2018.01.10

●「スキージャーナル」休刊

えー、約二ヶ月半の冬季雪山就労日誌、20日目。
今日は「スキー場山籠り生活」には関係無いですが、「スキーそのもの」には大きく関わりのある話柄です。

本日は1月10日、そして毎月10日は「スキージャーナル」の発売日。
世間一般大多数の方々には殆んど(全く)認知されていませんが、一部のスキーマッド(特に基礎屋)からはコアな人気を得ているスキー雑誌です。

しかし今日本屋に行って、初めてこの事実↓を知る方もおられるのではないでしょうか。

長年読者の皆様にご愛読いただいた月刊スキージャーナルは、諸般の事情により誠に勝手ながら休刊させていただくことになりました。
1966 年に創刊された月刊スキージャーナルは、スキーを愛好する読者の皆様に向けて、スキー技術や指導法、アルペンスキー・ワールドカップをはじめとする競技スキー、国内外のスキーリゾート情報などをお届けしてきました。
しかし、出版事業を取り巻く環境は年を追うごとに悪化、発行元のスキージャーナル株式会社の経営も不安定なものとなり、月刊スキージャーナルを発行し続けることが困難な状況になってしまいました。

突然の休刊のご報告を深くお詫び申し上げます。
また、51 年にわたってご愛読いただいた読者の皆様、そして、誌面製作にご協力いただいたスキー関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

スキージャーナル株式会社販売部
Tel:03-5980-6060

「スキージャーナル休刊…」

1966年の創刊から51年に亘り発行されてきたスキー雑誌の嚆矢とも云える存在。
休刊とは謳っていますが出版界の常識として「=廃刊」で御座います。

ま、スキーマッドの私からしても「定期購読していたか」と尋ねられれば「否」。
ワールドカップ関連の特集記事が充実している号や、来季ニューモデルのインプレ特集の号を買うくらいなので、年に3~4冊程度の購入でした。

正直云って、基礎屋にしか役に立たない技術解説ばっかり、しかも毎年内容は大して変わらず焼回し特集の繰り返し。
「内足キーン」が終わったと思ったら、「抱え込みでも圧を抜かずに『プレス!!!』」とか「GS『的』高速ターンの新旧滑り比較」とかワケ解んない造語/表現が続々登場。
グラフィックほど露骨では無いにせよ、某教育本部の御意向が漂う「基礎教」御布施雑誌となっていた感。
此処2年くらいは、立ち読みすらあまりしなかったのが実情です。

個人的には岡部哲也がバリバリ第一線、そして木村公宣が台頭してきた91~95年頃のジャーナルが、日和見ない硬派な内容で大好きでした。
試乗テストの号なんか、出来の悪い板をボロクソ言ってましたもんね。

只でさえ年々減少.高齢化していくスキー人口、その中で競技派/基礎派問わず雑誌まで買って熱中している方々がどれくらい居るのかと云う事を考えると…。
しかも紙面内容も上掲通り、イマイチ魅力に欠けるものですから…。
「まぁ已む無し」と云う休刊なのかな。

21
【写真上】スキージャーナル、1998年2月号。
スキーバブル弾けし後、最後のウインタースポーツ特需となった「1998.NAGANO YEAR」。
スキージャーナルがジャンプとノルディックを記事として扱ったのは前例の無い事。
それだけのビッグイベントなのでした。

そんな訳でこの写真を遺影代わりに「合掌」。
けど「スキージャーナル社」が「スキージャーナル」発行しなくなったら、何で食っていくのかしら…。

追記
1月9日にスキージャーナル社の元社員が、東京地裁に破産申し立てしたとの事。
負債総額は約4億1900万円(2017年5月期末時点)。
給与未払いもソコソコの金額になってるみたいですね。

さて、SAJ教育本部さんはコレから教本の発行、如何するのかしら。
ぁこれを機会に一部の「勘違い基礎屋」が減ってくれれば、全国のスキー場も少しは平和らになるのですが…。

|

2017.11.24

●ゲレンデ「続々オープン」

えー、昨日は年内最後のパブリックホリデー「勤労感謝の日」。
そんな祝日の御日柄に合わせて、甲信越の各スキー場からは続々と「ゲレンデ開き」のニュースが聞こえて参りました。

私め馴染みのゲレンデでは「かぐら」「丸沼」「五竜47」「アサマ2000」「ハンタマ」。
他にも「北志賀竜王」「たんばら」「鹿沢」…、
この時期にオープン出来るのは降雪量が多く、且つ人工降雪機が充実しているスキー場に限られますが、それでも例年に較べると明らかに多いオープニングゲレンデ数。

特に此処二年は暖冬による雪日照りで年末や年明けにまで営業開始が遅れるスキー場もあった中、今年はいち早い寒波到来で自然降雪も順調に積もっているとの事。
因みに47ゴンドラより上部/ルート1の上半分が滑走可。
かぐらに至っては田代ゲレンデ以外フルオープンとのインフォです。

0047064100302776s

シーズン到来の初滑り
湯沢・かぐらスキー場がオープン

湯沢町三俣のかぐらスキー場が23日、県内の先陣を切ってオープンした。シーズン到来を心待ちにしていた県内外のスキーヤーやスノーボーダー約1500人が、初滑りを楽しんだ。
例年この時期は標高1300~1700メートルのメインゲレンデのみのオープンとなるが、ことしは今月中旬の寒波で十分な雪が降り、「およそ10年ぶり」(同スキー場)に初日から、田代エリアを除くほぼ全コースで滑走可能となった。
来場者は早速、鮮やかにターンを決めるなどして新雪の感触を確かめていた。友人とスノーボードを楽しんだ東京都の高校3年生の男子生徒(18)は「朝4時半に出発してきた。半年間、待ちわびていた。やっぱり気持ちがいい」と笑顔だった。(文.写真共 新潟日報.11/23より)
                  

そんな訳で私めの「2017/18スノーシーズン」開幕も間も無く。
何処でオープニングランを飾るかは…、目下検討中で御座います。

|

2017.06.03

●シーズンオフ「一ヶ月経過」

えー、5月2日の八方尾根で滑り納めとなった「2016/17.スキーライフ」。
シーズンオフに入って、今日で丁度1ヶ月が経ちました。

「うーん、未だ180日以上もオフが続くのか…」。

これから「梅雨」を迎え「夏」を越え「秋」に入り「初雪」の報を待つ半年間。
そしてゲレンデの降雪量に一喜一憂し、でもってやっとこさ「2017/18.WINTER」のシーズンイン。
過ぎ往く冬は@云う間なのに、訪れを待つ冬は如何してこんなに長いのでしょうか。

Img_4973

今日、クリーニングから帰って来たスキーウエア。
ビニール袋を開ける事無く、クローゼットの奥で冬眠(夏眠)に入りました。

そんな訳で来シーズンの初滑りまで、あと「マジック180(くらい)」。
取敢えず暫くは「ラン」「トレラン」を楽しむと致します。

|

2017.05.29

●トランキライザー

えー、今季のスキーライフを終え、ボチボチと「雪山禁断症状」発症中の私め。

シーズンオフに入って「もう2ヶ月くらい過ぎたんじゃナイの?」てな感じなのですが、現実は実に厳しきもの。
数えてみると、未だ27日しか経っておりません。

「嗚呼、スキーしたい…」。

Img_4970

そんな訳でトランキライザー服用中。
昨日.一昨日の「スキーフォーラム2017」貰ってきた、スキーカタログを鎮痛剤代わりに服用 読用しておりまする。
うーん、去年も一昨年も一昨々年も同じコトやってる様な…。

半年先のシーズンインを前にして、脳内スノートリップ逃避行。
あーぁ、早く雪降んないかなぁ…。

|

2017.05.17

●筋トレ再開

えー、昨日はお昼過ぎより押し入れの中を「ガッサゴソ」。
5ヶ月振りに筋トレ用のダンベルとトレーニングベンチを引っ張り出しました。

Img_4901

今季(つーか、正確にはもう昨季)のスキーライフも二週間前にピリオド。
そんな訳で「筋トレ生活」突入、本格的にオフトレスタートする事と致しました。

取敢えずはスキーで余り使わない筋肉部位のビルドアップが主なメニュー。
で、ツール一式を取り出してから気付いたのですが…。
「今日は自重トレ、やるんだった…」

ダンベルは要らなかったですね、はい。

|

2017.05.10

●「SIEGER」な季節

えー、本日は「スキージャーナル」6月号の発売日。

Img_4880

今月号の特集は「ギセン特集.大回り篇」。
しかし月山/かぐら等を除き、すっかりとシーズンオフに入った国内スキーシーン。
「この時期」に「こんな技術解説」されても…。
「何処でどーしろっつーんだ」てな感じです。

だったら「2016/17 アルペンワールドカップ」のシーズンレビューでも組んでくれた方がよっぽど有り難いのですが、それじゃ主力購入層(基礎屋さん)の食い付きが悪いんでしょう。
ま、今月号は「別冊付録」↓の方がお目当なんで、別にイイんですけどね。

Ccf20170510_00003
・「SIEGER 2017/18」
毎年5月半ばに発行される、石井スポーツさんのスキーギア最新カタログ。
石井スポーツに行けばタダで貰えますが、ショップ配布に先んじてSJ誌の付録となっているのでした。

で、私め来季の購入予定は今んトコ「ミドラー」のみ。
ウェアの頁をパラパラと捲り、目星いモノを物色していると…、

Ccf20170510_00005
おおっ、「Schöffel」のウェアが日本初上陸っ!!
おおっ、「COLMAR」のウェアが日本再上陸っ!!

ショッフェルはオーストリア、コルマーはフランスのオフィシャルサプライヤー。
アルペンシーンではお馴染みの両ブランドです。
特にショッフェルは一度袖を通してみたかったブランド。
私めの主戦ウェアは赤基調(デサント/アルペンスイスチームモデル)なので、色合い的にもバッチリです。

こりゃ、カスタムフェアで試着→即先行予約のパターン。
つーか、下手すりゃ一式オーストリーモデルで揃えてそうな悪寒…。

そんな訳で今年のシーズンオフも「物欲」と戦う事となりそうです。

|

2017.05.08

●2017.オフシーズン「常若」

えー、本日は昨日ログの続きみたいなものです。

2016/17シーズンの「滑り納め」から6日が経過した日曜日の昼下がり。
昨日は半日掛けての冬仕舞い、スキーギアの撤収作業をしておりました。

全ての片付けを終え「冬を感じさせるモノ」が消えた部屋の風景を見ると、改めてシーズンオフに入った事を実感する私め。
毎年の事ながら、シーズンの終了直後ってのは「ブルー」な心持ちになるものです。

Img_4877

で、今日はシーズンオフの「雪神守護」御札の交換。
ラス日の日券は御守り代わり、毎年差し替えて財布に忍ばせているのでした。

扨と、明日辺りからボチボチとオフトレ始動しますかね。

|

2017.05.07

●終戦作業

えー、知らない間に始まっていたGWも今日でお終い。
「カレンダー通りにオシゴトされる」世間大多数の皆様は、深い溜め息と共に憂鬱なサンデーナイトを迎えておられる事でしょう。
尤も「365連休×8年目」の私めには余り関係の無いおハナシですけどね。

所処で私め、毎年スキーシーズンを終えるのがGW前、たまにGW中。
今年は6日前に「2016/17シーズン.ラス滑」終え、心にぽっかりと穴の空いた心持ちで御座います。
まぁ今冬は白馬で雪山籠りしていたので、それなりに充実したスキーライフ。
バーンアウト的な虚脱感は比較的軽度に治まっておりまする。

と云う訳で、本日はお昼過ぎから「冬仕舞い」。
スノーシーズンに別れを告げるべく、スキーギアの撤収作業に勤しんでおりました。

「スキーウエアをクリーニングに出し」
「ミドラーやインナー.ビーニー類を洗濯」
「ブーツのインナーとインソールを影干し」
「グローブにクリームを施し」
「ピステバックに小物一式を取りまとめ」
「チューンナップ台やツールボックスは押入れの奥へ」

Img_bili
〆は愛機のお手入れ、チューンナップに出すまでの養生アイロン。
次回のワクシングはベース作りをする11月、暫くはこの作業もお休みです。

そんな訳で「At the end of  2016/17winter」。
今日より長~い「シーズンオフ」の始まりです。

|

2017.05.03

●2016/17.WINTER「FINAL」

えー、昨日は2016/17シーズンの最終滑。
今季の「THE FINAL」、ゲレンデは八方尾根で御座います。

I1_2
【写真上】白馬大橋にて、白馬三山。

I2_2
【写真上】同、三段紅葉ならぬ三段観桜。

Img_4733
【写真上】五龍と鹿島槍。

Img_4750
【写真上】白馬三山。

Img_4753
【写真上】北信名峰群のスーパーパノラマ。

Img_4840
【写真上】春のコブ遊び.兎平。

Img_4812
【写真上】春のコブ遊び.黒菱。

Img_4839
【写真上】春のコブ遊び.ソデグロ。

そんな訳で私めの「2016/17.WINTER」もこれでピリオド。
今日より長いシーズンオフに入ります。

滑走記は亦後日にDemo。

|

2017.05.01

●いざ聖地へ

えー、本日より月替わり皐月。
野には新緑が映え、薫風と共に燕が飛来する時節で御座います。

しかしそんな立夏間近の折節、私めは季節を巻き戻しすべく白銀の世界へ。
2016/17WINTER、最後の.スキーライフに出掛けて参ります。

そんな訳で只今22時半、これより自宅出立。
目指すは白馬、八方尾根です。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

SKI 2011/12.滑走記 | SKI 2012/13.滑走記 | SKI 2013/14.滑走記 | SKI 2014/15.滑走記 | SKI 2015/16.滑走記 | SKI 2016/17.滑走記 | SKI 2017/18.滑走記 | SKI FIS アルペンニュース | SKI ゲレンデGPS計測 | SKI ゲレンデ内外.小ネタ集 | SKI シーズンオフ.イベント集 | SKI シーズンオフ.ゲレンデ集 | SKI スキーギア/アイテム集 | SKI スキー今昔物語 | SKI スノーナビさん | SKI ポスター集 | SKI 山座同定/ヤマコレ集 | SKI 試乗会インプレッション | SKI 雪山就労日誌.2016/17 | SKI 雪山就労日誌.2017/18 | SKIのこと 雑 | トレラン リポ.a奥多摩 | トレラン リポ.b丹沢.箱根 | トレラン リポ.c奥武蔵 | トレラン リポ.d高尾.青梅 | トレラン リポ.e北都留.道志 | トレラン リポ.f奥秩父.大菩薩 | トレラン リポ.g京都.比良 | トレラン リポ.h信越 | トレラン 山走記総括 | トレラン シューズ/アイテム集 | トレランのこと 雑 | マラソン 2009年大会リポ | マラソン 2010年大会リポ | マラソン 2011年大会リポ | マラソン 2012年大会リポ | マラソン 2013年大会リポ | マラソン 2014年大会リポ | マラソン 2015年大会リポ | マラソン 2016年大会リポ | マラソン 2017年大会リポ | マラソン シューズ/ギア集 | マラソン ホームコース走 | マラソン 他ゲストコース走 | マラソンのこと 雑 | ラグビー ジャパン | ラグビー セブンズ | ラグビー トップリーグ | ラグビー ワールドカップ | ラグビー 大学 | ラグビーのこと.色々 | ・Ⅰ.Bambooインフォメーション | ・Ⅱ.Bambooお休み案内 | ・Ⅲ.歳時記 | ・Ⅳ.室礼 | ・Ⅴ.銘品集【マスターピース】 | ・Ⅵ.某飲某食所処 | ・Ⅶ.「ミヤコ」昨今事情 | ・Ⅷ.都名所図会 | ・Ⅸ.嵯峨野「さらなり」 | ・Ⅹ.「花街」彼是 | ・Ⅹⅰ.赤坂逍遥 | ・Ⅹⅱ.帝都散策 | ・Ⅹⅲ.旅行けば | ・Ⅹⅳ.書籍百般 | ・Ⅹⅴ.グラスのこと | ・Ⅹⅵ.お酒のこと | ・Ⅹⅸ.自転車のこと | ・Ⅹⅹⅰ.建築雑感 | ・Ⅹⅹⅱ.雑 | ・「Bamboo」移転情報 | ・「Bamboo」閉店情報