2012年大会リポ | マラソン 2013年大会リポ | マラソン 2014年大会リポ | マラソン 2015年大会リポ | マラソン 2016年大会リポ | マラソン 2017年大会リポ | マラソン シューズ/ギア集 | マラソン ホームコース走 | マラソン 他ゲストコース走 | マラソンのこと 雑 | ラグビー ジャパン | ラグビー セブンズ | ラグビー トップリーグ | ラグビー ワールドカップ | ラグビー 大学 | ラグビーのこと.色々 | ・Ⅰ.Bambooインフォメーション | ・Ⅱ.Bambooお休み案内 | ・Ⅲ.歳時記 | ・Ⅳ.室礼 | ・Ⅴ.銘品集【マスターピース】 | ・Ⅵ.某飲某食所処 | ・Ⅶ.「ミヤコ」昨今事情 | ・Ⅷ.都名所図会 | ・Ⅸ.嵯峨野「さらなり」 | ・Ⅹ.「花街」彼是 | ・Ⅹⅰ.赤坂逍遥 | ・Ⅹⅱ.帝都散策 | ・Ⅹⅲ.旅行けば | ・Ⅹⅳ.書籍百般 | ・Ⅹⅴ.グラスのこと | ・Ⅹⅵ.お酒のこと | ・Ⅹⅸ.自転車のこと | ・Ⅹⅹⅰ.建築雑感 | ・Ⅹⅹⅱ.雑 | ・「Bamboo」移転情報 | ・「Bamboo」閉店情報