SKIのこと 雑

2021.09.11

●長月の昼の夢

えー、9月に入り糸引く糠雨の続くトーキョート。
日中気温も25度に届かない日が多く、朝晩にはひんやりと肌寒さすら感じます。
如何やら今年の残暑は早々に「季の結び」。
本格的な秋の訪れも早そうな、此処武蔵野の地で御座います。

そんな長月の長雨の雨間、昨日は久し振りに青空広がる昼最中。
天候不良で先延ばしにしていた「とある作業」に着手する事に致しました。

Dsc00310
「スキーのチューンナップ♩」

先月「ポチッ」と購入した型落ちのSL板。
非.ゲタ履きの2nd機なので、来シーズンからの春スキー/コブ用で御座います。
使用頻度の少ない美品と云ってもユーズド品、流石にフルチューンせねばなりません。

ソールはケバこそ立っているものの程度は良好、リペアの必要は無し。
エッジは殆ど残っているのでサイドウォール削んなくても大丈夫、但しバリが酷い。
よーし、久し振りにガチでチューンするか♬。

エッジのビヘリング(88/マイナ1)とバリ取りして、サンディングとフラット出し。
春コブ用の板なので、ベースワックス入れるのは3月になってからでオケー。
養生ワックス落として作業終了です。

ただ、やっぱり滑ってみないと仕上がり具合は解んない。
11月の「狭山プレ滑」で一度試運転してみようかと。

そんな訳で「積もる想い」で冬を待つ、晩夏の昼下がり「雪の夢」でした。
とさ。

|

2021.07.05

●第70回.芥川賞受賞作

えー、現在国内で唯一営業している「月山スキー場」も、昨日で観光Tバーが終了。
日野Tバーはもう少しやってますが、何れにせよシーズンエンド間近です。

7月も初旬を過ぎると、滑れる場所は「月山.牛首」と「乗鞍.片ノ小屋」のみ。
但し「ゲレンデ」では無く「雪渓」、100%自力登降となりますが…。

P1100463
森敦著「月山」。
現地でワンシーズンを過ごしたスキーマッドとしては、必読の一冊。
実は読んだ事無かったので、先日メルカリで「ポチッ」とした次第でして。

中々難しい一冊でした。

 

|

2021.06.19

●半年間溜まった塵

えー、曇天の空よりふりゆくものは、雪では無く雨。
2020/21シーズンのスキーライフを終え、今日で丁度10日目。
「梅雨」真っ只中と云うのに、今だ「冬」の残像を引き摺っている私めで御座います。

部屋を覆いつくしていたスキーギアも、既に片付け終了。
「板」も「ブーツ」も「ウェア」も「ピステバッグ」も、もう目の付く所処にはありません。
もうボチボチとオフトレ(マラソン/トレラン)のアクティビティに専念しないとね…。

でもって本日は遣り残していた「最後の冬仕舞い」。
アイロンやらワックスやらバイスやら、チューンナップツールの片付けをしておりました。

P1100468_20210617151101
スクレーピング用のダストボックス。
7か月間溜まりに溜まったワックスの削りカス。
これから「ポイ」して参ります。

P1100467
「白いなぁ…」
「まるで雪みたい…」

嗚呼、早く冬になってくれないかしら…。

 

|

2021.06.15

●Good-bye「SRC」

えー、先週6/7~6/9は入梅前の季節にスキーマッドの日々。
今季最後の「月山遠征」、そして最後の「スノーライフ」に逝って参りました。

しかし二泊三滑の最終日、ゲレンデへ向かう前への事。
今シーズン最後の滑走を前にしてにして「緊急事態」発生。
予期せぬアクシデントに見舞われしまいました。

P1100333

「エッジ、割れてる💀…」

朝にワックス入れる際のトラブル発覚。
昨昼にリキッド塗った際は異常無く、滑走中も特に違和感ありませんでした。
つー事は最後の最後でやっちゃったのかな…。
でも立木や岩に当てた覚えは無いし、多分疲労骨折(経年劣化)なのでしょう。

まぁ考え様によっちゃ遠征最終日なのが「不幸中の幸い」。
この日は帰路の都合上、13時半のゲレンデ撤収。
朝イチから滑っても10本程度が限界、それならギリギリ持ってくれるかも。

割れたエッジをアウト側にして、様子見つつ滑ってみるか…」

そんな訳で「爆弾抱えた」状況でのアクティビティ.スタートです。

P1100438
しかし本数を重ねる毎に状況は悪化。
エッジが水平尾翼みたくはみ出しています。

オンピステを高速ロングで回すならとっくに「投了」。
幸いな事(?)に中低速のコブ滑なので騙し騙しならまだイケます。

P1100437
ソールも浮いてきました…。
この状態になったのは正午過ぎ、ゲレンデアウトまであと1時間。
「えーい、ラスト2本だし目イチで滑っちゃえ」。

と云う訳で板への労りを考えず、攻めのコブアタック慣行×2。
その結果…。

P1100445
「タイムオーバー」&「ゲームオーバー」。
エッジがハリガネムシみたくなっちゃいました…。

今季「最後の日」に寿命となった、BLiZZARD SRC RACING (2015/16Model)。
2015/16~2017/18シーズンの3年間は主戦板として活躍。
2018/19シーズンからは後継機種にその役目を譲り、春のコブ板として使用。
どっちにしても今シーズンで引退の心算でしたが、最後の最後で損壊。
文字通り「身を粉にして」働いてくれた6年間でした。

と云う訳で「Better Half」メモリアル。
長らく苦楽を共にした、愛機のRecollection.フォトグラフ集になりまする。

Imagehtmls
2015年10月31日。
嫁入りした日の記念写真。

Imagehtml_20210612132001
2015.11.19
初デートは「翔んで埼玉」狭山スキー場。

H
2015/16シーズンは「白馬村共通シーズン券」に当選。
白馬エリアを主戦場に蜜月を重ねました。

Imagehtml_20210611190301
2016/17シーズンと、

Imagehtmlq
翌2017/18シーズンは、五竜で二季に亘る冬山就労。
毎日の様にランデ.ヴー、ラブラブに過ごした二冬でした。

Imagehtml_20210612130902
2018年は春から月山でもワンシーズン山籠もり。
「キャー!のび太さんのエッチ!」。

Imagehtml_20210612130901
2019年も月山で短期就労。
この年から春用のコブ板として、主に4~5月に活躍。

Im
八方や、

Imagehtmlss
かぐらでコブ畑と戯れる日を過ごしました。

P1100447
そんな付き合いもこの日で最後。
6年間で滑走日数240日、ハードワークの激務に耐えてくれて有難う。
もう彼女に乗る事が無い、そう思うと一寸淋しく感じるものです。

P1100461
所処で来季からのコブ板、如何しようかな…。

 

|

2021.06.09

●第二次月山遠征【2020/21.SNOW LIFE】最終日

えー、宮交の車窓よりコンニチワ。
第二次月山遠征も本日が最終日 、14時半に姥沢を発ち西川より仙台へ移動。
高速バス車中からのエントリーで御座います。

P1100349
今季の月山も本日で「滑り納め」。
エナメル彩の様に澄んだ青空の下、最終日のアクティビティスタート♪。

P1100372
日に日に増殖を増す、シマやヤブやクラックを避け、
日に日に難度を増す、コブ畑と遊び戯れます。

P1100418
姥の頂からは、朝日山地のスーパービュー。

P1100408
雲海に浮かぶ鳥海の雄姿も望めました。

P1100403
見事な「月山晴れ」に恵まれた一日。
楽しくもあり、そしてちょっぴりの淋しさを伴った最終日でした。

P1100449
姥沢より見遣る大斜面と姥ヶ岳。
サヨナラ月山、また来年ね。

P1100446
That's all !」
長くも短かった今季のスノーライフもこれでピリオド。
本日の「月山FINAL」は、2020/21シーズンの「FINAL」でもあるのでした。

明日からシーズンオフ突入、暫くはスキーを履かない日が続きます。
あーあ、遂に今シーズンも終わっちゃった…。

 

|

2021.06.08

●第二次月山遠征【6/8.最新ゲレンデ状況】二日目

えー、姥沢の夜からコンバンワ。
昨日より今季最後のスノーライフ、「第二次月山遠征」に来ている私め。
初日も今日もコブと遊び戯れ、戦い続けている二日間で御座います。

所処で月山スキー場は来週月曜日を以て一時ゲレンデクローズ。
リフトの架け替え作業の為に3日間の休業期間に入ります。
例年に於いてこの架け替えの後は、滑走可能エリアが急激に狭化。
メインゲレンデの「大斜面」もカウントダウンに入ります。

そんな訳で現地より「本日の月山スキー場」ゲレンデリポート。
今週末の遠征を考えておられる方には、多少の参考にでもなれば。

P1100075
月山スキー場入口、リゾートイン前。
県道114号はすっかり舗装路露出、滑って下山は出来ません。

P1100077
ハシも殆ど全容を現しています。

P1100079
下駅.リフト乗り場は昨日(6/7)から雪が切れました。

P1100080
今日の浜さん語録。
雪入れようにも下駅周辺に残雪は残っていません。

P1100086
そんな訳で板抱えてのリフト乗車。
搬器にスキーラックが付くのは、ペア架け替え後(6/18~)かな。

尚、板外しての徒歩乗車に伴い、ペアリフトの運行速度も春モード(スキー用)から夏モード(登行用)に変更。
これまで約9分だった乗車時間が約14分(運行速度1.2m/s)となっています。

P1100087
ペアリフトより眺める大斜面。
「シマ」は日に日に勢力拡大中。

P1100088
大斜面も下の方は厳しくなって来ました。

P1100102
上駅。
下車後は岩路を歩いて雪上へ。

P1100107
トラバース路へと向かう廊下。
この連絡路はリフト架け替えまで持ちそうですが…。

P1100108
肝心のトラバース路への入口が、立木に挟まれ…、

P1100109
カナリ厳しい状況。
木の根や笹をよけ切れず、ブッシュ帯に突っ込んでるゲストも結構おられました。
多分明日明後日には板外して「藪漕ぎ」する事になるでしょう。
それでも週末までは持たない可能性大、一旦沢側に下りて登り返すしかないかな…。

P1100110
ブッシュを突破するとこんなオミヤゲを貰っちゃいます。

P1100111
続いてTバー。
Tバーの設置場所は例年通り、下駅から急斜をハイクアップ。

P1100112
観光Tバー/日野Tバー共に、周囲の雪量は今んトコ問題無し。
但し架け替え翌週(6/21頃)から、も一つ上に移動するとの鶴さん.談。

P1100156
姥ヶ岳ゲレンデ~大斜面のワイドバーンはこんな感じ。
ザブったコーンスノーをロングターンで回せたのも昔のハナシ、今ではガッタガタのノイジーバーン。
尚、梅雨に入ると更に極悪化、スプーンおばさんが出現します。

P1100170
ま、それでも大斜面のコブ畑はまだまだ健在。

P1100169
島周辺からトラバース路の奥まで、斜度/コブ形状/難度など選び放題。
但し沢コースの法面コブには岩露出多し、あまりお勧め致しません。

P1100204
トラバース路最奥のコブライン数本は、トップ~ボトムまで切れていません。
しかし日に日に掘れが増し、凶悪な深溝となっています。
うーん、こうなると一日くらい雨の欲しい所処…。

P1100295
取敢えず未だ滑走可の沢コース。
しかしボトムは立木と岩のオンパレード、文字通り「縫って滑る」だけ。
(浜さん曰く、スネークコース)
大斜面ボトムからペアリフトへの連絡路的役割しか果たせない状況です。

P1100292
大斜面、全景。

と、こんな感じの月山ゲレンデ最新情報。
来週頭(6/15)からのリフト架け替えまでなら、未だ充分にコブ祭が楽しめそう。
但し6/18の営業再開以降は「正直、厳しい残雪量」。
大斜面をペアリフトでロスなく回せるのは6/20(日)まで。
滑走可能期間は「持っても」6/27(日)までかと思われます。

おしまい。

|

2021.06.04

●月山土産

えー、皐月と水無月を跨いでの月山スキー遠征から帰東、昨日は6月仕事始め。
思ってたより忙しく、パタパタと慌ただしい一晩でした。
しかも「月山土産」を抱えたままのオシゴト、正直少し疲れました。

・三日間のコブ遊びで身体ギシギシ、特に広背筋と腰が鉛みたく重い。
・顔と首筋はヒリヒリ、唇はパサパサ、日焼けで痛い。

うーん、あまり有難く無い「オミヤゲ」ですね…。

P1090729_20210603000601
コレは有難いオミヤゲ。
今シーズンの新商品、カモフラ柄の月山Tシャツ。

でも一番のオミヤゲは「楽しい思い出」だったりするのでした。
そんな訳で来週も月山遠征の予定です。

 

|

2021.06.03

●月山の【6月2日現在】ゲレンデ状況

えー、二泊三日の「第一次月山遠征」を終え、今日よりオシゴ再開。
「月山ブルー」の五月晴れ&水無月晴れに恵まれた三日間。
因みに三日連続の快晴となったのは、今季月山初めての事。
練りに練って/狙いに狙った遠征日がドンピシャで「当たり」ました。

そんな訳で日本全国X万人のスノーマッドな方々へインフォメーション。
昨日(6/2)現在の月山スキー場、ゲレンデ状況の御案内です。

0_20210602235301
115林班からのアプローチ。
県道114号は途中で路面露出、ノリ面使ってギリギリ滑り降りれる状況です。

1_20210602235301
下駅直下。
「えっ、この時期に「橋」出てる…」
この分だとリフト架け替えを待たず徒歩下山になりそうです。

21
沢コースは可也痩せていました。
序盤はソコソコ幅ありますが、中盤はコンベックス…つーかバンクです。

2_20210602235301
ボトムは立木の繁みを避けて通る状態。
快晴続きの後は今週末に雨の予報、6月二週目には「沢クローズ」かな…。

3_20210602235301 
大斜面も今年は「シマ」の出が早い…。
真ん中には大きいクレパスも口を開けてます。

5_20210602235301
それでもコブラインは豊富、選り取り見取り。

6_20210602235301
トップ~ミドルでは土や石も出てません。

P1090640
大斜面ボトムから一写。
沢との合流箇所はに立木が続々と出現しています。

ま、それでもペア架け替え(6月14日)までは問題無い雪量。
大斜面のコブ遊びはもう暫く楽しめそうです。

 7_20210602235301
トラバースから沢へ落ちるコブライン。
こっちも全く問題無い積雪量、右へトラバースして大斜面へ連絡出来ます。

P1090610
寧ろ心配なのがこっち。
上駅から大斜面に向かうトラバース路。
写真では解り難いですが、入口のブッシュが目に見えて増殖。
此処が切れると上駅から担ぎ上げして、上部のトラバース路使わないといけません。

P1090680
続いて大斜面上部/姥ケ岳ゲレンデ。
観光Tバー/日野バー共に、今んトコ定位置。

P1090764
観光Tバー.乗り場付近は雪量豊富。
でも鶴さん曰く「今年は全然雪少ない」との事。

10_20210602235301
観光Tバー.トップより。
両Tバー降り場からトラバース路までは、未だフラットなコンディション。
板走りの良いコーンスノー、大回りで気持ち良く回せます(特に午前中)。

11_20210603000001
日野Tバーを降りると、目の前には姥ヶ岳の木道。
姥山頂に行く際は、此処に板置いて上った方が正解です。

P1090709
山頂から大斜面へは大きいクラックが2発。
担ぎ上げしても滑って下りられません。

8_20210602235301
15時過ぎの大斜面。
午後には大分「掘れコブ」化、滑走疲労も重なり可也手強いコンデション。

P1090785
姥沢駐車場より望む大斜面。
こうして俯瞰するとやっぱり雪少ない。
個人予想では6/20(日)が大斜面の最終日と読んでいます。

最後におまけ。
6月2日現在、ペアリフト線下で見られる花は以下の通り。
低木落葉樹/タムシバ、ムシカリ、ムラサキヤシオツツジ、タカネザクラ
高山植物/群落:シロバナヘビイチゴ、ミツバオウレン
       チラホラ:イワカガミ、ショウジョウバカマ

チングルマ/ツバメオモト/ハクサンチドリは恐らく来週あたり。
ニッコウキスゲはもうちょい先かな。      

 

|

2021.06.02

●第一次月山遠征/最終日

えー、二泊三日の月山遠征も本日で終了。
これより帰東の途に向かう所処で御座います。

P1090786
14時、撤収。
コブと戦い続けた「楽しい」三日間。
でもそれ以上に「疲れた…」。

残存燃料スッカラカン、体力筋力はエンプティ。
もう搾りカスも出やしません…。

 

|

2021.06.01

●第一次月山遠征/二日目終了

えー、簡単に三枚だけPhoto-up。
長ったらしいキャプションは要らないでしょう。

P1090685
臥牛の霊峰は今日も御機嫌麗しゅう♡。

P1090691

P1090706
突き抜ける様な蒼天は「月山ブルー」。
新緑のブナ原生林は「月山グリーン」。
深い残雪に覆われた大斜面は「月山ホワイト」。

二日続けてスーパーな「月山日和」でした♬。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

BAR TRIPLE-SEC BAR TRIPLE-SEC/グラス紹介 BAR TRIPLE-SEC/休日案内 BAR TRIPLE-SEC/営業案内 BAR TRIPLE-SEC/販売速報 BAR TRIPLE-SEC/雑物古物 SKI 2011/12.滑走記 SKI 2012/13.滑走記 SKI 2013/14.滑走記 SKI 2014/15.滑走記 SKI 2015/16.滑走記 SKI 2016/17.滑走記 SKI 2017/18.滑走記 SKI 2018/19.滑走記 SKI 2019/20.滑走記 SKI 2020/21.滑走記 SKI FIS アルペンニュース SKI ゲレンデGPS計測 SKI ゲレンデ内外.小ネタ集 SKI シーズンオフ.イベント集 SKI シーズンオフ.ゲレンデ集 SKI スキーギア/アイテム集 SKI スキー今昔物語 SKI スノーナビさん SKI ポスター集 SKI 山座同定/ヤマコレ集 SKI 試乗会インプレッション SKI 雪山就労日誌.2016/17 SKI 雪山就労日誌.2017/18 SKI 雪山就労日誌.2018月山 SKI 雪山就労日誌.2019月山 SKI 雪山就労日誌.2020月山 SKIのこと 雑 トレラン リポ.a奥多摩 トレラン リポ.b丹沢.箱根 トレラン リポ.c奥武蔵 トレラン リポ.d高尾.青梅 トレラン リポ.e北都留.道志 トレラン リポ.f奥秩父.大菩薩 トレラン リポ.g京都.比良 トレラン リポ.h信越.東北 トレラン 山走記総括 トレラン シューズ/アイテム集 トレランのこと 雑 マラソン 2009年大会リポ マラソン 2010年大会リポ マラソン 2011年大会リポ マラソン 2012年大会リポ マラソン 2013年大会リポ マラソン 2014年大会リポ マラソン 2015年大会リポ マラソン 2016年大会リポ マラソン 2017年大会リポ マラソン 2018年大会リポ マラソン 2019年大会リポ マラソン 2020年大会リポ マラソン 2021年大会リポ マラソン シューズ/ギア集 マラソン 京都ホームコース走 マラソン 他ゲストコース走 マラソン 東京ホームコース走 マラソンのこと 雑 ラグビー ワールドカップ 2011 ラグビー ワールドカップ 2015 ラグビー ワールドカップ 2019 ラグビー ジャパン ラグビー セブンズ ラグビー トップリーグ ラグビー 大学 ラグビーのこと.色々 ・Ⅰ.Bambooインフォメーション ・Ⅱ.Bambooお休み案内 ・Ⅲ.歳時記 ・Ⅳ.室礼 ・Ⅴ.銘品集【マスターピース】 ・Ⅵ.某飲某食所処 ・Ⅶ.「ミヤコ」昨今事情 ・Ⅷ.都名所図会 ・Ⅸ.嵯峨野「さらなり」 ・Ⅹ.「花街」彼是 ・Ⅹⅰ.赤坂逍遥 ・Ⅹⅱ.帝都散策 ・Ⅹⅲ.旅行けば ・Ⅹⅳ.書籍百般 ・Ⅹⅴ.グラスのこと ・Ⅹⅵ.お酒のこと ・Ⅹⅸ.自転車のこと ・Ⅹⅹⅰ.建築雑感 ・Ⅹⅹⅱ.雑 ・「Bamboo」移転情報 ・「Bamboo」閉店情報