SKI ゲレンデ内外.小ネタ集

2022.06.09

●月山納めの儀 (終冬式)

えー、丁度一週間前の6月2日は今シーズンの「滑り納め」。
この時期に国内で滑れるゲレンデは一択、例に由って月山での〆滑となりました。

そんな訳での2021/22.THE FINAL、エピローグ。
「最後の日」の「最後の1本」の前に、出羽三山は月山神へ御挨拶。
毎冬(春?夏?)恒例の神事、「月山納めの儀」でシーズンを締め括る事に致しました。

Dsc06549
13:00、今シーズン最後のリフト乗車。
「これで今シーズンもお終いかぁ…」。
15分の空中散歩は一寸ペーソスな心持、ブナの新緑が目と心に沁みる…。

Dsc06556
最後の1本へ向かう前、毎年恒例のルーティン。
ペアリフト上駅の姥ヶ岳休憩所に立ち寄ります。

Dsc06554
姥ヶ岳休憩所。
昔は上駅食堂が設けられており、軽食や喫茶が出来ましたが大分前に閉鎖。
現在は無料の休憩所となっています。

Dsc06553
建物の奥には月山神社遥拝所。
本宮(1984mの月山山頂)への登拝が叶わない参拝者の為、昭和58年に勧請創祀。
月山神社の主祭神、月読命の御分霊が祀られています。

Dsc06550
奉殿にて、チャリーン→ガラガラ→パンパン→ペコリ。
お賽銭は出羽「三」山なだけに「30」円。
信心の足りない金額ですが、願い事は沢山御座います。

来シーズンも大雪に恵まれます様に。
来シーズンも怪我無く楽しく滑れます様に。
来シーズンはマスク無しで滑れます様に。

来シーズンは更に上手くなります様(特にコブ)に。

来シーズンはクレパス出ません様に。

Dsc06558_20220603111901
参拝を終え、シーズンラストの1本へ。
お参りした御利益か、最後はイイ感じのコブ滑にて〆。

と云う訳で白馬/湯沢と続いた「滑り納めの儀」、三部作の終。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2022/04/post-8477ae.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2022/05/post-07a1c0.html

そしてこの「月山納めの儀」が、今季の「終冬式」となるのでした。
嗚呼、雪の季節よサヨウナラ。

 

|

2022.05.20

●「湯沢納め」の儀

えー、今週月曜日は今季48滑目、かぐら遠征/三部作の終。
滑走後のアウトロダクションで御座います。

この日が今シーズンの「かぐら」、そして「湯沢エリア」滑り納めとなった私め。
そんな訳での湯沢FINALは、毎冬(春?)の恒例行事で締め括る事に致しました。

Dsc06110
16:45、かぐらでのスノーライフを終え、湯沢駅に戻って来ました。
その足で江神さんへ温泉湯治、ホコホコ♨と肉まん状態に。

Dsc06112
17:30、西口の温泉街を、目的地に向かってテクテクと歩きます。
湯上りの火照った身体に夕暮れの微風が心地イイ。

因みにこの辺は毎年9月に行われる「越後湯沢秋桜マラソン」の折り返し地点。
腐れ伝染病の所為で2年続けての大会中止、今年は開催されるのかなぁ…。

Dsc06113
旧布場ゲレンデ跡。
「湯沢スキー場(旧名)」として大正4年に開業。
湯沢エリア最古のスキー場、且つ国内屈指の歴史を有していたゲレンデです。
川端康成の「雪国」では、ヒロイン駒子がスキーをする場所として登場しました。
しかし暖冬の雪不足や入り込み客数の減少により、2019年3月末で閉鎖。
104年の歴史に幕を閉じました。

目的地はこの布場スキー場跡、ゲレンデ山麓に御座います。

Dsc06115_20220517130201
湯沢スキー神社(再建)。
平成29年(2017)造営/一間社.切妻造.銅板葺 祭神.雪艇湧現明神

以前はゲレンデ北側の中腹に建立されていましたが、2017年冬に起こった裏山の土砂崩れで屋舎崩壊。
翌年8月、現在地に再建されました。

Img_5867_2
因みに以前は、

P1070868
こんな感じでした(2016年撮影)。
造営から30年が経ち老朽化が目立つも、旧社殿の方が趣が有って宜し。
4月半ばに訪れると、オオヤマザクラとソメイヨシノが春の彩りを添えていました。

それに較べ…、

Dsc06114_20220520140801
うーん、悲しいまでのチープ感。
文字通り「取って付けた」感しかしないハリボテ社殿。
扁額も坪鈴も賽銭箱も「何~も」ありません。

Dsc06115
チャリーン→パンパン→ペコリ。
まぁ毎年の恒例行事、取敢えずお参りします。

来シーズンも大雪に恵まれます様に。
来シーズンも怪我無く楽しく滑れます様に。
来シーズンはマスク無しで滑れます様に。

来シーズンは更に上手くなります様に。

因みにスキー神社の由緒は1976年(昭和51)10月の創祀。
近隣村社.諏訪神社造替の際、旧社殿を移築建立した事に始まります。
ですから同社の境外社と云った方が正しいのかも。

湯沢スキー神社さん、関連ログは下記にて。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/04/post-2000.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2020/06/post-5ad628.html

Dsc06117
折角なので旧社殿跡まで上ってみる事に。
ゲレンデの斜面北奥、樹林帯の辺りです。

Dsc06119
荒れるに任せた祠跡、基壇だけが残されています。

Dsc06120
八重葎 茂れる社のさびしきに 人こそ見えね 春は来にけり
朽ち果てたベンチもほったらかし。
因みに「写真のタカハシ」さんは健在です。

Dsc06121
此処からの谷川連峰/湯沢里山の眺め、結構好きなんですよね。

以前は「かぐら滑り納め」=「シーズン滑り納め」だった私め。
スキー神社さんの参詣がその年の「終冬式」でも御座いました。
しかし月山を知ってからはスキーシーズンが1~2ヶ月延長。
スノーマッドな日々はもう暫く続くのでした。
おしまい。

|

2022.05.09

●多忙な午後

えー、10日間の月山スキーライフを終え、帰投初日。
霊峰に抱えられた深雪の地から、東京へ戻って来て参りました。

今日は日中にやる事大杉の為、目覚まし時計が10時に「ジリリリ…⏰」。
「荷解き」やら「洗濯」やら「スキーやブーツの手入れ」やらに忙殺されて、気付けば@云う間の出勤時間で御座います。

中でも取り分け時間と手間を食ったのが、お土産の処理。
午後の大半はキッチンで立ち仕事しておりました。

Dsc05924
山ほど摘んで来たフキノトウ、東北なので「ちゃんめろ」では無く「ばんけ」。
鬼皮剥いて、水洗いして、ゴミ取って、要らない花は捥いで、湯通し。

Dsc05923
我が家の保存食。
今宵の天婦羅分、明後日のリゾットの分を残して、蕗味噌にしちゃいました。
御飯の御供は勿論、厚揚げ焼きや田楽に合わせても旨いんです。

Dsc05930
続いて月山スペシャル、ギョウジャニンニク。
水洗いして、袴を剥いて、ほんの軽く湯通し。

Dsc05931
我が家の保存食。
今宵の天婦羅と明日の行者大蒜ラーメンの分を残して、醬油漬けにしちゃいました。
これも御飯の御供は勿論、炒飯の具やちょい足し薬味にしても旨い。
更に漬け汁はピリリと風味の利いた万能調味料になるのです。

Dsc05927
結局コレは時間切れで手付けず…。
ピクルス用に摘んで来た、もう一袋のフキノトウ。
仕方無いので仕込みは明日に回す事に。

と、山菜の調理に追われた連休明けの昼最中。
手間暇は掛かりますが。レンチンするだけのレトルト土産とは別格の滋味。
雪国の遅い春の「旬菜」を味わいつつ、月山の想い出に浸ると致しますか。

そんな訳で今宵の肴はフキノトウとギョウジャニンニクの天婦羅。
いゃあ、お仕事終わるのが楽しみ楽しみ♬。

|

2022.04.26

●若菜摘む

えー、昨日はオシゴトオヤスミにて、「春かぐら」へ滑走行脚。
でもって「お楽しみ」三部構成の一日で御座いました。

「昼/コブと戯れるスキーライフ」
「夕/温泉と桜狩りと若菜摘み」
「夜/岩魚をアテにオツカレ麦酒」

Dsc05464
己がため 春の野に出でて 若菜つむ
今年の湯沢は大雪の影響もあり、山菜の芽吹きは例年よりやや遅め。
コゴミとフキノトウ、其々二食分を少しだけ摘んできました。

そんな訳で今宵の肴は「春の滋味」の天婦羅。
オシゴト終わるのが楽しみです。

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

10時間後。

Dsc05481
明日はフキノトウとコゴミのリゾット。
余ったものは新玉葱と水菜を混ぜて「春の掻き揚げ」にしちゃいます。

 

|

2022.04.25

●「白馬納め」の儀

えー、先週は「第九次白馬遠征」の拾遺集。
今冬最後となるHAKUBA VALLEYへの雪旅は、五竜と八方で滑って参りました。

其々の今シーズン最終滑を終えた後は、毎年恒例のルーティン。
飯田と細野の氏神様に「滑り納め」の御挨拶に伺いました。

Dsc05378
4月17日、「五竜納め」は神城の飯田神明社さん。

Dsc05381
扁額と拝殿。

Img_8714
因みにハイシーズンはこんな感じ。

Dsc05379
拝殿と覆屋。
雪の深い北安の神社本殿は、豪雪対策でその殆どが覆屋形式となっています。
因みに本殿は一間社流造、造営時期は不明。

Dsc05380
拝殿にて、坪鈴と注連縄。
チャリーン→ガラガラ→パンパン→ペコリ。
お賽銭は「五」竜なだけに「5」円。
信心の足りない金額ですが、願い事は沢山御座います。

来シーズンも大雪に恵まれます様に。
来シーズンも怪我無く楽しく滑れます様に。
来シーズンは白馬村シーズン券が当たります様に。
来シーズンはマスク無しで滑れます様に。

来シーズンは更に上手くなります様に。

Dsc05384
4月18日、「八方納め」は細野諏訪神社さん。

Dsc05386
板とピステバックを置き、石階段の参道を上ります。

Dsc05385
拝殿前に聳え立つ、御神木の大杉。
(樹齢推定800~1000年、村指定天然記念物)

4_20210521233201
因みにハイシーズンはこんな感じ。

Dsc05387
拝殿にて、坪鈴と扁額。
チャリーン→ガラガラ→パンパン→ペコリ。
お賽銭は「八」竜なだけに「8」円。
信心の足りない金額ですが、願い事は沢山御座います。

来シーズンも大雪に恵まれます様に。
来シーズンも怪我無く楽しく滑れます様に。
来シーズンは白馬村シーズン券が当たります様に。
来シーズンはマスク無しで滑れます様に
来シーズンは更に上手くなります様に。

と、こんな感じの2021/22シーズン「白馬FINAL」エピローグ。
今季の白馬遠征はこれが最後ですが、私めのスキーライフ自体はマダマダ続きます。
5月中はかぐらと月山、かぐらが閉まると月山一択。
今季のスキーマッドな日々も、残す所処あと2ヶ月です。

 

|

2022.04.19

●白馬春訪

えー、今週は一昨日昨日と雪山行脚。
今シーズン白馬での滑り納め、「第九次白馬遠征」に逝って参りました。

四月も半ばを過ぎた白馬村は田畑の残雪もすっかり姿を消し、野花や新緑の芽吹き。
そしてヤマザクラやヒガンザクラが、所々で花弁を開かせておりました。

Dsc05369
神城は飯田の里では、

Dsc05370
数本の桜がチラホラ咲き。

Dsc05372
桜に一歩先んじて、コブシの花は間も無く見頃最盛。

Dsc05450
八方細野のヤマザクラやベニヤマザクラは、

Dsc05452
神城に較べ、少し開花早め。

Dsc05395
八方白樺のゴンドラ桜も、

Dsc05396
7~8分咲き。

Dsc05391
白馬鑓と小日向山を背景に、雪見桜。
スノーライフ来訪の為、残念ながら白馬の桜名所に足は運べず。
それでもゲレンデへの途次を歩いているだけで桜狩りを楽しむ事が出来ました。
八方周辺は来週辺りから、観桜の見頃ピークを迎える事でしょう。

以下は、帰路の際のおまけです。

Dsc05457
アルピコさんの高速バスに乗って長野駅へ。
車窓より望む五竜神城の交差点、此処を左に曲がると白馬ともお別れです。

Dsc05458
この時期の長野白馬線は、宛ら「お花見バス」の態。
美麻~小川村~中条の村落には、壮麗幽玄な深山の桜景趣。
ヤマザクラにヒガンザクラにシダレザクラ…、数え切れない桜樹々が山を覆い尽くしておりまする。

こんな佳景が30分以上続くのですから、車窓を眺め飽きる事がありません。
気付けばバスは犀川の河岸を過ぎ、長野市街に入っていくのでした。
おしまい。

|

2022.03.18

●15年前の「INFORMATION」

えー、先日は湯沢滑走行脚、帰途の際の拾遺集。
但し内容的には「スキーネタ」では無く、「鉄男ネタ」「喫煙ネタ」で御座います。

Dsc03878
越後湯沢駅。
12~2月は「石打丸山」に、3~5月は「かぐら」に「GALA湯沢」に。
6月は「南魚沼グルメマラソン」に、9月は「越後湯沢秋桜マラソン」に。
また、谷川連峰や苗場などのトレランや、かぐら/GALAのサマーゲレンデに。
春夏秋冬、様々なアクティビティでお世話になってる駅です。

Dsc03726
で、新幹線ホームにある喫煙所なのですが、

Dsc03727
この案内ステッカー、もう剥がしてもイイんじゃ無い?。

JR東日本の新幹線/特急列車が全面禁煙になって、今日で丁度15年。
そんな訳で「2022年3年18日」に「2007年3月18日」のインフォメーションを思ふ。
でした。

 

|

2021.12.14

●UNICUM

えー、本日は「お酒のハナシ」の様な「スキーのハナシ」の様な…。

先週は今季の屋外ゲレンデ初滑り、かぐらへ行った際に拾った小ネタ。
みつまたステーションとゲレンデを繋ぐロープウエイに、今シーズンから新しい「アドステッカー」が貼られておりました。

Z_20211208160701

何で「越後湯沢」で「ハンガリー」?

何で「スキー場」で「ハーブリキュール」?

何で「かぐら」で「ウニクム」?。

うーん、サッパリ解らん…。

スキー/スノボする客層が幾ら年齢層高めだからと云っても、
「滑りで疲れた身体には、やっぱりウニクムだねっ♡」
とはならないと思うんですけど…。

ましてや地元ロコ民がゲストの大半を占めるかぐらスキー場。
越後湯沢の酒好は云う迄も無く日本酒、洋酒文化「不毛の地」で御座います。
まぁ、こんな的を得ないセールスプロモーションは流石の国分さん。
だからアードベッグやモーレンジを持ってかれたちゃったの鴨ね。

と云う訳で、販促的には「効果ゼロ」な広告なのでした。

 

|

2021.06.14

●水無月の観桜

えー、本日は関東甲信越で遅れ馳せ乍の「梅雨入り」。
紫陽花や花菖蒲が見頃を迎える季節となりました。

そんな花風流の水無月半ばで御座いますが、私めは時節を巻き戻しての「桜狩り」。
出羽三山の盟主、月山山麓では今が「桜の盛り」で御座います。

P1090658
ミネザクラ(タカネザクラ)🌸
日本に自生する野生種のサクラとしては最も寒さに強い品種。
花期は5月から6月、瓣は直径2~3㎝程度の小輪、花と葉芽が同時に展開。
北海道や本州の中部山岳地帯、低山帯から亜高山帯で見られます。

月山スキー場では標高1300m~1700m域、ペアリフト周辺や姥ヶ岳に分布。
国内屈指の豪雪地帯の為、過酷な風雪環境の影響を受けて樹高2mにも満たないものが多く、風下方向に屈曲した矮性低木の樹形となります。

『岩に腰かけてしばらく休んでいると、三尺ばかりの桜が、つぼみを半分ほど開きかけていた。降り積もった雪の下に埋まりながら、春を忘れずに花を開こうとする遅ざくらの花の心は実に健気である。(おくのほそ道)』

因みに芭蕉が月山から湯殿山に向かう途中に見た桜もこのミネザクラ。
暦は今で云うと7月下旬、場所は恐らく金姥~装束場辺りかと思われます。

P1090654
大朝日岳を遠景に、雪見桜⛄。

P1100355
月山を背景に、月見桜🌕。

残雪の深山で桜花を愛でていたのは四日前の事。
今年最後の「スキーライフ」の日に、今年最後の「観桜行楽」。
スノーマッドならではの贅沢な風流でして。

 

|

●「安心と安全」

えー、本日は「時事話題(Tokyo 2020)」と「趣味話題(スキー)」の複合トピック。
先週の「第二次月山遠征」、ゲレンデ下駅で拾った小ネタ噺で御座います。

P1100332
「安心と安全」(2021年.流行語大賞候補)

今の御時勢、最もその信憑性を疑うフレーズ。
某イベント強硬開催に向けて、矢鱈と乱発されている怪しい常套句です。
まぁポスターが作製された頃は「ガースー」や「セイコ」や「タマヨ」もスローガンとして使っておらず、文字通りの意味合いだったんですけどね…。

因みにコレは小原さんトコ(月山プロスキースクール)のレッスン案内ポスター。
レーシングがメインですが、テクニカル(コブ)もやっておられます。

「安心」で「安全」で」「上達」も早いですよ。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

BAR TRIPLE-SEC BAR TRIPLE-SEC/グラス紹介 BAR TRIPLE-SEC/休日案内 BAR TRIPLE-SEC/営業案内 BAR TRIPLE-SEC/販売速報 BAR TRIPLE-SEC/雑物古物 SKI 2011/12.滑走記 SKI 2012/13.滑走記 SKI 2013/14.滑走記 SKI 2014/15.滑走記 SKI 2015/16.滑走記 SKI 2016/17.滑走記 SKI 2017/18.滑走記 SKI 2018/19.滑走記 SKI 2019/20.滑走記 SKI 2020/21.滑走記 SKI 2021/22.滑走記 SKI FIS アルペンニュース SKI ゲレンデGPS計測 SKI ゲレンデ内外.小ネタ集 SKI シーズンオフ.イベント集 SKI シーズンオフ.ゲレンデ集 SKI スキーギア/アイテム集 SKI スキー今昔物語 SKI スノーナビさん SKI ポスター集 SKI 山座同定/ヤマコレ集 SKI 試乗会インプレッション SKI 雪山就労日誌.2016/17 SKI 雪山就労日誌.2017/18 SKI 雪山就労日誌.2018月山 SKI 雪山就労日誌.2019月山 SKI 雪山就労日誌.2020月山 SKI 雪山就労日誌.2022月山 SKIのこと 雑 トレラン .a奥多摩 トレラン .b丹沢.箱根.伊豆 トレラン .c奥武蔵 トレラン .d高尾.青梅 トレラン .e北都留.道志 トレラン .f奥秩父.大菩薩 トレラン .g京都.比良 トレラン .h信越.東北 トレラン .i上信越 トレラン 山走記総括 トレラン シューズ/アイテム集 トレランのこと 雑 マラソン 2009年大会リポ マラソン 2010年大会リポ マラソン 2011年大会リポ マラソン 2012年大会リポ マラソン 2013年大会リポ マラソン 2014年大会リポ マラソン 2015年大会リポ マラソン 2016年大会リポ マラソン 2017年大会リポ マラソン 2018年大会リポ マラソン 2019年大会リポ マラソン 2020年大会リポ マラソン 2021年大会リポ マラソン 2022年大会リポ マラソン シューズ/ギア集 マラソン 京都ホームコース走 マラソン 他ゲストコース走 マラソン 東京ホームコース走 マラソンのこと 雑 ラグビー ワールドカップ 2011 ラグビー ワールドカップ 2015 ラグビー ワールドカップ 2019 ラグビー ジャパン ラグビー セブンズ ラグビー トップリーグ ラグビー リーグワン ラグビー 大学 ラグビーのこと.色々 ・Ⅰ.Bambooインフォメーション ・Ⅱ.Bambooお休み案内 ・Ⅲ.歳時記 ・Ⅳ.室礼 ・Ⅴ.銘品集【マスターピース】 ・Ⅵ.某飲某食所処 ・Ⅶ.「ミヤコ」昨今事情 ・Ⅷ.都名所図会 ・Ⅸ.嵯峨野「さらなり」 ・Ⅹ.「花街」彼是 ・Ⅹⅰ.赤坂逍遥 ・Ⅹⅱ.帝都散策 ・Ⅹⅲ.旅行けば ・Ⅹⅳ.書籍百般 ・Ⅹⅴ.グラスのこと ・Ⅹⅵ.お酒のこと ・Ⅹⅸ.自転車のこと ・Ⅹⅹⅰ.建築雑感 ・Ⅹⅹⅱ.雑 ・「Bamboo」移転情報 ・「Bamboo」閉店情報