SKI ゲレンデ内外.小ネタ集

2020.06.06

●4月5日「雑記」

えー、本日は一昨日ログの続きです。
つっても内容自体は二ヶ月前のハナシで御座いますが...。

4月5日は湯沢へ今シーズン25日目の滑走遠征。
かぐらでのスキーアクティビティを終え、越後湯沢駅に帰投。
新幹線乗る前に「帰り掛けの駄賃」宜しく、春の山菜を摘みに向かうのでした。

P4050074
駅西口の温泉街、メインストリートをGALA方面に進みます。

P4050075
うーん、何時もにも増して過疎ってる…。
北陸新幹線の長野-金沢間開業直後(2015年3月)「特急はくたか」の廃止で大ダメージを受けた湯沢ですが、その時を彷彿とさせるゴーストタウン振り。
腐れコロナの影響でスキー/温泉観光客の姿は殆ど見られません。
(この翌々日、キンQ事態宣言が発令されました)

P4050076
駅から徒歩15分程で目的地の入口に到着。

P4050078
旧.布場スキー場。
大正4年の創設、湯沢エリア最古にて国内でも有数の歴史を誇るスキー場。
川端康成の「雪国」で、ヒロイン駒子がスキーをする場所(布場スキイ場として登場)としても有名です。

元々は独立したスキー場(旧名.湯沢スキー場)でしたが、「湯沢高原スキー場」のロープウェイ開設と共に同スキー場のの1エリア化。
そして2018/19シーズンを最後に閉鎖、104年の歴史に幕を下ろしました。
最後に残っていた布場ロマンスリフトも現在は撤去されています。

P4050079
シーズンオフは物置小屋となっているスノーエスカレーター。
今季より旧布場ゲレンデは「布場スノーランド」として雪遊び広場に利用されています。

P4050080
ゲレンデのあちこちにはふきのとうが群生。
今日の目的はコレじゃ無いのでスルー。

P4050082
旧布場ゲレンデの北端中腹にある、湯沢スキー神社の跡地。

Imagehtml_20200606132001
往時の湯沢スキー神社さん。
2018年に裏山の土砂崩れで屋舎は流されてしまい、

P4050083
今は基礎が残るのみとなってます。
旧湯沢スキー神社さんに就いてはコチラ↓。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/04/post-2000.html

で、この神社裏手は「こごみ」の群生地だったのですが...。

P4050084
土砂崩れで裏山斜面は崩壊。
こごみ群落も「オシャカ」になってました...。

うーむ、これじゃ今日の目的「Vanishing」
手ぶらで帰るの虚しいので、ふきのとうを摘んで帰る事に致しました。

P4050087
尚、崩潰した「湯沢スキー神社さん」はゲレンデ下に再建されています。
しかし「安っぽい」つーか「薄っぺらい」つーか「ちゃっちい」つーか…。

P4050088
うーん、悲しいまでのプレハブ感...。
全国有数の豊潤な財政を誇る湯沢町さんなのですから、もーちょいちゃんとした社殿を造営して欲しかったなぁ。

P405007400
扨、新幹線乗って帰りますか。
丁度この辺りは9月に行われる「越後湯沢秋桜マラソン」の折り返し地点。
しかし今年は腐れコロナの影響で大会中止、三国路を走る事も叶いません。

そしてこの2日後「緊急事態宣言」が発令。
豈図らん哉、私めの2019/20.SNOWLIFEは突然の終幕を迎えたのでした。
おしまい。

|

2020.03.27

●「春の滋味」第二弾

えー、本日は今週日~月「戸隠.白馬遠征」のExtra story。

3月23日は五竜でのスノーライフを終え東京へ帰投。
五竜BSで長野行のバスを待っておりました。

P3230227
もう、あっちこっちで「ちゃんめろ」が芽吹いてます。
先週も散々食したのですが、こう大量に群生していると「据え膳食わぬは男の恥」。
取敢えず当座の食糧自給、三日分のストックを摘んで帰りました。

でもって昨夜の夕餉(酒の肴)は例に由って「ふきのとうの天ぷら」。
しかし今月に入って三食目、もうイイ加減に飽きてきました。

P3270010
そんな訳で今夜は洋風アレンジ。
「ふきのとう」と「新じゃが」のオリーブオイル炒め、アンチョビとベーコン和え。
うーん、こりゃ麦酒🍺が進む♪。

明日はリゾットにしてみるかな。

|

2020.03.15

●「神頼み」と「春の滋味」

えー、先週3/9~10は第三次白馬遠征の後日談。
初日のアクティビティを終え17時半に宿入り。
クールダウンがてらに神城飯田周辺を「軽ジョッグ&お散歩」する事に致しました。

P3090207
17:30、国道148号/五竜バス停の小径を左折。

P3090208
住宅地を抜け、飯田の田園地帯に出ます。
「あ、今年はまだ飯田の神様に御挨拶してなかったっけ」。
そんな訳で正面の社叢に向かいます。

P3090209
飯田神明社さんへ参詣。
2016/17&2017/18の2シーズン、五竜で一冬山籠りしていた私め。
初詣は二年続けて此方でした。

P3090211
今年から拝殿の鈴緒と本坪が新調されてました。
「ガラガラ」「パンパン」「ペコリ」。
お賽銭は「五竜」なだけに「御縁」の「五円」、うーむ信心が足りない鴨。

因みにお願い事は1つだけ。
「来年の冬はマトモに雪⛄、降らせて下さいっ(切実)...」
今シーズンに関しては「もう諦めてます⤵...」。

P3090214
17:40、とおみゲレンデではナイターの準備中。
朝8時から17時まで通常営業、圧雪入って18時から21時半までナイター営業。
加えて土日祝日はオープン1時間前倒し、朝7時からのサンライズ営業。
多分国内で一番酷使されているゲレンデです。

P3090215
...。
未だ3月上旬(3/9)と云うのに田圃の畔にはちゃんめろが芽吹いています。
しかも数芽だけじゃ無く、結構な数が群生。
豪雪地帯の此処白馬ですら今シーズンは「短い冬」終了間近。
100mスプリントの如く速足で春が訪れています。

P3090216
「道の駅白馬」近くの自販機。
「ヒステリック自粛モード」ど真ん中のトンデモな御時世、果たして聖火リレーは無事行われるのでしょうか。
つーかそれ以前に、オリンピックの開催自体が危うい状況です。
(個人的には中止.若しくは延期に50000ペリカ)

P3090217
18時を回ると白馬盆地は褐返の底に。
明日は終日の雨予報ですが、暮夜の空には澄明清凛な満月。
これなら午前中くらいは天気、持ってくれるかも...。(←無駄な期待でした)

程良く身体が解れた所処でクーリングダウン終了。
宿に戻り「湯治♨」→「オツカレ麦酒」→「ワクシング」と何時ものルーティンワーク。
翌日のアクティビティに備え、10時には床に就くのでした。
おしまい。

P3110001
翌日、帰途の折。
今回の白馬土産は昨日見つけたちゃんめろ。
花の開いてない食べ頃のものを20ケ程摘んで帰りました。

P3120003
で、天ぷらにしてやっつけちゃいます。
ふきのとう独特の瑞々しい香りと、滋味溢れるほろ苦さ。
例年より一ヶ月近く早い「若菜摘む」食卓となったのでした。

|

2020.03.06

●信濃やさん

えー、先日は石打丸山.ヒガエリスキーの拾遺集。

アクティビティを終え湯沢駅に戻ると、駅ナカ「CoCoLo」で一寸お買い物。
向かった先はがんぎどおりの「信濃やさん」、お目当ては例のモノです。

P3040004
信濃やさん、冬の看板商品と云えばコレ。
「自家製野沢菜漬っ!!」

此方信濃やさんは、地場モノ中心の農産物を取り扱っておられる産直販売所。
「野菜.根菜」に「果物」に「茸類」と、昔からちょくちょくお世話になってます。
只、数年前から営業時間が短縮(~17:00)され、スキーの帰途に間に合わなくなってしまったのが残念...。
この日は幸いな事に17時半で店仕舞い途中、無理云って2袋だけ頂きました。

P3040002
左はフツーの野沢菜漬。
「鰹節に醤油数滴」だけで充分ですが、私めはプラス一工夫。
以前松本の料理屋で教えてもらった「薬味におろし生姜」を併せて頂いてます。
あと酸味が出てきたら「カレーの付け合わせ」にすると結構イケル。

右は塩麹バージョン。
そのまま食しても美味しいですが、仄かに麹の風味が効いているので塩味ベース料理の「ちょい足し」アイテムとしても重宝。
軽く刻んで高菜ならぬ「野沢菜チャーハン」、他の具はネギと卵だけで充分。
ほうれん草やキャベツの代わりに塩ラーメンのトッピングにしてもGood。

そんな訳で此処数日、酒の肴は「野沢菜」三昧。
購入日から4日後の本日、既に両袋とも「完食」済なのでした。

下記は「信濃や」さん.過去の購入遍歴一覧です。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2013/12/post-eb8c.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2013/02/post-5211.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/01/201314-2203.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/01/post-779b.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/03/post-8f8d.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2016/04/post-a2e5.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2016/09/860-04ff.html

|

2018.06.14

●食べログ「下駅」

えー、約二ヶ月半の「春スキー&夏スキー」雪山就労日誌、51日目。

三日続いた月山ペアリフトの休業日も今日で最終日。
明日からは再び「スキーライフ」「コブライフ」の日々が復活です。

しかし今日は「オシゴトやる事無し」「滑りにも行けず」でNothing to doな一日。
特にアップする話題も無いので、偶には趣向を変えて月山スキー場の「メシ話」。

■食べログ>山形レストラン>西村山郡西川町>姥沢/食堂(その他)
エリア:西川町その他 [山形] ジャンル:レストラン(その他) 
予算:~¥999 定休日:無休 

月山ペアリフト 下駅食堂 ★★★★★(5.0)

そんな訳で月山ペアリフト「下駅」小ネタ集、その③。
下駅食堂の誇る、看板メニューの数々で御座います。

Img_7111
🍴玉こんにゃく \150
こんにゃく消費量日本一を誇る山形のソウルフードにて、下駅食堂でも人気のサイドメニュー。
2串3串まとめ食いしているゲストの姿もチラホラと見掛けます。
コレを肴に「月山ピルス」を飲るってのが、月山アフター3の楽しみ方。

Img_7403
🍴冷やし肉そば \800
河北町発祥の山形.西村山郷土食。
あっさり上品な冷たい出汁と、喉通りの進む冷やし蕎麦。
暑い日は20℃を超す月山の夏スキー、そんな日は「ラーメン」「鍋焼き」を抜いてコイツが一番人気に躍り出ます。

Img_7115
🍴月山味噌ラーメン \850  
ゲレ食の定番メニュー、しかし下駅ラーメンは味/量/質感共にボリューミィ。
濃いめの味噌味に野菜炒め並みの具沢山、そして美味い。
「うーん、食った食った♬」、今日も満足してゲレンデに出陣するのでした。

Img_7722
🍴鍋焼きうどん \850
恐らく下駅食堂で一番人気のメニュー。
海老天と鶏肉と半熟玉子、しかも運の良い日はネマガリダケも入っています。
CP考えたら無敵の部類、コレ東京都心で出したら\1500くらい取れるかも。

他にも色々メニューはありますが、上掲三品が私的「最強布陣」。
オシゴトオフの日には、この三つをランチローテーションしているのでした。

|

2018.06.09

●月山「安産祈願」

えー、約二ヶ月半の「春スキー&夏スキー」雪山就労日誌、46日目。

本日は月山下駅での小ネタログ。
先日のオシゴトオフ日、朝イチにゲレンデインした際の一コマです。

Img_6955
何処のゲレンデでも見る、フツーのスキー立て。
つーか結構な年代モノ、円形のスキー立てって最近殆んど目にしませんね。
因みにこの高さだとスノボは使用不可です。

Img_6954
うーむ、何だか見た様な事のあるマーク…。
しかし(工場)とも(発電所)とも(灯台)とも、ビミョーに違う…。
そう、中学生の頃に机やトイレの落書きで見た「あのマーク」とそっくりです。

そんな訳でリフト乗り場で見掛けた影絵遊び。
しょーもない下系のネタ.一題でした。

|

2018.05.21

●ウルトラマンスキー

えー、約二ヶ月半の「春スキー&夏スキー」雪山就労日誌、27日目。

本日は月山スキー場の「月山ペアリフト.下駅」小ネタ集、その②。
「HERO達が愛用するスキーギアの数々」で御座います。

Img_6286
【写真上】下駅の2階にあるチケット売り場。
左手のショーケースには何かフィギュアが並べられています。

Img_6071
【写真上】陳列ケースの中にはウルトラマン。
「流石スキー場、フィギュアがスキー履いているっ!!!」。
しかもこのミニチュアスキー、凄く芸が細かいのでして。

Img_6062
【写真上】アストラはハートの基礎板。
2015/16モデルの「Circuit C9.2 ST 」。
湯浅直樹が世界と戦うメイドインジャパンの板、中々渋いチョイスです。

Img_6063
【写真上】ウルトラの父はオガサカユーザー。
2015/16モデルの「UNITY」 。
まぁトシもトシですし、楽な板を選んでるのかな。

Img_6064
【写真上】ゼアスは私めと同じブリザード。
2015/16モデルのトップシート、「SL  RACING」or「SRC」のどっちかな…。

Img_6065
【写真上】セブンはアトミック、しかもガチの競技派。
2014/15モデルのREDSTER SL。
しかもこの黒キャップはFIS対応モデル。

Img_6067
【写真上】初代はパウ派。
ロシの「SUPER 7」、センターのファットスキーです。
M87星雲でもディープパウは降るのかしら。

Img_6068
【写真上】タロウは基礎/小回りの人気板。
ヘッドの「i.SUPERSHAPE SPEED」。

Img_6109
【写真上】こっちのタロウは仕事中。
食堂前の出店で「玉こんにゃく」売ってます。

Img_6108
【写真上】メビウスはパト隊員。
板を履かずに詰所で待機中、若しくは偉い役職の人?。
しかしコレだと、如何しても右手の「綾波ナース」に視線がいっちゃいます。
こんなナースが介抱してくれるなら、怪我してもイイかな。

Img_6108_3
【写真上】サービスショット♥
見えそで見えないチラリズム…つーか見えてます。
うーん、これじゃ「下駅ネタ」じゃなくて、単なる「下ネタ」ですね…。

と、こんな感じの「月山ペアリフト.下駅」小ネタ集その②。
このシリーズ、またまだ続き〼。

|

2018.05.10

●「Gassan」

えー、約二ヶ月半の「春スキー&夏スキー」雪山就労日誌、16日目。

昨日はオシゴトオヤスミだった私め、日中は元気にスキーライフ。
で、滑り終えた後にちょっとお買い物、下駅の売店に立ち寄るのでした。

Img_6310

Img_6323
【写真上】ペアリフト下駅小屋。
1階にはロッカーと更衣室、2階にはチケット売り場や食堂/売店などが併設された、月山スキー場のベース的施設。
尤も「スキーセンター」と云うにはロコ色強杉、やっばり「下駅小屋」って感じかな。

Img_6061
【写真上】今日のテーマは2階の売店コーナー。
月山人気のオリジナルアイテム、Tシャツやパーカが販売されています。

Img_6058
【写真上】で、これが結構、

Img_6059
【写真上】デザイン/カラー共に豊富なラインナップ。
春スキー&夏スキーには勿論の事、タウンユースでも充分使えそう。
個人的に気に入ったのは、今シーズンの新作「ミックスカラーTシャツ」。
そんな訳で…。

Img_6356
【写真上.下】グレー/ブルーの色違いを二着購入。
Tシャツはこー云うシンプルなロゴやデザインのものが好きですね。
速乾性のポリ100%素材、ランニングやトレラン使用もオケーなのがポイント高し。
着潰す事を考えて、もう一着づつ買っとこうかな。

と、こんな感じの「月山ペアリフト下駅」小ネタ集その①。
このシリーズ、またまだ続き〼。

|

2018.04.21

●「冬色emotion」トピックス

えー、2017/18シーズンの雪山就労生活を終え、早や1ヶ月以上が経過。
しかし今冬のスノーライフ、未だアップしていない「トピック」や「滑走記」が遠見尾根の積雪量の如く山積しております。

そんな訳で「過ぎ往りし雪山の日々の名残ログ」。
エントリー.その③、「冬色emotion/トピックス」で御座います。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

今更ではありますが、私め今季(+昨季)の冬山籠り先は「白馬五竜スキー場」。
「2017/18.WINTER」も色々とトピック満載のシーズンでした。

Img_1296
先ずはコレ。
賃貸不動産大手のエイブルさんとネーミングライツ契約を締結、呼称が「エイブル白馬五竜」となりました。
日本のスキー場に於けるネーミングライツ締結は、これが初の事例となります。

尚、エスカルプラザ内に「エイブル白馬支店」は御座いません。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2017/12/be-able-to-8716.html

2
1月26日は「Australia Day」イベント開催。
鈴生りのブルー.エンサインフラッグに彩られたエスカルプラザは、すっかり「オーストラリア ハクバ州(JT) カミシロランド エスカルタウン」状態。
スキー場がオフィシャルで「オーストラリア.デー」の催しをするのって、五竜が初めてじゃないでしょうか。

でも一番悪ノリ 楽しんでたのはスタッフ一同、との噂…。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2018/01/australia-day-f.html

Img_4456
3月11.12日には「Red Bull Edge in HAKUBA GORYU」が開催。
これる日本では初開催となる、レッドブルさんのカービングイベント。
初日は濃ガスでコンテスト中止となりましたが、二日目は好天に恵まれ無事イベント開催の運びとなりました。

同じ職場のエライ人も参戦、しかし苦戦していた様子…。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2018/03/201718-377a.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2018/03/201718-e854.html

と、「初モノ」尽しのトピック3つを始め、色々あった2017/18シーズンの白馬五竜。
でも、個人的にはこのニュース↓を一番に挙げたいと思います。

1

2

日本アルプスイン」さん、閉店。

つっても店名だけじゃ、五竜スキー場関係者ですら「何処ソレ?」状態。
とおみゲレンデの「エベレストカレーの店」と云えば、直ぐにお解りになるでしょう。

老朽化した木造平屋の建物周辺には「無秩序に打ち付けられた看板」「無数にはためく幟」「所構わず置かれたベンチとテーブル」。
とおみ.スカイ4に乗っていると、必ず目に付く妖しい外観の建物です。

そのエキセントリック&カオスな外観はドンキもびっくり。
スカ4線下のコテージ/ペンション群の中でも一際「異彩」を放っておりました。

この「エベレストカレーの店 日本アルプスイン」、もう何十年も前から老夫婦がお二人で切り盛りされていたのですが、2016年の年末にご主人が他界。
昨シーズンは奥さんがお一人で営業されていたものの今シーズンは営業断念されたらしく、ずーっと閉まったままになっています。

尚、往時の営業風景に就いては「食べログ」さんなぞを参考にして下さい。https://tabelog.com/nagano/A2005/A200503/20001734/

3

4

Img_3610
ゲレンデサイドから、建物近景。
この建屋、元々は破棄された索道施設を改築して食堂にしたとの事。
位置から考えると「旧神城第2リフト」の降り場になるものと思われます。

白馬でナンバーワンの入り込み客数(約42~43万人)を誇る五竜スキー場、そのメインゲレンデ沿いですから立地条件は抜群。
週末ランチタイムのエスカルプラザの混雑具合を考えても、遣り様一つで「大繁盛店」なゲレ食レストランに生まれ変わる可能性は充分にあります。

しかし建築基準法/消防法を全く無視したこの建物。
一度営業止めちゃうと、もう営業許可は下りないでしょうね…。

|

2018.04.10

●低速クワッド

えー、2017/18シーズンの雪山就労生活を終え、早や1ヶ月近くが経過。
しかし今冬の白馬五竜スノーライフ、未だアップしていない「トピック」や「滑走記」が遠見尾根の積雪量の如く山積しております。

そんな訳で「過ぎ往りし雪山の日々の名残ログ」エントリー.その②。
昨日に引き続き本日も「索道ネタ」。 
ゲレンデに無くてはならないモノの一つ、「リフト」に纏わるオハナシです。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

「クワッドリフト」
全国のスノーマッドの皆様は、この言葉を聞いて何を想像されるでしょうか。
まぁ殆どの方々は「4人乗りの高速リフト」と回答されるでしょう。

「然に非ず」
「quad=4つ/4倍」の意味する通り、クワッドリフトは「4人乗りリフト」の意。
決して「高速リフト」を差しているものでありません。
クワッドリフトの運行速度が早いのは索道の運行方法(デタッチャブル/自動循環式)に由るもので御座います。

とは申しましても全国津々浦々のスキー場で、クワッドリフトは「デタッチャブル=運行速度が早い」と相場が決まっているもの。
しかし此処白馬には、国内でも珍しい「低速クワッド」が2つも存在するのでして。

Img_3418
・八方尾根/黒菱第2クワッドリフト(275m)
デチャッタブルのクワッド乗り場に較べ建屋の規模はコンパクト。
滑車がグルグル廻ってるだけで
場内レールもありません。

Img_3431
終点停車場(リフト降り場)の建屋規模は、一般ペア/シングルリフトと変わりません。
クワッド曳索の循環構造は折り返し滑車のみ。
こっちの方が固定循環式のリフト構造が良く解りますね。

Img_3424
乗車中に一写。
固定循環式らしく、「のんびり」「ゆっくり」とした運行速度。
まぁ距離が短いのが幸い、4分程度の乗車時間なので特に「遅い」とも感じません。

Img_3875
・五竜いいもり/ミルキーフォーリフト
こっちも起点停車場(リフト乗り場)の建屋は、デチャッタブルに較べコンパクト。

Img_3885
ミルキー4、終点停車場(リフト降り場)。

Img_3884
黒2以上に「のんびり」「ゆっくり」とした運行速度。

此処でちょっと長話。
リフトの最高速度と搬器の間隔は、法律で以下の様に定められています。↓
http://cable.cocolog-nifty.com/sakudo/2005/11/post_e166.html

但し実際にはこの上限値より幾らか速度を落しているものが多く、基準はそのリフト(=ゲレンデ)を利用するスキーヤーのレベルに由って運行速度が決められています。
例えば固定循環式/ペアリフトの場合、上級者メインのコースに架けられているリフトは上限値(2.0.m/秒)に近い速度で運行。
ファミリー/初心者メインのリフトは速度を落として「1.5m/秒」前後、てな具合です。

でハナシは元に戻ります。
ミルキーフォーを使うのは、ファミリーゲストのお子様やスキースノボ初心者。
従い中級者向けの黒菱第2より、運行速度が遅いのでした。

Img_3890
で、ミルキーは架空距離が結構「長~い」のです。
全長521mで標高差90m、乗車時間は約8分。
そりゃ皆さん、スカイフォー(913m/180m 5分)の方を使いますよね…。

因みに「固定循環式」「自動循環式」の違いや、その他索道の運行システムがイマイチ良く解らない方は下記参照の事↓。
http://j-ropeway.org/aboutropeway.html
http://dic.nicovideo.jp/a/%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%BE%AA%E7%92%B0%E5%BC%8F%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%88

尚、「白馬村」から「Hakuba Valley」全域に視野を広げると、「鹿島槍スキー場(大町市)」にも低速クワッドが一基(第3クワッド)が存在します。
てな訳で、昨日に引き続いての「索道ネタ」、でした。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

SKI 2011/12.滑走記 SKI 2012/13.滑走記 SKI 2013/14.滑走記 SKI 2014/15.滑走記 SKI 2015/16.滑走記 SKI 2016/17.滑走記 SKI 2017/18.滑走記 SKI 2018/19.滑走記 SKI 2019/20.滑走記 SKI FIS アルペンニュース SKI ゲレンデGPS計測 SKI ゲレンデ内外.小ネタ集 SKI シーズンオフ.イベント集 SKI シーズンオフ.ゲレンデ集 SKI スキーギア/アイテム集 SKI スキー今昔物語 SKI スノーナビさん SKI ポスター集 SKI 山座同定/ヤマコレ集 SKI 試乗会インプレッション SKI 雪山就労日誌.2016/17 SKI 雪山就労日誌.2017/18 SKI 雪山就労日誌.2018月山 SKI 雪山就労日誌.2019月山 SKI 雪山就労日誌.2020月山 SKIのこと 雑 トレラン リポ.a奥多摩 トレラン リポ.b丹沢.箱根 トレラン リポ.c奥武蔵 トレラン リポ.d高尾.青梅 トレラン リポ.e北都留.道志 トレラン リポ.f奥秩父.大菩薩 トレラン リポ.g京都.比良 トレラン リポ.h信越.東北 トレラン 山走記総括 トレラン シューズ/アイテム集 トレランのこと 雑 マラソン 2009年大会リポ マラソン 2010年大会リポ マラソン 2011年大会リポ マラソン 2012年大会リポ マラソン 2013年大会リポ マラソン 2014年大会リポ マラソン 2015年大会リポ マラソン 2016年大会リポ マラソン 2017年大会リポ マラソン 2018年大会リポ マラソン 2019年大会リポ マラソン 2020年大会リポ マラソン シューズ/ギア集 マラソン ホームコース走 マラソン 他ゲストコース走 マラソンのこと 雑 ラグビー ワールドカップ 2011 ラグビー ワールドカップ 2015 ラグビー ワールドカップ 2019 ラグビー ジャパン ラグビー セブンズ ラグビー トップリーグ ラグビー 大学 ラグビーのこと.色々 ・TRIPLE SEC/2019.4.27~ ・TRIPLE SEC/お休み案内 ・Ⅰ.Bambooインフォメーション ・Ⅱ.Bambooお休み案内 ・Ⅲ.歳時記 ・Ⅳ.室礼 ・Ⅴ.銘品集【マスターピース】 ・Ⅵ.某飲某食所処 ・Ⅶ.「ミヤコ」昨今事情 ・Ⅷ.都名所図会 ・Ⅸ.嵯峨野「さらなり」 ・Ⅹ.「花街」彼是 ・Ⅹⅰ.赤坂逍遥 ・Ⅹⅱ.帝都散策 ・Ⅹⅲ.旅行けば ・Ⅹⅳ.書籍百般 ・Ⅹⅴ.グラスのこと ・Ⅹⅵ.お酒のこと ・Ⅹⅸ.自転車のこと ・Ⅹⅹⅰ.建築雑感 ・Ⅹⅹⅱ.雑 ・「Bamboo」移転情報 ・「Bamboo」閉店情報