2017.05.05

●菖蒲の節句

えー、本日は五節句の一、端午の節句。
所謂「こどもの日」と呼ばれるヤツです。

所処で「端午の節句」と云って、思い付く風物詩と申しますと。
「粽」「五月人形」「背くらべ」「新聞紙で拵えた兜」等々、色々御座います。

しかし一つ挙げるとするならば、矢張り「鯉幟」。
五月晴れの青空に悠々と吹き泳ぐその姿は、立夏の時宜に相応しいランドマーク。
文字通り「旗幟」と云えるものです。

そんな訳で本日は、幾枚かの「鯉のぼり」フォトなぞを取り上げてみたいと思います。

Img_4472
「春かぐら」の風物詩、白銀のかぐらゲレンデに泳ぐ鯉のぼり。
コレを見ると「嗚呼、今シーズンも残り僅か…」、と実感が湧いてくるのです。

そー云えば、みつまたゲレンデの鯉のぼりも今シーズンから復活しましたね。

Img_4494
越後湯沢駅構内、がんぎ通りの鯉のぼり。
湯沢駅名物、「屋根よ~り低~い 鯉の~ぼぉ~り~♪」。
コレを見ると「嗚呼、今シーズンも残り僅か…」、と実感が湧いてくるのです。

で、以前ならこの二つに加え湯沢駅西口「井仙さん」の鯉のぼりが入ってたのですが、何故か昨年から揚げられなくなってしまいました。
そんな訳で「湯沢三大鯉幟」の一つは欠番中となっておりまする。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2015/05/post-3399.html

と云う訳で、「20156/17.滑り納め」から3日。
未だスキーシーズンの未練を引きずっている私めで御座いました、とさ。

|

2017.05.03

●八方土産

えー、昨日は今シーズンの〆となる八方滑。
今日はその「お土産」の仕込みに追われておりまする。

Img_4874
例に由っての春の滋味、ふきのとう
否々、白馬産ですから「ちゃんめろ」と云うべきですね。
天ぷらはもう食べ飽きたので、全て蕗味噌にして冷凍しちゃいます。

因みに上はラウター、下はリーゼンで採ったもの。
若しかして少し風味が違う鴨。

|

2017.04.29

●雪国にて「桜狩り」

えー、今週月曜日のかぐら遠征、アフタースキー篇.その①。

湯沢界隈の桜花は記録的暖冬の昨年より、一週間ほど遅めの開花進捗。
ソメイヨシノは「満開御礼」、オオヤマザクラやサトザクラも「見頃最盛.一歩手前」。
雪国の桜は、春の到来を待ちわびてたかの様に咲き誇っておりました。

そんな訳で毎年この時期の湯沢ルーティン、温泉街の春を漫ろ歩き。
「観桜風流」を洒落込む事と致しました。

Img_4486
【写真上】湯沢駅東口、萬亀さん横のソメイヨシノ。
東口周辺では唯一の染井、毎年見事花っ振りです。
湯沢駅周辺のソメイヨシノは今週が見頃最盛。
GW前半まで「ギリギリ」持つかな?、と云った開花具合でした。

Img_4499
【写真上】西口に移動、いなもとさん前の紅八重枝垂。
湯沢では珍しいシダレザクラ、此方も丁度見頃となっています。
小振りで愛らしい花弁は、可憐でもあり艶っぽくもあり。
ソメイやサトザクラに較べると華やかで、ヤマザクラに較べると慎ましい色合い。

Img_4507
【写真上】湯沢スキー神社のソメイヨシノ。
こちらのソメイは未だ三分咲き程度。
スキー場内の山裾に位置するので、街中の桜より開花遅めです。

Img_4511
【写真上】湯沢スキー神社さんとヤマザクラ。
今季最初で最後の湯沢エリア.滑走遠征。
そんな訳で湯沢の雪神様へ「ご挨拶」と「お別れ」、まとめての参詣に伺いました。

因みにお願いする内容は毎年一緒です(下線部除く)。
「来年も沢山雪が降ります様に」
「来年怪我無くシーズンが過ごせます様に」
「来年も更に上達します様に」

尚、コレも毎年のルーティンなので仔細は省略。
湯沢スキー神社さんの詳細に就いてはコチラ参照の事。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2016/04/post-f46a.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2012/04/post-c837.html

Img_4515
【写真上】布場ゲレンデ前、排水管土手のソメイヨシノ群。
桜樹の密生具合は此処が一番、温泉街のソメイヨシノは押し並べて満開でした。

Img_4518
【写真上】ロッヂ政エ門さんのオオヤマザクラ。
此処も毎年立ち寄る花見所処、枝振りの良いオオヤマザクラが表に1本、裏土手に3本植えられています。
オオヤマザクラは五分咲き前後、白色系のサトザクラは未だ三分咲き程度。

Img_4520
【写真上】同、近景。
オオヤマザクラは開花と若葉の成長が同時進行するので、ソメイヨシノの様な圧倒的な咲きっ振りではありませんが、その分野趣豊かな風情が楽しめます。

この後は温泉街周辺の桜狩り、メインディッシュ。
越後湯沢駅界隈で「一等オキニ」の桜樹に向かったのですが、其処で目にしたのは余りにショッキングな光景なのでした。

Img_4529
【写真上】「駒子の湯」裏手、内蔵組五番霊場のソメイヨシノ。
ガーン…。

ムチャクチャ剪定されてる…。


昨年までの見事な枝っ振りが嘘の様、無残な姿に変わり果てていました。
風害で支枝が傷んだのか、それともテング巣に掛かったのか…。
日暮れ刻の逆光樹影が、痛々しさを増幅させるシルエットに見えてしまいます。

P1070802

P1070804
【写真上.下】一昨々年(2014年)の開花風景。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2014/04/post-7abb.html

Img_5910_2

Img_5890_2
【写真上.下】昨年(2016年)の開花風景。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2016/04/in-a5f7.html

Img_4535
【写真上】それが今年は…。
溢れ出んばかりの枝条、撓わと房咲きする花錐塊はもう見られません。
嗚呼、こんな事なら毎年もっと目に焼き付けておくべきだった…。

Img_4533
【写真上】僅かに残った花房群。
こんな咲きっ振りの花梢が、地面を覆いつくす傘の様に広がってたのに…。

Img_4542
【写真上】「駒子の湯」のオオヤマザクラ。
上掲のショックを未だ引きずっており、アンマリ身の入らない桜フォト。

Img_4543
【写真上】同、近景。
因みにオオヤマザクラは湯沢町の「町花」。
湯沢駅周辺には植樹されたソメイヨシノが目に付きますが、少し温泉街を離れるとオオヤマザクラの方が多く見られます。

Img_4545
【写真上】最後はもう一度、いなもとさんの紅八重枝垂。
温泉上がりし後に愛でる夜桜。
やっぱり夜の桜って、昼間見るのより妖艶な感じが致します。

と、こんな感じの湯沢界隈「花見逍遥」。
来週は白馬で桜が見れる…かな?。

|

2017.04.26

●「冬が胸に来た」

えー、一昨日は「かぐら遠征」の後日談。
立夏も間近なったこの時期に、「今更」ながらの雪ネタになりまする。

2016/17.スキーシーズンは白馬に一冬籠りっ切りだった私め。
従い「石打」にも「八海山」にも「苗場」にも「かぐら」にも滑りに行っておらず、今回がシーズン初めての越後湯沢駅利用で御座います。

で、駅構内で毎冬の風物詩、JR東さんの「アレ」を目にしました。

Hinako_sakuraijr_skiski201617

Img_4491
「冬が胸に来た。」
「2016/17 JR SKISKI」イメージキャラクターの等身大パネル。
季節的にもう撤去されてるかと思ってたらまだ設置されており、「ふう、何とかギリギリ間に合った…」てな感じです。

今季のヒロインは女優桜の井日奈子さん、CMタイアップ曲はAlexandrosの「SNOW SOUND」。
世情の流行に鈍感な私めは、不存知な方々で御座います。
まぁこー云うのは若年層に人気のタレントさんを使うべきなので、コレはコレで良いのでしょう。

因みにこのSKIキャンペーン、ヒロインが起用される様になって今年で5年目。
過去分は全部アップしてるので、興味のある方はコチラにどーぞ。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2016/02/post-45ca.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2015/01/post-69e0.html
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2015/11/201516jr-skiski.html

と、毎冬恒例の越後湯沢駅「販促ツールウォッチング」、でした。

|

2017.04.11

●続.「喫煙所のある風景/白馬」

えー、三ヶ月半の冬季雪山就労を終え、下山8日目。
過ぎ往きし雪山の日々の名残ログ、本日は「紫煙に纏わる」エントリーです。

今冬、私めのオシゴト場となった五竜&47、そしてホームゲレンデの八方尾根。
愛煙家スキーマッド的な視点で、今シーズンリニューアルされたスモーキングルームを挙げてみたいとおもいます。

1
【写真上】Hakuba47、ゴンドラ山頂駅.アルパインセンターミノスの喫煙所。
去年喫煙所だった場所はTop shotのサービスカウンターになってます。
因みに大昔は売店→以後暫く板張り閉鎖→喫煙所→Top shotと云う変遷。

2
【写真上】で、今年から喫煙場所になったのがココ。
と云うより「戻された」てのが正しい表現。
一昨年までスモーキングスペースだったのが、昨年いきなり託児所に変更。
しかし需要が殆ど無かったのか、僅か一年で喫煙所にリターンです。

3
【写真上】内部はこんな感じ。
一昨年に較べ、室内設備は大きくグレードダウン。
クッションチェアは全て撤去され、木製の長椅子が置いてあるだけです。
そして何より、天井からの水漏れが酷い…。

4
【写真上】続いては八方尾根、サンテラスぱのらま。
去年までは自販機コーナーの奥、室外にのみ設置されていた喫煙所。
今年はその手前にインドアのスモーキングルームが新設されました。

5
【写真上】インドアブースはこんな感じ。
ハイシーズンの寒い時期、室内に喫煙所があるのは有難い。
ゲレンデに隣接してるので、ちょいレスト入れる際にも便利です。

Img_3678
【写真上】最後は五竜.エスカルプラザ。
2階のレンタル受付の奥にある、屋外喫煙所。

Img_3679
【写真上】あれ、喫煙所の奥に新しくプレハブが建ってる?。

Img_3943
【写真上】実はココも喫煙所なのでした。
但し入口に表示案内は何も無く、一見しただけでは喫煙室とは解りません。
スキー場スタッフ専用、と云う訳では無いのですが、殆どそれに準ずる扱いらしく。

と、こんな感じの「八方尾根」「五竜&47」、喫煙所のある風景。
昨季も同様のログ立て↓してますので、一応表題は「続」と云う事で。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2016/05/in-f9d1.html

以上、白馬を主戦エリアとしてる愛煙スキーヤー/ボーダー以外の方々にとっては、「どーでもイイ」オハナシでした。

|

2017.03.30

●2016年と2017年の「今日」

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、節目の100日目にて「マジック5」。
及び左五番肋骨、骨折後37日目…です。

本日はオシゴトオヤスミの私め。
朝イチから「ガシガシ」と滑り始め、「パシャパシャ」と写真を撮っておりました。
で、アクテティビティの最中に不図気付いたのですが。
「3月30日って、去年も五竜で滑ってたよな…」

記録的な暖冬少雪に苛まれた昨年から一転、今年は雪量.雪質ともに絶好調の白馬エリアスキー場。
四月中旬頃までは「ゴン下」も無さそうですし、GWの営業もほぼ安泰。
此処五竜でもゲレンデコンディション「雲泥の差」です。

そんな訳で昨シーズンの滑走記スナップを引っ張り出し、「2016年と2017年の今日」をComparisonしてみる事に致しました。

N

Nn
【写真上.下】テレキャビン山麓駅2Fより望む、とおみゲレンデ。
何っ、この積雪量の違いっ。
「コレ、本当に同じ日の風景なの?」と疑っちゃいますよね。

Z

Img_5377
【写真上.下】ラインCより見返るルート1。
コース尾根の痩せ具合差異が全~然違います。
更に一目瞭然なのは、眼下に広がる「真っ白」と「真っ茶色」な白馬の街並み。

V_2

Vv
【写真上.下】ダイナミックコースより俯瞰するいいもりゲレンデ。
比較云々の対象外、もう笑っちゃうレベル。
「根本的に、別の景色ですっ」

てな感じの「シーズン跨ぎ」スナップ集。
今季はマダマダ雪量豊富、雪質良好な五竜&47で御座います。
おっと、何だか最後はスキー場スタッフみたいなコメントで〆になっちゃいましたね。

|

2016.05.08

●「喫煙所のある風景」in白馬

えー、「2015/16.スキーシーズン」の終戦を迎えて本日で12日目。
5ヶ月半に亘る至福の季節を終え、「呆心」状態の日々を送っておりまする。

所処で私めのデジカメSDカードには、シーズン中にゲレンデ内外で撮った「ブログ非掲載」の未整理写真が山積。
このまま消してしまうのも勿体無いもので、暇を見つけてポツポツとアップしていく事に致しました。

そんな訳で、過ぎ往きし雪山の日々の「名残ログ」。
今日のお題は「I♥HAKUBA」「I ♥ SNOW」「I ♥ SKI」、でもって「I ♥ SMOKING」。
「喫煙所のある風景」in白馬で御座います。

1_3
【写真上】八方尾根、ゴンドラアダム駅の地下1F。
昨年迄喫煙所と休憩所だったスペースは、今季からテナントブースに変更。
チューンナップショップ「Fortune」さんが、兎平テラスより移転されてます。

2_3
【写真上】それに伴い、喫煙所は階段下に移動。
去年迄は物置でした。

3_3
【写真上】室内一写。
「何っ、この独房的なスモーキングルーム…」。
殺風景な上に、コンクリ壁独特のキーンとした寒さ。
「見た目的」にも「体感温度的」も、エラく冷え込む喫煙室です。

Img_3429
【写真上】と、思ってたら…。
2月中旬に訪れるとソファーが設置、壁にもポスターが貼られていました。
「独房」から「病院の待合室」に昇格、ってな感じ。
座り心地の良いソファーが置かれただけでも、ポイント数段アップです。

4_2
【写真上】八方尾根、兎平テラスの喫煙所。
ココ、昨季からリニューアルされました。

5_2
【写真上】ウッディで落ち着いた感じの喫煙ルーム。
兎平側には大きな窓もあり、天気が良ければ外の景色を見遣りつつの一服。
今季、八方で一番使っていたスモーキングルームです。

Img_3396_2
【写真上】八方尾根、サンテラスぱのらまの喫煙所。
レイトアフタヌーン、一日の滑走を〆る「パノラマ道場」の休憩場所。
ゲレンデに隣接してるので、ちょいレスト入れる際に便利です。

6_2
【写真上】続いては白馬五竜、エスカルプラザの喫煙所。
二階レンタルカウンターの奥、屋外のスモーキングブース。
朝食/ストレッチの後、此処で一服してからゲレンデに向かうのがルーティーン。

7_2

9_2
【写真上】天気の良い日はこっち使います。
スカイフォーリフト前の半地下喫煙スペースで朝陽を浴びつつの一服。
ベンチに自販機、トイレも設置されており、使い勝手良し。

10_2
【写真上】続いてHakuba47、ゴンドラス山頂駅1Fの喫煙所。
一昨年迄喫煙所だった場所は、託児所っぽいスペースになっています。
しかし何時もクローズ状態、ウィークエンドのみの開放でしょうか?。

11_2
【写真上】で、喫煙所はこっちに。
大昔は売店→以後暫く板張りされ閉鎖状態。
そして去年から喫煙室に昇格(?)しました。

12
【写真上】せ、狭い…。
4~5名入れば満員御礼、勿論椅子の類なんぞありゃしません。
まぁ元々はお菓子類や肉まん売ってた売店、多人数が出入りするスペースとしては想定されてません。

12_2
【写真上】壁面には「アイドル」と「レジェンド」の直筆サイン。
左は上村愛子タン、右は荻原健司のサインです。

Img_3822
【写真上】ラストは五竜.いいもりゲレンデ。
コスモフォー手前のログハウス風喫煙所。

13
【写真上】喫煙所より望むいいもりゲレンデ。
今季のいいもりはシーズンの殆どが雪不足でコンディション不良。
ラス1時間も「いいもり道場」では無く「グランプリ」で〆る事が多かったので、今冬はあまり使いませんでした。

と、こんな感じの「八方尾根」「五竜&47」、喫煙所のある風景。
愛煙スキーヤー以外の方々にとっては、「どーでもイイ」内容のエントリーでした。
おしまい。

|

2016.05.05

●菖蒲の節句(SKI VERSION)

えー、本日は五節句の一、端午の節句。
所謂「こどもの日」と呼ばれるヤツです。

所処で「端午の節句」と云って、思い付く風物詩と申しますと。
「粽」「五月人形」「背くらべ」「新聞紙で拵えた兜」等々、色々御座います。
しかし一つ挙げるとするならば、矢張り「鯉幟」。
五月晴れの青空に悠々と吹き泳ぐその姿は、立夏の時宜に相応しいランドマーク。
文字通り「旗幟」と云えるものです。

そんな訳で本日は、幾枚かの「鯉のぼり」フォトなぞを取り上げてみたいと思います。

Img_5823

Img_6292
【写真上】かぐらスキー場、かぐらゴンドラ降り場にて(4/17)。
「春かぐら」の風物詩、白銀のゲレンデに泳ぐ鯉のぼり。
コレを見ると「嗚呼、今シーズンも残り僅か…」、と実感が湧いてくるのです。

そー云えば、みつまたゲレンデの鯉のぼりは去年から見なくなっちゃいましたね。

Img_6342_2

Img_6370_2
【写真上.下】越後湯沢駅構内、がんぎ通りにて(4/25)。
湯沢駅名物「屋根よ~り低~い 鯉の~ぼぉ~り~♪」のディスプレイ。
コレを見ると「嗚呼、今シーズンも残り僅か…」、と実感が湧いてくるのです。

三年前迄は三匹だったのが、一昨年より一挙に繁殖増加致しました。

Img_6345
【写真上】越後湯沢駅西口、井仙さんにて。
「あれっ、今年はまだ上がってない?」。
毎年春スキー時期になると屋上で吹き泳ぐ「井仙の鯉のぼり」ですが、今年は4月25日時点でまだ上がっていませんでした。

Img_5979

Img_5980
【写真上.下】井仙さんり鯉のぼり、去年の写真。
今年は兎角暴風の多かった湯沢の4月。
それもあって例年より設置が遅めなのかも知れません。

と、こんな感じの鯉幟風景.三題。
「井仙」「がんぎ通り」「かぐらゲレンデ」の鯉のぼり、個人的に「湯沢三大鯉幟」と呼んでいます。

と云う訳で、「2015/16.滑り納め」から10日。
未だスキーシーズンの未練を引きずっている私めで御座いました、とさ。

|

2016.04.30

●「2015/16」終冬式

えー、今季も「@」云う間に過ぎ去ってしまった至福の季節。
私めの「2015/16.スノーシーズン」も4/25のかぐら滑にてオーラスとなりました。

所処でこの日はゲレンデ撤収後、「スキーの神様」へ一冬御礼の参詣。
まぁ「シーズン最終日」恒例のルーティンみたいなものです。

そんな訳で向かった先は「新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢490」。
布場スキー場山麓、「湯沢スキー神社」さんで御座います。

Img_6346
【写真上】18:15、湯沢駅西口。
先シーズン迄、かぐら/苗場行きのシャトルバス発着場だった井仙さん前。
今季からシャトル運行は南越バスさんに業務委託され、発着場が東口に変わったのは周知の通りです。
もう此処で「カグリスト」のバス行列を見る事も無いかと思うと、何だか寂しいですね。

Img_6347
【写真上】駅から目的地へは徒歩10~15分程度。
温泉街のメインストリートを、てくてく北へと進みます👣。

Img_6348
【写真上】湯沢高原スキー場、布場ゲレンデ前。
県道462号(湯沢温泉線)に隣接しており、そのままゲレンデに入ります。

Img_6349
【写真上】布場スキー場、全景。
今でこそ「湯沢高原スキー場」の1ゲレンデとなってますが、大正4年の創設は湯沢エリアの中で最古。
国内でも有数の歴史を誇るスキー場です。

川端康成の「雪国」で、ヒロイン駒子がスキーをする場所(布場スキイ場として登場)としても有名です。

Img_6350
【写真上】山麓を斜行横断。
例年ならゲレンデの所々に残雪が見られるのですが、今季は四月上旬の時点で残雪「ゼロ」。
標高の低さ故、記録的暖冬と少雪の影響をモロに受けた形です。

Img_6357
【写真上】18:30、湯沢スキー神社さん到着。
日没寸前、ギリギリ間に合いました。
「桜狩り」と「山菜摘み」で今月何回も訪れていますが、お参りに来るのはこの日が初めてです。

創祀は昭和51年10月、近隣村社.諏訪神社の新社殿造営の際、旧殿を移築した事に由るとの話。
従い同社の境外社と云った方が正しいのかも。
祭神は「雪艇湧現明神」ですが、此処でしか聞いた事が無い神様です。
あと一応「一間社.入母屋造(妻入).方一間庇付」でしょうか。

ま、由緒仔細や有名無名は兎も角、「スキー神社」と云われた日にゃ信心しない訳には参りません。

Img_6359
【写真上】本殿近景。
こう云ったスキー神社は「妙高高原」「やまがた赤倉温泉」「大鰐温泉」のスキー場にも御座いますが、日本一の宮.スキー神社は「妙高高原スキー神社」だそうです。
因みに「スキー安全御守」で有名な野沢温泉の湯澤神社さんは一般の村社で、スキー神社ではありません。

と云う訳で「二礼二拍一礼」、お願いする内容は毎年一緒です。
「来年は沢山雪が降ります様に」
「来年も怪我無くシーズンが過ごせます様に」
「来年も更に上達します様に」

賽銭箱はありませんので、詣納は社殿の中に放り込んでおりまする。

Img_6362
【写真上】社殿より、日暮刻の湯沢町を望む。
すっかり葉桜となったソメイヨシノに、野っ原へと姿を戻したゲレンデ。
遠景に望める三国山脈は、左より大源太山.七ツ小屋山.武能山.万太郎山。

こうして今季の「雪納メノ儀」、恙無く終了。
この後は湯沢高原横の蕎麦屋で「2015/16.WINTER」打ち上げ宴です。
シーズンを終えた安堵感と寂しさからか、何時もより酔いの回りも早いもの。
板さんと「山菜の調理法」と「春スキー談義」に花を咲かせ、ゴキゲンな時間を過ごせました。

Img_6366
【写真上】20:05、宴の後。
暖簾を出ると、辺りはもうすっかり春の宵。
「湯沢町の夜」と「私めの冬」が帳を下ろしていたのでした。

と、こんな感じの2015/16シーズン「終冬式」。
次に越後湯沢駅を訪れるのは来シーズン、…では無く、6月の「南魚沼グルメマラソン」と9月の「越後湯沢秋桜マラソン」。
オンシーズンはスノーライフに、オフシーズンはマラソンライフにと「ヘビーユーズ」の湯沢町なのでした。
おしまい。

|

2016.04.29

●「冷蔵庫いっぱい」の幸せ

えー、先日4月25日は今シーズン最終滑in「かぐら」。
五ヶ月半に亘るスノーマットな日々もフィナーレを迎えました。

所処でこの日はスキーアクティビティ以外の目的がもう一つ。
「フキノトウ摘み」で御座います。
先週わんさか採った分を僅か5日間で完食してしまい、保存用も含めての大量収穫を目論んでの遠征です。

スキーを楽しみつつ春ならではの季趣を満喫、更には実益も兼ねる。
嗚呼、なんてスバラシイ「雪山風流」なのでしょう。

Img_6200
【写真上】おおっ、予想通り沢山芽吹いてる♪。
狙うポイントは「田代5ロマ」右手のコース外南斜面。
5日前は残雪に覆われていた場所は上手い具合に雪解けが進み、「わっさわっさ」と新芽が出ておりました。
そんな訳で滑走の合間を縫って、小一時間の山菜狩りタイムです。

Img_6256_2
【写真上】この日の収穫。
「大漁 大漁♪」
上の袋は若芽の蕗、天ぷら/冷凍保存用。
下の袋は花の開いた蕗、蕗味噌/オリーブ漬け用。

摘んでる時にある程度分別しとかないと、帰ってからが面倒ですからね。

Img_6373_2
【写真上】翌日(4/26)、さーて仕込みますか。
大きいゴミを取り除きつつ分別仕分け、鬼皮剥きと花捥ぎ。
花の中には虫(主に蟻さん)が居るので、暫く放置の後作業に取り掛かります。

下処理から調理迄、全てのフキノトウを片付け終えたのは4時間後の事でした。

Img_6385
【写真上】若芽蕗は1~2日分の調理使用分を除き、全て冷凍保存。
塩茹でして冷水に晒し水切り、金属性のタッパーに並べて凍らせます。
あとは1~2ケづつラップに包み、ジブロックで保存します。

食する際は自然解凍、そのまま天ぷらにしても良し。
蕗味噌や酢漬けにして保存食とするも良し。

Img_6378
【写真上】花の開いたヤツの2/3を使って作った蕗味噌。
数ある春山菜の中でも、最強の「御飯のお供」です。

湯沢の馴染みの料理屋さん曰く「常温で熟成させるともっと美味しくなるよ」。
しかしそんな度胸と物量は無く、密封して冷蔵庫保管と致します。

Img_6390
【写真上】花の開いたヤツの1/3は酢漬けに。
米酢ベースに砂糖と味醂等、和風調味料メインで漬け汁の味を調えます。
香味のアクセントにローリエ、水液の蓋替わりにオリーブオイルと「和風ピクルス+ちょいイタリアン」ってな感じ。

利用方法は主にトッピングソース。
刻んでレモン汁を加え、トーストに塗ったり、パスタにちょい足ししたり。
ガーリックやアンチョビなんかを加えてやると、更にバリエーションが広がります。

Img_6388
【写真上】今日の夕餉。
天ぷらばっかじゃ飽きるので、今宵は「ふきのとう」と「こごみ」のリゾット。

と「春の食欲魔人」全開なスキー土産話。
何だか「クックパッド」みたいな項立てになってしまいました。
おしまい。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

SKI 2011/12.滑走記 | SKI 2012/13.滑走記 | SKI 2013/14.滑走記 | SKI 2014/15.滑走記 | SKI 2015/16.滑走記 | SKI 2016/17.滑走記 | SKI FIS アルペンニュース | SKI ゲレンデGPS計測 | SKI ゲレンデ内外.小ネタ集 | SKI シーズンオフ.イベント集 | SKI シーズンオフ.ゲレンデ集 | SKI スキーギア/アイテム集 | SKI スキー今昔物語 | SKI スノーナビさん | SKI ポスター集 | SKI 山座同定/ヤマコレ集 | SKI 試乗会インプレッション | SKI 雪山就労日誌.2016/17 | SKIのこと 雑 | トレラン リポ.a奥多摩 | トレラン リポ.b丹沢.箱根 | トレラン リポ.c奥武蔵 | トレラン リポ.d高尾.青梅 | トレラン リポ.e奥秩父.大菩薩 | トレラン リポ.f京都.比良 | トレラン リポ.g信越 | トレラン 山走記総括 | トレラン シューズ/アイテム集 | トレランのこと 雑 | マラソン 2009年大会リポ | マラソン 2010年大会リポ | マラソン 2011年大会リポ | マラソン 2012年大会リポ | マラソン 2013年大会リポ | マラソン 2014年大会リポ | マラソン 2015年大会リポ | マラソン 2016年大会リポ | マラソン シューズ/ギア集 | マラソン ホームコース走 | マラソン 他ゲストコース走 | マラソンのこと 雑 | ラグビー ジャパン | ラグビー セブンズ | ラグビー トップリーグ | ラグビー ワールドカップ | ラグビー 大学 | ラグビーのこと.色々 | ・Ⅰ.Bambooインフォメーション | ・Ⅱ.Bambooお休み案内 | ・Ⅲ.歳時記 | ・Ⅳ.室礼 | ・Ⅴ.銘品集【マスターピース】 | ・Ⅵ.某飲某食所処 | ・Ⅶ.「ミヤコ」昨今事情 | ・Ⅷ.都名所図会 | ・Ⅸ.嵯峨野「さらなり」 | ・Ⅹ.「花街」彼是 | ・Ⅹⅰ.赤坂逍遥 | ・Ⅹⅱ.帝都散策 | ・Ⅹⅲ.旅行けば | ・Ⅹⅳ.書籍百般 | ・Ⅹⅴ.グラスのこと | ・Ⅹⅵ.お酒のこと | ・Ⅹⅸ.自転車のこと | ・Ⅹⅹⅰ.建築雑感 | ・Ⅹⅹⅱ.雑 | ・「Bamboo」移転情報 | ・「Bamboo」閉店情報